松本七郎衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  2回発言   2364文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  1回発言   1904文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  0回発言      0文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  1回発言   2624文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  4回発言   6892文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第22号(1949/04/26、24期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、本決議案に賛成の意見を述べんとするものであります。(拍手)日本再建のために、文教政策、特に学制改革がいかに重要な意議を有するかは、いまさら申すまでもありません。しかるに本年度予算におきまして、教育費は大幅に削減され、中でも六・三制の新築費は文部省の要求額が全額削除………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第30号(1949/05/16、24期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となりました三案のうち教育職員免許法案及び教育職員免許法施行法案の二案について反対の意見を述べんとするものであります。民主主義のもとにおきましては、教員は物質的にも精神的にも安定した條件のもとに自由闊達な教育に専心できることが原則でなければなりません。………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第19号(1949/11/28、24期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、私立学校法案につき、強い要望を二、三付しまして賛成するものであります。(拍手)わが国における私学の重要性については、多く語る必要はございません。全国の私立学校数が六千四百以上、教員数が八万三千以上、学生、生徒、児童、園児等を含みまして百三十七万七千人以上に及びます………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第55号(1952/06/17、24期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題になつております義務教育費国庫負担法に関する小林信一君外七名提出の修正案に賛成し、若林君提出の修正案並びにその修正部分を除く原案に反対の意思を表明いたすものであります。(拍手)以下、ごく簡單にその理由を明らかにいたしてみたいと思います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 27 委員  1) 22回発言  31472文字発言
  第6回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  1) 13回発言  19394文字発言
  第7回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員  3) 15回発言  20590文字発言
  第8回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  2回発言   6324文字発言
  第9回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  1)  6回発言   7935文字発言
 第10回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員  0) 15回発言  24600文字発言
 第11回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  2回発言    934文字発言
 第12回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  0)  4回発言   2954文字発言
 第13回国会 33回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事 31 委員  0) 23回発言  44638文字発言

  24期通算 149回出席(長  2 代理理事 0 代理 0 理事140 委員  7)102回発言 158841文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文部委員会
           145回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事139 委員  6)101回発言 158703文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  1回発言    138文字発言

 農林委員会
             1回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 建設委員会
             1回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

 通商産業委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 農林委員会委員長(第13回国会)
 建設委員会委員長(第回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 文部委員会理事(第5回国会)
 運輸委員会理事(第6回国会)
 文部委員会理事(第6回国会)
 文部委員会理事(第7回国会)
 文部委員会理事(第8回国会)
 文部委員会理事(第9回国会)
 文部委員会理事(第10回国会)
 文部委員会理事(第11回国会)
 文部委員会理事(第12回国会)
 文部委員会理事(第13回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1949/03/24、24期)

六・三の制度が非常に危機にさらされておるということがうわさされておりまして、今国民は非常に憂慮をしておりますが、なお文部大臣のお話でも、委員会の方の御報告によつても、今後相当努力すれば見込みなきにしも…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1949/03/26、24期)

大学校試案の問題で、大臣にお伺いしておきたいと思います。これは第四国会ですでに前大臣のときに、経過については大体お話を伺つておるのですが、まだ確定した案というものが提出されておりませんから、この委員会…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第4号(1949/04/04、24期)

視察することには異議はございませんが、その時期等の問題で、現在非常に差迫つた重要な問題もほかにありますし、一應大臣の出席を求めて詳しく事情を聞いて、その上であらためて私の党としても視察の時期等を検討し…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1949/04/07、24期)

私も渡部君と同意見で、必ずしも秘密会にする必要はないと思いますけれども、秘密会にしなかつた場合には、それでは政務次官の方のお話で、これは秘密会でなければ話せないということになつたのでは、結局聞かれない…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第6号(1949/04/08、24期)

今の教職員組合に関する経費のこまかい数字については、委員長から委員会に詳細な資料を提出してもらうように、おとりはからい願いたいと思います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第7号(1949/04/12、24期)

最初の機構のことで御説明がありました中で、例の審議会令の問題ですが、昨年の委員会でも、委員長の報告にもありましたように、当時審議会を早く設置すべしという要望に対しては、できるだけ早くこれをやるという政…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第8号(1949/04/19、24期)

