赤松明勅衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  1回発言   2565文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  1回発言   5881文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  1回発言   4936文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  1回発言   1225文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  4回発言  14607文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第15号(1947/07/10、23期)

私は、自由討議の問題につきましては、ほとんど論議され盡したかのごとくに考えるのであります。但し、自由党の、以前国務大臣であられた、現大幹部である植原先輩は、この自由討議を中心とするところの、先ほどの御懇切なる御言葉とでも言いますか、御意見は、傾聴いたしましたが、皆さんが、いわゆるわれわれが、われわれ………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第65号(1948/06/17、23期)

私は、野党連絡協議会の決定に基きまして、その代表として、ただいま議題になりました件について、芦田総理大臣、西尾副総理、鈴木法務総裁の三氏に対しまして、最高檢察廳より西尾国務大臣の起訴同意を求めるりん請が行われているのであるが、これをめぐつて、われわれには了解できない幾つかの問題があることを明確にした………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第10号(1948/11/12、23期)

私は、社会革新党を代表いたしまして、国家公務員法の一部を改正する法律案の審議に関しまして、個々の問題は委員会に移すことにしまして、根本的な大綱問題に関して、総理大臣以下関係各大臣の明快なる御答弁を承りたいと思うのであります。私は、本法案の審議にあたり、根本的態度として、本法案と同一の趣旨であるところ………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第9号(1948/12/11、23期)

私は、社会革新党を代表いたしまして、本法案に対する反対の意見を述べるものであります。守り得る法律をつくるか、守り得られない法律をつくるかは、立法府に與えられた重大なる課題であるといわなければならないのであります。せつかくの立法が、守るに難きものであつた場合、法治国家の遵法精神がゆがめられ、社会不安を………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  3回発言   7826文字発言
  第2回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言   2312文字発言
  第3回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  2回発言   1098文字発言
  第4回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   6286文字発言

  23期通算  28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)  9回発言  17522文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

商業委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)   3回発言   7218文字発言

労働委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)   4回発言   7384文字発言

皇室経済法施行法案特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   1回発言   2661文字発言

議院運営委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   1回発言    259文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 皇室経済法施行法案特別委員会 第3号(1947/08/22、23期)

ちよつと速記を待つてください。なお念のために申し上げますと、この皇室用財産の範圍をきめるにつきましては、この皇室經濟法案の審議をいたしました當時の、帝国議會の審議の、經過等に鑑みまして、関係の方を委…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 商業委員会 第6号(1947/08/21、23期)

私は水谷商工大臣に、本案とは別の緊急質問を試みたいと思います。本日の朝日新聞紙上に、博多沖合を航行中の日本の船舶が、国籍不明の、たしか三機と見ましたが、飛行機から爆撃を受けておる。その一機はその船の上…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 商業委員会 第22号(1947/12/04、23期)

第一に主食として砂糖が輸入せられる永続性にいて関係當局から何らかの指示があつたかどうか。すなわち主食として何年も永続して来るのか、もちろん世界の食糧事情というものは本年度が悪いということによつて経過的…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第78号(1948/09/22、23期)

政府の御意見によれば、十月一日に召集し得ない理由の一つとして、国家公務員法の問題及びそれと関連する諸法律案について、関係当局との了解が得られないために、十月一日に開会不可能というのですが、なおそのほか…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 商業委員会 第1号(1948/01/31、23期)

向井さんは商工組合中央会の中小商工業者の牙城である。商工組合中央会に長くおられたはずであり、中小商工業対策については、専務理事としてのお立場で、相当御苦心なさつた方だと思います。私も今びつくりしたよう…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 労働委員会 第1号(1948/11/09、23期)

動議を提出します。理事はその数を四名とし、委員長において御指名あらんことを望みます。氏名は会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 労働委員会 第9号(1948/11/26、23期)

これは倉石さんの御意見に賛成いたします。但し一つ申し上げておきたいのは、委員長と辻井君の間の論爭というようなものですが、これを根本的に言えば、労働組合があつて、これによつて起つた現象をとらえての末節の…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 労働委員会 第1号(1948/12/08、23期)

去る4日だと思うのでありますが、理事会において決定した事項として私たち委員の方へ通逹があつたのは、本公共企業体企業体労働関係法に関する修正意見があれば、六日中に委員部を通じて関係当局と連絡をとる準備を…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1948/12/10、23期)

私は社会革新党を代表して、本法の原案に反対の討論を行うものであります。すでにわが党といたしましては公共企業体労働関係法の修正案を、本委員会に提出したのでありますが、客観情勢はこれを議題として委員会が…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12