大石武一衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  1回発言   1204文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  1回発言   2767文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  1回発言   2026文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  1回発言    954文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  1回発言   3172文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  1回発言   1376文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  3回発言   5453文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  9回発言  16952文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第23号(1949/04/28、24期)

私は、民主自由党を代表して、ただいま上程せられました健康保險法の一部を改正する法律案に賛意を表するものであります。わが国勤労者の医療保護機関は健康保險法にその基礎を置いているのであります。勤労者並びにその家族は、この健康保險の存在によつて安心して業務に從事し、完全なる病気の予防診療を受くることができ………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第21号(1949/11/30、24期)

ただいま議題となりました身体障害者福祉法案について、厚生委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。新しい憲法のもと、生活保護法、児童福祉法、諸種の社会保険立法により、すべて国民は健康にして文化的な最低限度の生活を享受することを保障されることとなつたのであります。しかしながら、さんたんた………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第40号(1950/04/22、24期)

私は、自由党を代表いたしまして、ただいま上程せられました生活保護法案に対しまして賛成の趣旨を述べるもりであります。現在わが日本国内における最も需要なる政治の一つとして社心保障制度があげられております。終戰以来破綻に瀕しましたわが国の経済は、国民各位の熱烈なる努力によりまして、ようやくその立ち直りを見………会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 本会議 第10号(1950/07/29、24期)

ただいま議題となりました歯科医師国家試験予備試験の受験資格の特例に関する法律案並びに医師国家試験予備試験の受験資格の特例に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、厚生委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。現在の日本におきましては、医師が医業を行います場合には、しかるべき学校を………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第11号(1950/12/07、24期)

ただいま上程せられております健康保險法の一部を改正する法律案は、ただいま委員長が報告されました通り、政府管掌の国民健康保險の保險料率を千分の五十五より六十まで引上げるというのがその骨子でございまして、私は自由党を代表いたしまして、本法案に賛成の意見を述べるものであります。終戰後のわが国民の生活の混乱………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 本会議 第11号(1951/11/01、24期)

ただいま議題となりました、診療所における同一患者の収容時間の制限に関する医療法の特例に関する法律案並びに保健婦助産婦看護婦法等の一部を改正する法律案につきまして、厚生委員会における審査の経過並びに結果について申し上げます。まず診療所における同一患者の収容時間の制限に関する医療法の特例に関する法律案に………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第22号(1952/03/20、24期)

ただいま議題となりました船員保險法の一部を改正する法律案について、厚生委員会における審議の経過並びに結果の大要を御報告申し上げます。本法案提出の理由である改正の主眼とするところは、最近の船員保險運営の実績に徴して、船員保險制度の合理化並びに船員保險財政の健全化をはからんとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第29号(1952/04/03、24期)

ただいま議題となりました戰傷病者戰没渚遺族等援護法案について、厚生委員会における審議の経過並びに結果の大要を御報告申し上げます。最高の愛国心を発揮して国に殉じた戰没者の遺族及び戦傷病者等に対しましては、戰いの勝敗を問わず、手厚き処遇をいたすのが、国家として当然の責務であります、しかるに、今次大戰の敗………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第48号(1952/05/31、24期)

ただいま議題となりました外国軍用艦船等に関する検疫法特例案について、厚生委員会における審議の経過並びに結果の大要を御報告申し上げます。外国から来航する軍用艦船並びに軍用航空機の検疫は、終戰時までは海航検疫法附則第十三條及び航空検疫規則第二十二條の規定によりそれぞれ実施されて来たのでありますが、終戰後………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 59回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員 39)  8回発言   5948文字発言
  第6回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  8)  4回発言   6236文字発言
  第7回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員  0)  9回発言   9635文字発言
  第8回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  1)  1回発言   1003文字発言
  第9回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  0)  3回発言   6957文字発言
 第10回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  6)  1回発言    897文字発言
 第11回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    739文字発言
 第12回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  2回発言   4256文字発言
 第13回国会 34回出席(長 34 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

  24期通算 170回出席(長 34 代理理事 0 代理 0 理事 72 委員 64) 29回発言  35671文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 厚生委員会
           123回出席(長 34 代理理事 0 代理 0 理事 72 委員 17) 26回発言  35377文字発言

