岡田春夫衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  3回発言   7898文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  1回発言   2317文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  5回発言  15991文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  1回発言   1996文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  1回発言   2462文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  2回発言   3031文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30) 13回発言  33695文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第13号(1949/04/06、24期)

私は労働者農民党を代表いたしまして、この決議案に対して反対をいたします。反対の理由は三つあります。先ほど社会党、共産党から反対をされましたのと大体同様の趣旨でありますが、まず第一に、われわれは国際法上の立場から、この決議案に対して反対をいたすのであります。国際公法上の立場において、多言を要するまでも………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第28号(1949/05/13、24期)

ただいま今澄君から炭鉱問題について緊急質問が行われたのでありますが、吉田内閣のきわめて不誠意なる態度をもつて、われわれとしては何ら納得し得ざる答弁のみがここに並べられたわけであります。炭鉱ストの問題が解決しないことは、吉田政権のこのような不誠意な態度に原因があるということを、まず第一に言わなければな………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第35号(1949/05/21、24期)

労働者農民党を代表いたしまして、今回政府が提出をいたしました行政機関職員定員法案に対しまして絶対反対をいたしますばかりか、われわれは一日も早く、即座に撤回されんことを要求するものであります。しからば、いかなる理由をもつてわれわれは撤回を要求せんとするものであるかというと、次の四つの点からわれわれは撤………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第17号(1949/11/26、24期)

私は、労働者農民党を代表いたしまして、本補正予算案に絶対反対であるばかりでなく、即座に撤回されんことを要求するものであります。まずその理由の第一といたしまして、本予算案は、政府、金融資本に対して莫大なる資金の吸収を行つて、その結果産業経済界にデフレ恐慌を招来するものであるということであります。いまさ………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第14号(1950/01/27、24期)

私は、労働者農民党を代表いたしまして、吉田総理大臣以下関係閣僚に率直な御意見をお伺いいたしたいと思います。まず講和問題でありますが、講和問題につきましては、すでに質疑が始りましてから三日間にわたつて、再三質疑が続行されたのでありますけれども、遺憾ながら総理の御意見は、かんじんなところに参りますと、い………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第26号(1950/03/14、24期)

税制改革が減税になるということを盛んに自由党並びに吉田政府が言つておる。しかし、予算案の説明を見ましても、なるほど国税においては七百億円減税になるということをかいてあるが、地方税が二倍、三倍になるということには一言も触れていない。こういう点について、今度の税制改革が、いかに表面減税をよそおいながらも………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第42号(1950/04/26、24期)

自由党から提案になりました国管法の座止について、二、三の問題について質疑をいたしたいと思います。先ほど委員長代理の有田君の報告にもありましたように、この国管法が、二十二年の十月に、社会党を中心にして当時の連立内閣に参加した民主党その他の政党によつて、炭鉱民主化のために取上げられたときに、この炭鉱国管………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第1号(1949/12/04、24期)

労働党を代表いたしまして簡單に緊急質問いたします。先ほど林副総理の御答弁によりますであるから、政府としてほ答弁の眼リではないと、かようにお器でありまと、吉田民自党総裁が答弁をされたのではないかと、かようにお話であります。そうなつて参りますと、どうもこの内閣は民自党内閣ではないらしいようである。これは………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第9号(1949/12/23、24期)

簡單に、数点にわたりまして御質疑をいたしたいと思います。先ほどの青木安本長官の演説その他御答弁によりますと、今度の統制撤廃の大きな理由は、過剰生産になつている資材がある結果、こえによつて統制を撤廃しても混乱を起さないであろうという観点に立つての答弁でございました。また、そのあとにおいて、河野金昇金の………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第7号(1950/12/02、24期)

私は、政府の提出いたしました改正案に対して絶対反対の意思表示をいたします。その理由を簡單に申し述べます。まず第一に、今度の改正案は、政府によると八千円ベースを実施する案であると言つておるが、これは全然インチキであるという点であります。この点につきましては、先ほど平川君からも詳細な説明がありましたので………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 本会議 第15号(1951/11/13、24期)

政府は、定員法の一部改正は、戰時戰後にかけて官吏が非常にふえているから今回行わなければならないと言つております。それでは、一体現状はどうであるか。今具体的な例を、一般会計の人件費によつて示されている官吏の数字によつて申し上げるならば、戰争の直後、すなわち昭和二十一年においては、一般会計の官吏は三十七………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第65号(1952/07/04、24期)

