花村四郎衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  9回発言  23275文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  2回発言   1656文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  1回発言   2379文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  0回発言      0文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30) 12回発言  27310文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第17号(1949/04/14、24期)

ただいま議題となりました、各派共同提案にかかりまする青少年犯罪防止に関する決議案について、その趣旨を弁明いたしたいと思うのでございます。まず最初にその決議案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第18号(1949/04/16、24期)

ただいま上程になりました罹災都市借地借家臨時処理法第二十五條の二の災害及び同條の規定を適用する地区を定める法律案について、法務委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。罹災都市借地借家臨時処理法は、あるいは罹災建物の旧借主に優先的に借地権を取得させ、あるいは罹災地の借地権で今後存続させ………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第23号(1949/04/28、24期)

ただいま議題となりました会社等臨時措置法等を廃止する政令の一部を改正する法律案につき、委員会における審査の経過並びに結果を簡單に御報告いたします。政府は、連合国最高司令官の覚書に基き、昨年十二月三十一日、政令第四百二号をもつて会社等臨時措置法及び同法施行令を廃止したのでありますが、その際同政令の附則………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第25号(1949/05/07、24期)

ただいま議題となりました二つの法律案につき、委員会における審議の経過並びに結果の概略を簡単に御報告いたします。まず訴訟費用等臨時措置法の一部を改正する法律案につき申し上げますと、その提出の要旨は、一般公務員の恩給につきましては、昭和二十三年法律第百九十号恩給法臨時特例により、すでに給與事由の生じたも………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第26号(1949/05/10、24期)

ただいま議題と相なりました弁護士法を改正する法律案について、法務委員会を代表して本案の提案理由及びその要旨を説明申し上げます。まず本案起草の経過について申し上げますと、本案は第五国会法務委員会の弁護士法起草小委員会において起草いたしまして、本委員会で可決されたものでございます。すなわち、昭和二十四年………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第27号(1949/05/12、24期)

ただいま上程と相なりました四法律案につきまして、法務委員会におきまする審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず人権擁護委員法案について申し上げますと、日本国憲法は基本人権の尊重擁護を根本理念としていることは御承知の通りでありますが、民主政治生活に経驗の浅い日本においては、自由人権の思想はまだま………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第28号(1949/05/13、24期)

ただいま議題と相なりました四法案につき、法務委員会における審議の経過並びに結果の概略を御報告申し上げます。まず犯罪者予防更生法案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第29号(1949/05/14、24期)

ただいま上程に相なりました刑事訴訟法の一部を改正する法律案並びに司法試驗法案の要旨及び委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。要旨の第一点は、家庭裁判所の開設に伴う改正であります。刑事訴訟法は、家庭裁判所が家庭、少年の刑事事件を取扱うことを予想して制定されていなかつたので、家庭裁判所………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第36号(1949/05/22、24期)

ただいま議題と相なりました公証人法等の一部を改正する法律案につきまして、その要旨及び委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず本改正案の要点を申し上げますと、第一に、法務廳設置法の一部を改正する法律により、司法事務局またはその出張所が法務局もしくは地方法務局またはその支局もしくは出………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第13号(1949/11/19、24期)

ただいま議題と相なりました少年法の一部を改正する法律案につきまして、法務委員会における審議の経過並びに結果を簡單に御報告いたします。まず本法律案の内容を申し上げますと、少年法は本年一月一日より施行されたのでありますが、新少年法第二條において、少年とは二十歳に満たない者と規定しているのでございます。旧………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第16号(1949/11/25、24期)

ただいま議題と相なりました裁判官の報酬等に関する法律の一部を改正する法律案及び検察官の俸給等に関する法律の一部を改正する法律案について、便宜一括してその法案の要旨及び委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。裁判官の報酬等に関する法律及び検察官の俸給等に関する法律は、昨年六月、第二国会………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第44号(1950/04/29、24期)

ただいま議題となりました商法の一部を改正する法律案につきまして、提案の要旨及び法務委員会における審議の経過並びに結果の概要をきわめて簡単に御報告申し上げます。御承知のように、現行商法は、半世紀前、すなわち明治三十二年に制定せられた大陸法系のものでありますが、終戦後、わが国の政治、社会、文化、経済の全………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 37回出席(長 37 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  1回発言  14575文字発言
  第6回国会 12回出席(長 12 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
  第7回国会 28回出席(長 27 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
  第8回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言   2096文字発言
  第9回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言    508文字発言
 第10回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  4回発言   6998文字発言
 第11回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   1918文字発言
 第12回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  2回発言  13279文字発言
 第13回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30)  3回発言  17253文字発言

