松原一彦衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  0回発言      0文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05) 13回発言  28770文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22) 13回発言  28770文字発言

本会議発言一覧

第2回国会 衆議院 本会議 第6号(1948/01/24、23期)

私は、国民協同党を代表いたしまして、首相の施政方針に対する質問並びに所見の一端を申し述べて、政府の御答弁を求むるものであります。私がこれからお辱ね申し上げようとするところの要旨は、三つあるのであります。第一は、片山総理大臣が昨年就任の際に天下に公約せられましたところの中道政治の原則は、今後といえども………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第51号(1948/05/27、23期)

ただいま議題に上りました行政官庁法等の一部を改正する法律案につきまして決算委員会における審議の経過並びに結果について御報告申し上げます。行政官庁法、経済安定本部令、日本国憲法施行の際現に効力を有する命令の規定の効力等に関する法律及び建設院設置法の規定は、それぞれ本年四月三十日または、五月二日をもつて………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第53号(1948/06/01、23期)

ただいま議題に上りました高等試験委員及び普通試験委員臨時措置法案につきまして、決算委員会における審議の経過並びに結果について御報告申し上げます。本法案は、国家公務員法が來る七月一日から施行されるのであるますが、その実体的規定が適用されますのは、職階制及びこれに應ずる試験制度等が完成した後となります。………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第67号(1948/06/19、23期)

この注律案の決算委員会における審議の経過と結果を御報告申します。現在、電波物理研究所は文部省の所管となつておるのでありますが、これを逓信省所管の電氣試験所に統合せんとするものであります。その理由の第一は、無電の国際的協力のために、第二は通信障害予防のために、第三は国内における超短波使用研究等のために………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第69号(1948/06/24、23期)

国民協同党は、国務大臣西尾末広君の不信任決議案に対しまして、反対の意を表するものであります。(拍手)わが国民協同党が、この不信任案に反対いたしますることは、必ずしも西尾氏をば信任するという意味ではございません。但し、信任か不信任かという二つの課題を課せられました時分に、以下申し述べる二つの理由をもつ………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第70号(1948/06/25、23期)

国家行政組織法案に関する委員会の報告を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第71号(1948/06/26、23期)

行政官廳法等の一部を改正する法律案は、すでに二回にわたりてその施行期日を延期したものでありますが、今回制定せられましたところの国家行政組織法が明二十四年一月一日より実施せられることになりました結果、各行政官廳設置法はすべていま一度檢討を加えなければならないことになりまして、政府はこれを撤回いたすこと………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第73号(1948/06/29、23期)

経済査察廳法案は、統制経済によつて生ずる不安と弊害とを取除き、物資の配給を正確かつ、円滑に行わんがために、経済取締計画の統一ある立案、その他経済関係全般の運営に対する調査、啓蒙、監督あるいは隠退蔵物資の調査、供出等を任務とする機関を設け、中央廳のほか八管区と、各都道府県にそれぞれの廳をもち、五千人の………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第74号(1948/06/30、23期)

ただいま議題となりました行政管理職設置法案に関し、決算委員会における審議の経過及び結果を御報告申し上げます。行政管理廳は、行政機関の組織及び権限を整序し、もつて国家行政部門を能率的ならしめる目的をもつて設置されるものでありまして、現在の行政調査部の機能を充実し、これに行政監察委員会及び同事務局を合一………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第76号(1948/07/02、23期)

建設省設置法案について御報告申し上げます。本年一月総理廳の外局として発足したる建設院の運営は敗戰による大崩れのあとを承けて新日本建設のための重大なる責任をもつ建前から申しても、多忙な総理大臣の片手間仕事であつてはならぬ、一日も早く主管大臣をもつ独立の一省とすべきものであると申すことは、国会内において………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第77号(1948/07/03、23期)

地方自治法第百五十六條第四項の規定に基き、経済査察廳法第十三條第一項の規定による地方経済査察廳の設置に関し承認を求あるの件は、すでに本院において修正可決せられました経済査察廳法の規定によりまして、地方経済査察廳を各都道府縣廳の所在する都市並びに函館市、旭川市及び釧路市に置くことにつきまして、地方自治………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第78号(1948/07/04、23期)

昭和二十一年度第一予備金の予算額は二億円でありまして、これをもつて予算の不足を補充いたしました金額は一億七千八百余万円、その主なる費途は、刑政收容費、裁判及び登記諸費、傳染病予防檢疫諸費等であります。次に、昭和二十一年度特別会計の第一予備金の予算額は、十七特別会計において一億五千六百余万円であります………会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 本会議 第79号(1948/07/05、23期)

決算委員会に付託せられました請願は二十五件でありますが、そのうち六件だけを採択いたしました。そのうち四件が出先機関の整理に関する請願、その他二件でありまして、いずれも時宜に適したものと認めましたから採択いたしました。申し出によりまして取下げを許したるもの一件、また目的を達したもの数件、その他は都合に………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29) 16回発言  40704文字発言
  第2回国会 28回出席(長 26 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   2498文字発言
  第3回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言    120文字発言
  第4回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   3192文字発言

  23期通算  63回出席(長 26 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 37) 20回発言  46514文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

決算委員会
            26回出席(長 26 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)   0回発言      0文字発言

文教委員会
            23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  14回発言  34120文字発言

