戸叶里子衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  1回発言   3122文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  0回発言      0文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  0回発言      0文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  1回発言   8870文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  2回発言   5405文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  4回発言  17397文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第38号(1949/05/24、24期)

私は、賃金労働者の日常生活に重要な関係を持つ主食掛賣り実施、遅配防止及び一部保有農家に対しての配給制限等、人間生存上きわめて重大な主食の問題に対して、政府の所信をただしたいと思うのであります。人間が生きて行く以上、食糧の問題は最も大切であります。終戰後、十分とは言えないまでも、徐々に食糧問題が解決し………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第7号(1951/01/29、24期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、吉田総理大臣の施政方針演説に対し質問をしたいと思うのであります。今回の施政方針演説を聞いて、私たちは、現内閣は、勤労階級にとつて、また国民の過半数を占める婦人たちにとつて信頼の置ける政府ではないとの印象を深く刻み込まれたのであります。(拍手)その理由といたしまして………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第51号(1952/06/07、24期)

私は、ただいま上程ざれました日華條約に対して、社会党を代表して反対するものであります。以下、その反対の理由を申し述べます。わが国は、サンフランシスコ平和條約第二條(b)において、台湾及び澎湖諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄したのであります。しかしながら、その後台湾及び澎湖島の帰属は、い………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第54号(1952/06/14、24期)

私は、ただいま上程されました日本とインドとの間の平和條約に対し、日本社会党を代表して、簡單に賛成の意を表するものであります。(拍手)サンフランシスコにおける平和條約が世界各国との間に締結されることを熱望した私どもは、これに参加しない国々のあつたことはまことに遺憾であり、その内容がいずれの国をも納得せ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  8)  5回発言   2609文字発言
  第6回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  1)  6回発言   7067文字発言
  第7回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  1回発言   2102文字発言
  第8回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   2056文字発言
  第9回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言   7340文字発言
 第10回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  1回発言  10904文字発言
 第12回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言   4064文字発言
 第13回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 27 委員  4) 30回発言  61197文字発言
 第14回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  1回発言   1525文字発言

  24期通算  94回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 45 委員 49) 48回発言  98864文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            46回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 34 委員 12) 42回発言  74161文字発言

 予算委員会
            36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 36)  5回発言  24364文字発言

 決算委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  0)  1回発言    339文字発言

 厚生委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 決算委員会理事(第5回国会)
 外務委員会理事(第6回国会)
 外務委員会理事(第7回国会)
 外務委員会理事(第13回国会)
 外務委員会理事(第14回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1949/04/02、24期)

私質問申し上げたいと思つたことは、今竹尾委員からお聞きになりましたので省きますが、今までこれに加入せずに、どういうふうな形で定期刊行物などを向うからとつていたかという、在來の扱つていた方法をお伺いいた…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1949/04/20、24期)

私ほんの一、二分で、簡單ですから……。それからまた太平洋條約の問題に関しましても、まだそういうものは提唱されていないから、何も考えておらないというような御意見でございましたが、すでに北大西洋同盟とい…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1949/04/27、24期)

先ほどのお話で、碎氷船さえあれば、十一月、十二月でも引揚げができるというようなお話でございましたが、司令部の方々がよくおつしやつた言葉の中に、碎氷船をこちらは用意して、そして引揚げ促進のために援助して…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1949/05/14、24期)

借りたお金を返すことには何も異存はございませんけれども、その返済方法で、二つの点に私は心配な点があると思います。一つの点は貨幣價値が異なつておりますから、その基準をどこに置くかということに対しましては…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 決算委員会 第15号(1949/05/20、24期)

私対日援助見返り資金について一言伺いたいと思います。この大まかなわくについては、私遅刻して参りましたので多分お話が出たと思いますので、後から伺いたいと思いますが、先ほどのお話によりますと、司令部が厳重…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1949/10/29、24期)

私もお願いしようと思つておりましたことは佐々木君がすでにおつしやいましたが、総理大臣は大体外務委員会というものに対して、今日本は外交はないからというので軽視される意向がおありになるのではないかと思いま…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1949/11/09、24期)

早期講和が必至となつて参りました今日、いろいろ講和問題についての政府としての発言はむずかしい立場に置かれておるとは思いますけれども、しかしこうした情勢の中にありますときに、日本の政府はかくありたいとの…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1949/11/17、24期)

委員会の決議でぜひともこの国会中に総理の出席を謂うということを、どうぞ申し上げていただきたいと思います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1949/11/19、24期)

私は前々回の会議におきまして、安全保障の問題についてお伺いいたしましたが、大野委員から一応御意見として承つでおくというお答えをいただいただけで、たいへん不満でございますので、今度は吉田総理がお見えにな…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1949/11/21、24期)

通産省の方がお見えになつておるので、ちよつと伺いたいと思います。実は一昨日輸入委員会のことをお伺いいたしましたが、これは通産省の方の関係であるからという御答弁でございました。そこで私お伺いしたいのは…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1949/11/29、24期)