労農党は、この参議院の回付案に断固反対をいたします。その理由としては、破防法は吉田内閣の戰争準備の一環である。(拍手)第二の理由は、この破防法を通じて、憲法に明らかに規定されている学問と言論と思想の自由を拘束するものである。(拍手)第三の理由としては、全国民がこの破防法に反対をしている。(拍手)たと………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第70号(1952/07/31、24期)

私は、労農党を代表いたしまして、吉田内閣のすみやかなる退陣を要求するために、国会解散の決議案に賛意を表するものであります。まずその理由の第一として、国民の大多数は民族の独立と世界の平和を要求している。しかるに、吉田内閣は、日本の独立をアメリカに売り渡し、日本人を雇い兵として、アジアにおける侵略戰争の………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  5回発言  29509文字発言
  第6回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  4回発言  12191文字発言
  第7回国会 47回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 47) 20回発言  38365文字発言
  第8回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19) 14回発言  32758文字発言
  第9回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  7回発言  42176文字発言
 第10回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言   7216文字発言
 第11回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第12回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  4回発言  13712文字発言
 第13回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言   4554文字発言

  24期通算 123回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員123) 57回発言 180481文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 人事委員会
            34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34) 15回発言  70372文字発言

 考査特別委員会
            30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30) 16回発言  36298文字発言

 議院運営委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18) 14回発言   8259文字発言

 予算委員会
            15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  4回発言  18454文字発言

 経済安定委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  2回発言  10216文字発言

 内閣委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  4回発言  29216文字発言

 労働委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言   7666文字発言

 逓信委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 考査特別委員会 第18号(1949/07/11、24期)

議事進行について申し上げますが、委員の方の発言においても証人の方の発言においても、本日議題となつておる熱海国鉄中央委員会の問題に関する証人尋問をややはずれておる点が先ほどから大分私は承つております。こ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第22号(1949/05/16、24期)

労働者農民党を代表いたしまして、この法案に対しましては反対であります。理由といたしましては、行政整理の一般的な方針といたしまして、何ら科学的な論拠を持たないで天くだり的な整理を強行する、その整理の結果…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第23号(1949/05/17、24期)

労働者農民党を代表いたしまして、本法案に対しましては反対をいたします。反対の理由といたしましては、各省設置法案において申し上げております通りに、きわめて非科学的な首切りのつじつまを合せるための機構改革…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1949/05/18、24期)

それでは民自党からもきわめて懇篤な御勧告がございましたので、きわめて簡單にやりたいと思います。まず第一にお伺いいたしますが、これは定員法との関係もありますが、機構上の問題に関連をいたして参りますので…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第26号(1949/05/20、24期)

関連質問ですので簡單にお許しをいただいた時間でお尋ねしたいと思います。これは電氣通信省の設置法の出ましたときに逓信大臣に質疑をいたしまして、質疑の留保になつたまま私定員法のときにお伺いすると言つてその…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 議院運営委員会 第21号(1949/11/29、24期)

簡単に申し上げますが、ただいま田中君のお話になりましたように、委員長の取扱い方において、きわめて不手ぎわなことが多々あつたことは、申し上げるまでもないのでありますが、それに関連して、特に重要なる問題と…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 議院運営委員会 第25号(1949/12/03、24期)

先ほど増田官房長官のお話によると、総理がきよう出席することはもちろんのこと、二、三日、出席は不可能であろうというような意味に承つたのでありますが、それは先ほど石田荘から、正式に運営委員会へ出席せられる…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 経済安定委員会 第4号(1949/11/24、24期)

二、三お伺いしたいと思います。ただいま笹山君から大分私の伺いたい点も御質問があつたのですが、非常に政治的な御答弁で、雲をつかむようなお話でよくわからないのであります。もう少し具体的に今の問題に関連して…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 経済安定委員会 第6号(1949/11/27、24期)

労農党を代表いたしましてこの法案に対して反対をいたします。反対の理由を簡單に申し上げます。わが国の貿易は今度の法案を通じて、大体二つの形で許されることになるわけでありますが、見返資金特別会計を通じて…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1949/12/04、24期)

