佐竹晴記衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

23期本会議 - 24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  1回発言   3808文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  1回発言   5210文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  2回発言   6306文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  0回発言      0文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  4回発言  15324文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第18号(1949/04/16、24期)

発言者の数の制限を受けました関係で、私は農民新党並びに社会革新党を代表いたしまして討論いたします。私どもは審議中の予算案に対し反対の意を表する次第であります。(拍手) 今回の予算は均衡予算であり、健全財政の予算であると銘打つて出されたものであります。しかし、この予算は編成時における暫定的均衡予算であ………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第12号(1949/11/18、24期)

社会革新党を代表いたしまして若干の質疑をいたします。第一に、金融梗塞と消費物価の高騰による国民生活の不安に対する対策をお尋ねいたします、大蔵大臣は、その演説の冒頭において、政府は各般の施策の目標をすべてインフレの收束、経済安定の線に集中して来たのであるが、インフレもおおむね終息を見、わが国の経済はよ………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第15号(1950/01/28、24期)

社会革新党を代表して質疑いたします。第一に、講和会議と自衛権の関係を承りたいと存じます。政府は、講和会議の早からんことを願望いたしますとともに、世界平和を説いて、自衛のための戰争をも放棄する旨を明らかにせられて参りましたが、最近に至り、総理大臣は、自衛権の行使は放棄するものでない旨を宣言せられまして………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第10号(1949/12/24、24期)

私は、社会革新党を代表いたしまして、ただいま議題になつておる参議院の回付案については、議案の取扱いについて意見を有するものでありますが、これを省略し、結論において参議院の議決に賛意を表するものであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

23期委員会 - 24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  9回発言  28112文字発言
  第6回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  7)  3回発言  13136文字発言
  第7回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  2)  2回発言   5540文字発言
  第8回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   4717文字発言
  第9回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言     79文字発言
 第10回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言
 第11回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   1503文字発言
 第12回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  2回発言  17447文字発言
 第13回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  6回発言  45178文字発言

  24期通算  85回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員 76) 26回発言 115712文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員 45) 12回発言  63295文字発言

 選挙法改正に関する特別委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17) 11回発言  31861文字発言

 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言  17447文字発言

 内閣委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 選挙法改正に関する調査特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   3109文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 法務委員会理事(第6回国会)
 法務委員会理事(第7回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第3号(1949/05/13、24期)

その試案はどこでおつくりになりますか。委員長が主となつておつくりになりますか。それとも事務の者に命じて、どこか事務局みたいなようなものをおいておつくりになるのですか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第6号(1949/06/01、24期)

一、二、お尋ねしてみたいと思います。今馬場さんが非常に強調された接触という点は、まことに私も同感です。ところがそうなると、一局部の限られた小地域に非常に接触の多い人は当選をするが、そうでない、たとえば…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第8号(1949/07/20、24期)

覚書該当者に対する被選挙権の制限は欠格事由として基本法規中に取入れてはどうかという意見でありますが、その必要はないと考えます。これは別個の見地に立つべきで、必ずしも衆議院に限りません、すべての公職を通…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第9号(1949/07/21、24期)

監督問題は衆議院をして監督せしめることはけつこうだと思います。しかし選挙管理という事務そのものは私どもは性質上行政事務だと思う。立法機関がそういつたような行政事務を直接に扱うということになると、三権分…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第10号(1949/07/22、24期)

まず第三者運動でありますが、私は第三者の推薦状に一定の限度において許したがいいと思う。しかしむちやくちやに多数の第三者が無数の推薦状を出すことについては相当弊害があると存じますので、まず自筆程度のもの…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第11号(1949/07/23、24期)

無料はがきでありますが、これはこの間の特例によりまして、現在衆議院議員の場合においては出すことができないことになつております。これはもちろん先日も申し上げました通り、この間の特例は今回は撤廃すべきもの…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第12号(1949/10/17、24期)

この基本法という文字を用いますと、この以外にまた巨細ないろいろな規定を設けた挙法があることを予想される氣持がいたします。しかしただいままで練られておりまする案によりますれば、実に微に入り細にわたつて、…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第13号(1949/10/18、24期)

衆議院議員の選挙法の別表問題は、今留保するというお話でありましたが、委員長としてはいかがでございますか。この委員会において改正を企てられる腹なのでございますか、これをひとつ承つておきたいと思います。留…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第14号(1949/10/19、24期)