紹介議員がおられませんので、私がかわりまして六・三制完全実施のため全額国庫負担並びに教育予算増額の請願の趣旨を御説明申し上げます。六・三制完全実施のためにこれが経費を全額国庫負担とされるとともに、万…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第9号(1949/04/20、24期)

紹介議員にかわりまして、本請願の趣旨を申し上げます。本請願の要旨は、福井縣吉田郡西藤島村の史蹟燈明畿畷新田塚は、昭和三十三年六月の北陸震災のため堂宇は全壊し、碑石は倒壊いたしましたが、次いで起りまし…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第10号(1949/04/22、24期)

この請願者は福岡縣知事杉本勝次君外五名になつております。この要旨を簡單に申し上げますると、政府は從來の文化、美術の中央集中主義を改めまして、各地に国立博物館分館の建設を計画中であるということであります…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第11号(1949/04/25、24期)

昨年教育委員会法を審議いたしますときに、一番問題とされ、かつこの委員会の運営について憂慮されておつた点は、財政の裏づけということでありました。委員会法はなるほど理論上からいつても、こういうものをぜひ設…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第14号(1949/05/09、24期)

事務的に連絡がなかつたということでありますが、若林さんのお話のように、次官会議あるいは閣議にも出されたのであります。大臣として、これが阻止方について、どのような努力をされたか、伺いたいと思います。―…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1949/05/12、24期)

先般來問題となつておりました、大学校試案をめぐつて、いろいろな心配が各方面から起つておりますが、その当時この委員会でも、世間で心配しておりますように、大学校案は出さないけれども、いろいろの法律案で分か…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第18号(1949/05/14、24期)

私は社会党を代表いたしまして、ただいま提出されました修正案並びに修正箇所を除いた原案に賛成の意見を申し上げます。修正箇所は内容にはかわりございませんけれども、はなはだ意味が誤解しやすいような箇所を修…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第19号(1949/05/16、24期)

庄司委員にちよつとお伺いしたいのですか、これを除いたあと、この問題についてさらに大学設置委員会等で審議をしてその結論が出るまで、この国立学校設置法案の審議の結論を出すのを待てというお含みがあるのでしよ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第20号(1949/05/17、24期)

私は、ただいまの若林君の発言に関連して、重要な点で意見を申し上げたいと思います。それは、はつきりそのまま覚えておりませんが、あたかも政府のあやまちが、そのまま国会と密接に関係があり、国会にもそれが責任…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第22号(1949/05/19、24期)

この前例の教育委員会法との関係で教育長の推薦によりということを條件にすることは、教育委員会法の趣旨に反するのではないかという質問を申し上げたときに、大体その矛盾を認めておられたようですが、それと同じよ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第23号(1949/05/20、24期)

第三十條の第三項に、学識経験者の委員について、「第一項第三号に掲げる委員会には、市町村の長若しくはその補助機関たる職員」云々としてありますが、特に市町村の長をここに規定した理由は、どういうところにあり…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第24号(1949/05/21、24期)

紹介議員にかわりまして本請願の要旨を御説明申し上げます。わが国の国宝等貴重な文化財は、これに対する認識の欠除と僅少な国庫補助のため、荒廃の一途をたどりつつあることははなはだ遺憾である、ついては法隆寺金…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第25号(1949/05/22、24期)

御説明によりますと、この法案の発議が、文部委員会ほとんど全員というお話でございましたが、どなたか不賛成というか、発議に加わらなかつた方もおられるのでしようか。それから第二点は、無形の文化財につきまし…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第27号(1949/08/22、24期)

伊藤次官のお話では、見返り資金からの流用は非常にむずかしいということでしたが、今後予想される見返り貸金だけを今当てにされておるのか、それともほかに何か引出すべき財源を考えておられるのか伺いたいと思いま…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第28号(1949/08/23、24期)

ちよつと委員長――六・三制と限定するよりも、教育予算全般ということで御報告願つた方がよいと思います。まず六・三制予算に関連する請願の処理について概括的な報告を求めます。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第29号(1949/09/26、24期)

先般の理事会には、ちようど出席ができませんでしたが、われわれとしてはもちろんこれを科学的に調査をすることの必要は十分認めるのですが、そのほかに、やはり国宝的な重要なものは、いかに宗教的に尊いものであつ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1949/11/12、24期)

