北沢直吉衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

24期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  0回発言      0文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  2回発言   5331文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  8回発言  12100文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  1回発言    698文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  3回発言   7829文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30) 14回発言  25958文字発言

本会議発言一覧

第6回国会 衆議院 本会議 第14号(1949/11/22、24期)

ただいま議題となりました日本専売公社法の一部を改正する法律案につきまして、大蔵委員会におきまする審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、この法案が提出されました趣旨につきまして申し上げます。現行の日本専売公社法におきましては、専売局から日本専売公社への移行を急速に行わなければならなかつた関係………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第19号(1949/11/28、24期)

ただいま議題となりました薪炭需給調節特別会計における債務の支拂財源に充てるための一般会計からする繰入金に関する法律案について、大蔵委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、この法案が提出になりました趣旨について申し上げます。政府におきましては、薪炭の需給事情の好転に伴いまして、そ………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第25号(1950/03/11、24期)

ただいま議題となりました有価証券移転税法を廃止する法律案につき、大蔵委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。この法律案は、今次シヤドブ税制使節団の勧告によります税制改革の一環として提出せられたるものでありまして、この税が有価証券の流通を阻害するという非難にかんがみ、取引高税等流通税廃………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第27号(1950/03/16、24期)

ただいま議題となりました造幣庁特別会計法案について、大蔵委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。この法案は、造幣庁の事業を企業的に運営し、その健全な発達に資する目的をもつて、従前の特別会計を廃止し、新たに特別会計を設置いたしまして、一般会計と区分して経理するために提出されたものであり………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第30号(1950/03/25、24期)

ただいま議題となりました国庫出納金等端数計算法案について、大蔵委員会における審議の経過並びに結果につき御報告申し上げます。この法案は、最近の経済情勢にかんがみまして、国庫等の出納金額、関税及び地方税の課税標準額の計算事務を簡素にいたしまして、その能率の増進をはかるために提出されたものでありまして、そ………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第32号(1950/03/30、24期)

ただいま議題となりました輸出信用保險特別会計法案について、大蔵委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。この法案は、今国会に提出されております輸出信用保險法案によつて輸出借用保險制度が実施されました場合、新たに輸出信用保險特別会計を設けまして一般会計と区分し、その経理の状況を明確にする………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第35号(1950/04/08、24期)

ただいま議題となりました株式の名義書きかえに関する法律案について、大蔵委員会における審議の経過並びに結果につき御報告申し上げます。この法案は、株式の名義書きかえの現状にかんがみまして、その手続を簡易迅速にするために提出されたものであります。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第37号(1950/04/15、24期)

ただいま議題となりました二法律案について、大蔵委員会における審議の経過並びにその結果について卸報告申し上げます。まず関税法の一部を改正する法律案について申し上げます。この法律案による改正の要点は次の三点であります。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第46号(1950/05/01、24期)

ただいま議題となりました国家公務員等に対する退職手当の臨時措置に関する法律案について、大蔵委員会における審議の経過並びに結果につき御報告申し上げます。この法案は、行政整理により退職いたしました国家公務員等に対する退職手当を、本年度におきましても昨年度と同様、一般退職者よりも有利に支給することといたし………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第47号(1950/05/02、24期)

ただいま議題となりました特別未帰還者給與法の一部を改正する法律案につきまして、大蔵委員会における審議の経過並びにその結果についてご報告申し上げます。この法案は、元の陸海軍に属していないいわゆる特別未帰還者のうち、外地官公署の職員であつた者に対して、昭和二十四年一月一日にさかのぼつて、一般帰還者と同じ………会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 本会議 第10号(1950/07/29、24期)

ただいま議題となりました法案について、外務委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。本法案は、七月十二日内閣から国会に提出され、本委員会に付託されました。よつて七月二十六日及び二十九日の二回にわたりまして委員会を開き、審議をいたしました。政府側の説明によりますれば、昭和二十四年四月六日………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第15号(1952/02/27、24期)

私は、ただいま上程されました岡崎国務大臣不信任決議案に対しまして、自由党を代表して、次の理由により反対の討論を試みんとするものであります。(拍手)私は、長い間岡崎君とともに、外務省の同僚として、外務省に職を奉じおつた者でありまして、同君の人格、識見、手腕等については十分承知いたしておるつもりでありま………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第54号(1952/06/14、24期)

私は、自由党を代表し、ただいま議題となりましたインドとの平和條約に対し、次の理由により満腔の賛成の意を表さんとするものであります。(相手)この條約に反対するのは、單に反対せんがための反対以外の何ものでもありません。第一に、今回のインドとの平和條約においては、サンフランシスコにおいて調印せられました日………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第70号(1952/07/31、24期)

