早稲田柳右エ門衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  2回発言   5019文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  1回発言   2311文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  0回発言      0文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  1回発言  12825文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  0回発言      0文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  4回発言  20155文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第20号(1949/04/21、24期)

お許しを得まして国立国会図書館の近況を御報告申し上げ、各位の御理解と御協力をいただきたいと存じます。国立国会図書館は、一昨年第一国会の当時、文化国家建設の一環として創設されたのであります。当時、両院議長が連合軍総司令官にお願いいたされたのに基いて、アメリカよりクラップ、ブラウン両図書館使節がわざわざ………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第28号(1949/05/13、24期)

ただいま議題となりました、国立国会図書館法第二十條の規定により行政各部門に置かれる支部図書館及びその職員に関する法律案につきまして、ごく簡單に提案の理由を御説明いたします。国立国会図書館の行政各部門支部図書館は、昨昭和二十三年創設以來逐次その業務を整備して、ようやく国立国会図書館の一翼として国会並び………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第23号(1949/12/02、24期)

国立国会図書館法第十一条の規定により、今日までの図書館運営委員会における審査の経過並びに結果を御報告を申し上げます。本委員会は、去る十一月九日、十七日、十九日、二十四日と四回にわたり委員会を開きまして、まず国立国会図書館の運営の経過について図書館長より報告を聴取いたしました。次いで国立国会図書館組織………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第7号(1951/01/29、24期)

私は、国民民主党を代表して、吉田総理大臣を初め閣僚諸賢に対し質問をいたしたいと存じます。(拍手)回顧すれば、敗戰直後の社会的波乱と不安の中から和国の再建と復興に立ち上つてより、早くも五箇年有余になります。幸いにマツカーサー元師の寛大なる管理下に置かれて、われわれは今や復興と自立への根強い希望に燃え、………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 13回出席(長  5 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言    787文字発言
  第6回国会 19回出席(長  4 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  4)  0回発言      0文字発言
  第7回国会 21回出席(長  3 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  6)  0回発言      0文字発言
  第8回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  2)  0回発言      0文字発言
  第9回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第10回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  7)  0回発言      0文字発言
 第12回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言     93文字発言
 第13回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  1回発言    866文字発言

  24期通算 106回出席(長 12 代理理事 0 代理 0 理事 35 委員 59)  3回発言   1746文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
            68回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員 39)  2回発言    959文字発言

 図書館運営委員会
            17回出席(長 12 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 政府支払促進に関する特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  1回発言    787文字発言

 決算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  0回発言      0文字発言

 通商産業委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 労働委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 懲罰委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 図書館運営委員会委員長(第5回国会)
 図書館運営委員会委員長(第6回国会)
 図書館運営委員会委員長(第7回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 大蔵委員会理事(第6回国会)
 大蔵委員会理事(第7回国会)
 大蔵委員会理事(第8回国会)
 決算委員会理事(第9回国会)
 懲罰委員会理事(第10回国会)
 決算委員会理事(第10回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 政府支払促進に関する特別委員会 第9号(1949/06/04、24期)

ちよつとお尋ねいたしますが、今の官廰関係の三十四億円でございますが、これはいつ現在ですか。製品の種別と申しますと、主として官廰関係で申しますが車両、車両と申しますと、蒸氣機関車、電氣機関車、それから…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1951/11/09、24期)

この法案とは別なんですが、巷間伝うるところによると、銀行局では今般新種預金を制定するという構想があるやに聞いておりますが、銀行局長からさしつかえのない範囲でひとつ構想を御発表いただきたい。会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 大蔵委員会 第16号(1952/02/19、24期)

私は本案につきまして、希望を付して賛意を表したいと存じます。本案による予算措置は、わが国の食糧計画とも重大な関係がございまして、本案の資金の導入による開拓、開墾計画はもつと積極的に実施すべきであると…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 24期(1949/01/23〜)  1本提出

質問主意書一覧

度量衡法改正に関する質問主意書
第5回国会 衆議院 質問主意書 第20号(1949/05/12提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22