議事進行について……。本法案につきましては、なお愼重に審議をいたしたいと存じます。のみならず日本国有鉄道側としては、加賀山総裁その他の御出席を願つてお伺いしたいことがありますので、本日はこの程度で審議…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1949/11/11、24期)

私は大体商船大学の設置について、二点お伺いしたいと思つておつたのでありますが、あとから岡委員から海運技術学院の方について御質疑があることになつておりますので、私は一点だけにとどめます。実は神戸市に元…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 文部委員会 第4号(1949/11/15、24期)

私も、今若林委員の指摘された白線浪人について、少し伺つておきたいのであります。大体来年になりますと、一万二千人からの白線浪人ができるだろうと言われておりますが、ただいまの御答弁の中に、来年度旧制の募集…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1949/11/18、24期)

私は日本社会党を代表いたしまして、二、三の要望を付して国立学校設置法の一部を改正する等の法律案に賛成の意見を述べるものであります。新しく新制大学をつくつて行くということが、日本の基本的な文教政策の一…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 文部委員会 第6号(1949/11/19、24期)

学生代表の件は意見がまとまらないから、委員会に諮つて決定してもらいたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 文部委員会 第7号(1949/11/21、24期)

この前の委員会のときにも、ちよつと触れた点もありますが、教育委員会と教育長の関係で、教育委員会法が制定される当時に一番問題になりましたいわゆる助言と推薦のこと、これに関しては、教育委員会の力をできるだ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 文部委員会 第8号(1949/11/22、24期)

この四箇條の間にある十六條についてお聞きしたいと思います。この推薦人を、「六十人以上百人以下」こういうような規定を設けようとしておるのですが、大体候補者に対する推薦ということの趣旨から言えば、これは最…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 文部委員会 第9号(1949/11/24、24期)

先般の理事会でも問題になつたよううに、できればこの連絡協議会の意見をお聞きしたいわけですけれども、時間の都合でそういう意見が持つて来れないと言われれば、しかたがないと思います。それでこれは聞く方の側で…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 文部委員会 第11号(1949/11/26、24期)

私学の関係から長い間待望されておつた私学校が、ようやくできたわけでありますが、文部大臣の御説明にもありましたように、一年余りにわたつて、この法律案制定につつて、私学団体総連合会とも打合せをされておつた…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 文部委員会 第13号(1949/11/28、24期)

紹介議員がおられませんから私かわつてその要旨を申し上げます。本請願の要旨は、現下の育英制度は、著しく時代に即応していないために、資力の足りない家庭の秀才が、独立して勉強することができない状態にあるの…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 文部委員会 第14号(1949/11/29、24期)

多数の意見がまとまつておらないと申されますけれども、いやしくも決議案の趣旨弁明をやつておるので、それについての意見がまとまつておらない場合は、いろいろ質疑があれば質疑をして、その過程で初めて意見がまと…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 文部委員会 第15号(1949/12/01、24期)

この取扱いについては、委員長のお言葉ではもう十分検討したと言われておりますが、なるほどこの間の政府の改正案原案について、この箇所については質疑を終了しておりますが、建設委員会との連合審査会では、われわ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1949/12/02、24期)

昨日の委員会で、建設委員会の要望事項についてお話があり、なお審議することになつておつたのです。それから、先ほど御報告になつたように、地方行政委員会からも、口頭でそういう要望ががあつたということですから…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1950/02/07、24期)

質疑を一応留保しておいて一今日はこの程度で打切つていただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1950/02/09、24期)

前会の政府委員の御説明によりまして、その改正の趣旨はよくわかつたのでありますが、ただ問題になるのは、第十七条第二項の改正の点であります。御説明によりますと、ただ責任者の証明だけでは、学術会議の会員とし…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1950/02/17、24期)

先ほど教員の首切りの問題が議題になつておりましたが、これは私どもとしても、文部省が内容等を十分調査していただきたいということを要望しようと思つておつたところであります。ただ問題が、憲法上の問題に及ぶ可…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 文部委員会 第7号(1950/02/27、24期)

