中曽根康弘衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  1回発言   8939文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  0回発言      0文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  1回発言   8393文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  1回発言  11778文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  1回発言   8716文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  4回発言  37826文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第18号(1949/04/16、24期)

私は、民主党を代表いたしまして、ただいま上程されました昭和二十四年度一般会計並びに特別会計予算に対して反対の意を表するものであります。次に私は、本予算編成に関する政府の構想を批判しつつ、われわれの見解を披瀝せんとするものであります。本年度予算を審議するにあたつて、われわれがまず究明しなければならない………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第9号(1949/12/23、24期)

私は、民主党を代表いたしまして、ただいまの統制撤廃の問題に関して、関係大臣に質問をいたしたいと思います。このたびの指定生産資材割当規則を中心とする一連の統制撤廃に関しては、私は、ある程度の経緯を実は表するのであります。御存じのように、今回の統制撤廃によつて、まず第一に、国家財政の負担がかなり軽減され………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第16号(1951/02/27、24期)

私は、国民民主党を代表いたしまして、ただいま議題となりました諸予算のうち、昭和二十六年度一般会計予算を次のごとく組みかえせんことを政府に要求し、本諸原案について反対の意思を表明するものであります。(拍手)昭和二十六年度一般会計予算に対する修正――歳入、外国為替特別会計への操入れ中止五百億、歳出、一、………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第14号(1952/02/23、24期)

私は、改進党、社会党両砥代表いたしまして、ただいま議題になりました件について関係大臣に質問をいたします。私の質問は技術的な質問てありまして、こまかい点に触れまするのて、関係大臣の明快なる、親切なる御答弁をお願いいたしたいと思います。その御答弁の状況によりましては再質問の権利を留保いたしまして、ここに………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  5) 12回発言  43156文字発言
  第6回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 12) 12回発言  46616文字発言
  第7回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 21) 14回発言 100941文字発言
  第8回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
  第9回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  3回発言  33507文字発言
 第10回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32) 10回発言 101554文字発言
 第12回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員 10)  7回発言  33871文字発言
 第13回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 26) 11回発言  74179文字発言
 第14回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  24期通算 170回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 47 委員123) 69回発言 433824文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
           111回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員 87) 50回発言 355522文字発言

 人事委員会
            42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員 24) 13回発言  22182文字発言

 法務委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  1回発言   4923文字発言

 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言  28896文字発言

 外務委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言    377文字発言

 海外同胞引揚に関する特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  21924文字発言

 大蔵委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 法務委員会理事(第5回国会)
 予算委員会理事(第5回国会)
 人事委員会理事(第6回国会)
 人事委員会理事(第7回国会)
 予算委員会理事(第12回国会)
 予算委員会理事(第13回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 法務委員会 第36号(1949/09/20、24期)

今のわくの問題でありますが、事件を科学的に捜査するという客観的な方針というものと、それから上司の許可を仰ぐとか、あるいは一定のわくをきめられるということは、どうも私は矛盾するところがあるのではないかと…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1949/03/28、24期)

予算委員会が始まりますので、その前に昭和二十四年度予算審査に必要な資料を、政府に要求したいと思います。通常今までの予算委員会で御提出になつている資料は一應全部でしていただきたいのですが、特にまず第一に…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1949/03/30、24期)

私は民主党でありますが、この暫定予算の審議は非常に緊急を要するものである。この問題は今明日にも処理しなければならぬ問題である。しかしただいま西村君あるいは志賀君から御発言になつた財政の改正という問題も…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1949/03/31、24期)

去る十二月の議会におきまして、追加予算を審議した際に、政府はさらに追加予算を出す意図があるかどうかと、こういう質問をいたしましたところ、泉山蔵相は大体出す意思はないというような意向を明らかにされたので…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1949/04/07、24期)

今の平田主税局長のお話に、私ちよつと納得し得ないところがあるので、関連して質問を申し上げます。平田さんは今年度の国民所得の二兆九千億というあの数字をお認めになりますか。まずその点はそれといたしまして…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1949/04/09、24期)

関連質問ですが、今の補給金の問題であります。私はこの政府が出しました資料に若干疑問がありますので、今政府は石炭の例を取上げられましたので、ちよつとお伺いいたします。特定産業向けと一般産業向けの配炭の比…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1949/04/12、24期)

