北村徳太郎衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09) 13回発言  47350文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05) 25回発言  71138文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  1回発言   9684文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22) 39回発言 128172文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第9号(1947/07/02、23期)

片山総理大臣の施政方針演説に対しまして、私は民主党を代表いたしまして、若干の質疑を試みたいと思うのであります。最初にちよつと希望を述べたいのでありますが、本日、各大臣の御答弁はまことに懇切丁寧でございましたが、私への答えはきわめて簡単に願いたいと思うのであります。刻々に迫りつつありまするわが経済危機………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第16号(1947/07/12、23期)

ただいま議題となりました、財産税等收入金特別会計法の一部を改正する法律案外一件につきまして、財政及び金融委員会における、審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、財産税等收入金特別会計法の一部を改正する法律案につきましては、昭和二十一年度財政計画において、財産税等收入金特別会計から、一般財源と………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第20号(1947/07/31、23期)

ただいま議題となりました特別調達廳法の一部を改正する法律案につきまして、財政及び金融委員会の審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。元來特別調達廳は、政府の監督指示のもとに、連合国または政府の需要する建造物資及び設備の営繕並びに物資及び労務の調達に関する業務を行うことを目的とする法人であります。近………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第29号(1947/08/26、23期)

ただいま議題となりました生命保險中央会及び損害保險中央会の保險業務に関する権利義務の承継等に関する法律案、金融機関再建整備法の一部を改正する法律案及び労働者災害補償保險特別会計法の一部を改正する法律案につきまして、財務及び金融委員会における審査の経過並びに結果をご報告申し上げます。まず生命保險中央会………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第30号(1947/08/28、23期)

ただいま議題となりました復興金融金庫法の一部を改正する法律案につきまして、財政及び金融委員会における審議の経過並びに結果について御報告申し上げます。まず政府より、復興金融公庫は本年一月末設立以来、戦後経済の中核たる中小企業の育生のために相当の効果をあげてきたのでございますが、この融資総額は七月末日現………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第35号(1947/09/23、23期)

ただいま議題となりました、大蔵省預貯金部等の債権の條件変更等に関する法律案につきまして、財政及び金融委員会における審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。まず、政府原案の要旨について申し上げたいと思います。第一に、貯金部資金並びに簡易生命保險及び郵便年金特別会計法の積立金の運用によりまする資………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第38号(1947/09/30、23期)

石炭国管問題は、すでに論議がほとんど盡されたと思うほど、実はしつこく論ぜられておるのであります。殊に今まで同僚諸君からお話が十分でましたから、私は一切重複を避けて、皆さんのおつしやらない方面について、簡單に所感を述べたいと思うのであります。政治はおよそ現実の問題でありまして、この理論体系たる、簡單に………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第41号(1947/10/06、23期)

ただいま議題と相なりました貿易資金特別会計法の一部を改正する法律に案につきまして、委員会においての審査の結果並びに経過等を概略申し上げたいと思います。まず、本改正案の要旨とするところを簡單に申し述べますと、現在貿易物資党の買入及び賣拂等につきましては、貿易資金特別会計法第二條第一項に規定するいわゆる………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第46号(1947/10/15、23期)

ただいま議題となりました政府職員に対する一時手当の支給に関する法律案につきまして、委員会の審査の経過並びに結果を手短に御報告申し上げたいと存じます。本案は、去る九月三十日本委員会に付託されたものでありまして、十月二日政府委員より、本案は、最近の政府職員の生計の状況に鑑みまして應急的措置として、全職員………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第58号(1947/11/13、23期)

ただいま議題となりました補助貨幣損傷等取締法案及びすき入紙製造取締法につきまして、財政及び金融委員会においての審議の経過並びに結果をきわめて簡單に御報告申し上げます。まず、本案の内容を簡單に申し上げますと、昭和十五年大蔵省令第四十号には、地金として補助貨幣を販賣したり、または使用する目的をもつて蒐集………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第64号(1947/11/23、23期)

ただいま議題となりました経済力集中排除法案について、財政及び金融委員会における審議の経過並びに結果の概略を御報告申し上げます。まず政府原案についてでありますが、政府はすでに財閥の解体、独占禁止法等の実施をいたしておりますけれども、わが国の現状を見まするに、これら各般の措置が必ずしも所期通りの効果をあ………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第67号(1947/11/27、23期)

ただいま議題となりました失業保險特別会計法案について、財政及び金融委員会における審議の経過及び結果を簡単に御報告申し上げます。まず本案の要旨を申し述べますと、失業保險法案に基く失業保險事業に関する歳入歳出は、政府管掌の各種の保險事業におけると同様、これを特別に経理いたしまして、その収支を明確ならしめ………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第68号(1947/11/28、23期)

ただいま議題となりました企業再建整備法等の一部を改正する法律案について、財政及び金融委員会にける審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、本案の内容について申し述べますと、昨年十月、いわゆる戰時補償の打切りに伴い、企業再建整備法が施行せられたのでありますが、その後種種のやむを得ない事情によつて………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第7号(1948/01/26、23期)