引揚げの問題に関連して、私も一つお伺いしたいと思います。中共地区からの引揚促進に対しては、どういうような手を打つていらつしやるかということを伺いたい。たとえば対日理事会を通して、中国人民共和政府の方へ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1949/12/21、24期)

講和條約の問題として、領土の問題が考えられますが、この問題につきましてはすでに佐々木委員から御質問がありましたが、私も少し伺つてみたいと思います。日本の国はポツダム宣言を受諾すると同時に、このポツダ…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1950/07/26、24期)

私は昨年来懸案になつております賃金ベース引上げの問題について人事院総裁の所信をお伺いし、大蔵大臣に質問申し上げたいと思いましたが、大蔵大臣お帰りになりましたようなので、その質問を保留いたし、まず人事院…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1950/12/03、24期)

今回提出せられました補正予算がいかに不合理なものであるかは、もうすでに各議員から指摘され、そして新聞の論調を見ましても、むりなあとがうかがわれるということが言われておりますし、そして先日伺いました公述…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1950/12/04、24期)

昨日の大臣に保留しておきました質問をさせていただきたいと思います。レツド・パージによつて、多くの官公吏労働者が、また学生が追放されましたが、労働者に対する生活問題に対しましては、すでにわが党の勝間田委…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1951/02/13、24期)

私は農林大臣にお伺いしたいと思います。農林大臣は幾たびかこの委員会で食糧の前途は何ら心配なしということを言明せられております。この農林大臣のおつしやることがその通りであることを私は望んでおりますけれど…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1951/11/07、24期)

私は社会党を代表して、ただいま議題になつております昭和二十六年度三補正予算案に反対し、かつこれの組みかえを要求するものでございます、その理由を述べるに先だつて、私は一言今回の予算審議にあたつての不満を…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1952/01/30、24期)

きようは岡崎国務相がお見えになりませんので、大橋国務大臣にお尋ねいたしたいと思います。今警察予備隊を、政府は国内の治安を確保するという名のもとに、拡充をはかろうとしていられますけれども、今日のままの状…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1952/02/06、24期)

私は吉田首相がダレス氏にあてた吉田書簡について少し伺いたいと思います。吉田首相の言明によりますと、吉田書簡というものは、アメリカ議会における対日講和條約の批准を早めるためのものであると言われておりま…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1952/02/13、24期)

麻薬の弊害が大きく、その濫用は愼まなければならないと思います。ここで私一つ思い出しますことは、ちようど終戦後二年目だつたと思いますが、突如として麻の栽培禁止ということが司令部から言われました。それは関…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1952/02/20、24期)

昭和二十六年政令第四十号の第八條の中に、「前條第一項第四号に掲げる年金債務は、総理府令で定めるところにより一時金に換算して支拂うものとする。」と書いてありますが、この総理府令できめると書いてありますの…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1952/02/27、24期)

社会党もただいまの法案に賛成するものでございますが、一言づけ加えたいことは、政令第四十号の朝鮮総督府交通局共済組合の本邦内にある財産の整理に関する政令第八條に総理府できめるところにより年金債務を一時金…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1952/03/05、24期)

行政協定の第七條によりまして、公益事業並びに公共の役務を利用する権利は、日本政府並のようでございますが、これは駐留軍の家庭にも及ぼすものであるかどうかを伺いたいと思います。それはなぜかと申しますと、わ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1952/03/12、24期)

日本の国内における終戦後の占領軍に属する人たちの犯罪がどのくらいあつたかを、もしおわかりになつたら教えていただきたいと思います。それは大体不問に付され、あるいはまた公表されなかつたのが多いのじやないか…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1952/03/19、24期)

今回この外務公務員法が特別にできたわけですけれど、日本にはすでに国家公務員法が制定されていて、大体国家公務員法の規定に従つて公務員が配置してあり、また外務省の公務員といつても、大体外国と日本との調整を…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1952/03/25、24期)

議事進行について。質疑に入ります前に、私ひとつお願いがあるのですが、先ほど林委員から公聴会を開くか、あるいは参考人の喚問をすることの動議が提出されましたが、この法案は非常に影響が大きい法案であると思い…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1952/03/28、24期)

先日来国籍の問題が大分問題になつておりますが、大体政府のお答えを聞いておりますと、それは朝鮮の国内法によるとか、あるいはまた日韓会談の内容によるというようなお答えでございました。そして先ごろの新聞発表…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1952/03/29、24期)

今のに関連して。岡崎国務大臣のお話を聞いておりますと、法案の内容から受けるよりも、もつと人道主義的な立場に立つていらつしやるように私には思われますけれども、法案を見た人には、そういう岡崎さんの誠意のほ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1952/03/31、24期)

私一、二点御質問申し上げたいと思いますが、第五條の中に「在勤俸は、在外職員が」と書いてありまして、それからずつと終りの方に「在外公館の所在地における物価、為替相場及び生活水準を勘案して定めなければなら…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1952/04/02、24期)