総理大臣その他に御質問があるのですが、欠席だそうですから、ただいま御出席になつております大臣に先に質問をいたします。まず運輸大臣にお尋ねしたいのですが、この政府の二十四年度予算の説明に書いてあります…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1949/04/13、24期)

きのうに続きまして安本長官にお尋ねいたしたいと思います。私はきのうも申し上げましたように、この予算を編成する政府の考えは間違つている。どうしてかというと、今の日本経済の状況では予算を編成する基本方針と…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1949/04/16、24期)

私は民主党を代表いたしまして、本予算に反対の意を表するものであります。詳細については本会議で申したいと思いますので、簡単に理由を申し上げます。まず第一は、本予算を作成した政府の政治責任の不明確性を指…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1949/04/26、24期)

河野さんにもう少し伺いたいですが、主計局長は予算編成の中枢におられる方ですから、方針でも一應お聞きしたいと思つております。三百六十円にきめられた結果、政府の立場として一應考えられるのは、補給金の方をふ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1949/05/23、24期)

理事会を開いていただいて、細目については後刻打合せたらどうかと思います。委員長としては、なるべく小委員会の委員長の方を通じてでもよし、また理事の方を通じてでもよし、委員長ト直接でもよろしいがへある区…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1949/10/20、24期)

欠損の内容についてちよつとお伺いしたいのですが、これは十年近くやつておる会計で、終戰前と終戰後と――終戰後でも最近一年間における欠損が非常に多いということを、われわれはある方から聞いておるのですが、年…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1949/11/25、24期)

時間がありませんので、私はちよつと申し上げますが、浅井総裁のただいまの御見解は、国家公務員法違反であると私は考えております。国家公務員法制定に際して、私も審議をした一人でありますが、この審議の当時の解…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1949/11/29、24期)

そのウエイトの問題は、かなり重要なる問題だろうと思うのでありますが、そのウエイトの問題のみならず、試験の概要につきまして問題を見せろというのではありません。試験問題の概要について当人事委員会と事前に緊…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 人事委員会 第10号(1949/12/02、24期)

職種自体も出てないのか。さらに考えて見なければならぬことは、実は職階制という新しい日本語の意味でありますが、これは職階制というような新しい熟語を使つておりますが、その実質におきましては、これは官職分…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1949/12/03、24期)

先ほどの松沢さんの質問と関連いたすのでございますが、地域給の問題は全国の公務員が非常に関心を持つておる問題ですが、一体いつごろ本院に対して勧告が発表されるか、十二月何日ころになりますか、お尋ねいたした…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1949/11/16、24期)

薪炭需給特別会計の五十四億七千万円という問題は、かなり愼重に検討を要する問題であると思いますので、本予算委員会においてこれに対する小委員会を設けられまして、会計検査院あるいはその他の官吏を証人として喚…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1949/11/18、24期)

私は薪炭需給特別会計の問題で、二点政府側に議事進行でお伺いいたします。まず第一は、この問題はすでに農林委員会においても、また予算委員会においてもしばしば論議されたところであり、最近の新聞によれば、す…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1949/11/19、24期)

民主党を代表いたしまして総理大臣にお尋ねいたします。まず一番初めにお伺いいたしたいのは、講和会議の問題でありますが、今講和條約の内容や何かを論議するよりも、当面日本国民として考えなければならないのは…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1949/11/21、24期)

一つ二つ、お尋ねいたしたいのであります。来年の三月くらいまでに、銀行金利を引下げることは、はたして現在の銀行の経理その他から見て可能ですか、不可能ですか、その点をまずお伺いいたします。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1949/11/22、24期)

関連して――大蔵大臣はむりな税金はとらせないと言つておりますが、現にある税務署でこういう事実があります。今年の六月申告を指導したときに、これこれの業種については二倍とかあるいは八割とか、その程度でやつ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1949/11/23、24期)

この問題についてこの委員会が始まる最初に、新政治協議会の松本六太郎君から大蔵大臣に質問がありまして、輸出信用保証の問題と外国為替特別会計はまだ出ていないのでないかと言われたら、大蔵大臣はこの席上ではつ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1949/11/24、24期)

きのう実は木村国務大臣に御質問いたすことになつておつたのでありますが、大臣がお見えになりませんので――われわれの先輩浜口雄幸先生は、きのう申し上げましたように、ピストルのたまを腹の中に撃ち込まれて、そ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1949/11/26、24期)

