春日正一衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

24期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  3回発言  10753文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  1回発言    619文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  4回発言   9350文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  0回発言      0文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  8回発言  20722文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第15号(1949/04/09、24期)

共産党を代表しまして、賃金の未拂い、俗に遅配といわれておる問題について質問いたします。ただいま前田君から大体のところは質問されたので、なるべく重複しないように質問したいと思います。その点、前田君の質問の條項は私も質問したいところであつたという点を含んで御答弁願いたいと思います。(「そんな緊急質問があ………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第23号(1949/04/28、24期)

簡單に反対の理由を説明します。緊急失業対策法案につきましては、今出て來ようとしておる失業者をなるべく多く雇おうとする趣旨には大体異論はないのでありますけれども、この法案の裏ずけになる予算がない、金のない仕事ができるかという問題であります。これが一つ。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第28号(1949/05/13、24期)

共産党といたしましては、この二つの法案に対して絶対反対であります。この法案がつくられた経過、あるいは提案に至るまでのやり口を見ますと、官僚だけがこそこそとつくつたものだという非難は、すべての人が言つておるのであります。これをここに出して來て、政府の説明を聞いてみますと、経済九原則の実施に即應するため………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第23号(1949/12/02、24期)

引揚げの重大な決議案の審議にあたつて、こういう議案を提出するということは、非常に遺憾なことでありますけれども、ただいま椎熊三郎君が砂開議員の懲罰の趣旨弁明をしている言葉の中に、引揚げを求める人たちが、ソビエト代表部の門前に行つて、二十四時間夜を明かした。そうしたら、彼らが、こういう行為に対しては“会………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第14号(1950/01/27、24期)

日本共産党を代表しまして、政府の施設方針に対して質問をしたいと思います。施政方針を見ますと、政府の労働政策は、賃金を上げないということ、首を切るということ、大体この二つに盡きると思います。これは、日本経済の隷続化から来るところの一切の犠牲をあげて労働省と農民に転嫁しようとする政策である、こう言わざる………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第31号(1950/03/28、24期)

金が出たから自然消滅になつた、確かにその通りであります。せつかく労働委員余で審議しておつたのに、何だか、いかれたようなかつこうになりてしまつた。これは確かであります。しかし問題は、金が出たからそれでいいじやないかということでないということは、この公労法の十六條に関する扱いというもの、これが国鉄裁定の………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第34号(1950/04/01、24期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま提案されておる議案に絶対反対します。この議案が提出された手続上の問題その他については、すでに言われておるので省きます。ただ、六千三百円という内容で従業員をあと一年使おうということが、いかに残酷なことであるかということ、これは提案者といえども――たとえば福岡電報局の………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第7号(1949/12/21、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、この法案に反対の意見を表明したいと思います。二千九百二十円ずつくれるというので、非常にありがたい法案のように見えますけれども、中身を調べてみると非常に迷惑な法案であります。ありがたいに迷惑がつく。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

24期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 23 委員  1) 15回発言  67450文字発言
  第6回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  4)  6回発言  25157文字発言
  第7回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員  3) 11回発言  38826文字発言

  24期通算  49回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 41 委員  8) 32回発言 131433文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 労働委員会
            40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 38 委員  2) 25回発言 122204文字発言

 懲罰委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  1)  3回発言   5149文字発言

 海外同胞引揚に関する特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   3388文字発言

 議院運営委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言    692文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 懲罰委員会理事(第5回国会)
 労働委員会理事(第5回国会)
 労働委員会理事(第6回国会)
 労働委員会理事(第7回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 懲罰委員会 第5号(1949/05/21、24期)

一つお伺いしますが、一番最初のお話で、神山君がばかやろうとか言つた、それであなたがとめに出られて、左の手でここを押えた、そうしたらうしろから来てポカつとやつた。こういうお話なんですけれども、ばかにそこ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 懲罰委員会 第7号(1949/05/24、24期)