 議院運営委員会
            45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 45)  3回発言    294文字発言

 文部委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 考査特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 厚生委員会委員長(第13回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 厚生委員会理事(第5回国会)
 厚生委員会理事(第6回国会)
 厚生委員会理事(第7回国会)
 厚生委員会理事(第8回国会)
 厚生委員会理事(第9回国会)
 厚生委員会理事(第10回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 議院運営委員会 第18号(1949/04/12、24期)

ちよつと事務総長に伺います。国会から死亡者に対しては歳費一年分が出ますが、これには税金がかかるのですか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 議院運営委員会 第19号(1949/04/14、24期)

今の神山君のお話ですが、われわれは帝国議会時代の前例によつて、この懲罰を行おうというのでない。われわれはおととい行われた事態そのものを今判断してやろうというのであつて、事務総長が言つたことは、ただ社会…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 議院運営委員会 第23号(1949/04/21、24期)

先ほど議長からいろいろな御注意御希望がありまして、まことに同感にたえないのであります。われわれはこの際議会の神聖を保持するために、各党においてできるだけ無責任な低級な発言をしないように、自粛自戒する申…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第7号(1949/04/12、24期)

一つだけお伺いいたしますが、昨年度の国立病院の医療費の收入はどのくらいありましたでしようか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第11号(1949/04/21、24期)

もしほかに御質問なさる方がございませんでしたら、ここでわれわれ厚生委員会の態度方針を決定いたしまして、このことを大蔵委員会に申出ていただきたいと思います。その申出の事項についてでありますが、私は次のこ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第14号(1949/04/28、24期)

私は民主自由党を代表いたしまして、ただいま上程せられました本法案に賛意を表するものであります。わが国の勤労者、一般大衆の医療機関は、健康保險にその基礎を有することはどなたも御存じの通りであります。勤労…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第21号(1949/05/18、24期)

大体私の聞きたいと思うことは、床次委員によつて質問されたのでありますが、二、三付随して御質問いたしたいと思います。法務廳の政府委員の方に対してでありますが、この改正法案の第十三條第二号についてでありま…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第25号(1949/05/25、24期)

ただいま姫井参議院議員の申されましたことはまことにごもつともでございまして、われわれといたしましてもでき得る限りその趣旨に沿いたいと存ずるのであります。ただただいまの全体としての御趣旨には賛成でありま…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 厚生委員会 第7号(1949/11/24、24期)

私は、この法律が議題提出として提出し、審査をする方法として、二つの場合を考えるのであります。一つはどちらかの議院の議員が提出しまして、一方の議院の議員提出のものだけを審査して行くことであり、今一つの方…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 厚生委員会 第8号(1949/11/25、24期)

ただいま議題となりました身体障害者福祉法案につきまして、提案の理由を説明いたします。新しい憲法のもと、生活保護法、児童福祉法、諸種の社会保險立法等により、すべて国民は健康にして文化的な最低限度の生活…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 厚生委員会 第9号(1949/11/28、24期)

時間的な余裕がないようですから、私が要旨を朗読いたします。本請願の趣旨は、社会事業は終戰後着々整備されてきたが、なお、緊要な問題が山積している。ついては、社会事業基本法の制定、国立研究所の設置、さらに…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 厚生委員会 第11号(1949/12/01、24期)

現在医師になるためには、医師の国家試験というものがございまして、この国家試験を通過しなければ医師になることができないのであります。ところがその国家試験を受けるためには、第二国会で通過しました医師法では…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 厚生委員会 第5号(1950/02/15、24期)

私も提案者の一人でありますが、今提案理由の説明にもあります通り、このたびの提案は将来専門医制度確立ということの一つの橋渡しであつて、これがそれを促進する一つのよすがともなるであろうという理由のもとに提…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 厚生委員会 第11号(1950/03/09、24期)

私はこの厚生委員会に、医療制度に関する小委員会というものを設置したいと考えております。現在わが国の医療制度というものは、必ずしも満足すべきものではなく、むしろ非常な欠陥が近ごろ趨勢に伴つて露呈されてい…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 厚生委員会 第12号(1950/03/13、24期)