政党法及び選挙法に関する特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)   3回発言   9082文字発言

文部委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)   3回発言   3312文字発言


委員会委員長経験

決算委員会委員長(第2回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 政党法及び選挙法に関する特別委員会 第2号(1947/08/01、23期)

小委員會によつて最後をまとめることは、事務的にはきわめて結構ですが、しかしこの問題には非常な消極論もあり、絶對無用論もあるのですから、概論はここで十分練つて、意見のあるものは一應出盡さして、それから小…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 政党法及び選挙法に関する特別委員会 第7号(1947/08/15、23期)

私は最初の日に政黨法に對する積極意見を申し上げてあるのですから、重ねて申し上げたくないのでありますが、石原君の御議論を聴いておりますると、どうもわれわれの腑に落ちないのであります。今日の政治の常識から…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 政党法及び選挙法に関する特別委員会 第8号(1947/08/18、23期)

私は石原君の御意見には反對であります。一人でもよろしい、政黨を組織すれば、その調査の費用は国庫が負擔するということは、常識で考えられない。政黨は志をもつ者の自由に結社すべきものであつて、その消長は、そ…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1947/07/24、23期)

私も今日の日本の経済面から見ても、これより以上の要求が今追加せられることには、非常に無理があると思いますから、一應ここで満足することには同意いたしますが、しかし御承知のように、六・三制は六・三・三制で…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第4号(1947/07/31、23期)

科學教育局長に伺います。ちよつと私は豫算資料を持つておりませんが、今年の科學教育局の豫算の総額は、いくらになりますか、これは部分的になりますけれども……。また給食の制度でありますが、昨年の二億何千萬…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1947/08/20、23期)

内務省と文部省の負擔の差額の基準は、どこにあるのですか。なお先ほどちよつと森田説明員が申し落としたかと思いますが、教室の不足につきましては、この計畫は六・三制実施に伴いまして生ずる原因のみから来まし…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1947/08/28、23期)

これは大分県西国東郡香々地町山本高蔵外千五十七名の連署による教職員の恩給増額に関する請願でございますが、ただいまの情勢では、新潟県を初め全国一斉にこの増額の運動が起ろうといたしておるということでありま…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1947/09/22、23期)

この次に文部大臣の御出席を黒岩君から要求せられましたから、そのときに私からもお尋ね申し上げることがありますので、それを御伝え願いたいと思います。今日は宗教と教育というのが主題でありますから、その點で…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第9号(1947/09/25、23期)

私も文部大臣の御出席をお願いしておきました責任上、あまり時間のかからぬように、ご意見を伺いたいと思うのであります。第一は、前會の續きの教育と宗教の問題であります。理窟をもうすのではございません、日本…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第11号(1947/10/02、23期)

私のは出ておりませんけれども、私も一千五十六名の請願書を屆けて紹介しております責任上、この際含めて趣旨の辯明を申し上げて、當局の愼重なる御決意竝びに御判斷をいただきたいのであります。恩給生活者の中には…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1947/10/15、23期)

今の委員會の構成をはつきりもう一遍お願いいたします。会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第14号(1947/10/18、23期)

今日は前囘お願いしておきました恩給局長のせつかくの御出席でございますから、私はこの請願の趣旨を敷衍して、ぜひとも政府は適當に御考慮になつて、御実施になるように希望する趣旨を申し述べたいと思うのでありま…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1947/11/01、23期)

第一六以下二一までは、全部小學校教員の恩給増額に関する請願でございます。これは先般、私、再度發言いたしておりまして、御研究を願つておりますが、なお、今日私は文部當局竝びに恩給局長とも密接に連絡をとりま…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第17号(1947/11/05、23期)

五十二億圓の公共事業費の中から、十四億圓の新制中學校の費用を捻出することは、このたび起りました洪水の跡始末を急ぎます上から見ましても、無理であることはよく心得ております。從つて、五十二億のわく内に追い…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第20号(1947/12/03、23期)

ただいまの問題に関連して、私からもう一つ希望を申し上げておきたいと思います。大分青年師範學校は、この夏に文部大臣の御了解を得て、大分縣中津市の舊神戸製鋼所後にあります八面寮という建物に移轉いたしまして…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第21号(1947/12/08、23期)

日程第九九乃至第一三五の小學校教員の恩給増額に関する請願、教職員の恩給増額に関する請願、教員の恩給増額に関する請願は、今日の物價暴騰の折柄、その趣旨はまことに妥當なるものと存じます。何とぞ採擇の上、内…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1948/04/28、23期)

書道を必須科目に復活するの件につきましては、別に中野四郎君から熱心な質問趣意書も出ておりますが、中野君は今日ぜひここに出席し、弁明したいと言つているのでありますが、まだお見えになりませんので、もしあと…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1948/11/12、23期)

理事は委員長において指名せられんことを望みます。午前十時五十分休憩会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 文部委員会 第4号(1948/11/18、23期)

予算関係もございますが、予算は何管月分、どのくらいございますか。(圓谷委員長退席、久保委員長代会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1948/12/10、23期)

文部大臣にお尋ねいたします。本法案の第三條によりますと、国立学校の学長、校長、教員及び部局長は国家公務員法の支配を受ける。公立学校の学長、校長、教員及び部局長等は地方公務員の身分を有するということが明…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16