ただいま上程されました自由、改進、社会、社会第二十三控室、各党共同提案にかかる決議案につき、提案者を代表してその趣旨を弁明いたします。まず決議案を朗読することをお許し願いたいのであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

24期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 41) 15回発言  19589文字発言
  第6回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員 11) 10回発言  11419文字発言
  第7回国会 94回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 57 委員 35) 31回発言  85958文字発言
  第8回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  5)  6回発言   7167文字発言
  第9回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  6)  4回発言  13003文字発言
 第10回国会 43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員 24) 19回発言  65452文字発言
 第12回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員 16) 12回発言  41350文字発言
 第13回国会 57回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員 45) 19回発言  63961文字発言
 第14回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  24期通算 324回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事138 委員184)116回発言 307899文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
           112回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員100) 17回発言 105159文字発言

 大蔵委員会
           111回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 81 委員 28) 43回発言  63061文字発言

 外務委員会
            72回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 37 委員 35) 46回発言 111286文字発言

 選挙法改正に関する特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  3回発言   4082文字発言

 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  1)  4回発言  23417文字発言

 選挙法改正に関する調査特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言    546文字発言

 図書館運営委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言    348文字発言

 通商産業委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 大蔵委員会理事(第6回国会)
 大蔵委員会理事(第7回国会)
 外務委員会理事(第8回国会)
 外務委員会理事(第9回国会)
 外務委員会理事(第10回国会)
 外務委員会理事(第12回国会)
 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会理事(第12回国会)
 予算委員会理事(第13回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1949/03/30、24期)

今の話では、指定賠償工場の七割が稼働になつておりますが、日本の経済再建という見地から見れば、できればこの指定工場の全部をフルに動かすことがいいと思うが、そのフルに動かし得なかつた状況、たとえば資材がな…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 図書館運営委員会 第4号(1949/05/12、24期)

五十万円は行政廳の予算となるのか、またその流用は……。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 図書館運営委員会 第5号(1949/05/19、24期)

ただいまここに議題になつております国立国会図書館法の一部を改正する法律案の第二十五條の二に、発行者が正当の理由なくして前條第一項の規定による出版物を納入をしなかつたときは、その出版物の小売価額、小売価…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第8号(1949/07/20、24期)

選挙区の問題につきましては、いろいろ理論的に議論があると思うのでありますが、これまで世界各国におきまする実際の選挙を基礎にしてみますと、議会政治が最も円満に行われておるのはアメリカとイギリスだろうと思…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第9号(1949/07/21、24期)

候補者の問題はきわめて重要な問題でありますが、日本の民主政治というものは、まだ管制の域に達していないものでありまして、ただちに理想的な制度を日本に持つて来ることはどうかと思うのであります。議会政治とい…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 選挙法改正に関する特別委員会 第10号(1949/07/22、24期)

この選挙運動の取締りにつきましてはいろいろ御議論があるのでありますが、現行法の制度が窮屈すぎるということは皆樣御同感と思うのであります。ただいまも斎藤委員からお話がありましたように、民主政治の本義はほ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 大蔵委員会 第12号(1949/04/13、24期)

今の前尾委員の質問に関連してお伺いしたい。この第四條の第六項、第七項の連合国最高司令官の承認を受けなければならぬということは、これは日本のアメリカに対する国際上の義務なんです。この国際上の義務を、こう…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1949/04/15、24期)

ちよつと速記を中止してください。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1949/04/25、24期)

大蔵大臣に対する質問があるのでありますが、後ほど大臣がおいでのようでありますからして、これを留保しまして二、三政府委員にお尋ねいたします。第一点は法人税の問題でありますが、今回の税制改正案によります…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1949/04/26、24期)

有價証券の処分の調整等に関する法律の一部改正につきまして、これに関連して伺いたいと思います。最近諸般の情勢から株式取引所の再開の一日も早からんことが要望されておりますが、いつごろ取引所が再開されますか…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 大蔵委員会 第25号(1949/05/06、24期)

一点だけお尋ねしたいのですが、御承知のように今日日本で最も大事なことは、日本の経済の自立なのであります。日本の経済の自立のために必要なことは、日本の外国貿易を大幅に拡張することであります。日本の貿易の…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 大蔵委員会 第27号(1949/05/09、24期)