あらためて言うまでもないのですが、本日あるいは近々中にお出しになる法律案の中で、たとえばすでに前国会で通過した法案と関連しておる法案がある。たとえば薪炭需給調節特別会計というような法案は新たに出される…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第2号(1949/12/13、24期)

きのう受付けた手続について事務総長に聞いておきたい。さつき裁定と協定は同じだということを言われたが、きのう私たちがお会いしたとき、法制局長もはつきり言つておるように、労調法では三十四條において仲裁裁定…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1949/12/16、24期)

それでは何らか予算措置が日本国有鉄道によつてとられなければならぬと思いますが、それはいつ出ていますか。もう一つは、政府は非常に努力されておるということでありますが、一体いつ、具体的にどういうような形…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第5号(1949/12/19、24期)

石田君の言われたのは、理由書の訂正だけですか。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第6号(1949/12/20、24期)

中原君の問題は私の地方の問題でありまして、各党においていろいろ御検討の必要があれば、後日御決定を願つてもけつこうですが、あまり問題がないとすれば、ここで御決定願いたいと思います。――――――――――…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第8号(1949/12/22、24期)

先ほど田渕君のお話の趣旨で、具体的には大体半分くらいの程度で、せいぜい七名ないし八名でいかがですか。それから法務委員会の委員派遣申請の件を御協議願います。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第9号(1949/12/23、24期)

私も先ほどの椎熊君の趣旨には賛成ですが、神山君のお話の通り、大体三人くらいに御制限願うことが望ましいと思います。これは昨日の運輸委員会、法務委員会の委員派遣でも、同じような重要性のある問題について制限…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第10号(1949/12/24、24期)

この五人を承認しろというお話でありましたが、われわれは相当履歴を通じまして調査する必要がありますので、各党で調査をして、次の運営委員会で願いたいと思います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第12号(1950/01/25、24期)

私の方も大体趣旨はわかりましたが、法文の解釈について、二十二條の第二項を適用するということについては、相当疑問があると思いますし、でき得るならばもう一日研究をする余地を與えてほしいと思います。なおた…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第18号(1950/02/03、24期)

重複を避けるために簡單に申し上げます。先ほどから申されております通り、これを受理するということは明らかに不当であります。労資の対等な條件のもとにおいて解決さるべきものを、圧力によつて一方的に政府が解決…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第54号(1950/05/01、24期)

労農は、人事も国家行政組織法も反対です。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 考査特別委員会 第8号(1950/02/08、24期)

簡単に二、三お尋ねいたします。先ほど委員長の御報告の中で、初めの方にお話があつたのですが、清算が進められておられるけれども、三月中に済まさなければならない、その見通しはどういうことになつておりますか…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 考査特別委員会 第15号(1950/03/11、24期)

私はただいまの西村君の御意見について反対をいたします。反対の理由については先ほど石田君から詳細にお話があつた通りであります。かような例を残すことは、今後考査委員会においてきわめて惡例を残すという点にお…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 考査特別委員会 第16号(1950/04/01、24期)

二言、三言です。午後二時三十四分休憩会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1950/02/13、24期)

けつこうです。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1950/02/14、24期)

きようは警視総監、刑事部長が出席になつておりませんか。ともかくも総監の今のお話の中にはつきりしておりますように、十二月七日現在において、軽微な問題であるとお考えになつておつただろうと思うのであります…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1950/02/16、24期)

ただいま委員長からあまり長くやつてはいけないというお話ですから、ごく簡單に二点だけお伺いいたとます。そのほかの問題につきましては、また別な機会においてこれをやりたいと思います。まず第一に先ほど総監のお…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1950/03/09、24期)

総理大臣にお伺いいたしたいのであります。先ほど増田官房長官の声明につきまして、エーミス課長と増田官房長官との見解は、全然同一であるという、かような意味の答弁がありました。これにつきまして、先ほど林君も…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 労働委員会 第9号(1950/03/23、24期)

簡単に伺います。先ほど石田君の質問で、大池事務総長の御答弁を聞いたのでありますが、特に大池さんは、アメリカから帰つて来て、今度はしつかりした国会運営についてのいろいろな見学されて来られてたわけでありま…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 労働委員会 第15号(1950/04/24、24期)

簡單に二、三点をお伺いいたしますが、まず第一に川崎の安定所長にお伺いいたします。先ほど田代さんからお話のあつた中で、不正手帳が七十枚ばかり組合にすでにとつてあるという証言もあつた。しかもこれについては…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1950/07/12、24期)

