森山欽司衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

24期本会議 - 25期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  0回発言      0文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  0回発言      0文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  0回発言      0文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  3回発言  16407文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  3回発言  16407文字発言

本会議発言一覧

第13回国会 衆議院 本会議 第30号(1952/04/10、24期)

私は、ここに破壊活動防止法案反対のためのゼネストに関する緊急質問を試み、政府の所見を求めるものであります。去る三月三十一日、労働法規改悪反対闘争委員会及び日本労働組合総評議会は、破壊活動防止法案等いわゆる労働運動彈圧法案阻止のため、一斎にストライキ権の発動を決議したのであります。これは明らかに、社会………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第38号(1952/05/06、24期)

私は、ここに、去る五月一日、東京において独立後初めて行われた第二十三回中央メーデーについて惹起された暴動事件につき、改進党を代表して政府の所信をただすものでありますこの事件は、過去二十三回のメーデーのうちで最も凄惨をきわめたものであり、特に独立後わずか四日目にかくのごとき未曽有の不祥事件の発生を見た………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第45号(1952/05/24、24期)

改進党を代表して、今回政府の提出いたしました労働法改正に対する修正案の趣旨弁明をいたします。(拍手)政府の今回の改正案は、今日の労働法における緊急の問題点に何ら触れることなく、これを根本的に解決する態度がまつたく見られないのであります。(拍手)特に、去る五月十六日、労働委員会の席上において、木村法務………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

24期委員会 - 25期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員  4)  7回発言  15625文字発言
  第6回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言    212文字発言
  第7回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  8回発言  14942文字発言
  第8回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  2回発言    586文字発言
  第9回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  5回発言  27429文字発言
 第10回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22) 10回発言  40771文字発言
 第12回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  8)  4回発言  14400文字発言
 第13回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員  3) 17回発言 108674文字発言

  24期通算 125回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 45 委員 80) 54回発言 222639文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 経済安定委員会
            73回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 59) 29回発言  94304文字発言

 労働委員会
            31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 31 委員  0) 17回発言  91668文字発言

 災害地対策特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  3回発言   5190文字発言

 行政監察特別委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   4237文字発言

 考査特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言     71文字発言

 通商産業委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3662文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  11687文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  11820文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 経済安定委員会理事(第5回国会)
 労働委員会理事(第12回国会)
 労働委員会理事(第13回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 経済安定委員会 第6号(1949/04/14、24期)

前会質問を留保いたしました石炭の問題について、安本当局の御意見をお伺いいたしたいと思います。なおこの問題に入るに先だちまして、この委員会の運営について二、三委員長に御注文をいたしたいと思います。第一…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 経済安定委員会 第7号(1949/04/18、24期)

産業資金の四千七百五十二億の配分の内訳ができておりましたらお伺いしたい。ところで実際の出炭の傾向でございますが、昨年の賃金三原則、今年の九原則の方針が明示されまして以後の出炭の傾向を見てみますと、逐…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 経済安定委員会 第14号(1949/05/10、24期)

一、二御質疑いたします。さきに経済團体の方から独占禁止法の改正についての要望がありました。第一には国際協定、貿易協定についてあつたのでありますが、それについては貿易廳の方からも関係の方がお見えになつて…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 経済安定委員会 第15号(1949/05/12、24期)

民主党を代表いたしまして修正部分を除いた原案並びに修正案に賛成いたします。共産党の方は、イディオロギー的な立場から本案に反対の標樣でありますが、われわれは民間貿易の振興あるいは産業活動の発達促進の見…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 経済安定委員会 第16号(1949/05/14、24期)

栃木縣選出の各党代議士十名の名をもちまして紹介いたしました、大麻の價格改正の請願の要旨を申し上げます。大麻が国内の纖維製品として重要な地位を持つており、また特に栃木縣下におきましては全国の約七割近く…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 経済安定委員会 第23号(1949/10/04、24期)

補給金が漸次はずされまして統制価格が撤廃になる。あるいは一部改訂になる。これによつて生計費に相当な影響があると思うのであります。先ほど物価庁次長はたいへんそのはね返りを心配しておられるというようなお話…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 考査特別委員会 第31号(1949/08/04、24期)

公安委員の五十嵐という人、後にやめたのですが、その方が逮捕するための国警の援助要請を拒否したという事実があるかどうか、それを聞きたいと思います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 経済安定委員会 第8号(1949/11/29、24期)