先ほど今野さんから最初にお話の出た問題について、私は委員長にお願いしておきたいのですが、前の前の委員会のときに、東京都などの例の教員首切りの問題が議題になつておりましたので、これは文部省だけに調査をま…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 文部委員会 第9号(1950/03/16、24期)

今の問題に関連してちよつと伺つておきたいのですが、地域給は従来大蔵省の給與局で扱つておつて、人事院に移る当時、特に教員の問題では、文部省といろいろ問題が起きたわけです。それで結局今劔木さんの言われるよ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 文部委員会 第11号(1950/03/20、24期)

教育委員会が発足しましてから、いつも問題になつておつた、委員会がほんとうに財政的な力というものを持たないために、いつまでたつても実力が持てない根本は、早く委員会が財政権を持つということを解決しなければ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 文部委員会 第12号(1950/03/24、24期)

先般の文部大臣並びに政府委員の御説明によりましても、この法案の内容を検討したところによりましても、今回の図書館法の精神というものが、社会教育という面から取上げられておることが、明らかになつておるのであ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 文部委員会 第14号(1950/03/30、24期)

本請願は、福岡市の九州大学の大学院におります中村正夫君外九十五名からのものであります。紹介議員がおりませんから、かわつて請願の要旨を申し上げます。九州大学の教職員組合連合会は、給與ベース改訂と越年資…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 文部委員会 第15号(1950/04/01、24期)

「第五十條に次の二項を加える。」というところに高等学校には、前項の外、養護教諭、云々を「置くことができる」ということになつております。小学校、中学校には、養護教諭を必ず置かなければならないことになつて…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1950/04/07、24期)

ただいまの問題に関連するのですが、二十條の「その他必要な援助を行うことができる」というように最初なつておつたのが、参議院で修正されまして、ただいまの原案のように「必要な援助を行う」と、ばつきり規定する…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 文部委員会 第17号(1950/04/13、24期)

本請願の要旨は、戰災によりまして、戰後の資金難がよいいよはなはだしくなり、私学経営者は、その財源難を授業料の値上げに求めましたが、学生はその父兄の生活の窮乏化に伴いまして、学生生活が一層窮乏し、アルバ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 文部委員会 第18号(1950/04/18、24期)

行政機構の改革の問題について、先般新聞紙上で見たのですが、あの報道によりますと、将来文部省と厚生省を一緒にして文化省というようなものをつくろうというような向きがあるやに聞いておるのであります。これはわ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 文部委員会 第20号(1950/04/24、24期)

紹介議員にかわりまして、私より説明いたします。本請願の要旨は、東京都立園芸高等学校八丈分校の敷地決定のため、かねて同島内の、大賀郷村と三根村の両村で紛争していたが、東京都教育委員会では、実地を調査し…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 文部委員会 第21号(1950/04/25、24期)

本請願は下関市長府町の神田高顯君外四百二十五名からなつております。紹介議員受田君にかわつて御説明申し上げます…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 文部委員会 第26号(1950/04/30、24期)

前回山本委員長から提案の理由の説明の際に、この案は衆参両院でもつて協議して、長い間検討を加えて、むしろ衆議院の意見を全部織り込んで出したのであるから、詳しい提案の理由の説明は恐縮だというようなお話があ…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1950/07/24、24期)

新しく大臣に就任されましたので、現在いろいろな問題が山積しておりますが、大臣の基本的な考え方を少しお伺いして、それから具体的なお話に入りたいと思います。ただいま笹森委員からも御指摘になりましたように…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1950/07/26、24期)

この問題につきましては、先般一般行政の質問のときにも、すでに触れましたから、ごく重点的に、簡單に大臣の御答弁をお願いしたいと思います。先般の一般質問のときにも大臣からお答えがございましたが、もう一度…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1950/11/28、24期)

ちよつと議事進行について……。実は地方行政委員会において、目下地方公務員法案が審議されております。これは教職員の関係もございますし、文部委員会でひとつ連合審査を要求していただきたい。そしてなるべく早い…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1950/11/30、24期)

ただいま御説明の補正予算の問題ですが、第一の昨年度の臨時年末手当の七億三千六百万円ですか、今の御説明だと、これを一応やめて、そして三十五億円の平衡交付金の中で処置するというようなお話でしたが、金額だと…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 文部委員会 第4号(1950/12/01、24期)

