国会議員白書トップ衆議院議員林好次>24期国会活動まとめ

林好次衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

24期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  0回発言      0文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  1回発言   1133文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  1回発言   1224文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  1回発言   3567文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  0回発言      0文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  3回発言   5924文字発言

本会議発言一覧

第6回国会 衆議院 本会議 第19号(1949/11/28、24期)

私は、民主野党派を代表いたしまして、ただいま提案になつております本漁業法案並びに同施工法案に対しまして、希望意見を付して賛成の意を表するものであります。(拍手)思うに本法案は、前第五回特別国会に提出されて以来、その事柄の重要性と会期の関係にかんがみまして、継続審議を前提といたしまして、今日に至るまで………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第35号(1950/04/08、24期)

私は、ただいま提提案になつておりまする漁港法案に対しまして、民主党を代表いたしまして、條件付で、ごく簡單に賛成の意思を表したいと存ずるものであります。昭和二十五年度において輸入食糧は三百七十万トンを予定されているわが国の食糧事情を考えますとき、いかにして国内生産を増強して自給度を高めるかということは………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第17号(1951/03/01、24期)

私は、国民民主党を代表いたしまして、最近ひんぴんとして起りつつありますところの、東支那海における中国共産党政権による漁船の不法拿捕に対し、政府はいかなる対策を講ぜんとするかにつきまして緊急質問をなざんとするものであります。(拍手)顧みまするに、世界の三大漁場の一つでありました北太平洋の漁場を失つたば………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

24期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 26 委員 10)  4回発言   2228文字発言
  第6回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員  1)  5回発言   2513文字発言
  第7回国会 41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 41 委員  0) 15回発言   9041文字発言
  第8回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  2)  2回発言   1266文字発言
  第9回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  0)  3回発言   3135文字発言
 第10回国会 33回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 33 委員  0)  7回発言   6258文字発言
 第11回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   1144文字発言
 第12回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員  0)  1回発言    605文字発言
 第13回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 37 委員  1) 11回発言  10691文字発言
 第14回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  24期通算 209回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事195 委員 14) 49回発言  36881文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 水産委員会
           202回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事195 委員  7) 49回発言  36881文字発言

 災害地特別委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 水産委員会理事(第5回国会)
 水産委員会理事(第6回国会)
 水産委員会理事(第7回国会)
 水産委員会理事(第8回国会)
 水産委員会理事(第9回国会)
 水産委員会理事(第10回国会)
 水産委員会理事(第11回国会)
 水産委員会理事(第12回国会)
 水産委員会理事(第13回国会)
 水産委員会理事(第14回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1949/03/19、24期)

理事は、その数を七名とし、委員長において御指名せられんことを望みます。玉置 信一君    小高 熹郎君会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1949/04/06、24期)

現在の冷凍魚の檢査の関係でありますが、現在のような檢査のやり方であるならば、むしろ撤廃した方がいいんではなかろうかと私は考えているわけであります。現在大体十貫に九円くらいの檢査料を拂つていると思います…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1949/04/09、24期)

卿化事業の問題でちよつと付随しておりますから……。ただいま鮭鱒の艀化事業の問題で御質問がございましたわけでありますが、御承知のように北千島あるいは南千島の漁場を喪失いたしまして、鮭鱒の大生産地はなくな…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1949/05/20、24期)

落石漁港の浚渫の問題でございますが、落石漁港は御承知のように天然的に典型の漁港の形態をなしておるのでありますが、一朝南東の風が吹きますと、船のかかり場がないのであります。從いまして、地元を根拠としての…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1949/10/27、24期)

理事はその数を十名とし、委員長において御指名あらんことを望みます。それでは理事の十名の指名をいたします。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1949/11/15、24期)

ちよつと関連して―私は日本の水産貿易に対しまする現況と、それから将来の見通しについて、全面的にお伺いをいたしたいと存ずるものであります。すなわちどういう品物が、どういう方面に、どの程度の数量が輸出され…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1949/11/17、24期)

