小高熹郎衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

24期本会議 - 26期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  0回発言      0文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  2回発言   4578文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  0回発言      0文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  1回発言    804文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  0回発言      0文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  3回発言   5382文字発言

本会議発言一覧

第6回国会 衆議院 本会議 第15号(1949/11/24、24期)

私は水産省設置への意見を開陳いたします。本年四月上旬より五月にかけまして、約四週間にわたり、米国陸軍省並びに国務省よりの推薦と同時に、総司令部マツカーサー元帥の招聘に応じ、米国漁業使節団として、水産業界を代表する一流人物ともいうべきエドワード・アレン、フレデリツク・バンディー、ドーナルド・ローカーの………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第19号(1949/11/28、24期)

ただいま上程されております漁業法案及び漁業法施行法案の修正案に対し、私は民主自由党を代表して賛成意見を開陳せんとするものであります。世界経済への一環として、海国日本が漁業生産力を発展させ、同時に漁業の民主化をはかることは、けだし食糧問題、国民栄養に関する問題及び外貨獲得の見地からしても、当然のことと………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第29号(1951/03/31、24期)

ただいま議題となりました漁船保險法の一部を改正する法律案について、その概要と、水産委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず提案の理由と、そのおもなる内容について御説明いたします。近年支那東海及び北海道の近海においては、漁船の拿捕、抑留等の事故が頻発し、なおこの種の事故が、最近にお………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

24期委員会 - 26期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員  1) 11回発言  20282文字発言
  第6回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  4回発言   2603文字発言
  第7回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38) 14回発言  15786文字発言
  第8回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員  2)  9回発言  11108文字発言
  第9回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  3回発言   9289文字発言
 第10回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 35) 15回発言  23781文字発言
 第11回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言    846文字発言
 第12回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  8回発言  14503文字発言
 第13回国会 49回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 45 委員  2) 22回発言  31426文字発言
 第14回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  24期通算 206回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 92 委員112) 87回発言 129624文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 水産委員会
           206回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 92 委員112) 87回発言 129624文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 水産委員会理事(第5回国会)
 水産委員会理事(第8回国会)
 水産委員会理事(第9回国会)
 水産委員会理事(第10回国会)
 水産委員会理事(第13回国会)
 水産委員会理事(第14回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1949/03/26、24期)

先ほど水産廳長官から、一百億ぐらいの希望をしておるがという御意見でありましたが、ただいま安本関係の話を聞きますと、まことに寂寥というより、お話にならない。かようなことで、日本の重要産業たる水産がよろし…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1949/03/30、24期)

私は農林大臣に国の根本政策を伺いたいのであります。それから金融問題が生じて來ると思うのであります。物を持たない日本を、どうして物を生み出す日本に切りかえて行くか。これはけだし国をあげての大問題であり、…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1949/04/02、24期)

総体論といたしまして、水産行政の整備について伺いたいのであります。それから関連しまして、金融関係が生じて來ますので、一應総体的に水産行政の整備について質問いたします。わが国の国内資源を開発して、経済…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1949/04/06、24期)

先ほどの松田委員、冨永委員、玉置委員、この三委員の答弁の中に、私もどう上手に聞いても割りきれないものを多々感ずるのでおります。しかも質問者ははつきりとした回答を求めているにもかかわらず、はつきりしたお…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1949/04/09、24期)

繁殖保護をはかりながら漁獲をして行く。これはただいま水産を語る場合の根本的な問題であろうと思うのであります。ただいま先輩からいろいろ御意見もございましたが、私は一例を貝にとつてみます場合に、昭和十五年…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第12号(1949/05/12、24期)

この漁業法案は、おそらく今回の国会におけるところの最大法案の一つであると私は考えておるのであります。内容において百四十五條に達し、そしてこれが画期的なる使命を考えますと、この法案によつてまたわが国が真…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1949/05/20、24期)

愛知銀行局長はたいへんお忙しいようですから、きわめて簡單にお尋ねいたしたいと思うのであります。先般私は農林大臣に、わが国の水産業の重要度、ウエートの問題を問いただしましたところ、農林大臣は、明快に重要…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第24号(1949/09/08、24期)