共産党の態度は、すでにこの前の委員会でここで披露しました声明書に出ておる通りでございます。こういう問題を一つの刑事事件のように扱つて、根堀り葉堀り探して、本人に責任を負わせるというような解決はしたくな…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 労働委員会 第2号(1949/03/26、24期)

この議題に入る前に理事会で、この運営の今までの慣行を説明してもらいたいということを、あなたの方に言つておいたと思うのですが、それを説明せずに、いきなりそういうふうに入られてしまつて、あとから説明されて…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 労働委員会 第4号(1949/04/06、24期)

先ほど前田君の方から大阪の問題が質問されたのですけれども、そのほかに労働爭議に対して、警察あるいは裁判所というものが資本家と結託して、労働組合を彈圧するというふうに解釈される事態がたくさん起つている、…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 労働委員会 第5号(1949/04/16、24期)

一番先に商工省の関係で伺います。この間私賃金遲配の問題で、本会議でも質問したのですけれども、その後もそれが緩和するという方向でなくて、ますますひどくなつて來たという状態になつております。しかもその一番…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 労働委員会 第6号(1949/04/20、24期)

最近、日本電氣、沖電氣等の電氣産業関係は危機に至つているが、政府の施策が誤つているかどうか、この点について伺いたい。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 労働委員会 第7号(1949/04/23、24期)

今の点については、今日出されておる三つの法律案に非常に関連があると思います。そういう形で首を切るという問題が非常に應酬されましたけれども、では労働省の問題として実際どういうことになつているかといえば、…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 労働委員会 第9号(1949/04/26、24期)

今までの質問で大分こまかいことがありましたけれども、どうも政府の答弁を聞いておると、今の答弁にもあつたように給料を高くすると、著しく定着力が高くなつて困る。だからなるべく回轉を早くするというような、何…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 労働委員会 第10号(1949/04/27、24期)

この前に続いて質問します。この給付金額の点では各委員からも質問されましたけれども、この点が一番大事だというように私ども考えております。六十億で三十万救済するということになれば、一人二万円、六箇月にする…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 労働委員会 第11号(1949/04/28、24期)

共産党を代表してこの職業安定法の一部を改正する法律案、緊急失業対策法案、それから労働者災害補償保険法の一部を改正する法律案の三案に対して、反対の意見を表明するものでございます。職業安定法の一部を改正…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 労働委員会 第15号(1949/05/07、24期)

関連してちよつと……。この次官通牒が出たときに、私ら二月六日に当時の増田労働大臣にも会つて、こういうものを強制するのはけしからぬということで話を持つて行つた。そのときの話では、これは通牒であつて、決し…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 労働委員会 第16号(1949/05/10、24期)

この法規改正が首切り、企業整備、工場閉鎖、賃金引下げ、こういうので労働事組合を弱め、既得権を剥奪するために、提案されたものだという点についてこの間質問しましたが、そういうことはないというふうなお答えで…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 労働委員会 第17号(1949/05/11、24期)

ただいまの石野君の質問に対して、労働大臣あるいは賀來局長からの答弁があつたのでありますけれども、一体たれが改正を望んだかということに対して、今局長の答弁では、労働委員会がこれを望んでおつた、これには労…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 労働委員会 第19号(1949/05/18、24期)

 この珪肺というのは、今まで金属鉱山とか、炭鉱にあるのが普通だつたとされておつたのでありますが、最近では非常に労働條件、いろいろの設備等が悪くなりました関係で、たとえば東京、神奈川等の都市等に、珪肺が…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 労働委員会 第22号(1949/07/19、24期)

大体さきの話を聞いておりますと、どうもどこまで聞いたら、どういう返事がもらえるか見当がつかなくなつて参りましたが、最近労働争議に対して警察官が出て、国警なんかも動員されるというような場合があるのですけ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 議院運営委員会 第10号(1949/11/14、24期)

ぼくは初めてだから黙つておつたのだけれども、この問題はこういうことなんだ。つまり本会議で説明をした。ところがあとは違つておる。だからあの失言問題が出て来た。ぼくらは自分のうちに帰つて、近所の人たちの意…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 議院運営委員会 第13号(1949/11/19、24期)