考査を置くことには、原則的に反対です。さつきから自由党としては、今会期だけ設けるというようなお話もありましたが、次の国会になれば、実際問題として採決して、また自由党がきめるだろうから……。会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 考査特別委員会 第1号(1950/07/19、24期)

きようは委員長の選任の問題について委員会があるわけでありますが、これはあらためて言うまでもなく、衆議院規則の第百一条をごらんになるとおわかりの通り、特別委員会の委員長の互選は、委員の選任の当日、または…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 考査特別委員会 第3号(1950/07/27、24期)

経済調査庁の調査によると、配炭公団のその後の清算事務所において、銀行に対して口座を相当たくさん持つているように報告がありましたが、その口座は大体どれくらいあるのか、その点をまずお伺いしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 考査特別委員会 第5号(1950/07/31、24期)

簡單にお伺いしますが、小野田さんはよく御存じだろうと思いますが、巷間よく問題になりました三染三合事件といいますか、三井合成と三池染料の問題ですね、この点について何か御存じですか。馬屋原さんですね。会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 考査特別委員会 第7号(1950/09/18、24期)

先ほど塚原君からのお話がありましたが、私が取上げることを反対したということは全然ありません。それは自由党の諸君が出された調査要求書がきわめて不明確であるから、この点についてはつきりしたことをもつと調べ…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 考査特別委員会 第9号(1950/10/24、24期)

議事進行について申し上げたいのであります。先ほど委員長からは、猪俣君の調査要求に関連して、この問題を報告すべきかいなかについてお諮りがあつたと思うのであります。この点につきまして、椎熊君並びに塚原君…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 考査特別委員会 第11号(1950/10/30、24期)

簡單に伺いますが、まず第一に、武内電力局長は中村博吉という人を御存じですか、どうですか。最後に一つだけお伺いしておきます。どうせまた来てもらうのだから、ゆつくりお伺いしますが、最近日発関係は持株会社…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 考査特別委員会 第12号(1950/10/31、24期)

それでは簡單にお尋ねいたしますが、今岡君の質問でお話があつたのですが、参與会費として金を出されたと言いますが、日発としては幾らお出しになりましたか。それから続いて機密費関係のお話があつたのであります…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 考査特別委員会 第13号(1950/11/01、24期)

二、三かいつまんで証人に伺いたいと思います。まず第一に、松永機関との関係について先ほど証言があつたようですが、その証言の中で月々だれかとりに来て、この人は偉い人であつたからこれを渡した、こういうふうに…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 考査特別委員会 第15号(1950/11/14、24期)

まず第一に、ほかの委員からの質問の中でまだ落ちているように思いますから補足的に伺つておきますが、先ほどの三千六百万円の労務対策費、この経費は日発の会計の費目としてはどういう費目からお出しになつたのです…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 考査特別委員会 第16号(1950/11/16、24期)

社用雑費の関係で先ほど皆さんから聞かれただろうと思いますけれども、重複を避けて、秘書役扱いというものが社用雑費の中にありますが、この秘書役扱い七百七十二万円というのですが、これは一体どういう方法で――…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 考査特別委員会 第17号(1950/11/18、24期)

まず伺いますが、今の成出の関係ですけれども、成出の請負を受けたのは佐藤工業だけですか。再開後……。それでは少しかわつて参りますが、先ほどちよつと質問があつたのですが、三建工業は本社の指名入札の業者に…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 考査特別委員会 第18号(1950/11/20、24期)

打切りの動議に対して反対いたします。その理由を簡單に申し上げますが、先ほど柳沢君の賛成討論においても、るるお話がありましたけれど、われわれが聞いておる限りにおいて、真実というものをまつたく隠蔽してしま…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1950/07/31、24期)

今浅井さんのお話で非常にはつきりして来たのですが、大蔵省のやつているいろいろな算定を言われておるが、先ほどその前段においては人事院の石炭手当の算定の基礎の批判までされておつた。そうなると先ほど滝本政府…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1950/11/27、24期)

まだ法案が出ないから、あまり詳細にわたつては質問しないというような初めの申合せだそうでありますけれども、大体一般的な話から質問いたして参りたいと思います。まず第一に、土曜日の人事委員会におきまして岡…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1950/11/30、24期)

