黒岩重治衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  1回発言   2194文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  1回発言   6430文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  2回発言   8624文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第15号(1947/07/10、23期)

自由討議の問題につきまして、二回の経験におきまして、最もお互い議員の関心をもつべき点が、ただいまの議場を見渡せば、判然といたすと存じます。開会当時の議員の数と数時間を経過しましたただいまの議員数といかなる差がございますか。確か三分のニの数のものは、すでに退席をしております。(拍手)これは議員諸君が、………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第53号(1948/06/01、23期)

衆議院選挙法が明治二十二年制定いたされましてから、その後において、現在まで六回の改正をいたしておると承知しております。しかも、その六回のうち、あとの二回は、終戰後の短い期間において行われたものでございます。しかるに、さらに選挙法の改正をいたさなければならない議が、本委員会においても考えられております………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22) 14回発言  19622文字発言
  第2回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35) 20回発言  31171文字発言
  第3回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  3回発言   1513文字発言
  第4回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  3回発言   4375文字発言

  23期通算  72回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 72) 40回発言  56681文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

文教委員会
            45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 45)  30回発言  50054文字発言

文部委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)   5回発言   5507文字発言

政党法及び選挙法に関する特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)   1回発言     16文字発言

皇室経済法施行法案特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)   3回発言    723文字発言

図書館運営委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   1回発言    381文字発言

商業委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 皇室経済法施行法案特別委員会 第1号(1947/08/15、23期)

投票を用いず森三樹二君を委員長に推薦いたします。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 皇室経済法施行法案特別委員会 第3号(1947/08/22、23期)

本法案の第二條、第三條、第四條、第五條、第七條、第八條に示されました金額を御決定になられましたところの根據を、お示し願いたいと思います。次に第二條第二項の十萬圓について申し上げます。この額は皇室經濟…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 皇室経済法施行法案特別委員会 第4号(1947/08/26、23期)

国民協同黨は、本兩法案ともに贊成するものであります。この法案中、内廷費の定額八百萬は、物價騰貴の現状におきましては、その額の僅小に失するの懸念はありますが、當局の責任において御不自由をおかけ申し上げざ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1947/07/12、23期)

議事進行につきまして動議を提出いたします。その一つは本委員會は定刻に開會のできますように、今後各員の自覚を喚起したいということと、なおまたすでに開かれました二囘の委員會の実情を見てみますと、理事になつ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1947/07/24、23期)

三十一億二千萬圓の豫算を獲得するような努力をなさいました文部大臣以下文部當局の御努力に對しては衷心から敬意を表します。しかしながら六・三制の完成を考えますときに、普通教室約十萬、特別教室約三萬、それに…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1947/08/07、23期)

追加豫算をおきめになる場合に、政府のその考え方の根本が、われわれとしては非常に腑に落ちぬ點があります。それは一體教育国策というものの国策上における地位を、どういうふうにお考えになりますか。われわれがえ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1947/08/20、23期)

二十四年度、さらにそれ以降までの建築の費用が百三十一億九千三百九十三蔓四千圓であるということでありますが、概算的に見まして、教室がわずかに七蔓しかできぬと思います。新制中學の生徒数がかりに三百蔓といた…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1947/08/28、23期)

これに関連をいたしますが、將来の教科書の印刷につきまして、從来とは變つた御計画があられるように巷間でうわさをしているのを聞きますが、これにつきましてどういうふうなお考えがありますか、当局からお聴きした…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1947/09/22、23期)

公立學校において宗教教育を禁止するという趣旨が、あまりに宗教というものを、特定の宗派の布教をするものであるというふうに、強く考え過ぎているのではなかろうかと私は解釈します。大體教育と布教ということは、…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1947/09/25、23期)

内定しております三十一億圓餘の豫算のことにつきまして、巷間傅えられるところによりますと、それがまだ追加豫算として計上される段階に到達していない、難関に逢著しておるといつたようなことを聞きますが、その點…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第10号(1947/09/29、23期)

