大村清一衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  2回発言   3152文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  4回発言   2933文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  1回発言    189文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  0回発言      0文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  7回発言   6274文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第33号(1949/05/19、24期)

ただいま議題となりました参政官設置法案につきまして、本委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず本案の要旨を御説明いたします。本案は、国会と内閣との緊密な連絡をはかりまして国政の円滑な運営を期するために参政官制度を設けようとするものであります。参政官は、国務大臣がその長と定められて………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第37号(1949/05/23、24期)

ただいま議題となりました法律案及び規程案について、その提案の理由を説明いたします。まず国会法の一部を改正する法律案について申し述べます。改正は三点でありまして、その一点は、先般本院を通過しました国家行政組織法の一部を改正する法律に基き新たに設置せられることになつた政務次官と、参政官設置法に基く参政官………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第1号(1949/10/25、24期)

ただいま議題となりました国会法の一部を改正する法律案の提案理由を説明いたします。第五回国会において国家行政組織法の一部を改正する法律及び各省設置法が成立いたしましたために国会法を改正しなければならないこととなつたので、議院運営委員長においては、閉会中四回にわたり愼重審議をいたしました結果、ここにこの………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第2号(1949/10/26、24期)

ただいま議題となりました衆議院規則中改正案につきまして提案の理由を説明いたします。本案は、国会法の改正に伴う常任委員会の規定の改正であります。すなわち、委員会の名称及びその数を改め、各省設置法の施行に伴い所管事項を若干整理いたしました。常任委員会の委員数につきましては、現在予算と図書館運営を除いた他………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第22号(1949/12/01、24期)

ただいま議題となりました人事官弾劾の訴追に関する法律案につきまして、提案の理由を御説明申し上げます。第三回国会におきまして、国家公務員法が改正せられまして、人事官の弾劾の訴追は国会が行うことに相なつたのであります。しかして、訴追については新たに法律を制定するの必要を生じまして、今期国会において、議院………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第23号(1949/12/02、24期)

ただいま議題となりました人事官弾劾訴迫手続規程案につきまして、提案の理由を御説明申し上げます。この規定案は、このたび成立いたしました人事官弾劾の訴迫に関する法律第六条の規定に基きまして、訴迫の手続に関する特別の規定を定めたものであります。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第43号(1950/04/27、24期)

衆議院法制局職員定員規程改正案につきまして御説明申し上げます。さきに人事院において法務局の級別定数が決定いたされましたので、それに基き予算定員の範囲内において衆議院法制局職員定員規程を改正して、現在の参事定員を二十四人に、主事定員を二十人に振りかえようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 53回出席(長 53 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  3回発言     78文字発言
  第6回国会 25回出席(長 25 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  3回発言    223文字発言
  第7回国会 64回出席(長 49 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  0回発言      0文字発言
  第8回国会  8回出席(長  3 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言     38文字発言
  第9回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言    337文字発言
 第10回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  0回発言      0文字発言
 第13回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 28)  2回発言   2104文字発言

  24期通算 194回出席(長130 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 64) 10回発言   2780文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
           130回出席(長130 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  7回発言    339文字発言

 外務委員会
            63回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 63)  3回発言   2441文字発言

 文部委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 議院運営委員会委員長(第5回国会)
 議院運営委員会委員長(第6回国会)
 議院運営委員会委員長(第7回国会)
 議院運営委員会委員長(第8回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験


※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 議院運営委員会 第17号(1949/04/09、24期)

それでは本件は皆さんの御意見によつて次回まで延ばすことにいたします。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 議院運営委員会 第23号(1949/04/21、24期)

ちよつと速記をとめて……。(「異議なし」と呼ぶ者あり)会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 議院運営委員会 第49号(1949/07/04、24期)

それではそのように決します。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 議院運営委員会 第16号(1949/11/24、24期)

それではこの両案はただいま事務総長から説明のありましたように、手続規定の方は修正いたし、法律案の方は原案通りということに決することに御異議ありませんか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 議院運営委員会 第20号(1949/11/28、24期)

それではそのように決します。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 議院運営委員会 第21号(1949/11/29、24期)

………会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 議院運営委員会 第2号(1950/07/13、24期)

それでは特に図書館運営委員会は、理事の数を一人とすることに御異議ありませんか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1950/11/25、24期)

この法律案には、特別の必要がある場合において制限をすることがあるということが載つておりますが、必要によつては拡張をする場合もあるような御説明がただいまあつたのであります。それはいかなる根拠に基いて権限…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1951/12/15、24期)

私ども一行五名の者、ただいま委員長よりお述べになりました者のほかに参議院の團外務委員がわれわれの一行に、参加せられたのであります。これら五名の者がアメリカ政府の招きによりまして、期間九十日の予定をもつ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第27号(1952/05/28、24期)

この際簡單に、最近の新聞の報ずることにつきましてお尋ねをしてみたいと思うのであります。クラーク司令官の言明によりますと、私が国連軍司令官就任後得た情報によると、ソ連は極東での軍事力を増強しているという…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22