河野金昇衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  0回発言      0文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  2回発言   3699文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  2回発言   3558文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  1回発言   8108文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  1回発言   1675文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  0回発言      0文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  6回発言  17040文字発言

本会議発言一覧

第6回国会 衆議院 本会議 第21号(1949/11/30、24期)

私は、新政治協議会を代表いたしまして、貨物運賃値上げ法案に反対をするものであります。民主自由党の諸君が、野党の時代には、非常に思いつきのよいことを、勇敢に、大胆に御発表になつたことに対しては、私はいささか敬意を表しておるのであります。しかしながら、それが一旦政権をおとりになると、逆なこともまた勇敢に………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第23号(1949/12/02、24期)

私は、新政治協議会を代表いたしまして、この決議案に満腔の賛意を表するものであります。(拍手)本日のこの会議の様子を、全国の未復員の方が聞いたら、さぞや嘆くであろうと思います。日本の政府、日本の国会は、満場一致でこの決議をしてくれることと期待をしておつたであろうと思いますが、ただいまの共産党の演説を聞………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第42号(1950/04/26、24期)

私は、国民協同党を代表いたしまして本法案に反対の意を述べるものであります。(拍手)会期も切迫した折に、突如として議負提出で出されたところに、多くの含みがこの法案には残つておると考えるものであります。先ほど自由党の降旗君は、同僚議員が非常に迷惑した法案であるとおつしやつたのでありますけれども、炭鉱業者………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第9号(1949/12/23、24期)

私は、新政治協議会を代表いたしまして、同僚諸君が大分質問しておられまするから、簡單に要点だけを質問いたしまするが、答弁はなるべく御親切に願いたいと思います。今年石炭の統制をお解きになつたのは、石炭が増産されたのではなしに、結局四千二百万トン予定しておつたものが、四千万トン程度のときに、もう余つて来た………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第5号(1950/11/26、24期)

私は、国民民主党を代表いたしまして、総理大臣の施政演説に対して、総理初め関係各大臣に若干の質問を試みんとするものであります。国会の開会が、衆参両院とも同僚議員の弔辞に始まり、総理大臣の施政演説またスエーデン国王の崩御に対する哀悼の辞に始まつておるのであり、あたかも吉田内閣の前途を弔うがごとくでありま………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第46号(1951/06/02、24期)

私は、ただいま議題と相なりました電気料金の合理化に関する決議案の趣旨弁明を申し上げたいと思います。まず案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員 18)  6回発言   4291文字発言
  第6回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員 12)  0回発言      0文字発言
  第7回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34)  9回発言   6233文字発言
  第8回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  0)  4回発言  12087文字発言
  第9回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  1回発言    157文字発言
 第10回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  4回発言  14824文字発言
 第11回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言
 第12回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第13回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  3回発言    897文字発言
 第14回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言    470文字発言

  24期通算 135回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員114) 28回発言  38959文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 通商産業委員会
            64回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 56) 11回発言  32955文字発言

 商工委員会
            15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  5)  4回発言   3229文字発言

 議院運営委員会
            15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  7回発言    346文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  4回発言   1367文字発言

 厚生委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  2回発言   1062文字発言

 経済安定委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  0回発言      0文字発言

 海外同胞引揚に関する特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 政府支払促進に関する特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言

 選挙法改正に関する特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 郵政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 農林委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 商工委員会理事(第5回国会)
 政府支払促進に関する特別委員会理事(第6回国会)
 通商産業委員会理事(第8回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第9号(1949/04/16、24期)

今の請願の大体の眼目は、未帰還者課税特例の問題のように承つたのでありますが、実はその問題は昨年海外同胞引揚特別委員会でも問題になりまして、すでに議員提出の法律案としてはできておるのであります。昨年來一…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第12号(1949/04/26、24期)

私ちよつと遅れて來たので、あるいは前に話が出たかもしれませんが、厚生省設置法案が議題になつておりますか。第二番目は附則におきまして、旧來の規定で許可を受けたものは三年間は今度の新しい規定の適用を免れ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 商工委員会 第12号(1949/05/11、24期)

委員長の信任と不信任と両動議が出ておるのでありますが、これは前国会の予算委員会において、例の上林委員長がちようどきようの午前中の神田委員長代理と同じような行動をとらえた場合に、不信任の動議が出て、それ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 商工委員会 第17号(1949/05/17、24期)

これは主として大臣にお尋ねし、事務的なことで大臣におわかりにならなければ、繊維局長その他からお答え願つてもけつこうと思いますが、この繊維製品検査所というものは、絹織物の輸出入を主として検査されるのか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 商工委員会 第18号(1949/05/18、24期)

現下の情勢にかんがみ、わが国の基礎産業の資材を確保する意味におきまして、修正案を含む原案に賛成をするものであります。しかし先ほど共産党の川上君が言いましたように、吉田内閣の性格は、相当われわれも監視し…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 商工委員会 第19号(1949/05/19、24期)

私は新政治協議会を代表いたしまして、希望を付して本案に賛成をするものであります。中小企業者には今まで組織がなかつたのであります。労働者は労働組合をつくり、農業に携わる者は農業協同組合法ができまして、そ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第34号(1950/03/23、24期)

賛成。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第35号(1950/03/25、24期)