本法は過ぐる第五同国会のおいて最大の法案に属する、けだし百四十五條からなる大法案であると同時に、またこれが漁業の憲法であるから、しつかり委員は審議してもらいたいというような意図が政府にある以上、私ども…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第25号(1949/09/09、24期)

漁業法案業第三十七條の項目について、当局の意見をただしたいと思つております。常識が法律を生み、また常識と社会通念の備わらないところの法律というものは、股鑑遠からず葬むり去られるという一つの信念をもつて…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第26号(1949/09/10、24期)

ただいまの七十四條に関する問題でありますが、私は今砂間君から意見のありました、われわれの民選知事の紬権限を認めないというような、そういう知事を否定するような議論ではありません。この知事のある程度権威を…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 水産委員会 第30号(1949/09/29、24期)

政治は断じてゆがんでおつてはならない。正しき常識の上に立脚した政治でなければならないと思つているのであります。私は先般狩野川及び静浦の事情をつぶさに実地踏査いたしました結果、私の頭に映じましたのは、実…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1949/11/12、24期)

時間もないようでありますから、きわめて簡單に御質問申し上げます。水産金融が極度に恵まれない地位に置かれるということは、すでに相当の議論があつたと了承しているのでありますが、私はそれを計数的に一つの基礎…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1949/11/15、24期)

ただいまのかんてんの輸出の問題でございますが、私が仄聞したところによりますと、おもなる輸出先アメリカにおいては、最近、かんてん代用の、骨から取る優秀なものが発見された、というよりつくられるようになつて…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第12号(1949/11/19、24期)

先般本委員会において、愛知銀行局長が御出席の際に、漁業者に対する金融がはなはだ措置が乏しくて問題にならぬ、これについで強力な結果を望むのであるが、それには一応われわれ全国の漁民が負担しておるところの税…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第18号(1949/12/02、24期)

資材の小委員会は十一月二十二日、通産省の綿業課長、水産庁の資材課長の出席を求めまして、大体において災害用資材のうち、綿糸布については補給金を出すのが当然であるという議論、及びただいま綿業課長からいろい…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1949/12/20、24期)

水産行政を語る場合、水産教育というものが大きく取上げられなければならないのでございますが、先ほど委員長の指名せられました小委員会及び委員会のうちに、水産教育という面が織り込まれておらないということを非…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1949/12/22、24期)

漁港法という漁業関係に特殊の銘打つたものをつくろうとする動機がなへんに存するかということを考えますとき、そこに先ほど来論議されておりまする港湾法、大づかみに見ました商港と漁港を一括したものの力よりも、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1950/01/26、24期)

海国日本が資源の枯渇を防ぎ、あるいはまた国際的に失墜せるところの漁業上の信用をとりもどして、講和條約に備えんとする、日本の経済体制を整えんとすることは、この水産資源枯渇防止法という法案を政府が提出した…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1950/02/28、24期)

ちよつと伺いたいことがあります。これは千葉県の九十九里海岸に起つている事象でございますが、米軍の実彈射撃によつて漁業者が非常な影響を受けまして、今や打続く不漁のために疲弊困憊をしているその上に、ちよう…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第21号(1950/03/16、24期)

水産金融の面につきまして、はなはだしくこの面が虐待されておるような気がいたしまする関係上、昨年の十一月と思いましたが、私は大蔵省当局に向いまして、全国の各業種別の納税基準を示してもらいたい。そり納税を…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第26号(1950/04/01、24期)

水産庁にお伺いいたしますが、従来陸の道路及びその他の運輸施設亦ら見ますと、海の漁港は非常に置き去られておる。置ぎ去られておるものをとりもどすという感覚において、この漁港法案なるものがここに現われたとい…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第28号(1950/04/07、24期)

ただいま福田委員並びに鈴木委員から沈下物に対するところの魚田を開発する措置について、真劍なる議論がかわされているのでありますが、最も近い例として、すみやかにこれを解決しなければならないというところから…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第34号(1950/04/20、24期)

請願第一八四号、魚族資源の維持培養に関する請願。本請願の要旨は、わが国の漁業不振と漁場の荒廃は、戰時戰後を通じての盲目的食糧増産により、その危機を招来したが、その復興再建の基本的要件として、漁民生活の…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第35号(1950/04/22、24期)