昨日、文部省の会計課長から説明があつたのですが、それについて文部予算の確保に非常に不安があるものですから、きようは幸い主計局長さんにおいでを願つておりますので、もう少しはつきり実情を伺つておきたいと思…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1950/12/05、24期)

この問題は、すでに昨年からわれわれこの委員会でも問題にしておりまして、なるべくすみやかに文部省の所管になつて、教育というものが文部省で一貫されるようにということを要望いたしておつたのですが、文部省とし…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 文部委員会 第6号(1950/12/06、24期)

この機会に岡野国務大臣に、ただいまの問題に関連してお伺いしておきたいと思います。先ほどから、補正予算の問題で、年末手当とか、給与改訂とかいうので、平衡交付金の問題をめぐつて、小林委員と大蔵省の政府委…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 文部委員会 第7号(1950/12/07、24期)

これは文部省が、国警予備隊の庁舎として接収されるときに、措置方その他の交渉か何かされたのですか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1951/02/08、24期)

社会教育法が制定されました当時に、予算の裏づけのない法律案というものは、実際にこの法律にのつとつて行う場合に、どこまでやれるか、現状でははなはだ疑わしいということを、各委員からも言われておつたのであり…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1951/02/10、24期)

この教育公務員特例法の一部を改正する法律案につきましては、せんだつての大臣の御説明に対して、少し大臣に伺つておきたいと思うことがございますが、これはまたの機会に讓つて、局長も見えておられますから、少し…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1951/03/02、24期)

この趣旨には非常に賛成で、委員長以下専門員の方々が、この案をつくるまでにこぎつけられたことに非常に感謝するのですが、非常に重要な法律になろうとしておりますし、相当な予算を伴うことになりますので、これを…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第13号(1951/03/20、24期)

先般若林委員から、政教分離についての御質問があつたのでありますが、そのときに、政府委員の答弁で、政教分離ということは、宗教団体との分離であるというような御答弁があつたのであります。どうも納得ができない…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第14号(1951/03/22、24期)

前国会で商船学校が文部省の管轄に移つたわけですが、あの当時、文部省がやつても、商船学校を従来より以上に不利な立場に置くようなことは絶対にないという確約ができていたわけです。その後聞くところによりますと…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1951/03/24、24期)

私は社会党を代表いたしまして、本法案に希望意見を申し述べまして賛成いたすものであります。現段階におきまして、提案になりました法律が必要であるということは、われわれも十分認めるのでございます。ただ、委…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第17号(1951/03/26、24期)

私は三、四点について、原案を作成された政府の見解を伺つておきたいと思います。第一は、今まで臨時免許状を持つて三年間勤務して、三十単位を履修した者には、上級の仮免許状が与えられるということが、別表四に…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第18号(1951/03/27、24期)

本案が提出されました最初のときに、すでに質問いたしたのですが、そのときの政府の答弁で、はなはだ心もとない答弁がございましたので、その点もう一度確かめておきたいと思います。それは二十一條の二の職階制の問…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第19号(1951/03/28、24期)

昨日職階制について、再びお伺いしたのですが、あのときの御答弁によつて、大学については、特に職階制自身あまり困難がないようなお話で、そのときに教授、助教授、講師というような職務内容の相違に基いてやること…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第21号(1951/03/30、24期)

上原委員長に少し具体的にお伺いしたいのですが、現行法の理想的な面が、今回の改正案によつて相当ゆがめられて、学問研究の自由というものに相当大きな影響を与えるという御心配のようでございましたが、しからばこ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第22号(1951/03/31、24期)

議事進行について昨日免許法のことで、自由党の岡さんから、参議院がいつまでも握つておつてけしからぬというお話があつた。参議院の運営については、いろいろ私ども意見はございますが、衆議院の方も、そうやつて主…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第25号(1951/05/16、24期)

国立大学並びに公立大学管理法案については、相当長期の懸案で、やつとこういう形で出て来たことは、非常に喜ばしいと思います。これについてこの案ができて来るまでの経過を、まず最初にお伺いしたいと思います。わ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第26号(1951/05/18、24期)