瀬戸内海の問題は、大体私ども二回調査に参りまして、あらゆる角度から研究をいたしておるものでありますが、この問題をこの席上でいくら議論をいたしましても盡きませんので、いずれ調査に参りました委員の方方を適…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1949/11/28、24期)

私はただいま提案になつております本漁業法案並びに同施行法案に対しまして、希望條件を付しまして賛成の意を表するものであります。思うに本法案は全国会に提出されてから、その事柄の重要性と会期の関係にかんが…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第17号(1949/11/29、24期)

私は先般国会の休会中並びに開会中に、瀬戸内海方面の調査に参つたわけでありますが、その瀬戸内海の調査をいたしました結果の紀伊水道、及び有明海に参りました班長の報告があるわけであります。その報告の際に一、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1949/12/20、24期)

緊急動議を提出いたします。各小委員及び小委員長の選任につきましては、委員長におかれまして指名せられんことを望みます。一、水産金融並びに漁業災害補償に関する小委員として会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1950/01/26、24期)

本法案につきましては私は田口委員とまつたく意見を同じうするものでございますが、この内容を検討いたしますと、きわめて消極的でありまして、積極的の面がさらに織り込まれていないということであります。すなわち…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1950/01/27、24期)

第一の問題で伺いたいと思いますが、これは井之口委員と私とは根本的な考え方が違つておるのでありまして、小さな法人で漁業を営み、また水産加工業を営んでおりますものは、協同組合に加入いたしまする場合に、准会…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1950/02/24、24期)

ちよつと松田委員にお伺いしたいですが、先般の小委員会のときのお話は、大体マニラ製品の一億六千万円の補給金が残つているのを、それを綿糸の方に振り向ける。それが大体十一万何千玉でありまして、さらに四百三十…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第17号(1950/03/04、24期)

この四の問題ですが、水産加工品の価格の低落その他の事故に備え、販売金額の一割程度の保証金の積立を実施する、こういう問題でございますが、これは非常にむずかしい問題だ意い享。いろいろ夏堀さんの御意見を、も…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第18号(1950/03/06、24期)

ちよつと私は中西さんに伺いたいのですが、この仲買制度の復活の重要性の問題につきましては、それぞれ小委員長からお話がございましたが、とにかく仲買制度を復活することによつて、この制度は高度の中間搾取機関で…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第19号(1950/03/08、24期)

ただいま提案になつております漁業法の一部改正の問題は非常に重要な問題でございまして、先ほど小委員長から御報告がありましたように、国会からも数度にわたりまして国政調査に参りましたわけでございまして、私ど…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第21号(1950/03/16、24期)

ちよつと農林大臣に夏堀さんの御質問に関連してお尋ねをいたしたいと存じます。ただいま夏堀委員からもお話がありましたように、水産庁長官は罷免問題によつて現在空白になつておるわけであります。しかしながら水産…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第22号(1950/03/20、24期)

ちよつと水産の金融の問題についてお願いを申し上げたいと存じます。いつの会議にも、また本日の会議におきましても、水産金融の問題は急に迫つておる問題でございまして、各委員からるる御意見等がございましたが、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第25号(1950/03/27、24期)

この協同組合法の一部改正の問題の第一の問題でございますが、この法人加入の問題で、この法人は准会員にするということでありますが、私の考えでは、これは準会員でなく、当然正会員に認めてよろしいものでなかろう…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第27号(1950/04/03、24期)

ただいまの問題につきまして、私も絶対に反対するものでありますが、要するに今夏堀委員からもお話がありましたように、これは荷受け機関の濫立が大きな原因をなしているものであると思うのであります。最近築地市場…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第30号(1950/04/11、24期)

ごく簡単に、率直に水産庁に私は伺いたいと思うのですが、この漁業手形制度の問題、及び水産の預金の問題に関しまして、水産庁に伺いたいと思うであります。御承知のように、昨年漁業手形制度が設けられましたわけ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第34号(1950/04/20、24期)