先ほど丸山委員が言われた大麻栽培に関する件につきまして、補足的に希望を申し述べたいと思うのであります。先ほどの御答弁では、日本に栽培を許可されている大麻は五千町歩であるが、その生産はそれよりはるかに…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 厚生委員会 第13号(1950/03/14、24期)

徳安課長にお尋ねいたしたいと思います。麻は国内においては相当の需要があると思うのでありますが、わずか四千何百町歩かの栽培面積において、その生産された麻が大社にストックされておるというお話でありますが、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 厚生委員会 第23号(1950/04/07、24期)

ただいまの苅田委員の質問に関連して私もその問題についてもう少しお尋ねしたいと思うのであります。精神病者の鑑定ということは非常にむずかしいことだろうと思いますわれわれがよく昔読んだトリンドベルヒのもので…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 厚生委員会 第28号(1950/04/18、24期)

ただいま紹介されました請願は、御承知のように結核の治療においては、栄養を十分よくするということが根本的な治療の基礎であります。しかるに現在国立療養所に收容されております患者の大部分は、経済的にゆたかな…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 厚生委員会 第29号(1950/04/19、24期)

私は自由党を代表いたじまして、医療法の一部を改正する法律案に対しまして、賛意を表するものであります。昔よりわが国においては医は仁術と申しまして、これがわが国医療の基本方針となつておると思うのであります…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 厚生委員会 第31号(1950/04/25、24期)

ただいま議題となりました、クリーニング業法案に関する件につきまして立案についての御説明をいたします。従来クリーニング業に対しましては、特にその取締り指事を行うべき法令もなく、いわば自由に放任されてい…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 厚生委員会 第34号(1950/04/29、24期)

ただいま議題となりましたクリーニング業法案につきまして、提案の理由を御説明いたします。従来クリーニング業に対しましては、特にその取締り、指導を行うべき法令もなく、いわば自由に放任されていたのでありま…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 厚生委員会 第7号(1950/07/29、24期)

医師国家試験予備試験の受験資格の特例に関する法律の一部を改正する法律案及び歯科医師国家試験予備試験の受験資格の特例に関する法律案につきまして、その提案の理由を御説明申し上げます。終戰という破天荒の事…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 厚生委員会 第1号(1950/11/27、24期)

ただいま松谷委員のお話でございますが、私は衆議院の厚生委員会としての立場からこれに反対いたしたいと思うのでございます。と申しますのは、今厚生省で看護婦制度審議会というものがありまして、そこでいろいろ審…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 厚生委員会 第5号(1950/12/05、24期)

ただいま金子委員より、いろいろと御見解を申し述べられたのであります。これに対してわが党の意見というものを申し上げたいところでございますが、それは討論になりますので、いずれ討論が行われるとき、われわれの…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 厚生委員会 第6号(1950/12/06、24期)

ただいま提案せられております健康保險法の一部を改正する法律案は、政府管掌の健康保險法において、その保險料率の千分の五十五であるものを千分の六十に、千分の五だけを引上げようというのが骨子でございまして、…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 厚生委員会 第35号(1951/06/02、24期)

政府にちよつとお尋ねいたします。この外地から引揚げました気の毒な医師あるいは歯科医師に対して、このようないい法案をつくつてあげるということはまことにけつこうなことでありまして、私も心から賛成して提案者…会議録へ(外部リンク)

第11回国会 衆議院 厚生委員会 第1号(1951/08/18、24期)

生活保護法とかいつた公的扶助の方は今年は補正予算を出さなくて間に合いそうですか。それからこれとは関係ありませんが、このごろ国民プールに貸すとか貸さぬとか言つておるのですが、あれは厚生省としては、一体…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 厚生委員会 第2号(1951/10/22、24期)

ただいま橋本厚生大臣のいろいろなお話がありましたが、多少不審に感ずるところが二、三ありますので、この点をはつきりしたいと思うのであります。第一番に、BCGの問題であります。BCGがきくか、きかないか…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 厚生委員会 第5号(1951/10/31、24期)

ただいま議題になりました診療所における同一患者の収容時間の制限に関する医療法の特例に関する法律案につきまして、その提案理由を御説明いたします。今から三年前の第二回国会におきまして、画期的な医療法が国…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22