関連して、本日の日本経済新聞によりますと、総司令部ヨー班長談としてこういうことが出ております。「漁業改革促進を要望、総司令部ヨー班長談。総司令部天然資源局漁業課経済班長H・W・ヨー氏は二十一日の記者会…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第36号(1950/04/24、24期)

いろいろ双方の議論があるようでございますが、本問題は、先ほど平井委員からも御意見がありましたように、このまま時間をとるというのはどうかと思いますので、両院協議会において、双方の意見を十分に闘わした上で…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第37号(1950/04/25、24期)

本法案はらつこ、おつとせいの繁殖保護の実効を期するためという、この趣旨は一応了解できるのでございますが、ただいま問題となつておるところの遠洋漁業といわず、また沿岸漁業といわず、魚類の繁殖保護という問題…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第39号(1950/04/27、24期)

生鮮魚介類の統制撤廃後における市場関係の事柄でございますが、最近非常に生産者は迷惑をしております。ことに最近のにしん漁の状態あるいはさば漁の状況が、これを如実に物語つておるのでございます。今までの荷受…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第42号(1950/05/02、24期)

電波を利用して生産の増強を期するということは、けだし今日の日本に與えられた産業開発面の大なる現われでなければならないと思います。電波に関するいろいろの法令が制定されたことは、まことにけつこうであります…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第44号(1950/07/01、24期)

ただいま水産関係者のあげての議論といたしまして、一面において魚類の繁殖保護をはかりながら、またこれを合理的に採捕して行く。そういう意味において以西底びき網の整理問題も、当然の結果として資源を保護すると…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1950/07/17、24期)

水産金融が著しく不円滑である、不自由であるということから、いろいろ議論がかわされておるのでありますが、私は一般金融が楽になれば、水産金融も緩和するだろうと思う。ところで一般金融が楽にならない。特殊機関…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1950/07/19、24期)

先ほど来参考人の方々の御意見を承りますと、むしろ国会において、水産金融の源を増強せよというような御意見を拝聴いたしまして、いささか私どもの聞かんとするところと相反したような、奇異な感がいたしたのであり…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1950/07/21、24期)

今海上保安庁からいろいろ答弁がありましたように、予算が確保できたとしたら、ただちにとりかかつてもらわなければいかぬのでありますが、その前に、八月十五日から解禁になります東京湾のいわしであります。本年は…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1950/07/24、24期)

水産貿易に関連しておると言えば言えるのございますが、資材の輸入についてお尋ねをいたしたいのでございます。私が昨年秋以来調査しました範囲において、カリフオルニアの綿花の耕作及びインド方面の綿花事情等、…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1950/07/29、24期)

千葉県豊浜漁港は勝浦漁港の東海岸に隣しておりまして、従来豊浜には簡單なる船ひき場を設けてあるのみで、他に何ら港らしき施設はなく、漁獲高は非常にこの地方は多いのでございまするが、非常な不便をかこつておる…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第11号(1950/07/31、24期)

二つの点について御質問申し上げたいと思うものであります。最初は委員長に対する御質問でございますが、先般本国会が開かれましてから間もなく、大蔵省の舟山銀行局長の出席を求めました際、私から水産金融の一部と…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第14号(1950/08/29、24期)

時間が大分経過しておりますので、きわめて簡單に海上保安庁及び水産庁に向つて質問いたしたいと思うのでございます。私は去る八月十七日から二十六日まで十日間にわたりまして、広島県を振り出しに青森県まで、漁…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1950/10/06、24期)

補正予算のうち漁業制限に関して、九十九里浜を中心といたします演習による漁業制限、これらによる補償料といたしまして、一億二千四百万円、これがほぼ決定に近いというような話が、先ほど水産庁長官からあつたよう…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1950/10/21、24期)

北海道の巻網の入漁問題について意見があるのでありますが、これは二十三日にあらためて質問いたしたいと思うのでございまするが、ただ一点、先ほど漁港問題につきまして川村委員から紀州の勝浦港に対する御意見があ…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1950/11/24、24期)

私の担当いたしました国政調査の概要について御報告いたします。まず御報告に先だちまして、本調査のため調査地における各県の御当局はもちろん、県議会、地元市町村首脳部の方々や県漁連の幹部、地元漁民多数の御援…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1950/11/25、24期)