日本銀行法の改正につきまして二、三点質問したいと思います。十三條の三の第十項に「左ニ掲グル事項ニ関シ主務大臣ヲ經由シテ行フ国會ニ対スル毎年ノ報告」とありまして「イ、金融機関ノ状態及運營、ロ、必要ナル法…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 大蔵委員会 第28号(1949/05/10、24期)

先ほど政府の方からいろいろ御説明になつたのでありますが、政府の説明によりますと、この政策委員会というものは、日本銀行の内部機構の一部であるということでありますが、今度の法律改正によりますと、どうもこの…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 大蔵委員会 第31号(1949/05/13、24期)

時間もありませんから、一点だけお伺いします。最近の国際情勢から考えまして、日本におきましては、できるだけ食糧の自給体制というものをつくることが非常に肝要と思うのでございますが、耕地の相当の部分がタバコ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 大蔵委員会 第45号(1949/09/20、24期)

ありますが、大臣がお見えになりませんければ………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 大蔵委員会 第4号(1949/10/31、24期)

各委員からの質問に対する御当局の御筈弁で大体わかつたのでありますが、一、二点お伺いいたします。先ほど食糧庁長官の御答弁では、免税をする理由は一つはガリオア資金で入つて来ることと、もう一点は外国の食糧の…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1949/11/11、24期)

同僚委員諸君の質問と政府の御答弁とで大体わかつたのでありますが、一、二点質問したいと思います。この法律案の第四十三條の十四には「公社は、大蔵大臣の認可を受けて、政府から長期借入金及び短期借入金をするこ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1949/11/14、24期)

ただいま御説明がありました国の所有に属する物品の売拂代金の納付に関する法律の一部を改正する法律案についてでありますが、国の所有に属する物品でありまして、さしあたり売り拂うことを予定し、あるいは考えてお…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1949/11/22、24期)

今回の税制改正案に関連しまして御質問したいのですが、今回の税制改正案は、政府の説明によりますと、これは一応の改正案であつて、明年度においてシヤウプ博士の勧告の線に沿つて、本格的の税制改正をやる、こうい…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 大蔵委員会 第17号(1949/11/25、24期)

薪炭需給調節特別会計における債務の支拂財源に充てるための一般会計からする繰入金に関する法律案につきまして、農林委員会及び予算委員会におきましても十分に質疑が行われ、また当大蔵委員会におきましても委細を…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1949/11/26、24期)

二、三点お聞きしたいのですが、従来から貿易特別会計の中に外国為替資金というものを置いて運営しておつたのですが、これを今回特に改めまして、外国為替特別会計を設けて歳入歳出としてやるようになりました理由、…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1949/11/27、24期)

外国為替及び外国貿易管理法の審議の際のお話では、輸入する場合は輸入信用状に対して半額の円資金を銀行に預けるという話だつたのですが、それは法律第五十五條の担保と同じものですか。あるいはこれと違うのですか…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 大蔵委員会 第20号(1949/11/28、24期)

最近の状況を見ておりますと、ここ数年のうちに世界的に食糧が過剰になるような時代が来るんじやないかというふうな気がするのでありますが、それに対しまする政府の御見解を伺いたい。なお後半の方の問題でありま…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1949/11/29、24期)

この食糧管理特別会計法の一部を改正する法律案につきましては、大体質疑も終つたようでありますので、この辺で質疑の打切りをせられたいと思います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 大蔵委員会 第25号(1949/12/03、24期)

聞くところによりますと、最近税務署が証券会社を調べました結果、証券界に集まつておりましたいろいろの資金が分散しましてそのために証券に対する購買力が大分減つて、その結果証券市場に不安を起したというふうな…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 選挙法改正に関する調査特別委員会 第6号(1950/03/08、24期)

ただいまの主計局長のお話によりますと、この費用が一億五千万円ということでありますが、二十五年度の予算においては、今の一億五千万円が計上してあるのでありますか、ないのでありますか。それから選挙の費用は…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第15号(1950/02/15、24期)

関連してお伺いしたいのです。この公団の下請をして容器の回収をする業者があるのでありますが、地方の方でいろいろうわさを聞きます。そういう公団の下請をして回収する業者に、公団の職員が出資をしてやつておる、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第17号(1950/02/20、24期)

この物資の割当に関する手数料等の徴收に関する法律を廃止する法律案につきましては、質疑もないようでありますので、この程度で質疑を打切られんことを望みます。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1950/02/21、24期)

大臣にちよつと確かめておきたいのですが、今度進駐軍用に二千戸の住宅をつくるわけですが、もしこの二千戸ができますと、現在進駐軍が接收しております家屋なりホテルなりは、日本側に相当返還になるわけですか。…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第22号(1950/02/28、24期)