運輸行政に御経驗の深い辻君から、ただいま御質問中に、現業廳たる国鉄運営に関してのお言葉がありましたので、その面について考えておることを申し述べまして、御答弁申し上げたいと思います。国鉄の経営をどうして合理化するかというような問題については、現下、とにもかくにも、日本の危機経済の主要なる原因が物の欠乏………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第9号(1948/01/28、23期)

野坂君にお答え申し上げます。一般行政整理と異なつた目的をもつて、現業廳たる鉄道も、またある整理をしなければならぬということは考えております。これは、国鉄の再建と同時に、收支の適合をはかる独立採算制という観点から、当然ある整理、またある強化をしなければならぬということは、切に感じておるところでございま………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第13号(1948/02/02、23期)

ただいまの前田議員の御質問と申しますか、御所見に対して、お答えを申し上げたいと思うのであります。第一の問題は、運賃値上げの問題、第二の問題は国鉄の合理化と申しますか、独立採算制の問題等であつたかと思うのであります。第一、運賃値上げの問題でございまするが、昨年七月に、国鉄は運賃の十割値上げをいたしまし………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第28号(1948/03/22、23期)

浅沼君の御演説中に私はちよつと席をはずしましたので、あるいは間違うかもしれませんが、私へのお尋ねは、インフレーシヨンに対する防止の対策いかんということと、生産公債の問題であつたかと承るのであります。インフレーシヨンの防止につきましては、これは何をおいても努力を傾倒しなければならぬ事柄であることは申す………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第30号(1948/03/24、23期)

竹山君の私への御質問の第一点は、農村金融についてであつたと思います。ただいま農林大臣よりもお答えがあつたのでございますが、元來農村金融は單純金融でございまして、農村の経済の特殊性に鑑みまして、収入の時期が一つになり、あるいは支出の時期が一つになり、それから他の面においては局地性でなければならぬという………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第31号(1948/03/25、23期)

上林山君の御質問はきわめて多岐でございまして、十分にお答えできるかどうかわかりませんが、私の氣づいたことだけ申し上げたいと思います。一つの点は、二十三年度の予算において三党の政策協定を入れるかどうかという点であります。新聞の記事をお引きになりましたようでありますが、私は今のところ、暫定予算の中に三党………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第33号(1948/03/27、23期)

ただいまのお二人の緊急質問に対してお答えを申し上げたいと思います。特に塚田君の御指摘になりました点につきましては、私もこれを率直に認めなければならぬ点が多くあることを、はなはだ残念に思うのであります。特に今のときにおきまして、国家財政の最も重要なる歳入でありますところの税收入がうまくいくかいかないか………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第34号(1948/03/29、23期)

加藤君の御質問にお答えいたしたいと思います。課税の適正と負担の公平をはかりますことは当然のことでありまするが、御指摘のように農村地帯においてどうも手違いがあつたということは認めなければならぬのでありまして、かようなことを聞きましたから、この議場でたびたび申し上げましたように、財務局長を集めまして、そ………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第35号(1948/03/30、23期)

ただいまの緊急質問にお答えいたしたいと思うのであります。税務機構全般の刷新、それから充実つきましては、かねて本議場において申し上げた通りであります。ただいま、高松財務局管内において人権蹂躪があつたというお言葉でありますが、ただいままで私どもの方には報告が参つておりません。これはあるいは最近二、三日の………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第39号(1948/04/05、23期)

去る三月三十日の本田英作君の御演説は、私は外出いたしておりまして拝聴することができませんでしたが、要旨を承りましたので、これより概要御答弁申し上げたいと思います。第一点は、通貨発行高に関する將來の見透しはどうであるかという点であつたと思うのであります。第二は、外資導入についてどういう具体的な対策をも………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第45号(1948/05/06、23期)

山本君の御質問にお答え申し上げたいと思います。第一点は、割当制をとつておるかどうかといふことでありますが、大蔵省としては、割当制はとつておりません、これは、この本会議場において、たびたび申し上げた通りであります。但し、われわれは一應の責任ある予算を立てなければなりません。從つて、どの地区でおよそどれ………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第48号(1948/05/22、23期)

西村君にお答え申し上げます。軍事公債の利拂に関する処置につきましては、これはいおそらくいろいろの考えようがあると思うのであります。軍事公債そのものを根本的に打切るという議論さえもあるのでありまして、これが利害得失等については、いろいろ研究を要するのでありますけれども、われわれの今回とりました方策は、………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第53号(1948/06/01、23期)

ただいまの野本君の緊急質問にお答えいたします。群馬縣を中心といたしまして、栃木、茨城にわたりまする五月二十七日、二十八日の雹害が、実に深刻なものであつたということに驚いておるわけであります。特にこの地方は野本君もお話になりましたように、昨年の風水害でずいぶんひどい目にお遭いになりまして、その非常な困………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第55号(1948/06/04、23期)

われわれは漠然と希望し、明確に恐怖していると、ある戰勝国の詩人が申しましたが、今まで私どもは、明確な恐怖はあつても、安定への希望はきわめて漠然としたものでしかあり得なかつたのであります。しかし、今や耐乏と苦闘のうちにようやく生存から生活へ、危機感から安全感への十字路にたどりつこうといたしているのであ………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第56号(1948/06/05、23期)

