平川篤雄衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  0回発言      0文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  0回発言      0文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  1回発言   1765文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  2回発言   4754文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  3回発言   6519文字発言

本会議発言一覧

第3回国会 衆議院 本会議 第13号(1948/11/16、23期)

私は、国民協同党を代表いたしまして、本決議案に賛成を表するものであります。そもそも給與の改訂と申しますことは、今日すでに遅きに失しておるのでありまして、それと同時に、これが解決のいかんによりましては、目下審議中の国家公務員法の改正をして空文に終らしめるばかりでなく、今後の労働問題に重大な影響を及ぼす………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第19号(1948/12/21、23期)

私は、国民協同党を代表して、本案に賛意を表します。われわれは、三つの点について、この給與案の成立を心から望んでおります。政府は五千三百三十円ベースの給與案を提出いたしまして、人事院からは六千三百七円ベースの勧告案が提出せられました。もとより前者は、とうてい政府職員の生活を維持し得ないものでありまして………会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 本会議 第20号(1948/12/22、23期)

私は、連合軍総司令官の日本政府に対する指令に関しまして、総理大臣並びに安定本部長官の所信をただしたいと想います。日本の経済安定並びに復與が、徹底した壊滅の現実から発足しなければならないということ、從つて回復は緩慢であり、建設は長期にわたらざるを得ないこと及びこれがためには物資と資金を合衆国から仰がざ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第2回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34)  7回発言   4378文字発言
  第3回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  4回発言    731文字発言
  第4回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  2回発言   2413文字発言

  23期通算  56回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 56) 13回発言   7522文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

議院運営委員会
            26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)   6回発言    439文字発言

文教委員会
            13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)   4回発言   4156文字発言

人事委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)   2回発言   2413文字発言

経済安定委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)   1回発言    514文字発言

決算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)   0回発言      0文字発言

図書館運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第50号(1948/06/14、23期)

会期延長については、政府の申出通りわれわれ賛成するけれども、速記者の問題で非常に委員会の進行などが遅延している。これを何とかしてくれなければ困る。一部には、とにかく重要法案ばかりであろうけれども、この…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第60号(1948/06/26、23期)

私の方はどちらもける。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 議院運営委員会 第62号(1948/06/29、23期)

国会予算でとるべきであるということでありますが、実際はどうなつておりますか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1948/06/21、23期)

この法案を審議いたします前に、一昨日申し上げました点を明らかにしておきたいのであります。第一番に一番おそれられておる点は、この教育委員の質によりましては、地方の教職員が非常に不当な扱いを受けはしないか…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第15号(1948/06/23、23期)

総体的の質問のときにお伺いしたのはその点なのでございますが、特別教育区の設置準則というようなものをもし出される意向があるならば、その大体をお知らせ願いたいと言つたところが、それについての御答弁がなかつ…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第24号(1948/07/03、23期)

前の八十一條と一緒に考えたときに、こういう場合がこの條文によつて可能になるかどうかお尋ねしたいのであります。現在おる教育局部の長並びに職員を教育長に任用されたものとみなす。そしてそれが三月三十一日まで…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第25号(1948/07/04、23期)

昨日までのいろいろな空氣でまだ教育公務員の任免等に関する法律案をどうするかということがきまつていないのでありますが、もしこれが今会期中に上げられないとすると、前に専門調査員の方から御提出になつたおつた…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 議院運営委員会 第2号(1948/10/12、23期)

私の方では早速指名投票をやつてもらつて結構だと思います。そういうことを希望します。━━━━◇━━━━━会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1948/10/13、23期)

国協党は民主自由党から申出があり次第ただちに決定をいたします。一刻も空白を続けたくないという氣持ですから、できるだけ今日中に上げてもらいたい。午後三時二十九分休憩会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1948/10/14、23期)

国民協同党は先ほどの議長の報告にありました山崎氏の言葉を信じまして、これによつてわれわれが判断をなせばいいという結論です。調査の機関を設置することも、これ以上の調査の必要も、ともにわれわれは認めないこ…会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 経済安定委員会 第5号(1948/11/29、23期)

地方特産物たるごぼう取扱いについて、次の通り実情を訴えて、價格引上げを請願いたします。今私たちの村況を考えますとき、水田はごく一部を除いてすべて一毛作田であり、裏作の作付はほとんで見るべきものはありま…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1948/12/14、23期)

国民協同党を代表いたしまして、簡單に賛意を表します。この修正案の第五條を除きましたほかのものは、かつて国家公務員法の改正をいたします際に、三派の共同修正案の中に盛られておるものであると記憶いたしており…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 人事委員会 第12号(1948/12/21、23期)

ごく簡單なことですが官房長官にお伺いいたします。これはうわさかもしれませんが、本日官房長官は、関係方面においでになりまして、行政整理等に関する問題を向うから提示せられた際に、その点は別個に考慮するから…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16