水産教育に対して政府への質問をいたしたいのでありますが、文部当局からは、どなたがおいでになつておるか、これをまず伺いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1950/12/05、24期)

関連して質問いたします。わが国の産業を語る場合に、当然の結果として考えられるものは動力源であらねばならぬと思われます。その動力源とは何があるか、第一が電力であり、第二が石炭であり、それと並行するものに…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1951/01/29、24期)

水産資源枯渇防止ということは喫緊の大問題であるのでございますが、これに対しまして、水産資源枯渇防止法案が前年施行されたのでございますが、その後沿岸漁業にもこの種の法律を適用して、たくましく資源の保護を…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第13号(1951/02/22、24期)

岡崎官房長官にお尋ねしたいのであります。物を持たざる日本を、どうして物を生み出す日本につくりかえて行くか、経済建設をして行くかということに関しまして、海をたたいて水産日本の実をあげようということは、け…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1951/02/27、24期)

田作さんにお尋ねいたします。あなた方が非常な苦労をなさつておられることにつきましては、私ども何とかこれの解決をしなければならないと、ただいま腹をきめてかかつているのでございますが、先ほどあなたの説明で…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第18号(1951/03/06、24期)

ただいま政府が、国内の食糧の自給自足体制を樹立して、そうして国民食糧の安定をはからなければいけないという線に向つて強度に動いておるということは、おそらく国有鉄道関係者においても御了承のことと思われるの…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第21号(1951/03/17、24期)

私は大体二点についてお尋ねいたしたいのであります。その一点は水産研究所の報告を求める件と、いま一つは漁業権証券に関する問題であります。最初に水産研究所の報告を求める件でありまするが、これは先般講和条…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第22号(1951/03/20、24期)

いささか専門的になるのでありますが、私もこのさんまの魚体が非常に小さくなつて、このまま手を尽さないならば、さんま資源は枯渇をしやしないかと非常に苦慮しておる一人でございます。先ほど来松田委員との間にい…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第27号(1951/03/31、24期)

本案に対しましては別に問題もありませんので、質疑及び討論を省略し、ただちに採決せられんことを望みます。本案に対し原案の通り可決するに異議なき方の御起立を願います。会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第29号(1951/05/10、24期)

水産庁当局に、米軍用船による漁具被害に対する損害補償に関して質問いたしたいと思うのでございます。この問題は去る昭和二十六年二月十五日の出来事でございますが、千葉県の安房郡と君津郡の境に保田の鋸山がござ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第32号(1951/05/17、24期)

私はさんま漁業なるものが北海道に偏してはならない、これは全国の漁民がとるべきものである。かように考えておるのであります。ことに北海道から和歌山兵、四国周辺にかけましては、長い関の十行がさように相なつて…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第34号(1951/05/22、24期)

漁業法が最初に国会に提示されたのは二十三年と記憶しております。おそらく二十二年の暮れにこれが着想されたと思うのでございまするが、爾来わが国の経済界は、除々にインフレ事情に入りまして、当時二千数百億であ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第35号(1951/05/24、24期)

私は大蔵大臣にお尋ねいたしたいのであります。それは最近の貨幣価値と百七十億の漁業権証券の問題でございます。御承知の通り、漁業法を着想いたしましたのは、昭和二十二年末と記憶しておるのでありますが、昭和二…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第36号(1951/05/26、24期)

一八、漁業経営費増大及び漁価低落防止対策に関する請願であります。これは青森県旋網漁業協同組会長秋山君ほか五名の請願であります。本請願の要旨は、最近における漁業経営費の増大と魚価の低落に対する防止策とし…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第39号(1951/06/02、24期)

ただいま石原委員より、本問題について農林中金の湯河理事長に対する希望意見があつたのでございまして、その点私も同感でございますが、この漁業改革に要する画期的な百七十何億、これが現金化されないということは…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第40号(1951/06/05、24期)

先般の委員会におきまして、漁業制度改革による漁業権証券の現金化は、政府もわれわれ国会議員も連帯責任において、この歴史的な漁業改革を遂行すべく、協力一致してかからなければならないということを申しておつた…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第41号(1951/08/06、24期)

