成田知巳衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  0回発言      0文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  1回発言   4406文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  1回発言   2154文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  2回発言   6560文字発言

本会議発言一覧

第2回国会 衆議院 本会議 第35号(1948/03/30、23期)

昭和二十二年度所得税徴収に関しまして容易ならざる事態が発生いたしおり、これがために、去る二十七日本議場におきまして租税調整に関する緊急質問が行われまして、徴税の合理化に関するところの本院の意向が表明されたのでありますが、私は、今全国的に問題になつております徴税問題をめぐつての税務当局と納税者との間に………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第22号(1948/11/27、23期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程されました国家公務員法の改正と新給與追加予算は不可分たるべしとの決議案に対しまして、全面的に賛成の意見を表するものでございます。(拍手)国家公務員法の改正と新給與ベースの確立が一体不可分のものであることは、少しでも政治常識を有する者にとつては一点の疑い………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30) 11回発言   8538文字発言
  第2回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 37)  4回発言   4080文字発言
  第3回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  4回発言   9823文字発言
  第4回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言   1245文字発言

  23期通算  95回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 95) 20回発言  23686文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

通信委員会
            30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30)  12回発言  10790文字発言

海外同胞引揚に関する特別委員会
            27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)   4回発言   2538文字発言

運輸委員会
            19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)   3回発言   9113文字発言

鉱工業委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)   0回発言      0文字発言

予算委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)   0回発言      0文字発言

不当財産取引調査特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   1回発言   1245文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第14号(1947/11/22、23期)

厚生大臣にお伺いするのが本筋かもしれませんけれども、もしおわかりでしたらお答え願いたいと思います。先月二十九日の對日理事會で、シーボルト議長とキスレンコ少將の應酬があつたことを新聞紙上で拜見しました。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 通信委員会 第2号(1947/07/29、23期)

ただいま問題になつておりました全遞の要求に對する政府の囘答でありますが、特定局制度撤廢問題、これを全遞から要求し、その他相當の強い特定局局長の生活問題についても相當関心のある問題だと思います。これにつ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 通信委員会 第4号(1947/08/05、23期)

この問題につきましては、全逓側、逓信省側、また本委員會での協約の解釋問題、その他論議されておりますが、この問題は国民感情から申しましても、また全逓側でも認められておりますように、半ドンというものが現在…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 通信委員会 第6号(1947/08/12、23期)

この三表の支出に分についてちよつと伺いたい。他會計へ繰入れというのがあります。その内容、それと先ほどの御説明では、赤字財政になつたのはインフレの高進ということが大きな原因と申されましたが、人件費その他…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 通信委員会 第8号(1947/08/22、23期)

時間があまりございませんから、ちよつと放送の国有国家管理についてお尋ねしてみたいと思います。この問題は數日前、都下の一二の新聞であつたと思いますが、發表されました。全部の新聞に發表されてないという點…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 通信委員会 第13号(1947/09/26、23期)

特定局制度の利害得失、一長一短という問題につきましては、たびたび政府委員からも御説明になりました。先ごろ開催されました全特連、あるいは全遞の意のありところも十分了承いたしました。結局この問題は二月の二…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 通信委員会 第20号(1947/11/14、23期)

今の問題に関しまして、ただいま椎熊政府委員の最後の御説明のいわゆる生活權擁護という問題だけでなしに、客観的な情勢が働きかけておるのではないかというお説がありましたが、私たちもこの問題については前々から…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 通信委員会 第21号(1947/11/20、23期)

ただいまの林委員の御質問の、全逓の提訴問題に関する中勞委の裁定問題について二、三お伺いしてみたいと思います。生活補給金の問題につきましては、これが赤字資金であるか、あるいは越年資金であるかという性質の…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 通信委員会 第24号(1947/11/27、23期)

先ごろ国會を通過いたしまして、今月の十九日に公布されました農業協同組合法制定に伴う農業團體の整理等に関する法律の三十三條に「郵便貯金法の一部を次のように改正する」云々という言葉があるのであります。この…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 通信委員会 第25号(1947/11/29、23期)

ただいま小島委員の御質問がありましたが、政府委員の御答辯によりますと、最高限度を簡易保險において二萬五千圓に押えた。小賣物價の算定からいきますと三十六倍、卸賣物價の算定からは三十倍ということであります…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 通信委員会 第26号(1947/12/02、23期)

去る三十日に、全逓の提訴に對しまする中勞委の裁定案といたしまして、特定局制度は廢容する方針で進めるというような調停案が出たように新聞紙上で拜見いたしておりますが、この調停案の内容を見ますると、從來の調…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第4号(1948/02/20、23期)

すでに今まで問題になつているかもわかりませんが、引揚同胞の在外資産の問題についてちよつとお尋ねしてみたいと思います。在外資産は講和條約が締結されなければどうこうというようにはつきりした処理ができない…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第9号(1948/04/16、23期)

ただいま倭島政府委員の御説明では、樺太、千島が約十九万、シベリヤ方面が四十九万、合計約七十万の未復員者があります。その樺太、千島とシベリヤ以外に、満州を中心としまして中共地区、それから南方の未復員者は…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 通信委員会 第2号(1948/01/30、23期)

ただいま三木逓相から通信料金値上げを約二倍程度近く行いたいという御説明がごさいました。また二十七日の閣議でございましたか、新聞紙上の報ずるところによりますと、二月十五日から実施をするというような閣議決…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 通信委員会 第3号(1948/02/02、23期)

ただいま多田委員が御発言なさいました通り、この問題は予算委員会でも相当問題になつておる件でありますし、当然郵便法の一部を改正する法律案が通つたといたしましても、予算関係とにらみ合わせて審議しなければ、…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1948/11/15、23期)

運輸大臣に本法の概略について二、三重要な点を御質問してみたいと思います。第一は今館委員からも御質問があつたのですが、日本国有鉄道というものができた場合に、運輸省の機構改革とどういう関連があるかという問…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1948/11/24、23期)

ただいま有田委員から御質問がありました四十九條でございます。これは最初の委員会で私が御質問申し上げたのであります。運輸大臣が認可すれば、営業線とか重要なる財産は讓渡、交換、あるいは担保とすることができ…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1948/11/27、23期)

ただいま佐々木委員から三十三條の問題について、特に女子、年少者の保護規定に関連して御質問があつたのであります。この三十三條は削除したいという御事見を持つておるようですが、私もまつたく同意見であります。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第3号(1948/11/19、23期)

ソ連関係の引揚げについては、政府から大体の御報告を伺い、私どもも国民も大体の様子はわかつておりますが、満州、北支方面については、まだ政府の方から詳しく報告がないのでありますが、どういう状況になつている…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 不当財産取引調査特別委員会 第4号(1948/12/12、23期)

ごく簡單にお尋ねいたしますが、その前に委員長にお聞きしたいのは、きのう加藤勘十氏の証人尋問のときに加藤氏がすわつておつたというので、委員長は特に証人に起立を求められた。しかるにきようは吉田首相は……。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16