川島君の御質問中、私に関係ございます点は、第一に終戰処理費の件であります。第二は軍公利拂のことについて二点、第三点は價格差補給金に関する点、次に国民所得の問題と、最後に勤労所得税等の軽減に関する問題であつたと思います。以下、順次お答え申し上げたいと存じます。第一の終戰処理費の問題でございますが、これ………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第57号(1948/06/07、23期)

小坂君の御質問は相当多岐にわたりまして、きわめて精密の御質問でございましたので、漸次お答え申し上げたいと思うのであります。第一に、国民のための健全予算でなければならない、從つて、それには收支のバランスがとれるという條件、インフレーシヨンに対する見透し、あるいは決意、それから予算と国民生活の関係等々に………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第58号(1948/06/08、23期)

昭和二十三年度予算の大綱につきましては、先日本議場において御説明申し上げたのでありますが、その後予算書も調製されまして、昨日予算案とともに正式に提出いたしましたのであります。この際、若干説明を補足いたしたいと思います。本予算編成の経緯並びにその基本方針に閑しましては、すべて先日申し述べました通りでご………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第59号(1948/06/09、23期)

植原議員の御質問のうち、私に関する部分についてお答え申し上げたいと思います。第一の問題は、健全財政の問題でございますが、これは申すまでもなくインフレーシヨンと関係をすることであります。すなわち、ドレーバー・ミツシヨンの報告をまつまでもなく、日本において、どうしてインフレーシヨンを收束せしめるかという………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第61号(1948/06/11、23期)

綱島君の御質問のうち、私に関係ある部分についてお答え申し上げたいと思います。第一の、この予算でいけるかということについては、ただいま総理よりお答え申し上げましたが、今回の予算が、国民経済の規模において可能的健全性を保持したということについては、すでにたびたび申し上げました通りでありまして、從つてこの………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第63号(1948/06/14、23期)

東井議員の御質問について、私に関する部分についてお答えを申し上げたいのであります。初めにお話がございました点については、ただいま栗栖長官から答弁がございましたが、とにかく戰爭から敗戰の間における非常な混乱期にあたつて、ずいぶん苦労しながら対処せられた内閣があり、その次には、戰爭経済から平和経済への切………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第70号(1948/06/25、23期)

椎熊君の緊急御質問にお答え申し上げたいと思います。簡易生命保險並びに郵便年金が日本の財政並びに金融等の上にもつ重要性は、椎熊君のお述べになりました通りでありまして、殊に昨年度のごとき、財政支出が非常に厖大でありましたけれども、保險並びに貯金等を通じてその六〇%を還元し得て、インフレーシヨン下にあつて………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第72号(1948/06/28、23期)

ただいまの佐藤君の御質問にお答え申し上げたいと思います。私も佐藤君と大体同じ考えをもちまして、逓信大臣と一緒に、ただいま御質問の趣旨に副うような方向に努力いたしております。ただ、この問題につきましては、多少誤解があると思いますので、この際真相を明らかにしておきたいと思うのであります。これは、一昨二十………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第75号(1948/07/01、23期)

平工議員の御質問に対しましては、ただいま厚生大臣の御答弁で大体盡きたかと思うのでありますが、私ども財政当局といたしましては、二十三年度予算において、入院患者の昨年度の実績にベッドの数二割を増すことにいたしたのでありますが、これに対して、増加傾向が今までのところはございません。しかしながら、将來もし経………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第76号(1948/07/02、23期)

上林山君の御質問に対しては、ただいま総理大臣より答弁がありましたが、その通りに考えておるのであります。私どもは、国会の審議権をどこまでも尊重するという立場において、修正を可といたしたのであります。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第79号(1948/07/05、23期)

ただいま早稲田委員長より御報告がございました復興金融金庫の問題に関連いたしまして、同財政及び金融委員会において、各委員より、農林漁業等の金融に関しまして特に非常に強い要望がございましたので、この際お答え申し上げておきたいと思うのであります。農林漁業金融は、従来日本勧業銀行等において主として取扱つてお………会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 本会議 第15号(1948/11/18、23期)

吉田内閣の総合的な基本政策というものがはつきりいたしませんと、個々の問題を論議いたしましても、そのことはむだになることが多い。また事実、個々の問題のみを論議いたしますことは困難である。從いまして私どもは、総合的な施策というものをきわめて早い機会において総理が率直に述べられることか必要であるということ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 35回出席(長 34 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2163文字発言
  第3回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
  第4回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

  23期通算  42回出席(長 34 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言   2163文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

財政及び金融委員会
            34回出席(長 34 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)   1回発言   2163文字発言

予算委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)   0回発言      0文字発言

大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

財政及び金融委員会委員長(第1回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 財政及び金融委員会 第8号(1947/08/02、23期)

まず初めに決議案文を朗讀いたしたいと思います。健全財政、健全金融に関する決議案会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16