国政調査九州班を代表いたしまして、調査の大要を御報告いたします。本班の参加委員といたしましては、水野、小高の二人でございまして、地元委員として、長崎県においては田淵委員が参加せられたのでありまして、…会議録へ(外部リンク)

第11回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1951/08/18、24期)

このさんま問題につきまして、北海道の議員の方々から、この解決に対してきわめて誠意ある提案をなされたということについては、私ども非常に欣快に思つているのでありまするが、この際水産庁当局に一言申しておきた…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1951/10/12、24期)

ただいま物価庁及び安本の燃料課長から、石油の価格改訂問題について御説明がこぎいましたが、私どもは本問題について、すこぶる解せない二点を見出さざるを得ないのであります。その一点は、最近の石油類の様子を見…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1951/10/16、24期)

ただいま水産庁長官から漁業法の一部を改正する法律案につきまして説明がございましたが、この間私どもが心配しているのは、かような基礎ができましても、取締りが徹底できるかという問題でありまするが、この点につ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1951/10/20、24期)

漁船保険の説明をする前に、緊急の問題でありますので、大蔵省当局にお尋ねいたしたいと思うのであります。それは昨年すでに公布になつておる継統の問題でございますが、九十九里を中心として全国十何箇所かに実弾…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1951/10/30、24期)

漁業取締りに関連する問題について伺います。先般の委員会において、かつお漁に旋網を禁止したらどうかという意見があつたそうでありますが、これに対して、私は強く反対の意思を表示するものであります。その理由と…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1951/11/08、24期)

漁業災害は、演習によるもの及びこれに類する諸種の損害のために非常に漁民が嘆いておるのでございまして、この根本的な問題についてはもとより漁民もよく了承しておるところでありまするが、相なるべくは障害を少く…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第12号(1951/11/13、24期)

重油の値上げにつきまして、事務的なあり方についてお尋ねいたしたいと思うのであります。物価庁が考えておられるところのB重油の輸入価格は、一トン当り何ドル何十セントになつておるか。私どもの考えておることと…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第13号(1951/11/15、24期)

漁港法の一部を改正する法律案のうちで、第二十條の二に「漁港施設で他の工作物と効用を兼ねるものの漁港修築事業の費用の負担については、漁港修築事業の施行者と当該工作物の管理者とが、協議して定めるものとする…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1951/11/21、24期)

水産金融の問題について、水産庁当局にお尋ねをいたしたいのであります。ただいま私どもが水産金融でいかに悩んでおるかということは、すでに論をまたないのでありますが、なかんずく昨年は、漁業の演習による災害…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1951/12/13、24期)

私は漁港予算についてお尋ねをしたいのであります。昨年度と本年度と比較し、あるいは二十七年度をおもんぱかります際に、当然物価の値上りその他の環境から、漁港予算はある程度増額されなければならない、かように…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1952/02/09、24期)

漁業権証券の交付と相まちまして、これが資金化の問題は一日も早くしてもらいたいということは、全国漁民からの要望であるのでございますが、これが出そうはなかなか出ない。それから資金化されそうであつてなかなか…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1952/02/13、24期)

私は水産庁長官に利子補給の問題についてお尋ねをしたいと思うのであります。塩見水産庁長官は、かつて農林省の大臣官房長をなさつておられて、その傘下に農林金融課を納めておりましたので、農林水産関係の政府資金…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1952/03/03、24期)

塩見水産庁長官にお尋ねしたいのでありますが、ルース台風による漁業災害復旧の資金融通に関する特別措置法も本委員会を通過して、ここに一段と力強きものを覚えることはまことに欣快でございますが、これに関連いた…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第17号(1952/03/05、24期)

昨日の本会議において、ルース台風による復旧資金の特別措置法案が成立いたしたのでございますが、この法案を検討いたしまするに、臨時措置として十五億の政府資金を融資として貸し出すということに相なつておるので…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第20号(1952/03/15、24期)

ちよつと平塚さんに簡単にお伺いします。私ちよつとおそくなりまして、途中からお話を承つたのでありますが、アメリカのまぐろの関税が上りましたことの動機について、われわれは、通商条約が完全に締結できて、しか…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第23号(1952/03/27、24期)