今度の税制改革によりますと、中央地方を通じまして負担の公平をはかるという点が、大きく出ておるわけでありますが、結局税を納める納税者の立場から申しますと、中央の税も、地方の税も同じにかかるのであります。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第27号(1950/03/07、24期)

大蔵大臣に数点お伺いいたします。第一点は、今度の税制改正に関しまする政府の提案理由を見ますると、中央及び地方を通じて、恒久的かつ安定した税制の確立を求める、こういうような説明でございまするが、終戰以…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第28号(1950/03/08、24期)

一点だけお伺いいたします。当委員会におきましても、農業協同組合に対する法人税につきまして、いろいろ議論があつたのでありますが、今度の法人税法の改正案の第六條を見ますと、「命令で指定する重要物産の製造、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第30号(1950/03/10、24期)

今回当委員会に付託になりました税法関係九法案につきましては、二月の二十四日から十二回にわたつて会議を開きまして、各方面にわたりまして愼重審議をされたわけであります。もちろん今回の税制改革案は、日本の税…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第31号(1950/03/11、24期)

私は自由党を代表いたしまして、ただいま議題となりました所得税法の一部を改正する法律案外税制改正に関する八法律案につきまして、賛成の意を表せんとするものであります。今回の税制改革はおおむねシヤウプ税制…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第33号(1950/03/15、24期)

造幣庁特別会計法案につきましては、大体質疑も出盡したようでありますから、この程度で質疑を打切られんことを望みます。[「異議なし」と呼ぶ者あり〕会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第34号(1950/03/16、24期)

二、三点伺いたいのですが、第一点はお話によりますと、今度見返り資金によつて、銀行に優先株式を引受けさせる。興銀、勧銀、北拓、農林中金、商工中金、こういうような銀行につきましては、優先株式を見返り資金で…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第36号(1950/03/18、24期)

今回政府におきましては、タバコの製造能力の回復にかんがみまして、一面専売益金を確保しながら、他面においてタバコの値下げを実行せんとするわけでありまして、まことに時宜に適したものと考えます。今回のタバコ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第37号(1950/03/22、24期)

米国対日援助物資等処理特別会計法案、米国対日援助見返資金特別会計法の一部を改正する法律案、この両案に対しましては、この程度で質疑を打切られんことを望みます。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第38号(1950/03/23、24期)

今回の輸出信用保險特別会計法案の基本であります輸出信用保險法案につきましては、通産委員会において審議されているのでありますが、この点につきまして二、三伺いたいのであります。二十五年度の一般予算によりま…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第42号(1950/03/29、24期)

私は旧軍港市転換法案につきまして、二、三点お伺いしたいと思います。その第一点はこの法案の第一條によりますと、この法律は旧軍港市を平和産業港湾都市に転換することによつて、平和日本実現の理想逹成に寄與する…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第43号(1950/03/30、24期)

私は自由党を代表いたしまして、ただいま議題となつておりまする輸出信用保險特別会計法案に対しまして賛成の意を表します。この法案の基本でありまするところの輸出信用保險法案につきましては、通商産業委員会に…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第45号(1950/04/06、24期)

二、三点伺いたいと思います。この法案によりますと、貴金属というのは、金、銀、白金、リテニウム等でありますが、これにダイヤモンドが入つていないというのは、どういうわけでありますか。なお金融の問題につき…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第46号(1950/04/07、24期)

三宅委員の御質問で大体終つておりますが、簡單にお伺いいたします。現在日本の税関の監視員は大体どのくらいありますか。本案を政府案のごとく承認を與うべきものと議決するに賛成の諸君の御起立を願います。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第47号(1950/04/08、24期)

ただいま議題になつておりまする配炭公団の損失金補てんのための交付金等に関する法律案に対する修正案につきまして、修正の動議を提出いたします。まずこの法律案に対する修正案を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第51号(1950/04/13、24期)

それでは外国旅費の問題につきまして、ちよつとお伺いしたい。先ほどのお話では、二十五年度の予算では外国旅費として七億円とつてあるというお話ですが、その点についてお伺いいたします。それからもう一点は今度…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第58号(1950/04/24、24期)

ただいま議題となつておりまする米国対日援助見返資金特別会計からする電気通信事業特別会計及び国有林野事業特別会計に対する繰入金並びに日本国有鉄道に対する交付金に関する法律案に対しまして、修正案を提出いた…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第60号(1950/04/27、24期)

この予算執行職員等の責任に関する法律案によりますと、弁償責任の有無と弁償額の検定は会計検査、院が行う。弁償命令は任命権者が行う。それから懲戒処分についてはその要求は会計検査院がするが、懲戒処分をするか…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第61号(1950/04/28、24期)

