国会議員白書トップ衆議院議員今澄勇>23期国会活動まとめ

今澄勇衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  1回発言   3241文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  0回発言      0文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  1回発言   3241文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第15号(1947/07/10、23期)

私は、現下国民の最も重大関心事である食糧問題を、自由討議にまつ先に取上げていただきたいことを希望しておつたのでありますが、その機会がありませんでしたので、この機会をかりまして、食糧問題に関して、私の意見を申し述べたいと思うものであります。日本国民は、いつになれば主食が三合平均の配給を実施できるのであ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 36)  8回発言   9125文字発言
  第2回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  4回発言   1507文字発言
  第3回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言   3287文字発言
  第4回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

  23期通算  65回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 65) 14回発言  13919文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

鉱工業委員会
            51回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 51)  12回発言  10632文字発言

海外同胞引揚に関する特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)   0回発言      0文字発言

商工委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)   2回発言   3287文字発言

不当財産取引調査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第1号(1947/07/01、23期)

理事はその数を六名とし、委員長において指名せられんことを望みます。大矢 省三君  岡田 春夫君会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第3号(1947/08/01、23期)

理事の補缺は、選擧の手續を省略して、委員長において指名せられるよう望みます。次に小委員辭任の申出についてお諮りをいたします。石炭小委員の生悦住貞太郎君より石炭小委員を辭任いたしたいと申出がありました…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第8号(1947/08/18、23期)

化學工業小委員會おきましては、先般來化學肥料の増産問題を取上げておきましたが、化學肥料増産の隘路に関して、一應の結論を得て、硫化鑛をまず増産しなければならないということに問題が到達いたしました。よつて…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第9号(1947/08/21、23期)

化學肥料の増産に関しては、先般來より関係業者並びに各擔當方面と折衝して、當面の緊急増産對策を研究いたしておりましたが、先般一應當面の緊急打開策は、まず硫化鑛の増産にあることを議決しましたが、さらに今般…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第10号(1947/08/26、23期)

紹介議員中野寅吉君が本席に見えませんので、私より代つて本請願の要旨を御説明申し上げます。本請願の要旨は、福島縣大沼郡赤沢村大字赤留字中山にある赤沢炭鑛では亞炭を採堀しているが、その上部にある民家の土…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第17号(1947/10/10、23期)

ただいま淵上君から英国の例を引いていろいろ述べられましたが、要すれば日本のかつての政黨が国民の信を失うて、政黨史の上に非常に亂脈時代を現出したということは、国民のほんとうの期待に背いたということである…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第39号(1947/11/28、23期)

それでは、この請願の趣旨は、要するに宇部興産株式會社、宇部窒素工場の半成コークスを、本法案等一條第一項「半成コークス」の適用から除外していただきたいということにつきるのであります。宇部興産の半成コーク…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第40号(1947/12/08、23期)

化學肥料工業に関する国政調査の報告をいたします。本小委員會においては、去る八月二日化學肥料工業に関する事項について国政調査を行う承認を得ました。その調査の結果、化學肥料増産のためには、さしあたり硫化鑛…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 鉱工業委員会 第1号(1948/02/05、23期)

小委員の選定は、燃料鉱工業小委員は九名とし、軽工業、化学工業及び金属鉱工業各小委員は七名、おのおの委員長において指名せられるように希望します。菊川 忠雄君  深津玉一郎君会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 鉱工業委員会 第7号(1948/05/26、23期)

本請願は緊急を要するものと認められますので、ただちに採決を行われんことを望みます。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 鉱工業委員会 第13号(1948/07/02、23期)

先般商工大臣は低品位の石炭については、近く統制を外すという趣旨の答弁があつたようであるが、これは関係の業者にも、また消費者にも、重大な関係のあることであるから、いま少し詳細に、かつ明確に、低品位炭の取…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 鉱工業委員会 第14号(1948/07/04、23期)

ただいまより化学工業小委員会における調査について御報告申し上げます。本委員会は二月五日発足以來、化学肥料工業及び一般化学工業に関して調査を進めてまいつたのでありますが、化学肥料工業の分野におきまじて…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1948/11/24、23期)

この前委員長にお願いしておきました肥料関係の硫化鉱の問題について、法案審議のあとの時間を借りてこの際お願いをしたいと思います。この問題は大蔵並びに安本、物價廳の方にもお願してありましたのですが、今日は…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1948/11/26、23期)

前会のときの鉱山局長さんの説明によると、鉱山局長さんは前々から硫化鉱に対して、総合的に非常に力を入れておるというお話でありましたが、結局新鉱山の開発よりも、松尾、棚原の両鉱山の供給が大部分を占めておる…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16