高津正道衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  0回発言      0文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  1回発言    579文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  1回発言   1910文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  2回発言   2489文字発言

本会議発言一覧

第2回国会 衆議院 本会議 第79号(1948/07/05、23期)

今国会で文教委員会へ付託に相なりました請願は百五十件であります。逐次愼重審議を重ねましたる結果を、きわめて簡單に御報告申し上げます。書道を必須科目に復活の請願八件、聾盲唖教育義務制実施に関する請願十一件、定時制高等学校設置の請願四件、小学校教員の恩給増額に関する請願一件、教員の待遇改善に関する請願二………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第9号(1948/12/11、23期)

私は、梅村清氏の政党献金に対する吉田総裁の受取書に関する緊急質問をいたさんとするものであります。ただいま政、財、官界の徹底的粛正に関する決議案は多数をもつて可決されました。私のこの緊急質問は、提案説明者石田君が国管事件、昭電事件、纖維事件とかぞえられた、第三の纖維事件に関するものであります。初めに、………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 45回出席(長  0 代理理事 5 代理 0 理事 13 委員 27) 15回発言  17438文字発言
  第2回国会 52回出席(長  0 代理理事 4 代理 0 理事 21 委員 27) 17回発言  22702文字発言
  第3回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  6回発言  15441文字発言
  第4回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言   1353文字発言

  23期通算 115回出席(長  0 代理理事 9 代理 0 理事 34 委員 72) 39回発言  56934文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

決算委員会
            53回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 53)  10回発言   9399文字発言

文教委員会
            44回出席(長  0 代理理事 9 代理 0 理事 34 委員  1)  22回発言  30741文字発言

文部委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)   6回発言  16780文字発言

図書館運営委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)   1回発言     14文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

文教委員会理事(第1回国会)
文教委員会理事(第2回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 決算委員会 第13号(1947/09/27、23期)

第百一條の三項、「職員は、政黨その他の政治的團體の役員となることができない。」この政黨その他の政治的團體というのは例をあげればどういうようなものをいうのですか、お伺いします。それから先般御審議を得ま…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 決算委員会 第14号(1947/09/28、23期)

十九ページの第二十五條第二十六條の人事主任官の規定があり、第二十六條は人事主任官會議という建議機関を設けることがきめてあるのですが、この人事主任官を選任する方法はどういうようなお考えを今もつておられる…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 決算委員会 第16号(1947/10/02、23期)

昨日私たちは十人の證人の意見を聴いたのでありますが、私はそのはつきりした論旨を聴いたのであつて、ここで一切繰返すことを省略いたしますが、日本教職員組合の代表荒木正三郎君、国鉄の加藤閲男君、全逓の土橋一…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 決算委員会 第26号(1947/12/03、23期)

全逓勞働組合の方からいつもこの問題がやかましく取上げられておるのですが、それには少しの理由もないというようにお考えですか。全逓ではこの問題を非常に重く見ていつも叫んでおるので、その趣旨をいろいろ聴かれ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 決算委員会 第27号(1947/12/04、23期)

私は政府に對して特定郵便局制度の問題につきまして、きのうの質疑を續けたいと思います。昨日この委員會において逓信省の大野總務局長は、冨田委員の質問に對して、特定局制度を廢止する意思はないと答え、また言葉…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 決算委員会 第28号(1947/12/06、23期)

第四に、私は質問をしてあるのですが、その點に對するお考えを聴いておきたいと思います。申し上げますが、私は特定郵便局長の中にりつぱな人があることを知つておるものでありますが、千葉縣の森局長類似の人物が他…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1947/07/24、23期)

本日はこの程度で打切りにして、しかしながら重要な問題もたくさんあるし、われわれも勉強するつもりでありますから、定例日にはこの委員會をお聞きになるように、また問題によつては臨時にお聞きになるように、さら…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1947/08/07、23期)

第一囘の囘収で集められた總額はどのくらいですか。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1947/09/22、23期)

今、説明員のお話を聴いておると、宗教學とか、宗教の必要性あるいは宗教の歴史などは尊重して、公立の學校で教えてよいという御意見でありましたが、その場合、生徒が、しからばどの宗教がよいかという質問をした場…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第10号(1947/09/29、23期)

各學校を通じて故紙を囘収したが、それを一割ないし三割現物として返すという取極めであつた。そうしてその半分の現物還元は目下製造中である。そしてそれを必ず配給するという覚書はもらつてあるというお説でありま…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1947/10/02、23期)

この請願は、小學校教員の恩給増額に関する請願でありまして、請願者は山形市香澄町字木実小路二百三十三番地、末野義四郎氏外三十六名で、紹介議員は、今、委員長の言われたように、圓司安正君でありますが、ちよう…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第15号(1947/10/27、23期)

国定教科書に関する小委員會の委員長として、御報告いたします。委員會は二囘の小委員會を開いて、熱心に愼重審議した結果、次のような申合事項を決定いたしました。讀み上げますと、会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1947/11/01、23期)

新潟第二師範學校昇格の請願は、請願者は高田市長でありますが、紹介議員は猪俣浩三君、塚田十一郎君、石山賢吉君、荊木一久君の四人であります。高田市は多年學園都市建設の理想を抱いておつたのでありますが、今囘…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第18号(1947/11/08、23期)

文部省にお尋ねしますが、栃木県阿蘇郡新合村の曹洞宗高林寺の住職金子文栄氏が、日本農民組合の運動に左祖しておつて、地主側から反對を受けて、長い間曹洞宗の宗務廳において、いわば裁判に附せられておつたのであ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第21号(1947/12/08、23期)