これは北海道の北見の漁船保險組合の理事佐藤銀治郎氏の請願でございます。これは先ほど他の組合からもこの問題が出ておりまして、冨永紹介議員の御説明になりました内容と同じでございますから、保險組合の発展のた…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第38号(1950/04/26、24期)

私はちよつと問題が違うのですが、伺いたいと思います。御承知のように、四月一日をもつて鮮魚が全面的に統制が解除されたわけでございますが、現在の生産状況とか、需給の状況から参りますれば、鮮魚の統制がはずれ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第41号(1950/04/30、24期)

ただいま松田委員からお話がありましたように、この紀伊水道の漁業法案の一部改正の問題とからみまして、自由党田淵議員が脱党届を出されたということは、水産常任委員といたしましてまことに遺憾に考えるものでござ…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1950/07/24、24期)

ちよつと松田さんの質問に対しまして、関連して私伺つてみたいと思いますが、ただいま松田委員は自由党の政策として、すなわち魚価を引下げなければならない、魚価を世界の標準まで引下げなければ輸出の振興はないの…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1950/10/06、24期)

北海道の底びきの入会の問題でありますが、これは先般委員長も行かれましたが、川村委員を班長として、北海道の国政調査を行つた次第であります。その調査を行いました結果、最も緊急を要する問題でありますので、委…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1950/11/25、24期)

ごく簡單に水産長官に伺いたいと思います。二十五年度の見返り資金の問題でございますが、二十五年度の追加の見返り資金の問題は、農林関係では農地の改良及び水力の小型の発電、造林、それから水産の高度加工と四…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1950/12/07、24期)

私は松田委員に反駁するものでもございませんし、また議論するものでもございませんが、市場の手数料値上げ問題につきましては、松田委員とはいささか見解を異にいたしておるのであります。松田委員の御説から参りま…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1950/12/08、24期)

漁船保険の問題で水産庁長官にお伺いいたしたいと思いまするが、漁船保険の組合の区域の範囲の問題であります。これは内地方面はどのようになつておるかわかりませんが、北海道は御承知のように非常に区域が広うござ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1951/02/01、24期)

輸入関税の調整に伴いまして、石油類の輸入関税を大巾に引上げるというようなことを新聞記事、あるいはその他で仄聞をいたしているわけでありますが、この点につきまして、どの程度に主務官庁の大蔵省はお考えになつ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1951/02/03、24期)

先ほど長官は、今の太平洋と日本海と北海道の大海区制につきまして、以東底びきの連合会に諮問をしたのである。従つて以東底びきの組合が結論を出して、近く水産庁に回答があるはずだという御答弁がありましたが、以…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1951/03/01、24期)

水産庁長官に簡單に伺いたいと思うのでありますが、新しい漁業法の実施によりまして、大きな制度改革を行つておるわけでございます。従いまして、これらの大きな仕事を行いますのに、海区調整委員及び内水面の漁場管…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第30号(1951/05/12、24期)

ちよつと伺いますが、あなた方の方の定置の浮出しはどのくらいになつておりますか。それからはいなわの燥業している大体の深さ、それはどの程度の所をやつておられるのですか、定置の浮出しはどのくらい出しているの…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第36号(1951/05/26、24期)

請願文書表番号第一七八号、北海道漁船保険組合設立反対の請願であります。請願者は札幌市北五條西三TH北海道機船底びき網漁業漁船保険組合長理事渡辺昭平君外八名、紹介議員鳳不肖私であります。本請願の要旨は…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第37号(1951/05/28、24期)

これは新聞ですからよくわかりませんが、新聞で見ますと、水産庁は漁船を二万トンばかり増トンするというようなことが出ております。私どもから考えますと、すでに五ポイントによつて相当の日本の漁業の整備をしなけ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第39号(1951/06/02、24期)

いよいよ第十国会も本日終了せんといたしておりますので、時間もございませんから、水産庁長官にきわめて緊急を要する問題につきまして、簡單に要点だけを述べて、御答弁をいただきたいと思います。最近東京市場に…会議録へ(外部リンク)