水産庁当局にお尋ねしたいのでありますが、先般来割当の問題で大分議論をかもしておりました北洋のさけ、ますの漁業に対する隻数の問題でありますが、これはどういうような割当になつたか、どういう方針であるか、一…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第28号(1952/04/04、24期)

日本開発銀行理事の梅野さんにお伺いいたしたいのでございます。開発銀行の資金源が、政府資金と復興金融金庫の回収金をもつてこれに充てられておるということはわれわれも了承しておるのでありまするが、昭和二十六…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第29号(1952/04/12、24期)

大蔵省銀行局福田総務課長にお尋ねいたしたいのでございますが、私どもはわが国の経済復興という意味におきまして、総合施策による祖国日本の経済復興をいかにすべきか、この総合施策をどういうように基本的に考えて…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第30号(1952/04/19、24期)

ただいま同僚議員の皆さんから、十勝沖の災害復旧に関する緊急資金の調達をどうするか、あるいはまたルース台風によるところの復旧資金が遅々としてはかどらないが、一体これはどうしてくれるのだというような、実に…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第31号(1952/04/22、24期)

関連して要望を申し上げておきたいのであります。ただいま石原委員から補正予算の問題が出たのでございますが、この際委員長と水産庁長官に特に要望をして、石原委員の補正予算の問題とからんで、ひとつ御考慮を願い…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第33号(1952/05/10、24期)

演習による災害補償の問題についてお尋ねいたしたいと思つております。さきの三国の漁業協定の成立といい、目下問題となつております朝鮮との漁業問題も着々進展することを期待しておるのでありますが、かかる環境…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第35号(1952/05/15、24期)

祖国日本が完全独立をいたしましてから、これらの演習による漁業上の災害補償について、どういうような方途を講ずべきかということについて、われわれもかねがね苦慮いたしておつたのでありますが、今回政府提出によ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第37号(1952/05/20、24期)

外務政務次官にちよつとお尋ねいたします。わが国の水産貿易を語る場合に、当然将来起つて来る問題であろうと思うのでありますが、為替レートの点につきまして、外務省当局の御意見を承りたいと思います。ただいま問…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第41号(1952/06/07、24期)

ただいま同僚委員と土屋外務省欧米局長との間に質疑応答がかわされましたが、私どもは、本問題はきわめて重大な問題でございまして、今ただちにこの時間をもつて結論を出すことは困難でありますので、本問題はこの程…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第42号(1952/06/10、24期)

ただいま問題となつておる水産業協同組合法の一部を改正する件でございますが、私はあらゆる角度から検討いたしますとき、すみやかに当委員会においてこの法案の賛成決議をして、その促進をはかるべきであると思うの…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第43号(1952/06/12、24期)

私は先般の当委員会において、八十九條を撤廃することについてはすみやかに撤廃すべしという意見を開陳したのでございまして、この趣旨においては依然としてかわりはないのでございますが、その後において内容を全般…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第46号(1952/06/20、24期)

ただいま議題となつております漁業災害補償の問題について、水産庁当局にお尋ねいたしたいのであります。それは先般当委員会において私から発言いたしました件に基きまして、伊東漁政部長は千葉県九十九里浜に出張な…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第48号(1952/06/27、24期)

この際水産庁長官にお尋ねしたいのでございますが、今回のダイナ台風による水産関係の被害が意外にも甚大でございまして、これに対して緊急なるところの救済措置を講じなければならないと思うのでございます。本委員…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第50号(1952/07/26、24期)

ただいま甲斐外務省国際局次長並びに伊東漁政部長から、日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障條約第三條に基く行政協定第二條に依り在日合衆国軍に提供する施設及び区域その他について御説明がございましたが、少…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第51号(1952/07/29、24期)

この問題は議論の余地はないのであります。われわれはさきに水産省設置を強く要望して参りました。たまたま先般も、水産庁が少しく基礎がゆれ出しはしないかというとき、われわれは満場一致これに対して水産庁を厳然…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第52号(1952/07/30、24期)

本間政務次官に一つお尋ねいたしたいのでございますが、水産貿易もさることながら、わが国が貿易による経済復興の一つの基礎論といたしまして、何か特効薬的な妙案はないというようなお言葉が先ほどありましたが、英…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22