私は先日科學研究團體の代表老と會見いたしたのでありますが、彼らは非常に熱心に科學の振興に、學理の探求に邁進いたしておりまして、文化国家建設の基石たらんと努力いたしておるのでありますが、現下の事情におき…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1948/05/21、23期)

第四條までにしても質問を打切らないで保留しておいて、そうして次に進んでもらつたらよいと思います。本日はこれ程度で散會いたします。次會は公報をもつて御通知いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 決算委員会 第16号(1948/06/18、23期)

中国に置く場合、岡山に置かず、山口に置かないで広島に置く理由はどういうわけですが。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 決算委員会 第27号(1948/07/03、23期)

私は野溝国務大臣から新聞出版用紙割当事務廳を設置する理由を伺つて、個人としてはまつたくもつともだと、同意するものでありますが、いかにも新しくこういう廳を設ければ、機構が非常に大きくなつたような印象を国…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 決算委員会 第30号(1948/09/28、23期)

この問題に関して委員長談を発表してもらいたい。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1948/05/05、23期)

ただいまの菊池代議士の茨城縣へ総合大学を設置するという問題でありますが、何か資料があつたならばその資料をわれわれ委員に提供されることを希望いたします。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1948/06/02、23期)

大石ヨシエ君がお見えになりませんから、私が代つて請願の趣旨を申し上げます。京都府熊野郡教育委員会で、昭和二十二年九月一日に次のような決議をいたしたのであります。読み上げてみます。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1948/06/07、23期)

さつき政府のお答えの中に、これから恩給の改正があるので、それに対して交渉をしようと思つているという言葉がありましたが、早手まわしにどんどんやつていただきたいと思うのであります。これは希望です。―――…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第14号(1948/06/22、23期)

この教育委員会法案は、非常に重大な法案でありますから、公聴会を開いていただきたいと思います。委員長においてそのような取計らいをしていただきたいと思います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第15号(1948/06/23、23期)

この文案をよく見ると、「教育が不当な支配に服することなく、国民全体に対し直接に責任を負つて行わるベきである」ということが書いてある。この国民全体に対して責任を負うことがよいことで、妙な表現だが、それで…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1948/06/24、23期)

第六條の第三項に「委員のうち一人は、当該地方公共團体の議会の議員のうちから、議会において、これを選挙する。」とありますが、地方公共團体がその議会の議員を一人だけ教育委員会の、適当な人物を入れるというこ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第17号(1948/06/25、23期)

推薦制度をとつた理由と、それから六十人という数は、どういう理由できめたか、お伺いいたします。なお六十人につきましては、これは御承知の通り地方自治法の五十四條において、町村長の場合においては三十人以上…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第18号(1948/06/26、23期)

本法案の成立について、教科用図書委員会との関係について伺いたい。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第20号(1948/06/29、23期)

將來は檢定が全部国定にとつて代るであろうと思いますが、その中間の過渡期において、檢定の見本を展示会に全国に配つた場合に、たくさん注文が殺到して、そうしてそれを一つの発行所では発行ができないような場合が…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第21号(1948/06/30、23期)

雇員、傭員等を全部集めればどのくらいの総数になりますか。第六章日本学士院。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第23号(1948/07/02、23期)

第十一号の「委員会の所掌に係る歳入歳出予算に関すること。」この点についてお尋ねしますが、昨日辻田局長の答弁では、財政決定権をもたない教育委員会は、予算の点で非常に困るのではないかという質問に対して、第…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第24号(1948/07/03、23期)

田淵委員の意見ですが、第五十條の第一項の中で「都道府縣委員会は、教育長の助言と推薦により前條各号に掲げる事務を行う外、左の事務を行う。」とある中の「教育長の助言と推薦により」というのは、もう前にきまつ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第26号(1948/07/05、23期)

大学の設置の請願は、たくさん出ており、今まで政府の説明を聴いたのでありますが、われわれ委員としては大きな書記局というか、この委員会の手足をもたないし、データーも政府のもつているほど充実したものでないの…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 図書館運営委員会 第2号(1948/11/18、23期)

ちよつと速記をやめてください。国立国会図書館の経過に関する報告については、承認するに御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 文部委員会 第1号(1948/11/09、23期)

理事はその数を三名とし、委員長において御指名あらんことを望みます。原田  憲君  松本 七郎君会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1948/11/12、23期)

ただいま和田委員長の御報告を聞いたのでありますが、一般方針として三つあげられまして、その第三に大学の水準はあとう限り高く保つという方針で臨んでいると言われましたが、その御説明の中に、間口は挾くとも奥行…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 文部委員会 第4号(1948/11/18、23期)

私は一松委員の説に全部賛成であります。第三條は、要約すると、一つは、研究所の事業は民間に委託することができるということ、もう一つは官民、研究所の事業が重複しないようにするということだと思う。それをここ…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1948/11/19、23期)

第三條に「研究所の事業は、他の研究機関又は個人によつて既に行われ又は現に行われている同種の調査研究と重複しないことを原則とする。」とありますが、現在民間のそういう事業や成績がどのくらい上つておるか。だ…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 文部委員会 第8号(1948/11/30、23期)

国定教科書の翻刻発行権並びに供給権の地方移譲に関する請願が、大阪市北区天満橋筋六丁目二十九番地、請願人代表内山義雄氏から出ております。この請願人は、仙台市東三番町百七十、菅野千代夫氏(東北図書株式会社…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1948/12/10、23期)

昨日文部大臣から提案理由の説明をお聞きしたのでありますが、その御説の中に、「六・三の義務教育制を根幹とする新学校制度は、今や着々実施を見つつあるのでありますが、直接新教育実施の任に当る学校の校長、教員…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16