私は民主党を代表いたしまして、本補正予算案に対して反対の意を表するものであります。補正予算案は單なる数字でありますが、これをささえているところの財政政策そのものを、われわれはまず検討しなければならない…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1949/12/07、24期)

職階制の公聴会に関して、ちよつとお伺いいたしたいことがあるのであります。この前の議会の終りぎわに、例の公務員の試験制度について証人喚問をやつていただきたい。それについてはこの委員会の御同意を得たのであ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1949/12/20、24期)

ただいま山下人事官から所見を承つたのでありますが、私は大いにこれを遺憾とするのであります。ただいま例示することが不適当であり、それによつて誤解や何かが生ずる。こういうことを第一点におあげになりましたけ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1949/12/21、24期)

私は民主党を代表いたしまして、本法案に対して絶対反対の意を表するものであります。御承知のように昭和二十四年十一月四日に、人事院総裁から衆議院議長、参議院議長及び内閣総理大臣に対して、給與ベース改訂に…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 人事委員会 第10号(1950/02/24、24期)

私、所要のために中座いたしまして恐縮でございましたが、ダブるところがありましたら、その辺は省略してもけつこうでございます。この間行われた試験に関して御質問申し上げたいのですが試験を行う前にいろいろ試験…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 人事委員会 第14号(1950/03/16、24期)

公団の廃止または解散に伴つて、新旧職員の間にその退職金の均衡を欠くことは、正しいことではないのであります。かつまたそのような新旧職員に均衡を欠かないような予算的措置も、すでに講じてあることでありますか…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 人事委員会 第18号(1950/03/30、24期)

私は民主党を代表いたしまして、本法案に対しまして反対をいたします。給與問題は、吉田内閣のとつて財政政策の一端でありまして、財政政策より私は批判しなければならないと思うのでありますが、この点については…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第1号(1949/12/20、24期)

私は別のことで委員長の御所見を承りたいのであります。ここの参考資料の中にもありますように、日本国有鉄道に対して十五億円という金を出すことが記載されてあります。この公共企業体に関する給與の裁定の問題で、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1950/02/02、24期)

ただいま池田大蔵大臣から名論卓説を承りましたが、私は時間の関係上相当重要な問題をこの際申し上げてみたい。私がこれから申し上げることによつて、吉田内閣は顛覆するかもしれない。問題は農林大臣に関係したこと…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1950/02/03、24期)

総理大臣に質問を申し上げます。その前に簡單なことをまずお尋ねいたしたいと思うのでありますが、この間の講和條約に関する本会議の質問の際に、わが党北村最高委員が総理大臣に御質問いたしたのでありますが、遺憾…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1950/02/04、24期)

時間がありませんから簡單に質問だけいたします。きのうちよつと総理大臣にお尋ねしたのですが、地方の行政区画の変更、つまり府県の統合ということに関して、本多国務大臣の所である成案を練つているという話であ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1950/02/15、24期)

議事準行に関して申し上げたいと思いますが、御存じのように、今まで予算委員会の例といたしまして、予算に関係する重要法案が関係委員会を通過しない間は、予算委員会においては討論採決をしなかつたのであります。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1950/03/03、24期)

きのう私は大蔵大臣の発言問題並びに現在の経済の諸問題について質問をするために、内閣総理大臣、大蔵大臣及び農林大臣の出席を求めておつたのであります。本朝来私はお三方の出席を待つておつたのでありますが、い…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1950/03/04、24期)

議事進行について簡単に申し上げます。昨日は大蔵大臣を朝から追いかけまわしておつたのでありますが、午後二時から大蔵大臣がおいでになるからという委員長のお約束で、われわれは待機しておつたわけですが、不幸に…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1950/03/09、24期)

私は昭和二十五年度一般会計並びに特別会計予算に関して、その下部を組みかえせんことを政府に要求する動議を、民主党及び国民協同党及び新政治協議会を代表して提出いたします。組みかえ要求の内容ははなはだ広汎で…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1950/11/30、24期)

私は内閣総理大臣に対しまして、国民民主党を代表して御質問申し上げます。最初に簡單な事務的なことを御質問いたしたいと思います。簡單明瞭にお答えをお願いいたします。まず第一は、今年の夏、われわれ国会議員…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1950/12/02、24期)