この法律案は、岡さんの言われるように、両院協議会に持ち込まなければならぬような状態にあるのですが、それだけに、われわれとしてもいろいろな権威のある機関の意見を聞くことが必要ではなかろうかと思う。ただ国…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第27号(1951/05/23、24期)

それではつきりしたんですが、そうなると「維持運営に要する」と、ここに限定したことがおかしいということになる。この「維持運営」に限つておいて、将来安定したら一般の寄付行為にまかすということならば、この「…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 文部委員会 第28号(1951/05/28、24期)

この機会に大臣に明らかにしていただきたいと思いますことは、この前のリッジウエイ最高司令官の声明によつて、今後占領政策というものが、ある程度緩和と申しますか、変更するについて、日本政府に相当の自主権が與…会議録へ(外部リンク)

第11回国会 衆議院 文部委員会 第4号(1951/09/11、24期)

関西にもう一つ商船大学を設置する必要があるというような点については、だれも異論がないと思います。大臣も趣旨には賛成だと言つておられますが、問題はその大学にふさわしいだけの設備をして、これを充実して行く…会議録へ(外部リンク)

第11回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1951/09/12、24期)

この問題は、ただに給食の問題ばかりではなしに、給食問題あるいは教育一般の問題が必要であるということはいつもみな強調される。ところが実際に予算面になると、いつも最初に削られるのが文部関係の予算である。こ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1951/11/01、24期)

私、質問ではありませんが、休職について資料をお願いしたいと思います。それは給食か始まつて以来の予算の経過と給食について、いろいろな要求があるのです。給食によつてどれくらい体位が向上したかということ、こ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1951/11/15、24期)

文部当局にちよつと伺つておきたいのです。文部当局の御説明では、何か職域の建前は現行通りとして、学歴を加味することによつて両方が満足するようなものにしたい、このように私は理解したのでありますが、そう了解…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 文部委員会 第6号(1951/11/20、24期)

せんだつて全高教の方の公述を伺つたときに、新しい教育制度ができてから、何か高等学校というものが、行政機構の中でも、それから給与の面でも、一般に軽視される傾向が強い、これを何とかして是正したいということ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 文部委員会 第7号(1951/11/21、24期)

私は提案者の一人といたしまして、この法律が通過したと仮定して、実施面を担当される文部省当局に少し伺つておきたいと思います。私どもは今後こういつた法律によつて、博物館の十分な活用ということを期待しておる…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1951/12/27、24期)

文部大臣が、これらの必要性を痛感されておるということは、むしろ当然なことであるのですが、こういう大切な予算が、こうやつて大蔵省によつて査定されて削られる原因は、一体どういうところにあるかということを、…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1952/01/26、24期)

いずれまた後ほど一般行政、文部行政と関連して大臣の出席を求めていただいて、すみやかにやつていただきたいと思いますが、ただ一点だけ、先ほど寺中さんの答弁で、ちよつとお伺いしておきたいことは、それは義務教…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第4号(1952/02/07、24期)

先ほど圓谷さんから言われた中に、重大な問題を含んでおるように思つたので、ちよつと大臣にお伺いしておきたいと思います。私どもこの問題については、せつかく地元の負担も県会並びに市会で決議しておられますし、…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1952/02/13、24期)

私はただいま若林委員が問題にせられました漢文に関連した質問もございますが、その前に一、二文部大臣の御意見を伺つておきたいと思います。第一は、先ほど小林委員から御指摘になりました教育委員会の問題でござ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第9号(1952/03/12、24期)

先ほど政府委員の御答弁の中に、私学の教職員の共済事業を振興会一本でやりたい希望を持つておつたけれども、予算の獲得上これを切り離したという御答弁でありましたが、この問題は私ども文部関係の予算審議のときに…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第10号(1952/03/14、24期)

一昨日も問題を提起したのでございますが、私学の教職員の共済事業を、二本建にして、財団法人私学振興会というものができて、資料を御提出願つたわけでございまするが、これの現状、それからそれの特に健康保険など…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第11号(1952/03/19、24期)

ただいまの附則二項の問題もお尋ねしたいのですが、せつかく大臣がおられますから、ちよつと関連したものから、先に質問したいと思います。それは大学の自治に関連することですが、昨年の九月でしたか、熊本大学の工…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第12号(1952/03/20、24期)