  24期通算 155回出席(長 76 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 79) 14回発言  56627文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
           155回出席(長 76 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 79) 14回発言  56627文字発言


委員会委員長経験

 法務委員会委員長(第5回国会)
 法務委員会委員長(第6回国会)
 法務委員会委員長(第7回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 法務委員会 第25号(1949/05/21、24期)

私は司法警察権と牽連いたしまして、経済調査廳の問題に関しまして若干の質問をいたしたいと思うのであります。まず第一にお尋ねいたしたいことは、経済調査廳法の第一條に、経済調査廳の職務権限が大体において規…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1950/07/26、24期)

十二名だとすれば偶数ではございませんか、奇数にしておく方がよいのではないですか。会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1950/07/29、24期)

これはいずれの主張も相当な理由を持つておるものでありますが、本案はとにもかくにも及ぼす影響はすこぶる大きいものがありますので、あらゆる面から十分に研究し、検討する必要があろうと思うのですが、まず第一に…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1950/12/06、24期)

ただいま任務分担の分野のよつてその教育がきまるという話でしたが、予備隊のその與えられた任務分担の領域いかん。それから第二にその任務分担の分野に相応するいかなる教育をなしつつあるか、その教育内容の詳細。会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1951/02/08、24期)

議事進行について……。梨木君の質問は実は質問に名をかりて、本報告書を承認すべきやいなやの討論をしておるように考えられるのでありますが、委員会の審議の現段階からいたしまして、質問を許される場合を考えてみ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1951/03/20、24期)

朝鮮学校の問題に索連してただ一点だけお伺いしておきたいと思うのですが、先ほど来の御説明によりますと、本問題はPTAの会合が無届であつたということが原因になつて起つておるように聞きとつたのでありますが、…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第28号(1951/05/21、24期)

司法書士法の一部を改正する法律案に対する修正意見を申し上げたいと存じます。この意見の提唱者は、花村四郎、北川定務、田嶋好文、鍛冶良作、押谷富三、山口好一、中村又一、猪俣浩三、田万広文、上村進でありま…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第34号(1951/05/29、24期)

 私は追放解除に関してお尋ねをいたしたいと思うのであります。多分世耕委員から詳細なる質問があられたことであろうと思いますので、あるいは重複するおそれもあろうと存じまするが、若干政府の所信を伺いたいと思…会議録へ(外部リンク)

第11回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1951/09/18、24期)

私は簡単に登記所廃止問題について法務総裁にお尋ねをいたしたいと思うのであります。今日各方面から登記所廃止に関する反対陳情がわれわれの手元に参つておるのでありますが、今日の法務府における機構並びに登記所…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1951/10/18、24期)

今回大阪拘置所が、大阪北区の錦町にあります天満予定地に移転をするということに相なつておるという話でありまするが、大阪拘置所の移転すべきことについてはわれわれが何らの異論をさしはさむわけではありません。会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1951/11/26、24期)

私は本日初めて京大事件の真相をつぶさにお聞きいたしたのでありますが、新聞その他で聞いておりまする範囲におけるよりも、より明確なる事情を御報告願いまして、まことに感謝にたえないと、申し上げたいのでありま…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第19号(1952/03/03、24期)

ただいま押谷委員の質問に対する学生御両人の答弁をお聞きいたしておつたのでありますが、支離滅裂、しかも浅薄なる常識のもとに立つてこういう重大なる問題を判断されたから、この問題が大きく浮び上つて来ておるも…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第20号(1952/03/06、24期)

簡單に警視総監にお尋ねしたいと思います。治安維持に関する問題は、すこぶる広汎にわたるのでありますが、本委員会の調査の中心をなしておりまするものは、要するに大学の学園内における集会、結社、出版物並びに言…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第42号(1952/04/25、24期)

私は総論的な質問を一、二点簡單にいたしまして、詳細なる点につきましては、各論に讓りたいと思います。そこで一般質問としてだんだん進んで参つたのでありますが、どうも政府当局の答弁をお聞きしておりましても…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22