提出者を代表いたしまして、私からただいま議題となりましだつむぎ等の鯨人税を免除する法律案につきまして、その提案の理由を御説明申し上げます。この法律案によりまして輸入税を免除しようとする物品は、つむぎ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第62号(1950/04/30、24期)

先ほど御答弁がありました政府直傭の連合国軍関係の労働者、これは大体三十万くらいと思つておりますが、そのくらいになりますか、お伺いいたします。本案に賛成の諸君の起立を願います。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 大蔵委員会 第63号(1950/05/01、24期)

特別未帰還者給与法の一部を改正する法律案につきましては、討論を省略しまして採決せられんことを望みます。それでは本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1950/02/13、24期)

まず最初に文部大臣に対しまして二、三点伺いたいと思います。第一点は、御承知のようにわが日本は領土が狭くて、しかもその上に非常にたくさんの人口をかかえておるのであります。でありますので日本といたしまし…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1950/02/14、24期)

大蔵大臣にお尋ねしたい第一点は、日本の国際收支の問題であります。御承知のように、現在日本の国際収支は非常に支拂い勘定が多いのでありますが、幸いにしまして、アメリカの援助によりまして、国際収支のバランス…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1950/03/03、24期)

本多国務大臣にお伺いしたいのですが、今回の税制改革の大きなねらいの一つは、御承知のように地方の財政を強化するということにあると思うのであります。申すまでもなく、民主政治の基礎を確立しますためには、地方…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第29号(1950/03/24、24期)

今回政府におきましては、見返り資金から五十二億円を出して、そうして進駐軍用住宅公社をつくりまして、これを進駐軍の住宅に供するというようなことになつておるようでありますが、従来こういう住宅は終戰処理費か…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第30号(1950/03/25、24期)

当委員会におきましても、アメリカからの日本に対する援助資金及び対日援助見返り資金の性質につきましては、たびたび問題になつたのでありますが、私はこの機会にこの二つの資金の性格について、ひとつ明確な政府の…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第31号(1950/03/27、24期)

ただいま議題となりました昭和二十五年度政府関係機関予算補正(機第1号)に対しまして、私は自由党を代表して賛成の意を表せんとするものであります。今回の補正予算は、去る一月二十七日附連合軍最高司令官の日本…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1950/07/17、24期)

理事の互選はその数を五名といたしまして、選挙の手続を省略し、委員長において指名せられんことを望みます。それからただいまの御質問に対してお答えいたします。理事会に理事以外の方が出席され、傍聴されること…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1950/07/21、24期)

二、三点御質問いたしたいと思います。第一点は、ただいまの御説明によりますと、アメリカ以外の数箇国において、日本の在外事務所を設置し得るように話が進んでおるというのでありますが、一体どの程度話が進んで…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1950/07/22、24期)

私は自由党を代表しまして、ただいま議題となりました日本政府在外事務所設置法の一部を改正する法律案に関しまして、賛成の意を表せんとするものであります。この法律案の趣旨は、政府の御努力によりまして、アメ…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1950/07/26、24期)

二、三点質問したいと存じます。第一点は本法律案によりますと、遺族の見舞金は一人七万円ということになつておりますが、これはどういう標準でおきめになつたか、その点をまずもつて伺いたい。会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1950/07/29、24期)

時間もありませんから、一点だけ政府に明らかにしておきたいと思うのであります。それは先ほど並木委員からの質問は、日本の安全をどうする、講和条約締結までの占領下における安全保障を講和締結後の日本の安全保障…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1950/10/04、24期)

先ほど太田次官から対日講和條約の内容として新聞に伝えられておるところを伺つたのでありますが、あの新聞に出ております講和條約の内容というものは、アメリカ側が持つております講和條約の内容を相当程度に反映し…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1950/11/25、24期)

先ほど小川原委員から、日本人の遺産の保護管理に関する事務という問題につきまして御質問がありましたが、この職午前の状態では、外国にある日本人の遺産の保護管理については、日本の領事館がやる場合と、それから…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1950/11/29、24期)

いわゆる外交白書といわれておりまする外務省情報部発表の「朝鮮の動乱とわれらの立場」というパンフレツトでありますが、これは外務省情報部発表ということになつておりまして、日本政府のスポークスマンの発表であ…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 予算委員会 第3号(1950/11/28、24期)