教科用図書の給与について、従来国が半額持つておつたのを、今回は国が全責任を持つということは、たいへんけつこうなことだと思いますが、さらにこれからは新入児童ばかりでなしに、ずつと全学年に及ぼすように、無…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第13号(1952/03/26、24期)

私は日本社会党を代表いたしまして、本案に賛成するものであります。ただ今回のこの法案によりますと、第一学年に入学する自動児童に対するのみになつておりますので、なるべくすみやかに義務教育全学年に無償配付…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第17号(1952/04/11、24期)

ちよつと関連して伺いますが、文部大臣の御答弁によりますと、個々の施收がいつ返るかを、なるべく早く知らせてもらうように、どうしてもやつていただかなければならぬことなんです。先ほど若林さんの提案にもありま…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第18号(1952/04/18、24期)

関連して……。ただいまの大臣の答弁によりますと、岡崎国務大臣と御協議なさつておるというのですが、これはやはり予備作業班といいますか、そういうところで、何らかアメリカ軍側と折衝しなければ、片づけられない…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第21号(1952/05/09、24期)

昨日、主として大学の学生運動についての大臣の誤答弁中に、学長との協議なり懇談をさ、れあるいは中央の審議会でもつて、今度検討されるというお話があつたのでありますが、これは結局、大学自体が最後的な決定をす…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第22号(1952/05/14、24期)

関連して……。今の問題は、きわめて近いうちにと言われるのですが、何か理事会を開いてやられる御意思はおありですか。それからもう一つ、この中央集権化という事柄に関しましては、われわれはその意図でないとい…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第23号(1952/05/16、24期)

私も簡単に一点だけ岡野国務大臣に伺つておきます。今の問題に関連する問題であります。先ほど岡野国務大臣は、非常に強い信念を持つていると言われた。これは当然のことだ。それに反対の意見を持つている人も、やは…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第25号(1952/05/23、24期)

この法律案は、提出までの経過その他から考えまして、非常に重要な法律案であるし、当然連合審査会でやらなければならぬと思います。それだけに、提出はずつと前になつておりますし、必要があれば、もつと早く向うか…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第27号(1952/06/04、24期)

時間がありませんから、簡單に申し上げたいと思います。われわれは最初から、地方自治という建前と、憲法で保障している義務教育の費用を、どこがどのくらい実際に補償するかという問題は、必ずこれを早く調整して解…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第28号(1952/06/06、24期)

岡さんに関連して……。今の岡さんの発言は、図書館法をやつておるからと言われますが、これはやつぱり運営の問題で、小林さんは発言されているわけです。なお、今後の処置をどうするかというお尋ねでございますが…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第29号(1952/06/09、24期)

ごく簡單に、委員長から一つだけと言われましたが、一つつけ加えて、二つほどお伺いいたします。最近、新潟大学の新発田分校を廃止して、警察予備隊に接収されるというような問題が起つて、新潟から陳情が来ておる…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第30号(1952/06/11、24期)

ただいま小林委員の質問に対する大臣の御答弁があつたが、もう少し質問してみたいと思います。大臣はお急ぎのようですから、私も重点的に集約して、なるべく早く切り上げたいと思います。大臣は、この法律案のすみ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第31号(1952/06/12、24期)

議事進行について……。法案でも出ている場合に参考人の意見を徴するというのであれば、参考人としての意見もすぐ述べられるわけですが、漠然とオリンピック選手派遣に関する意見といつても、参考人の方で困られます…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第32号(1952/06/13、24期)

前会、文部大臣の御答弁によりますと、将来教育行政、特に教育委員会制度をどうするかということを根本的に考えなければならぬ、従つて、審議会その他で十分研究する必要がある、まだ結論が出ないので、この設置を延…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第33号(1952/06/14、24期)

前回並びに前々回に、文部大臣並びに政府委員から、これからの教育委員会はどういうふうにあるべきかということについて、今後十分研究したいという御答弁があつたのでありますが、その研究の進行状態に、われわれ非…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第34号(1952/06/16、24期)

竹尾委員長の不信任につきまして、その趣旨を弁明いたしたいと思います。実は、教育委員会法案が、内閣提出で参議院に最初提出されました。その中には、五月十日で期日の切れる項目を含んでおつたわけでございます…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22