私は日本が集団安全保障を受けるという意味で、国連加入には別に反対するものではございませんが、ただ二、三点はつきりさしておかなければならないと思います。先ほど植原委員がお尋ねになりましたが、国連加入に対…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1952/04/11、24期)

私はこの問題に関して一、二点岡崎国務大臣に質問したいと思います。この前の委員会ときようの委員会で、はつきり国連加入に対して何らそこに義務規定がいらないということをおつしやいました。ところがそういう考え…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1952/04/16、24期)

社会党も両件に対して賛意を表します。ということは仲裁判断の問題ですが、これは日本の国の現在の実情として、たとえば日本とイギリスあるいはそのほかの国とかりに仲裁判断がなされたとしても、完全にまだ独立を…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1952/04/23、24期)

この日本国との平和條約第十五條(a)に基いて生ずる紛争の解決に関する協定の第一條に、「日本国政府は、その請求が提出された日から十八箇月以内に、」と書いてありますが、この十八箇月というふうに規定したのは…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1952/04/26、24期)

私は社会党を代表しまして、ただいま議題になりました協定案に賛意を表するものでありますが、一、二点希望條項を付しておきたいと思います。その一点は、先ほど北沢委員からも御指摘になりましたが、この協定に基…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1952/05/14、24期)

今の問題に関連しまして、けさ朝日新聞に出ていたことなのですが、山澄丸で強制送還された朝鮮の四百十名を乗せて佐世保を出帆したときに、何か日本の入国管理庁とそれから在日韓国代表部との話合いがうまく行かない…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1952/05/21、24期)

私は国際通貨基金加盟の一つの条件として、時の政府に支配されないという形で為替管理委員会が設けられて、その上で国際通貨基金に加入の方法が促進されていたと思うのです。そういう意味からいいましても、今ここで…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第26号(1952/05/23、24期)

私は、いろいろ質問がございますが、きようは時間が限られておりますので、ごく簡単に二、三点だけ質問したいと思います。岡崎外務大臣よ、過日外交三原則をお示しになりまして、その中で善隣友好の線で進むことを…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第27号(1952/05/28、24期)

大蔵大臣がお見えになつていらつしやいますから、一点だけ伺いたいと思います。この前の委員会で、木内外国為替管理委員長が、外為委員会の性質というか、その仕事について五つの原則を述べられ、その中で、ある程…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1952/05/30、24期)

社会党を代表して、賛成するものであります。採決いたします。千九百二十三年十一月三日にジユネーヴで署名された税関手続の簡易化に関する国際條約及び署名議定書の締結について承認を求めるの件を、承認すべきも…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第29号(1952/06/04、24期)

吉田首相はたびたび台湾政府ということを言われましたが、実際ここへ提出されましたのはトリーテイ・オブ・ピース・ビツウィーン・ジヤパン・アンド・ザ・リパブリツク・オブ・チヤイナとなつております。そこで国民…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第30号(1952/06/06、24期)

私は国際連合軍の日本に駐留することにつきまして確かめておきたいと思いますことは、先ごろから説明になつておりますが一昨日もその質問がありまして、七月二十六日以後国際連合軍が日本に駐留する場合に、正式な協…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第32号(1952/06/12、24期)

この條約の一番問題点である第二條の(b)につきましては、すでに多くの委員から質問がありましたので、私はこく簡単な点を二点ほど伺いたいと思います。まず最初に在印日本資産が大体どのくらいあるかということ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第33号(1952/06/13、24期)

日印條約がある程度日本側に有利になるように締結を見たことは認められますが、問題は、きようから、きようまた御質問がありましたように、第二條の(b)だと思います。その問題につきましてはすでに質問されました…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第34号(1952/06/14、24期)

私は社会党を代表いたしまして、日本とインドとの間の平和條約に賛成するものであります。サンフランシスコにおける平和條約が、世界各国との間に締結されることを熱望した私どもは、これに参加しない国々のあつた…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第36号(1952/06/18、24期)

ただいまの政府の御答弁で、その引揚げ促進に対しましては、さらに積極的な対策をおとりになるということでございました。ぜひこの重要な問題に対して積極的にしていただきたいということをお願いいたしますが、それ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第37号(1952/06/25、24期)

私は、朝鮮事変のことについて関連して伺いたいと思います。ちようど今日で朝鮮事変が始まりまして二周年になります。これによつて、北鮮軍それから中共軍及び国連軍の犠牲者がたくさんあると思いますが、もしもそれ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第38号(1952/07/02、24期)

私はこの前の委員会で、国連軍の朝鮮の水豊ダムの爆撃等に関連いたしまして、日本で先ごろ行われた燈火管制の問題を質問いたしましたところ、外務政務次官は、米軍からの協力の要請があつて、関係市町村が協力したと…会議録へ(外部リンク)

第14回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1952/08/28、24期)

北沢直吉委員と調査員武川氏と不肖私が北海道の観察班といたしまして、八月十一日から十日間北海道視察に参りました。まず千歳地区の調達関係について御報告申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22