青木孝義衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  3回発言  12768文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  5回発言   3733文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  8回発言  21340文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  0回発言      0文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30) 16回発言  37841文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第11号(1949/04/04、24期)

終戰以來五星霜、苦難の道をたどつて参りました日本の経済も、最近に至りまして、ようやく生産も比較的順調な上昇を來し、インフレーションは緩慢化し、勤労者の実質賃金も漸次向上するに至りまして、ここに経済安定へのきざしを示し始めて参りましたのであります。その基礎は、いまたいわゆる竹馬経済たるを免れないのであ………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第12号(1949/04/05、24期)

ただいま徳田さんの御質問の中で、こういう点が御質問になつたところだと存じます。安定は復興の結果であるから経済復興を犠牲にして安定を求める政策は矛盾であると思うがどうか、この点だと思います。そこで私はお答えをいたします。生産の向上は確かに経済安定の根本であることは言うまでもございません。しかしながらイ………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第13号(1949/04/06、24期)

ただいまの勝間田議員の御質問にお答えをいたします。一時間に余る御質問でありましたがこれを三つ四つに要約して御答弁申し上げます。まず第一に、安定政策がはたして可能か、並びにこの系列的なさ再建政策がいかなる犠牲を受けるか、そういうところであつたと思います。第一は財政の均衡と通貨、物價の安定ということは、………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第4号(1949/10/31、24期)

ただいまの前田さんの御質問にお答えを申し上げます。御承知の通りに、ただいま労働大臣から説明されました数字はおおむね経済安定本部の示しております統計と一致をいたしております。従つて、この統計の数字等についての説明は申し上げる必要がないかと存じます。私どもは、御承知の通り経済安定本部として、生産の推進と………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第7号(1949/11/10、24期)

鈴木さんの御質問で、私のお答えすべき点だと思うところをお答え申し上げます。本年の四月経済安定施策を実施いたしまして以来、物価と賃金はともにおおむね横ばいでございます現状を見まして、政府としては、この際名目的な賃金ベースの改訂を避けて、減税や生活必需物資の充実によつて、実質賃金の増加をはかつて参りたい………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第8号(1949/11/11、24期)

ただいまの御質問中、私がお答えする点と考えまするのは、米価パリテイの指数は実情に即していないかどうか、こういう御質問であります。米価算定方法につきましては、御承知の通り生産費計算の方法もございます。しかしながら、わが国の農業経営はきわめて多種多様でありまして、農業労銀の見方であるとか、あるいは作況等………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第11号(1949/11/17、24期)

水谷さんの、安定恐慌による行詰りと有効需要の関係はどうかという御質問に対してお答えをいたします。御承知の通りに、経済安定計画を実施いたしまして半歳にわたつておりまするが、漸次安定の方向に向いつつありますることは、まことに御同慶にたえない次第であります。(拍手)なおこの実行にあたりまして、有効需要等の………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第12号(1949/11/18、24期)

先ほど私が席に着いておりませんときに、松本さんから公団の存廃についての‥‥会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第11号(1950/01/23、24期)

本日、第七国会の再開にあたりまして、日本経済に関する諸情勢と重要施策につき一言申し述べる機会を得ましたことは、私の欣快とするところであります。わが国経済の諸情勢が、昨年春の均衡予算の編成と、單一為替レートの設定を中心とする経済安定施策の実施によつて、急速に安定化の道をたどつて参りましたことは、まずも………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第13号(1950/01/26、24期)

ただいまの三木議員からの御質問に対してお答えを申し上げます。まず第一に、計画経済と自由経済との限界はどうか、こういう御質問であつたと思いますが、日本経済再建にあたりましては、必要な部門に投資して、生産基礎の拡大とか、あるいは雇用の増大をはかることが必要なことは、御説の通りであります。このために、どん………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第14号(1950/01/27、24期)

岡田議員にお答を申し上げます。私が貿易の振興ということについて申し上げましたことは、それは一…三月の貿易の収支勘定、そういう点で、あなたがおつしやいました数字の支拂い勘定において一億四千八百万ドル、それから受取勘定におて一億七千百万ドルということを申し上げたのでありまして、なお二十五年度におきます貿………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第15号(1950/01/28、24期)

佐竹議員にお答えを申し上げます。佐竹議員の御質問は、政府が経済安定を買つておるが、農民及び中小商工業者の犠牲において大産業とか大金融資本の安定をはかつておるのじやないかという御質問であつたよ思います。政府は、国民経済全体の定定、健全化を念願としで諸般の施策を進めてります。企業の規模であるとか産業の種………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第18号(1950/02/11、24期)

今澄議員の御質問に対しましてお答えを申し上げます。今日のわが国経済の実情を、恐慌であるという御意見のようでございますが、政府といたしましては、しばしば申し上げておりまるように、今日の段階では、インフレ経済が終息して、安定化が軌道に乗つておる、こういうふうに考えておる次第でごいます。そうして、このこと………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第40号(1950/04/22、24期)

ただいまの猪俣議員の御質問のうち、経済調査庁が昨年十一月ごろから調査したが、その結果はどうかということの御質問と存じます。御承知の通り、経済調査庁は行政監査を行いました。そこで、公団業務の全般的な、総合的な運営を適切にするという目的と、もう一つは公団の本来的な機能の発揮を助長促進するというような目的………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第8号(1949/12/22、24期)

ただいまの江崎委員の御質問に対してお答えを申し上げます。江崎議員は、最近ラウンドリー会社と日本の三井船舶、大阪商船、日本郵船、これらの会社が合弁会社をつくつて、日本の海運を独占するのではないか、そういう場合においては、現在の日本の船舶会社、また造船業、そういつたものは、このために大きな圧迫をこうむつ………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第9号(1949/12/23、24期)

統制物資の大幅整理につきまして、去る十九日、特に司令部からメモが参りまして、その結果、本日午後一時に、マツカーサー元帥並びに吉田総理大臣から、蔵話の形式で、統制物資の大幅整理について発表に相なつておりまするので、皆様御承知であろうと存じまするが、統制物資の整理状況について御報告申し上げたいと存じます………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第8回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
  第9回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言     30文字発言
 第10回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  0回発言      0文字発言
 第12回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第13回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言

  24期通算  32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32)  1回発言     30文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  0回発言      0文字発言

 図書館運営委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言     30文字発言

 内閣委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 経済安定委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 文部委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第9回国会 衆議院 図書館運営委員会 第2号(1950/12/02、24期)

巡回文庫というのは、どんなふうにして効果をあげるのか伺いたい。それでは昭和二十六年度の国会図書館予算につきましては、勧告書を付して議長のもとに送付することにして、勧告の文面につきましては、一応委員長…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書

質問主意書提出数

 24期(1949/01/23〜)  1本提出

質問主意書一覧

電源の帰属に関する質問主意書(共同提出)
第10回国会 衆議院 質問主意書 第65号(1951/02/20提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22