二割を取扱いの團體へ提供したということは、囘収費としてこれをやつたということですか。またはその囘収費の出所というようなものもはつきりいたしませんので、その囘収費として二割を無償で業者にやつたという意味…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1947/10/02、23期)

ただいま伊藤委員の御質問の焦點を、私聴いておりましたのでは、三十一億二千萬圓の豫算を計上する自信ありや否やという點についてのお尋ねであつたように聴きましたが、そういたしますならば、文部大臣がるる述べた…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1947/10/15、23期)

文部省がお考えになつております教科書審議委員會假稱でありますが、この性格は、諮問機関であるということは、はつきりいたしましたが、なおこの點について制度として永續さす意味をもつものか、臨時的なものである…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第17号(1947/11/05、23期)

三つの點についてお伺いしたいと思います。その一つは、ただいま御説明になりました今次の追加豫算に計上されました七億圓の殘りになりますところの、あとの七億圓であります。充足してもらおうと考えておるというそ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 政党法及び選挙法に関する特別委員会 第5号(1948/04/30、23期)

国民協同党は本案に賛成であります。理由は、第一に、本法案は労働組合、農民組合その他民主的な團体の活動を政治活動という名目で彈圧することになると思うのであります。第二としては、大衆的な資金の募集活動を…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1948/04/28、23期)

大学設置について二点だけ政府委員にお尋ねいたしたいと思います。地域的の考慮を拂つて新設せられるようなお言葉が先ほどあつたのでありますが、新たな基準から考慮して新設しようという御予定の地域を、発表したお…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第5号(1948/05/27、23期)

高知市に綜合大学設置の請願でございますが、請願者は高知市議会議長中島龍吉外二名であります。しかしこれは縣民全体の意思を代表した請願であると御理解願いたいと思います。本請願の要旨は、明年度新制大学の発…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1948/05/31、23期)

本請願は、香川縣三豊郡の前川正宣氏がら出されたものだありまして、要旨は、中等教育免許状を有する者、特に文部省檢定合格者に、官、私立大学受驗資格、高等文官試驗本試驗受驗資格、高等教育の免許状所有者には大…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1948/06/01、23期)

文部省の最低要求額五十億円というお話でありますが、その中ま四月暫定予算の六億四千万円も含めてお考えになつておりますか、いかがでございますか。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第10号(1948/06/11、23期)

四行目から五行目へかけての表現でありますが、これは本文の通りでよいと私は思います。「これが徹底に最も緊要なことは」と表現しておいて、「はかることにある。」と結んでありますから、教育基本法こそが唯一つの…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1948/06/21、23期)

教育委員会法の提案理由につきましては、まことに妥当性のあるものであるということを認めますが、部分につきましては、相当に檢討を要すべき点があるように存じます。從つて逐次御質問をいたしたいと思いますけれど…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第14号(1948/06/22、23期)

ただいま高津委員の質問に対しまして、政務次官のお答えを拜聴しますと、この法案によります委員会の予算の独立の点につきましては、不十分な点があるということをお認めになつて、さらに將來において教育委員会の基…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第15号(1948/06/23、23期)

この不当な支配ということにつきましては、過去においての反省をいたしますと、いろいろの事実が出てくるだろうと思いますが、われわれがこの審議をいたします建前としては、將來における不当な支配、排除するという…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1948/06/24、23期)

原則として地方議会の議員は兼職ができないのに、特別に一名だけを委員の中へ入れるという規定は、先日の総括的な質問の場合に、政府の御答弁によつて、お考えになつておるところの意味はよくわかりますが、原則的な…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第17号(1948/06/25、23期)

第二項の当選人にならなかつた者のうち、得票数の最も多い者から順次にというこの規定でありますが、かりに当選をしなかつた人々のうちで、得票数の著しく少い者だけが残つておつて、欠員が生じたからそれを順次繰上…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第18号(1948/06/26、23期)