議事進行に関して――ただいま勝間田君の質問に対する総理の答弁を承りますと、すべて主管大臣に譲つておるのでありまして、このまま行つたら、主管大臣が来なければ、質問というものは意味をなさない。主管大臣が来…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1950/12/03、24期)

ただいま黒田君の御質問に対しまして、安本長官が大体の見通しとして、来々年には日本の経済の自立が可能である。こういうことを大体の見当としておつしやいました。しかし現実的に数字を調べてみると、そう安本長官…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第11号(1951/07/24、24期)

議事進行についてちよつと。きようの委員会を開いた趣旨はすでに委員長も御存じの通り、金国大会があつて、それに時を同じくして国会としても熱意を外国に訴えなければならぬ、こういう趣旨が私は本旨だと思うのであ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第12号(1951/07/26、24期)

二十三日の委員会におきまして、私は外務政務次官に対して、この問題について特に講和条約の中に捕虜に関する条項が欠除している点を追究したのでありますが、われわれが満足するような、納得し得る答弁が全然なかつ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 人事委員会 第12号(1951/05/24、24期)

これは一般職の地域給の問題ではないのですが、懇談的に人事院の方に御相談申し上げたいと思います。この国家公務員制度及び人事院の制度が行われましてから、日本の官庁機構というものが非常に抜本的にかわつて来…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1951/02/16、24期)

吉田総理大臣にお尋ねいたします。ずばりと聞きますから、御明答をお願いいたします。先ほどの御答弁の中で、講和條約ができればポツダム宣言は失効する旨お答えになられました。しからばその場合には、ポツダム宣…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 予算委員会 第16号(1951/02/19、24期)

東銀債の問題について御質問申し上げたいと思います。大蔵大臣がまだお見えになつておりませんので、私はまず第一に東銀債が発行されるに至つた経緯について、事実をこれから教えていただきたいと思います。その意味…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1951/02/22、24期)

時間がございませんので、大蔵大臣に二点だけ質問をいたし差す。説明していただくだけでけつこうであります。まず第一は、最近の新聞に講和後の日米経済の提携についていろいろ報道されておりますが、大体各紙に出…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1951/02/23、24期)

関連して……。日発総裁にただ一点だけお尋ねしたいと思うのでありますが、これを公益事業委員会で強行した場合に、日発総裁としては、それを見送つたままで捨てぜりふで引込むという御措置をおとりになるのか、ある…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1951/02/24、24期)

物価問題というものは、現在の日本の国内経済からすると、大体輸入問題に帰着することであるようであります。そこでこの輸入問題の一番典型的な例が今どこに出ておるかというと、稀少金属に出ておるだろうと思うので…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1951/02/25、24期)

委員長その前に参考人の皆さんに……。この東銀債発行の経緯につきまして、先般来この委員会でいろいろ調査いたしたのでありますが、われわれが感知いたしましたことは、要するに昨年銀行等の債券発行等に関する法…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1951/05/23、24期)

ただいま川崎委員が大蔵大臣に御質問になりました中に、補正の項目の問題がございましたが、今項目の問題に関連して国民が非常に関心を持つておる問題について、政府のお考えを承りたいと思います。この問題はもちろ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1951/11/15、24期)

今の地域給の補正と申しますか、再勧告に関連して人事院総裁に二点だけお尋ねいたしたいと思います。再勧告の原案というものは、もうすでにできているものでございましようか。できておるならばなぜ今度の議会にそ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1951/11/17、24期)

私は国民民主党を代表いたしまして、本案に対して賛成の意を表します。ただ一点つけ加えますが、この法律案は一般職との関係において、今回提出されたと思うのであります。下級職員の給与の増額について、もう少し大…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第7号(1951/10/23、24期)

私は時間があまりないようですから、簡単に重要な点だけお聞きしたいと思います。まず第一は、先ほどの並木君の御質問で、講和條約ができたあと、ソ連がもし占領をやりたい、こう言つて来た時に法的にどうなるかと…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第8号(1951/10/24、24期)

吉田総理大臣にお尋ねをいたします。私の質問は大体三点でありますが、まず第一は、この両條約を締結するにあたりまして、今後の情勢の見通しについて御所見を伺いたいと思います。まず吉田総理大臣及びダレス氏あ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1951/10/17、24期)

今の説明をもう少し計数で、資料で出してもらいたい。一応の説明を聞いたわけでありまするが、御質問がありましたら質疑に移りたいと思います。苫米地英俊君。会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1951/10/29、24期)