本日の請願日程中第二、第三、第五、第六ないし第八の各請願は、いずれもその趣旨において至当と認められ、政府において適当にその措置を講ずべきであると思われますので、いずれも議院の会議に付して採択の上内閣に…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 経済安定委員会 第4号(1950/02/07、24期)

今勝間田さんが大分こまかくお尋ねになりましたので、この法案の正式に提出される時期をお伺いしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 経済安定委員会 第7号(1950/03/02、24期)

臨時物資需給調整法の改正案について質問いたします。この物調法は、統制物資が次々に廃止されて、現存残つているのはきわめて少くなつておりますので、従来のような委任立法的な法律は不必要になつて来たのではない…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 経済安定委員会 第8号(1950/03/09、24期)

前会も物調法の改正の審議の際、統制を撤廃する場合の基準として、需給調整のほかに、その生産者、たとえば農産物である場合には、農家経済に及ぼす影響等も考慮せられて、統制を撤廃されておるという御方針を、安本…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 経済安定委員会 第9号(1950/03/11、24期)

前々回の委員会で統制撤廃の問題に関連しまして、安本並びに農林省の政務次官に御質疑をしたのでありますが、本日は農林省の事務当局からもお見えでございますから、けりをつける意味で、この問題についてさらに質疑…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 経済安定委員会 第25号(1950/04/30、24期)

私は民主党を代表いたしまして、今回提案されました国土総合開発法案に対して賛成の意を表します。ただ今川の法案の提案にあたりまして、きわめて短期間の審議期間しか与えられぬということは、国会の審議の自主性の…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第2号(1950/03/13、24期)

栃木県の今市地区を中心とする震災は、これは地方に非常に重大な打撃を與えておるわけでありますが、かかる問題を一つの対象として、この種の委員会があるのじやないかと思います。その問題について、委員会の対象に…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第3号(1950/04/04、24期)

今小平委員から、今回の今市震災に関する網羅的な御報告があつたのでありますが、それにつきまして、まず第一番にお伺いいたしたいことは、今回の災害が昭和二十四年の十二月末に起きました関係上、これらの予算措置…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第4号(1950/04/10、24期)

この法律案の名称についてですが、地方行政委員会あるいは関係委員会において、種々の本法案の修正に関する申入事項を出しておられますが、やはり各委員会にそれぞれの違つた申入れが出て来るのは当然じやないかと思…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 経済安定委員会 第8号(1950/09/27、24期)

今まで事業者団体法の改正問題について、本委員会としてもある程度の案をつくり関係方面に提出しておつたわけでありますが、遺憾ながら今日まで実現することができなかつた。それについて先般帰国されたウエルシユ氏…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 経済安定委員会 第10号(1950/10/21、24期)

農協の問題についてお伺いしたいと思います。最近肥料商の復活ということがあるのでありますが、その一例といたしましても、商業資本の農協に対する攻勢は、今後相当激化して来ると思うのであります。それにつきまし…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 経済安定委員会 第2号(1950/11/30、24期)

ごの自立経済計画の前に、経済安定本部が中心になりまして五箇年計画をつくられました。遺憾ながら吉田総理がその発表をさしとめられて、遂に公表されなかつたという前例があるのでありますが、自立経済計画をめぐる…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 経済安定委員会 第4号(1950/12/05、24期)

ただいまの志田委員の質疑に対しまして、小峯政府委員からのお話によりますと、タバコの民営は吉田内閣の方針であるから、そういう方向に向つて行く、こういうお話でありました。先日の予算総会においてわが党の中曽…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 経済安定委員会 第5号(1950/12/06、24期)

国土総合開発の重要なことはいまさら申すまでもないことでありますが、現吉田内閣は、はなはだ計画がおきらいのような感じをわれわれに與えておりますし、現にさきの五箇年計画にいたしましても見なかつたというよう…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 経済安定委員会 第6号(1950/12/07、24期)

本日御出席の政府関係の方に御答弁できるかどうか知らぬのでありますが、国鉄は独立採算制を建前としておるそうであります。そうして各路線によつて収益の多いところもあり、少いところもあるのであります。その独立…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 経済安定委員会 第7号(1950/12/08、24期)

タバコの民営問題がわれわれの耳に入りましたのは昨年のことであつたのでありますが、伝えられるところによりますと、それより先、すなわち昭和二十二年十月BAT販売部門主席テレル氏が、日本を訪れまして、共同通…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 経済安定委員会 第1号(1950/12/10、24期)