これは結局、小委員会でこういつてお話になりましたが、あいさつ行為という文字を用いておりますけれども、あいさつ行為のために戸別訪問をすることは許すのでございましよう。そういう趣旨でございますね。さらに…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第2号(1949/11/15、24期)

お尋ねしておきたいのでありますが、もし、かえるとしたら、どういう案があるか、事務当局もいろいろ練られたことと存じます。案をつくるについて、全国区制をかえるとするならば、どういう案がいいのかということは…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第3号(1949/11/21、24期)

社会革新党といたしましては、現行法通りということに決定いたしました。次にお諮りいたしたいことは、御承知のごとく第五国会の特別委員会において、その成案として議院に報告をいたしました公職選挙法案要網には…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1949/11/24、24期)

要旨でけつこうでございますが、いわゆる誤判事件の内容と、これに対する最高裁判所裁判官会議の経過並びに結果の内容を承りたいと存じます。それからさらに調査官は裁判官から命ぜられて、この問題に関する判例そ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1950/02/02、24期)

議論も大分盡きたようでありますから、多くを申し上げることはいたしませんが、百四十八條の規定は、憲法違反ではないかと私は考えます。但しその規定の仕方については、もう少し洗練された方法による表現はないもの…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1950/03/02、24期)

角田さんから、この委員会で審議するよりも、考査委員会でやるがよかろうというお説がありましたが、しかしこの委員会でやつて惡いということはちよつともないと存じます。ことに昨年十二月に決定いたしました範囲に…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 法務委員会 第12号(1950/09/20、24期)

最近日共幹部の捜査に関しまして最高会議をお開きになつて、早く逮捕しなければならぬということを協議なさつたと承りましたが、これは一体何の目的の会議であつたか、換言すれば逮捕状を出した手前、それが執行でき…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1950/12/06、24期)

刑事訴訟法施行法の一部を改正する法律案については、修正案の通り賛成いたします。次に再案について採決に入ります。まず裁判所法の一部を改正する法律案を採決に付します。本案を原案の通り決するに賛成の諸君の…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1950/12/08、24期)

両案に賛成いたします。この際政府当局から発言を求められております。これを許します。野木政府委員。会議録へ(外部リンク)

第11回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1951/09/21、24期)

関連してただ一点お尋ねいたしておきたいと思いますのは、先ほど梨木君の発言の中に、日本は占領中は主権がなくなつた。従つて占領中の諸法規は占領軍の意思によつてつくられたものであるから、日本の法律ではない。会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第8号(1951/10/24、24期)

社会民主党を代表いたしまして質疑いたします。第一に日本が自由主義国家陣営に参加せざるを得なかつた根本的事由について承りたいと存じます。総理大臣は、本会議の演説において、サンフランシスコ会議の状況を報じ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第9号(1951/10/25、24期)

社会民主党を代表いたしまして、次の三つの希望條項を付して両案に賛成いたします。(拍手)…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第33号(1952/04/15、24期)

本法案は、安全保障条約の範囲を逸脱する内容を有すると同時に、不平等、不合理にして日本国民としてとうてい認容することのできない条項を含んでおりますので賛成いたしがたい、よつて反対いたします。この際お諮…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第43号(1952/04/26、24期)

第一に、破壞活動防止法を提出いたします根拠について承りたいと思います。この点はすでに前の委員から論ぜられたのでありますけれども、満足をすることができませんので、さらにお尋ねをいたしておきたいと存じます…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第47号(1952/05/09、24期)

私はこの際刑政長官にただしておきたいのは、過般のメーデーにおける宮城外苑の騒擾事件と本法案との関係についてであります。承るところによれば、政府としても、與党としても、今回の騒擾事件にかんがみて本案を急…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第50号(1952/05/13、24期)

法務総裁にお尋ねをいたしまして留保になつておりまする二点について、この際お答えを願いたいと存じます。第一点点、治安確保のための法律は、ただにこの法案だけでは目的を達することができないものであるというこ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第51号(1952/05/15、24期)

私は社会民主党を代表いたしまして討論いたします。私は、地下日共を主軸といたします破壊活動に対しては、適当なる対策を講じなければならぬと考えますが、しかし本法律案は、それに対処するに効果的な法案とは見ら…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第73号(1952/07/29、24期)

平和條約十一條に基きますB、C級戰争受刑者に対する一般赦免の勧告に関する件について、質疑いたしたいと存じます。申すまでもなく、戦争は国と国との闘争であつて、これら受刑者は、決して個人としてかつてに戦…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22