私は貿易の問題を中心としましてまず周東長官の御所見を伺いたいと思うのであります。今日、日本が当面しておりまする最も大きな問題は、何と申しましても、講和條約の締結と日本の経済自立の達成であろうと思うの…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1950/12/01、24期)

ただいま山田参考人のお話は、大体賛成でございますけれども――敗戰国であるからして税金を安くしろ、こういう御議論ですが、これは私も原則としてみとめます。しかしながら日本の今日の状態は、同じ敗戰国でもドイ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1950/12/13、24期)

朝鮮の動乱については、あとで外務省の政府委員にお尋ねいたしますが、その前に通産大臣がお見えになつておりますから、この朝鮮動乱と日本の特需の関係、あるいは一般貿易関係につきましてお尋ねいたします。朝鮮…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1951/01/31、24期)

きようは吉田外務大臣が御出席になりませんので、私は大臣に対する質問は後日に留保しまして、外務当局にお尋ねいたしたい。ただいま委員長から御注意がありましたが、この講和問題は、日本民族の運命に関する非常に…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1951/02/14、24期)

時間もないようですから、外務省の予算の問題についし簡単にお伺いいたします。この二十六年度の外務省の予算ですが、これは二十六年度中に講和條約が調印されて、批准の交換が済んで効力が発生する、こういうことを…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1951/02/20、24期)

先ほど総理の御答弁の中において、戰争犯罪及び追放について御答弁があつたのですが、その御趣旨は、講和後においては、新たに戰争犯罪人の訴追を行うようなことはない。追放については、それを維持するかあるいは改…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1951/02/28、24期)

私は文部大臣に対しまして日米文化の交流の問題につきまして伺いたいのであります。先般ダレス特使が日本に参られまして、吉田総理との間に講和に関連する各種の問題について、お話があつたのは御承知の通りでありま…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1951/03/07、24期)

私は自由党を代表しまして、ただいま議題となつております国際捕鯨取締條約に加入することについて承認を求めるの件について賛成の意を表せんとするものであります。従来日本は事実上この條約の規定に従つて捕鯨を…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1951/03/14、24期)

関連して……。ただいま條約局長のお話によりますと、国際連合に加入しなくても、国際連合の安全保障の機能が非加盟国に及ぶ、こういうお話でありましたが、国際連合に加盟すれば連合憲章に基く安全保障に関する権利…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1951/03/20、24期)

私はまずユネスコの問題につきまして伺いたいと思います。先ほど外務当局からの御説明にもあつたのでありますが、過般国際連合の社会経済理事会におきまして、日本のユネスコ加入の問題が取上げられまして、多数を…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1951/03/24、24期)

講和條約の締結以前におきましても、日本がなるべくすみやかに国際社会に復帰するということは、われわれ日本国民として希望にたえないところでございますが、そういう見地から申しまして、日本政府の在外事務所とい…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1951/05/11、24期)

四、五点政府当局者にお伺いしたいのですが、第一点はこのユネスコ憲章の前文に、過般の第二回世界大戦は、個人及び人類の不平等の原則の宣伝によつて起きたというようなことを宣言しておるのでありますが、これはユ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1951/05/16、24期)

ただいま御説明になりました日本政府在外事務所設置法の一部を改正する法律案について、二、三点質問いたします。第一点は、今回の法律案によりまして、ワシントンに新しく在外事務所が設置せられることになつたの…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1951/05/17、24期)

時間の関係もありますので一括して御質問申し上げますので、総理からも一括してお答えを願いたいと思います。第一点は、四月六日のワシントン発UP電報の伝えます対日講和條約の草案の中にあるのでありますが、こ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1951/05/25、24期)

ただいまの請願に関連して御質問したいと思います。この小笠原諸島や琉球諸島のように、日本と歴史的、民族的に非常に関係のある島々は、ぜひ日本に返還してもらいたいのでありまして、もし万が一こういう諸島が国際…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1951/02/05、24期)

きようはあまり時間もありませんので、一点だけにつきまして大蔵大臣に質問いたしまして、明日また質問を続行したいと思うのであります。日本に対する講和條約が、現在全国民の関心を集めている最も大きな問題でご…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1951/02/06、24期)

昨日に引続きまして大蔵大臣に御質問いたしたいと思います。大蔵大臣の御答弁によりますと、講和條約締結の際には、日本の経済上におきまする完全なる主権を回復するように全力を盡したいというお話であつたのであり…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1951/02/16、24期)

総理大臣にお伺いしたい第一点は、対日講和に関しまして、総理とダレス氏との間に会談の結果意見の一致を見ましたいわゆる吉田・ダレス方式につきまして、国民の理解を深め、全国民がこの方式を全面的に支持するよう…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1951/02/24、24期)