英国で二重価格制度をやつておつたようでありますが、英国の二重価格制度というものは成功しているかどうか。それから日本において妥当性があるかどうか。第二番目は、米麦の生産費計算、今パリテイ計算でやつてお…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1951/11/07、24期)

これを先にやつてください。委員長代理不信任案が出ている。これをさばかなければ、また同じことを繰返すのみだ。さばかなければだめだ。この際諸君に申し上げます。ただいま非常に議場の秩序が乱れましたので、こ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第29号(1952/06/04、24期)

今の外務大臣の御答弁は非常に重要な御答弁でありますので、一点だけお尋ねいたします。それはアンドとオアの問題でございますが、外務大臣の御答弁によりますと、台湾、膨湖島並びに中国本土というふうに牽連してお…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第2号(1952/01/28、24期)

私は昭和二十七年度一般会計予算の提出に関しまして、委員長並びに大蔵大臣に質問をいたしておきたいと思います。まず委員長にお尋ねいたしますが、この昭和二十七年一般会計予算なるものは、国会の権威を保持して…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第4号(1952/01/30、24期)

前国会以来、国民並びに国会の注視の問題は、日米安全保障條約に基く行政協定の問題でありました。ところが、この行政協定の問題に関してわれわれの質疑が触れると、吉田総理大臣並びに政府当局は、常に、これはまだ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1952/01/31、24期)

吉田内閣総理大臣に対して御質問申し上げます。過般のトルーマン、チャーチル会見におきまして、米英両国寒の間に対ソ政策の転換があつたような情報が伝えられております。すなわち朝鮮の休戦あるいは日本との関係…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1952/02/19、24期)

私は、吉田内閣の高級官僚がGHQの高級官僚を買収しようとして、しかもそれが失敗して馬脚を現わしたという、恐るべき事件を知りましたので、この際関係者にお尋ねをしたいと思います。その問題は帝国石油に関する…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第22号(1952/02/23、24期)

議事進行につきまして、委員長並びに委員長を通じて政府にお尋ねをいたします。本十三国会の一番大きな問題は、何といつても千八百二十億円に上る防衛関係諸費を明らかにすることと、現在進行中の日米安全保障條約…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第23号(1952/02/26、24期)

予算委員長塚田十一郎君は、つとに資性温厚、学術優等であまりして、吉田総理大臣の抜擢するところとなり、予算委員長として職を続けて来たのであります。塚田十一郎君に対しまして、不信任動議が提出され、これに賛…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第24号(1952/04/02、24期)

きようは大蔵大臣と通産大臣に、日本の石油政策について質問しようと思つたのでありますが、不幸にして通産大臣は病気だそうですし、大蔵大臣は後刻おいでになる予定だそうでありますから、当面の責任者である通産政…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1952/05/15、24期)

時間がありませんので、吉田総理大臣に二問質問をいたします。その第一は、共産国家群と日本との関係であります。四月二十八日に日本は独立をいたしましたけれども、不幸にして共産国家群との間にはまだ戦争状態に…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第26号(1952/05/16、24期)

岡崎外務大臣に御質問をいたしますが、きのう総理大臣に質問をしたことで、日華条約と中ソ同盟の関係がまだはつきりしていないのであります。御存じのように、日華条約第六条によりますと、「日本国及び中華民国は、…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第27号(1952/05/19、24期)

大橋国務大臣から答弁がありましたが、それはまず第一に、予備隊に対しては政府は一般的管理権を持つておるから、それに基いて処理をするのである、こういうのが第一と思う。もう一つは、先般の私の質問に対して、速…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 24期(1949/01/23〜)  5本提出

質問主意書一覧

貨物自動車営業免許方針に関する質問主意書
第12回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1951/11/06提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

旧陸軍共済組合員中終戦時年令四十五才未満の者に年金資格付與に関する質問主意書
第13回国会 衆議院 質問主意書 第16号(1952/02/25提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

戦犯者の取計らいに関する質問主意書
第13回国会 衆議院 質問主意書 第17号(1952/02/25提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

軍人恩給復活に関する質問主意書
第13回国会 衆議院 質問主意書 第18号(1952/02/25提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

温泉保護に関する質問主意書
第13回国会 衆議院 質問主意書 第32号(1952/04/25提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22