前にも大体伺つていることでありますが、もり一度確かめておきたいのです。三十五億円では足りないということははつきりお認めになるのだろうと思いますが、その点はいかがですか。それから捕捉できなかつたものか…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1950/12/01、24期)

今井さんにちよつとお伺いしますが、最後にお話のように、政府案の場合の八千円と人事院案の八千五十八円、これは大体水準において似ている点自体がおかしいじやないか、われわれも実際そう思いまして、その点を今ま…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1950/12/02、24期)

労農党を代表いたしまして、簡單に反対をいたします。先はどの加藤君あるいは松沢君からの反対討論もありましたように、今度の政府案をもつてしては、とうていわれわれを満足させることができない。この点はうまで…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1950/12/04、24期)

ちよつと関連して……。今の定員の問題ですが、予算定員があなたの方から出された資料と大分違うようですが、あなたの方で提出されたこの間の資料では、六月一日現在で八十八万になつておりますが……。会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1950/12/05、24期)

まず第一に、昨日の質問で、われわれ答弁にいまだ満足しない点を伺いたいと思います。法案の第一条の「常時勤務に服さない者であつて政令で定めるものを除く。」という点に関する件でありますが、実際われわれが実情…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第10号(1950/12/09、24期)

一括して請願の要旨を申し上げますが、第四五ないし第五〇、それから第六〇並びに第六二、これは地域給の指定に関する請願であります。北海道は特殊の条件といたしましで、地域給の関係については、実は給与局の次長…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1951/05/21、24期)

ちよつと関連して二、三伺いたいのですが、先ほどのお話を伺つていると、今度の地域給で前の人事院の勧告を完結させておる、こういうような点が官房長官並びに人事院の側からお話があつたのですが、そうすると人事院…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 人事委員会 第12号(1951/05/24、24期)

それではちよつとお伺いしますが、給与体系の一つとして地域給の問題が取上げられておりますが、この間のあなたの御答弁並びに岡崎官房長官の答弁によると、この間の給与ベースの勧告はこれで完結をしたというお話で…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1951/11/13、24期)

きよう手元に配付になりました資料で、簡単な点二、三伺いたいのですが、まず第一にAの調査対象官署という町村の中に、一つの県に一役場だけを選んでいる。これを選んだのは一体どこが選んだのか。それから(ロ)の…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1951/11/14、24期)

まず第一に、市長さんで残つておられる方はどなたですか。その次に、これは結論的に伺いますが、原口さんでもけつこうですけれども、先ほど市長並びにその代理の方によつて、大蔵省の調査というものは、実情を明ら…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1951/11/15、24期)

反対の理由を申し上げます。自由党の諸君は簡単にやれということですが、私は十分皆さんの納得の行くまでやります。先ほどから民主党、社会党両派より反対の理由を申し述べられたのでありますが、われわれも同様に反…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1951/11/16、24期)

米軍と労働者の関係は、使用関係とお話になりましたが、法律上の関係はどうなりますか。それから先ほど将来の見通しのことについて、はつきりしたことを言うようにというような御要求でございましたが、占領下にお…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1952/03/07、24期)

関連して……。今の答弁を聞いておると、個人として正当でない、さように考えたから任命権者にこれを話して、簡単に言えば首を切らした、こういうことになつているのだそうですが、あなたが今個人としてというお話の…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 24期(1949/01/23〜)  5本提出

質問主意書一覧

昭和二十四年度小企業個人別賃金調査に関する質問主意書
第7回国会 衆議院 質問主意書 第30号(1950/02/04提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

国設宿舎に関する質問主意書
第7回国会 衆議院 質問主意書 第94号(1950/03/22提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

一般乗用旅客自動車運送事業に関する質問主意書
第13回国会 衆議院 質問主意書 第22号(1952/03/15提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

全国各地方の民間印刷業に対して団体等規正命令並びに昭和二十五年六月二十六日及び同年七月十八日附連合国最高司令官より内閣総理大臣宛書簡による指令に基きなされた印刷機その他の封印措置に関する質問主意書
第13回国会 衆議院 質問主意書 第26号(1952/03/20提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

全建設労働組合役員に対する不当解職等に関する質問主意書
第13回国会 衆議院 質問主意書 第35号(1952/05/10提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22