ただいま政府委員から、日本政府の手持ち外貨の予想外の増加についてお話があつたのでありますが、結局これに関連して外為会計の赤字が非常に増加しはせぬか。今年の一月の数字によりますと、大体二千四百五十億の赤…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 予算委員会 第24号(1951/03/29、24期)

私は昭和二十六年度政府関係機関予算補正(機第1号)に対し自由党を代表し、賛意を表するものであります。本補正予算は、日本開発銀行法案に基く予算でありまして、そのおもな内容は次のようであります。会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1951/05/23、24期)

御承知のように過般日米の経済協力につきましてマーカツト経済科学局長の発表がございました。この講和締結後の日本の経済と国際経済との結びつきの問題につきましては、各方面におきまして非常な注意を払つておつた…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1951/10/31、24期)

ただいま並木委員からもお聞きしたのですが、方式の問題として聞きたいのですが、日本がある国に在外事務所を置く場合には、その政府に対してデイフアクトーの承認を与えることになるかどうか、その点を確かめておき…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1951/11/09、24期)

国際小麦協定につきましては、午前の外務農林連合審査会におきまして、いろいろ質疑があつたのでございますが、私はまず外務当局に対しまして質問したいと思うのであります。この国際小麦協定につきましては、こと…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1951/11/10、24期)

私は自由党を代表しまして、ただいま議題となりました国際小麦協定への加入について承認を求めるの件に賛成の意を表したいと思います。この協定の目的は、公正な安定した価格で、小麦輸出国には市場を与え、また小…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1951/11/13、24期)

まず第一に明らかにしておきたいのは、今度司令部では、日本人の海外渡航に関する許可権を日本側に返還する、こういうようなお話でありますが、そうしますと、今後は日本人が外国へ出る場合には、外務省が完全に自主…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1951/11/15、24期)

食糧問題は日本でもきわめて重要な問題でございます。日本の食糧問題は、結局、国際的な世界の食糧の需給と申しますか、これによつて非常に大きく影響されておるわけでありますが、先般FAOの総会に提出されました…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1951/11/16、24期)

ただいま議題となつておりまする旅券法案につきまして、私は自由党を代表して賛成の意を表するものであります。最近連合国最高司令部におきましては、従来最高司令部が持つておりました日本人の国外渡航に関する許…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第1号(1951/10/11、24期)

動議を提出いたします。委員長の互選は、投票を用いずに、田中萬逸君を推薦いたしたいと思います。諸君の御賛同をお願いいたします。委員長田中萬逸君に本席をお讓りいたします。会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第3号(1951/10/18、24期)

ただいま議題となつておりまする対日講和條約並びに日米安全保障條約は、わが日本を自由かつ平等の一員として国際社会に迎えるいわゆる和解と信頼の條約でありまして、史上稀に見る寛大、公正な條約であります。従い…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第6号(1951/10/22、24期)

今回の対日平和條約及び日米安全保障條約には、日本国民の財産権に相当影響のある條項がたくさんあるのであります。御承知のように日本の憲法におきましては、国民の財産権というものは尊重されることになつておりま…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第7号(1951/10/23、24期)

今回の平和條約及び日米安全保障条約はいわゆる和解と信頼の條約であります。しかるにこの委員会におきまする野党側の質問を聞いておりますと、中には、しいて連合国、なかんずくアメリカの真意を歪曲して、はなはだ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1951/10/29、24期)

ただいまのお話によりますと、外為に対するインヴエントリー・フアイナンス三百億、それから食管への百億、国際通貨基金及び国際開発銀行への二百億、特別調達資金への七十五億等、合せて大体七百億円が、一般市場か…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1951/10/30、24期)

御承知のように海運の問題が、日本の将来の経済自立の面から申しまして最も大であります。日本の貿易の進展をはかるために、また日本の国際收支の改善をはかるためにも、日本の海運業の発達ということが、非常に大事…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1952/03/05、24期)

あまり時間がありませんので、私は行政協定の問題につきまして、岡崎国務大臣に数点お尋ねしたいのであります。この問題は御承知のように政治にも技術的にも、いろいろの問題が包含されているのでありまして、先般衆…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1952/03/14、24期)

今回の外務公務員法案をつくりました趣旨は、一つは外務公務員というものを、一般公務員とわけで、そうして別個の法律のもとにこれを規定するということと、それから在外公館に勤務する公務員と、それから本省に勤務…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1952/03/19、24期)