第四條ないし第八條について質問がある。第四條には書目の届出、第五條には教科書展示会、第六條には目録の作成の規定があるが、第六條第三項には、教科書の見本を展示会に出品することができるとなつているが、目録…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第19号(1948/06/28、23期)

「一 需要数が教科書の発行に不十分なとき。」とありますが、この不十分であるということを認定する方法をお聴きしたいと思います。第十條 発行の指示を承諾した者は、省令の定めるところに從い、教科書を発行す…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第20号(1948/06/29、23期)

私は国民協同党を代表いたしまして、本法案に希望條件を附して賛成をするものであります。教育の民主化を徹底いたしますところの一つの方途といたしまして、教科書の面から民間で編纂いたしますところの檢定教科書…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第21号(1948/06/30、23期)

議事進行に関してであります。大体逐條審議にいきますが、しかしながら章別に一括して、そしてその章のうちの各條についての質問をするような方法をおとり願いたいと思います。前文について……。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第22号(1948/07/01、23期)

わが国の学術振興のために、学者の自主的な活動を期待することのできる制度といたしましては、本法案は望ましい内容をもつておると思います。但し從來の日本の実情から考えますと、学者の待遇はまことに薄きに失して…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第23号(1948/07/02、23期)

四十九條の第七号の労働組合の問題でありますが、実際において給與をする責任をもつものは、形式的には各委員会でやるように、この案では考えるのでありますが、内容を檢討いたしますと、都道府縣の費用、それに国庫…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第24号(1948/07/03、23期)

第六十九條の教員の定数につきましては、法律上はつきりきまつておると思いますが、別に公共團体の條例で定めるだけの余裕を残されておる点を御説明願いたいと思います。(教育職員等の身分取扱)会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第25号(1948/07/04、23期)

私は教育委員会法案に対しまして、国民協同党を代表し、各派共同提案の修正案並びに修正案において修正された以外の原案に賛成するものであります。教育民主化の課題は、わが国民の課せられた重要な問題であると存じ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第26号(1948/07/05、23期)

日程第二〇、二一、二二、二三は定時制高等学校設置の請願でありますが、この制度はすでに実施されておるのでございまして、勤労青年の教育が特に重要視されなければならぬという現実並びに將來の問題として定時制高…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 図書館運営委員会 第2号(1948/11/18、23期)

御報告の点につきましては、詳しく書類にも出ておりますので、詳細よくわかりましたが、それ以外の点について、一点お伺いしたいと思うのです。それは夏ごろであつたと思います。国会図書館から赤を追い出せという街…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 文部委員会 第4号(1948/11/18、23期)

国語の問題でどうしても早く解決しなければならぬ問題は、国語の合理化の問題とそれを表現する文学の簡素化という二点が重点だと思います。その建前からこの二條を見ますと、最も軍規すべき問題は第一項ではないかと…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 文部委員会 第6号(1948/11/24、23期)

国立の国語研究所の設置されますことは、国民のひとしく切望する点であろうと思います。この国民の期待を背負いまして本法案が成立し、早急に新しいこの機関が設置されることを、私ども切望するのであります。内容に…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1948/12/09、23期)

第一点は久保委員からもお尋ねがありましたが、本日この法案が提案になりましたところ、漏れ聞くところによりますと、政府の方針としては十二、三日ごろに衆議院を解散するという方針をおとりになつておるそうであり…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1948/12/10、23期)

今、久保委員が指摘せられました第七條でありますが、大学以外の学校に対しては休職のままに俸給を支給するところの年限を明記しておりますのに、大学の方はこれを何らきめてない。その理由を御説明願いたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 文部委員会 第4号(1948/12/11、23期)

昨日御質問申し上げました点の御答弁を願いたいと思います。從來は教員は官吏の身分を持つておつたのでありまして、その任命権は知事のもとにありましたが、官吏の身分を持つておつた関係上轉任ができたのでありま…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16