この際、従来いろいろ設けられておりました小委員会と並びまして、前国会の末期に本委員会において取上げましたところの外資とタバコ民営に関する問題について、小委員会を設置されんことを望みます。本問題は、外…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 経済安定委員会 第4号(1951/02/06、24期)

ダレス特使が来朝されまして、講和の問題が目下国民の最大関心事になつております。講和の一つのコーラムとしまして、安全保障の問題がわれわれにとつて大きな関心事になつておることは申すまでもありません。この安…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 経済安定委員会 第5号(1951/02/07、24期)

ダレス特使が来朝中でありまして、講和問題について政府並びに各界と意見の交換をなされておるが、その講和に関連して最も関心を持たれておるのは安全保障の問題であります。同時に自立経済の問題も同様なウエイトを…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 経済安定委員会 第6号(1951/02/09、24期)

ただいま西川政務次官並びに久米監理官から、専売制度協議会についてごく簡単な説明がございましたが、疑問のところがあります。西川政務次官の御発言によりますと、民営について結論が両論ある、その両論というのは…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 経済安定委員会 第8号(1951/02/20、24期)

自立経済の計画についてお尋ねしたいのでありますが、輸出について中国市場を除かれておるわけでございます。特に二十六年度については除かれておるわけですが、通常であれば、二十六年度においてはどの程度中国市場…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 経済安定委員会 第11号(1951/03/06、24期)

物価庁ではマル公を撤廃されるそうでありますが、先ほど政務次官から、その撤廃の理由として三つほどあげられました。そうしてその品目として五、六十品目というお話でありましたが、それぞれ理由によつてどういうよ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 経済安定委員会 第14号(1951/03/17、24期)

各委員からいろいろ御質問がありましたので、私の聞きたいことも相当それによつて盡されておるので、できるだけ簡單に御質問いたしたいと思います。現在の政府は、統制解除の方向をたどつておるわけでございますが…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 経済安定委員会 第15号(1951/03/19、24期)

臨時物資需給調整法の一部を改正する法律案に関しまして、民主党を代表して討論をいたします。議題となつた本案の内容のうち、期限を一年間延長する点については、われわれは何ら異存はないのであります。しかしな…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 経済安定委員会 第18号(1951/03/23、24期)

外資とタバコ民営に関する小委員会の経過につきまして、小委員長、永井英修君にかわりまして御報告申し上げます。外資とタバコ民営に関する小委員会は、昭和二十五年十二月十一日設立せられまして、永井英修委員を…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 経済安定委員会 第20号(1951/05/18、24期)

マーカツト局長の声明の中に、調達命令長期的に発し得る総合計画は存在しないという言葉がありますが、これについてどういうお考えを持つておりますか。次にお伺いいたしたいことは、次のような文言があります。「…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 予算委員会 第12号(1951/11/02、24期)

専売裁定につきましては、昨日大蔵大臣から、また本日官房長官から御答弁があつたのでありますが、要するに公共企業体労働関係法第十六條第二項の規定によつて国会の議決を求める、そして公共企業体労働関係法第十六…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1951/11/08、24期)

提案理由の説明によりますと、専売裁定は公共企業体労働関係法第十六條第一項の規定に該当するという御見解でありますが、「第一項の規定に該当する」とは、公共企業体の予算上不可能な資金の支出を内容とすることと…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 労働委員会 第4号(1951/11/10、24期)

ちよつと関連して……。公共企業体労働関係法から、政府に義務が出ないという今の御説明だけでは、ちよつと納得できないのです。もう少し詳しく御説明願いたいと思います。それでは法律的関係がはつきりしない。公労…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 労働委員会 第5号(1951/11/12、24期)

ちよつと今野委員の御質疑に関連して質問いたしたいと思います。日本専売公社と日本国有鉄道については、給与総わくという特別の概念が二十五年度からつくられておりますが、どういう動機でおつくりになつたのか、ち…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 大蔵委員会 第38号(1952/03/25、24期)

今中馬君からもお話がありましたように、タバコの収納代金に対する課税については、いろいろ問題があつて、特に他の農作物との不均衡が問題にされておるようです。それで徴税の技術からいいましても、一昨年私が香川…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 地方行政委員会 第59号(1952/06/02、24期)