賛成。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第37号(1950/03/28、24期)

国協党は保留します。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第38号(1950/03/30、24期)

国協党も保留しておきます。日程は以上七つですが、緊急上程をお願いしなければならないと思います。それは委員会の審査を終了して参る予定のものが、内閣委員会の国家行政組織法の一部を改正する法律案、それと、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第43号(1950/04/08、24期)

倉石君に質問をしたいが、われわれも、問題がはつきりすれば共産党に遠慮してもらつてもよいと思いますが、政府の支拂いが遅れた場合には日歩を十銭ずつとるという法律をこの前の臨時国会でつくつた。それでこの三日…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第45号(1950/04/15、24期)

国民協同党は異議ありません。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 議院運営委員会 第55号(1950/05/02、24期)

最初の鉱害に関する決議案は神田博君外三十四名提出となつておりますが、これは通産委員会全員の共同提案でありますから、これで足らないものを補つて行かなければならないので、ぜひこれは上程を願います。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 通商産業委員会 第2号(1949/12/20、24期)

大体風早君と同じような意見なんですけれども、この問題が、きようここで突如として取上げられたのは、おそらく農林委員会で何度も討議し、その結果が農林大臣なり何かを通じて、閣議に持ち出されて、ああいう閣議決…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 通商産業委員会 第36号(1950/04/25、24期)

この重要な法案が、会期の切迫した折に突如として、政府提案でなしに議員提出として出されたところに、いろいろな含みがあるのでないかと思います。この法案が通過したときに、提案者の神田君なり、あるいは今委員長…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 通商産業委員会 第5号(1950/07/21、24期)

事務当局に事務的のことを一つお伺いして、それからあと首藤政務次官にお伺いしたいことが一つあります。現在日鉄管下にある溶鉱炉の数と、そのうち現在使つている溶鉱炉の数、つまり鋼材二百万トンを目標にしており…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 通商産業委員会 第12号(1950/09/27、24期)

政務次官は一人でやつておられたので、くたびれられただろうと思いますから少し遠慮して、繊維局長、それから物価庁から来ておられましたら承りたいと思います。まず繊維局長に承りたいのですが、昨年から本年の初…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 通商産業委員会 第13号(1950/09/28、24期)

先ほど神田議員の質問並びに大臣の答弁を聞いておりますと、再編成が遅れたことは、もつぱら政府の責任にあるように思うのであります。われわれ国会議員は、一日も早く政府が最後案をつくつてお出しになれば、いつで…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 通商産業委員会 第14号(1950/09/29、24期)

議事進行について……。先ほど通産大臣は何か電力の問題で党との打合せがあつて、もうじきに来るということだが、いまだに姿を見せない。大蔵大臣の出席を要求しておいたが、大蔵大臣は閣議で行けないという。それで…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1950/11/30、24期)

関連して……。首藤さんに簡単にお答え願えばいいのですが、政務調査会の参与あるいは政党の参与というものは、これは政党の役員だと思いますが、そうお考えになりますか。そうだとかそうでないとかだけで、あまりり…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 通商産業委員会 第3号(1951/01/30、24期)

公益事業委員会は非常な権限を持つたものであるそうでありますが、そうすると、ここで松本委員長あるいはまたこの委員を選定するのに参画された通産大臣両方にお願いしたいのでありますが、五人の委員でありますが、…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 通商産業委員会 第10号(1951/02/23、24期)

大体公益事業委員というものは、本来ならば、国会の承認を得て総理大臣が任命することになつておるのであります。今度は初めてであるからその手続を純なかつただけであつて、そういう性格のものであることを委員の方…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 通商産業委員会 第32号(1951/05/24、24期)

まず第一にお伺いしたいと思いますことは、本法案の施行によつて国家の負担はどれくらいになるかということなのでありますが、設備資金あるいは運転資金の総額を幾らくらいに押えておられるかという問題、あるいは販…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 通商産業委員会 第39号(1951/06/19、24期)

電気事業の再編成のねらいというものは、独禁法とか集排法にひつかかるというだけでなしに、責任態勢を確立して、豊富低廉な電力を供給するというのが、その自的であつたはずだと思います。しかるに新しい九つの会社…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1952/02/13、24期)

議事進行について……。今私たちは、これは参考として聞いておるだけであつて、委員長はかわりましたけれども、前の委員会としては申合せがあるはずであります。だから牧野さんの御説明になつたことに対して質問があ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1952/06/04、24期)

今の三浦さんのような解釈をするならば、こんな法律をつくる必要がなくなつてしまう。未成年者は選挙運動に携わることはできぬ、選挙運動とは、もちろんある程度先ほど言うメガホンなりマイクでやることも選挙運動な…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第5号(1952/06/05、24期)

長期間にわたつて改進党、自由党、社会党が中心となりまして、まとまつたところだけをまとめ上げたのがこの改正案であります。従つて反対をする理由は毛頭ありませんから、原案並びに鍛冶君の修正案に、改進党を代表…会議録へ(外部リンク)

第14回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1952/08/27、24期)

私は愛知県なんですが、愛知県というのはばかに仏教の盛んな所で、説教というのがしよつちゆうある。そこである候補者に好意を持つた坊主は、必ず説教の話の中に、何何さんはいい人だから頼むと言つてやるし、また候…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22