第11回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1951/08/17、24期)

さんまの問題は、皆さん御承知のように水産庁を中心にいたしまして、本年の出漁に対しては、内地の業者あるいは北海道の業者が数回にわたりまして会合もいたし、また中央審議会におきましても、この問題につきまして…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1951/11/20、24期)

先ほどの小松委員の質問に対して漁政部長のお答えは、今の許可船と無許可船について、多少勘案事項として考えておられるようでありますが、今度の整理による補償というものは、無許可のものも許可のあるものも同様に…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1952/02/07、24期)

日本の漁業は、戦時中から戦後にかけて非常に秩序のない略奪的な漁業を行つて参りまして、司令部からも日本政府は五ポイントの勧告を受けております。それらのことにかんがみまして、この小型手繰船の整理をここに出…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1952/02/09、24期)

まき網漁業の水産庁の指導方針につきまして、一応長官の御意見を伺いたい、こう考えますが、最近のまき網漁業は、つまり沖積み運搬船を使いまして、まき網漁業を行つておるということと、さらに長短波のほんとうに科…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第11号(1952/02/18、24期)

長官に伺いたいと思います。日米加漁業協定によつて、御承知の通り本年から北洋漁業に出漁できるのでありますが、今日までの農林省、あるいは水産庁の考え方は、新聞では承知いたしておりますが、本日長官がおいでに…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第13号(1952/02/25、24期)

ちよつと議題外でありますが、お伺いいたします。本日木村委員の要求によりまして、水産庁から出ました水質汚涜の関係の資料を拝見いたしますと、まつたく資料になつていないと私は考えるのであります。このような資…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第17号(1952/03/05、24期)

中金の湯河理事長にお伺いいたしたいと思います。この特融の貸付の保証の考え方、これは大体において協同組合あるいはまた信連の保証によつて貸付をするという方針だと私は考えておるわけでありますが、なおそのほか…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第29号(1952/04/12、24期)

漁政部長がたいへんお忙しいようですから、きわめて簡単にお伺いしたいと思います。十勝沖の地震の災害に対します特別金融の措置法が、去る四日に国会を通過いたしまして、法案は成立をいたしておるわけであります…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第37号(1952/05/20、24期)

ただいま鈴木委員の御意見は私は同感でありますから、賛成するものでありますが、さらにこの協同組合法の一部を改正するにあたりまして、内水面漁業であるとか、あるいはまた広い地区で業種別組合をつくるという場合…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第42号(1952/06/10、24期)

ちよつと漁政部長さんにお伺いしたいと思います。水産庁といたしましては、最近の最も重要な仕事は、戦時中、戦後非常に漁場が荒廃いたしまして、その資源の回復をはかる、すなわち資源の保存ということに最も重点を…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第44号(1952/06/14、24期)

大体私も石原委員あるいは永田委員と同様な意見でございますが、先般からの與野党の委員諸君の質問の焦点は、要するに吉田側近外交によりまする吉田、ダレスの書簡に基きまして、日本の水産というものを犠牲にして、…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第51号(1952/07/29、24期)

ただいまの松田委員のお話については、私は本気で言われたものとは受取つておりません。ことに北海道の重要な水産物の生産地から水産議員として出ておられる松田委員が、おそらく本気になつて水産常任委員を廃止する…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第52号(1952/07/30、24期)

私、先般この自然休会中に選挙区に帰りまして、根室、釧路方面をまわつた次第でありますが、その結果といたしまして、四十六度線以内で鮭鱒の流し網が広尾から根室、歯舞までに千五百隻ばかり操業いたしておりますが…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

24期質問主意書

質問主意書提出数

 24期(1949/01/23〜)  2本提出

質問主意書一覧

衣料切符に関する質問主意書
第5回国会 衆議院 質問主意書 第12号(1949/04/18提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

簡易生命保険及び郵便年金の積立金の運用に関する質問主意書
第13回国会 衆議院 質問主意書 第33号(1952/04/28提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22