今度の警察法の一部を改正する法律案の提案理由によりますと、いろいろ警察法を改正しなければならない理由が書かれているが、理由は別にしてなせ警察法の一部を改正するようになつたか、動機をひとつ法務総裁に伺い…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 通商産業委員会 第18号(1952/03/25、24期)

石油及び可燃性天然ガス資源開発法案に関連して、帝石の問題について御質疑を申し上げたいと思います。この法案が通りますと、いろいろな面で、日本石油採堀の九六%を占めている帝石にとつて大きな影響があります…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1952/02/11、24期)

専売裁定につきましては、前国会の本委員会において、各党の一致をもつて裁定を尊重することになりました。従つて当時提案されておりました公労法第十六條第二項によつて国会に承認を求めるの件は、政府において取下…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 労働委員会 第5号(1952/03/05、24期)

本日は帝国石油における組合役員の不当解雇の問題について、御質疑をいたしたいと思います。帝石における労働組合は、昨年末の賃金やボーナスの件でストライキが行われまして、一時解決したように思われましたが、本…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 労働委員会 第7号(1952/03/14、24期)

失業保険法の改正法案を提案されましたが、この際大臣にお伺いしておきたいことは、再開国会以後本委員会に提出された法案は、ポツダム政令の整備に関する法案とこれと二つでございます。今国会に政府はどういうよう…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 労働委員会 第10号(1952/03/28、24期)

夏時刻法は、日本の実情に適さず、特に労働者あるいは農民あるいは家庭の主婦等には過労の原因となるので、廃止する必要があると思います。ただいま共産党から同趣旨のこの法律案の提案理由の説明がございましたが、…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 労働委員会 第11号(1952/04/26、24期)

労働大臣の労岡ストの経過報告を伺つたのでありますが、十八日のストの規模をもう少し詳細に伺いたい。そうでない場合におきましては、退時退庁というのは当然のことでありますので、さような範囲におきましては、…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 労働委員会 第14号(1952/05/16、24期)

労働大臣にお伺いいたしますが、五月十二日に労働大臣は労闘、総評の代表と会見されたそうでありますが、その会見の経過並びに所戒場について御報告を願いたいと思います。労働大臣に伺います。ただいま法務総裁か…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 労働委員会 第15号(1952/05/17、24期)

ただいまの顔触れにちよつと不足しているところがあるかと思いますので、申し上げたい。というのは、今回の改正には公労法の改正があります。公共企業体としては国鉄、専売両者とも理事者側から二名も代表が出ている…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 労働委員会 第16号(1952/05/21、24期)

野々山君に伺いますが、不当労働行為をやつたときに、これに対して命令または指示ができる、しかしそれ以上の救済措置がないじやないかというお話であります。そしてあなたはそれに対して、労働組合法二十七条以下を…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 労働委員会 第19号(1952/05/24、24期)

改進党を代表して、今回の労働関係法に対する修正案の趣旨弁明をいたしたいと思います。政府の今回の改正案は、今日の労働法における緊急の問題点を根本的に解決する態度はまつたく見られないのであります。特に本労…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 労働委員会 第20号(1952/06/09、24期)

労闘ストの第三波の第一陣が七日の目に行われたのですが、電源ストがあつたと思います。今までのストで、電源ストが大体どういう規模であつたか、伺いたいと思います。なお労働金庫法の関係で熱りますが、これは議…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 労働委員会 第21号(1952/06/11、24期)

本請願の要旨は、昨年以来、政府は講和後における経済自立並びに講和に基く政令の法制化等を理由として、労働諸法規の改正を検討されていると聞くが、現行労働法規は終戦後日本民主化の一大要素として制定されたもの…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 労働委員会 第26号(1952/06/30、24期)

最近全鉱関係の中で、古河等の会社における争議が相当深刻化しております。先般足尾銅山に参りましたところ、ちようど争議のまつ最中であつた。大体今日までストを行うことすでに五回、十日間にわたつておる。栃木県…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 労働委員会 第28号(1952/07/28、24期)

では逐條別に労働金庫法案について質疑をいたしたいと思います。第一條に、この労働金庫の目的として、労働金庫を組織するものとして、労働組合、生活協同組合その他労働者の団体ということが掲げられてありますけ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 労働委員会 第29号(1952/07/29、24期)

まず委員長にお伺いしますが、きようは提案者側からどなたが御出席になつておられるのですか、ちよつと伺いたい。まず第二條に消費生活協同組合を労働者の団体の一つの例示規定としてあげておるのでございますが、…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22