高橋禎一衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  0回発言      0文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  0回発言      0文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  1回発言   2767文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  1回発言   5052文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  2回発言   7819文字発言

本会議発言一覧

第3回国会 衆議院 本会議 第13号(1948/11/16、23期)

私は、民主党を代表し、ただいま上程されております政府職員の新給與に関する決議案に全幅的な賛意を表明し、若干の説明を加えまして、もつてその理由をつまびらかにいたさんとするものであります。(拍手)このたびの国家公務員法改正は、ひとり日本国政府職員の活殺、公務遂行の根幹に関する重大問題であるというばかりで………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第10号(1948/12/12、23期)

私は、日本檢察の使命の重さを考え、また真に日本檢察を愛しまするがゆえに、その運用におきまして遺憾の点の少くない現状をそのまま放置し、これを默視するに忍びませんので、この際吉田総理及び法務総裁に対しまして、檢察権運用に関し若干の質問を試み、政府の所信を承りたいと存ずるものであります。申し上げるまでもな………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第2回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30)  5回発言  19732文字発言
  第3回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  8回発言  24613文字発言
  第4回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 11)  5回発言   4588文字発言

  23期通算  58回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 56) 18回発言  48933文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

人事委員会
            26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 24)  12回発言  28997文字発言

治安及び地方制度委員会
            21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)   5回発言  19732文字発言

労働委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)   0回発言      0文字発言

議院運営委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   1回発言    204文字発言

財政及び金融委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

人事委員会理事(第4回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第2回国会 衆議院 治安及び地方制度委員会 第34号(1948/06/03、23期)

私は審議の中途から委員に就任いたしました関係と、委員会の速記を入手いたしておりませんから、これまでの経過について十分承知いたしておりませんので、質問いたします事項が重複するような点が出ないとも限りませ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 治安及び地方制度委員会 第38号(1948/06/15、23期)

そうしますと、いま一度確かめておきますが、第八條の場合、人が刑事未成年者その他刑事無能力者である場合には、從業者の違反行為について刑事責任がある、こういう御意見なんでございますか。さらにお伺いいたし…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 治安及び地方制度委員会 第43号(1948/06/24、23期)

逐條的に一問一答の形でもつて、若干質疑をいたしたいと思います。本法案の第二條第一項末尾にあります質問ができるという場合は、この法文の建前からしますと、停止をさせて質問することができることになつておるの…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 治安及び地方制度委員会 第47号(1948/06/29、23期)

私はこの法案の議事進行について今ただちに動議を申し上げるわけではありませんが、ただ希望といたしましては、まだ委員の皆さんの討論というものも、ほとんどなされていないような状態であります。この機会にもしお…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 治安及び地方制度委員会 第52号(1948/07/04、23期)

これは各方面にいろいろ関係あり、非常に重大な問題だと思いますから、さらに研究してみる必要があると思いますので、一応留保することにした方が適当でないかと思います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1948/11/20、23期)

大蔵大臣に、やや制度的なことでありますが、しかし大蔵大臣として十分お考えになつておかなければならないことであると思いますから、この改正案の一点についてお尋ねしようと思うのであります。と申しますのは、こ…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1948/11/22、23期)

ちよつと大臣にお伺いしたいのですが、先ほど玉井さんの質問に対する御答弁と関連をしてごくわずかです。この国家公務員法の改正では、要するに政府職員を十分に保護して、そうして十分に働かせようというところにそ…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1948/11/24、23期)

それに関連してちよつとお伺いしますが、人事院規則というものは、政府としては大体どういうものをつくろうというのですか。もう案文ぐらいできておるのではないかと思いますが、その点はいかがですか。九十八條に…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第10号(1948/11/25、23期)

農林大臣に一点だけお尋ねします。それは食糧配給公團の職員のことであります。現行法によりますと、これらの職員は特別職ということになつて、国家公務員法の適用を受けないことになつておりますが、改正法によれば…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1948/11/26、23期)

問題は、先ほどからいろいろ質疑されております新聞記者團との会見における総理の談話の問題なのでありますが、私はあれを見まして、実は憤慨したわけであります。これはまつたく偽りのことを発表されておる。野党側…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第12号(1948/11/27、23期)

ただいまの問題に関連してちよつとお尋ねいいたします。第七十九條第二号の、刑事事件に関し起訴された場合に休職処分にするということは、いかにもきれいなことでありますが、ただ今度の改正案によりますと、国家公…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第13号(1948/11/28、23期)

総理に伺いたいのですが、この改正法律が通過いたしましたならば、すなわち成立いたしましたならば、ただちに公布されるのであるかどうか、公布までの間に時間的余裕があるのかないのか、その点をお伺いいたしてみた…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 人事委員会 第15号(1948/11/30、23期)

きわめて簡單に本修正案提出を理由を申し上げたいと存じます。国家公務員法は、政府職員について適用すべき各種の根本基準を確立し、職員がその職務の遂行に当り、最大の能率を発揮し得るように、民主的な方法で選…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1948/12/03、23期)

今大体平等の審議権があるというお話であつたが、政党政治の建前をとつている国として、一党の総裁とか、重要な幹部と、平党員とを同じように取扱うということは、ちよつと政治的には納得しかねる点がありますが………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1948/12/08、23期)

先ほどどなたかの御質問があつた点でありますが、岩本国務大臣は行政整理の善後措置として、退職手当の問題と失業対策の問題とは、結局不可分一体のものである。そして退職手当をどうするか、失業対策をどうするかと…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1948/12/09、23期)

これは赤松君の御質問で趣旨は大体明らかになつておるのですが、私は正直に、率直にお尋ねするのでありますが、何か岩本国務大臣と、それからただいまの次長のお話を聞いておりますと、小学生が算術でもやつておるよ…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1948/12/14、23期)

私は民主党を代表いたしまして、この改正案に賛成いたすものであります。連合国軍の需要に應じ連合国軍のために労務に服する者、及び人事院が指定する公團の職員を特別職にすべきであるということについては、第三国…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第12号(1948/12/21、23期)

政府提出の案によりますと、第三十條に罰則の規定があるのであります。ということになりますと、事檢察権運用に関することが問題になるわけであります。法務総裁は先般の本会議場において、檢察権運用に関する根本方…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16