私は前回の委員会におきまして、二、三質疑したのでありますが、それに継続しまして、お尋ねしたいと思います。まず第一に伺いたいのは、外務職員の官職の格付の問題であります。この法案の第五條によりますと、外…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1952/03/28、24期)

関連して一点だけお尋ねいたします。今度の平和条約が効力を発生すれば、日本におる韓国の人は、韓国の籍を当然回復するということはわかるのですが、私のお聞きしたいのは、中国人の場合であります。平和条約により…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1952/03/29、24期)

ただいまの佐々木委員の質問に関連してお尋ね申し上げたいのであります。日本が世界各国と善隣友好を樹立するいわゆる善隣外交ということは、吉田内閣の基本政策であると私は思うのであります。従いまして終戰以前か…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1952/03/31、24期)

在外公館の名称及び位置を定める法律案によりますと、新たにビルマ、インド、ユーゴスラビア、ヴアチカン等に日本大使館ないしは公使館を置くようになつております。新聞によりますとインドは講和條約の発効と同時に…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1952/04/11、24期)

岡崎国務大臣に二、三お尋ねしたいのでありますが、第一点は、御承知のように、この国際適合というものは、米、英、ソ連、フランス、中国、この五大国が、実際的には国際連合の活動をささえておる、こう申してもさし…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1952/04/23、24期)

関連して。この委員会の日本政府の任命する委員は、民間の人を任命するわけですか、それとも日本の公務員を任命するわけですか。もしこの公務員を任命するときには公務員法が適用されると思いますが、この委員は民間…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1952/04/26、24期)

ただいま議題になつております日本国との平和條約第十五條(a)に基いて生ずる紛争の解決に関する協定の締結について承認を求めるの件につきまして、私は自由党を代表しまして、賛成の意を表するものであります。…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1952/04/30、24期)

前回の委員会におきまして、日本が国際連合に加盟する問題につきましては、日本とソ連との国交関係を改善することが非常に必要であるという問題につきまして、岡崎国務大臣から伺つたのでありますが、どうも日本政府…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1952/05/14、24期)

先ほど大臣から御説明がありました日韓交渉のことに関連しまして、三点ばかり伺いたいと思います。第一点は、先ほど大臣から申されましたように、請求権の問題が非常に問題になつておるようでございますが、これは…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1952/05/21、24期)

私は国際通貨基金及び国際復興開発銀行につきましてお尋ねをしたいのでありますが、独立によりまして、日本が全面的に国際経済社会に復帰することになりまして、この機会に世界的な金融機構として非常に重大な役割を…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1952/05/30、24期)

 けさの新聞報道によりますと、日本の国際通貨基金加入に関連しまして日本の割当金が二億二千五百万ドルに大体きまつた、こういうふうな報道があるのであります。当委員会におきまする政府当局の説明によりますと、…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第29号(1952/06/04、24期)

今回の日華條約は、日本の対中国政策、ひいては日本の対アジア政策の根本に触れるものでありますので、二、三の重要な問題につきまして、外務大臣の所見をお伺い申し上げたいと思うのであります。第一点は、日本の…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第31号(1952/06/11、24期)

ただいま問題になつておりますこの高良参議院議員、宮腰衆議院議員の行動につきまして、外務大臣の所信を伺つておきたいと思います。と申しますのは、憲法第七十三條によりますと、外交関係を処理することは内閣の権…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第32号(1952/06/12、24期)

大臣が来られましたら、大きな問題について大臣にお尋ねいたしますが、来られるまでの間、政府委員にお尋ねいたしたいと思います。今度の日本とインドとの平和條約は、サンフランシスコ平和條約と比較しましてもち…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第33号(1952/06/13、24期)

今度の日印條約の第二條におきまして、インドが英連邦諸国及び隣接国に対しまして特恵的な待遇を與え得るというふうに規定してあるわけでありまするこれはサンフランシスコ條約以上に日本がインドに利益を與えるもの…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第34号(1952/06/14、24期)

私は自由党を代表しまして、ただいま議題となりましたインドとの平和條約に対しまして賛成の意を表するものであります。まず第一に、今回のインドとの平和條約を見ますと、サンフランシスコにおきまして調印せられ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1952/02/07、24期)

本日は二十七年度の予算及びこれに関連する財政経済政策につきまして、政府にお尋ねをしたいのであります。特に私は国際的の観点に重点を置いてお尋ねしたいと思うのであります。ただいま通産大臣がおいででございま…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

24期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 24期(1949/01/23〜)  1本提出

質問主意書一覧

供米の過重割当補正に関する質問主意書
第7回国会 衆議院 質問主意書 第124号(1950/04/11提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22