委員会に回付してというけれども、たとえば失業問題にしても、労働委員会を再三開くように催促しておるか、委員長はやらない。そういうわけで審議はできない。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 懲罰委員会 第2号(1949/12/03、24期)

椎熊議員に質問しますけれども。そうするとあなたが懲罰動議を出したということは、砂間君が日本政府の数字を信用しない。つまり日本政府の数字を批判したから懲罰に値するというのですか。それからこのたび大蔵委…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 労働委員会 第2号(1949/11/21、24期)

あとで労働大臣その他からたくさん聞きたいことがございますが、一番先に失業の問題です。実際からいつて非常に数が少くなつている。特に八月に非常に少い。七月にうんと首切られたのだから、八月はうんと多くなつて…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1949/11/25、24期)

議事進行についてですが、ただいま前田委員からも発言がありましたけれども、大体国会が始まつて一月になるのに、今までに委員会が三回、最初の委員会では理事の互選だけで終つておるし、その後二回開かれて、それも…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 労働委員会 第4号(1949/12/01、24期)

先に決議案の案文を朗読いたします。失業対策促進に関する決議案会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第9号(1950/03/02、24期)

お年玉つき郵便はがきの問題ですが、あれは大体今年の正月のものは、どれくらい印刷して、どれくらい出たのですか。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第10号(1950/03/07、24期)

今の質問に関連します点から先に聞きますが、日高さんのお話を聞いておりますと、今後帰るには、戰犯の水準を切下げねばならないということも言われておるし、残つておる人たち、たとえばカラカンダにおる二百五十人…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 労働委員会 第1号(1949/12/16、24期)

ただいまいろいろ御説明がありましたが、たとえば東京都では、すでに完全就労というように言われておりますけれども、実は東京では受付けるけれども、就労させてくれないという、いわゆる締め出しがたくさんあるわけ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 労働委員会 第4号(1949/12/21、24期)

日本共産党を代表いたしまして、国鉄仲裁委員会の裁定の金額を全額支給すべし。つまりここに出された議案の承認ということについての討論を行います。大体この問題は、九千七百円に賃金べースを上げてもらいたい、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 労働委員会 第6号(1950/02/17、24期)

平林君にお聞きしたいのです。こういうことが言われておるのです。日本専売公社足立工場では、女工さんが約五百名おる。それが三千円前後の賃金で、しかもタバコの葉の粉末と、ほこりのむせるような中で、マスクもか…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 労働委員会 第7号(1950/02/18、24期)

労働大臣にこの間の続きでお聞きします。専売については、今度公労法で一億二千万円出せないということになつている。この間の大臣の答弁の中で、国鉄のときにはここで審議中折衝ができて、十五億何がし出るように…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 労働委員会 第10号(1950/03/24、24期)

いろいろありますけれども、さしあたつて出ている問題ですが、労働委員会が人が足らぬからふやしてくれという意味合いでなく、いろいろと説明があつたのでありますけれども、二十三年度と四年度で、大体各労働委員会…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 労働委員会 第11号(1950/03/29、24期)

最近労務管理が非常にひどくなつて来て、三菱横浜ドツクなんかでは、守衛に警棒をぶらさげさして監視さしている。これは明らかに基準法違反だと思う。脅迫、強制、こういう労働はいかぬということになつておる。警棒…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 労働委員会 第13号(1950/04/19、24期)

質問したいのですが、労災保險の掛金の滯納状況、そうして大体主として滯納が多いところは、どういうところが多いか、産業部門別、経営規模別、これをひとつ説明してもらいたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 労働委員会 第14号(1950/04/21、24期)

局長が忙しいから帰るという話ですから、そちらへ移りますけれども、大体今ある予算のわくですが、これがどれだけあつて、各職安にどういうふうに分配になつておるか、その点をお聞きしたいと思います。それからも…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 労働委員会 第15号(1950/04/24、24期)

川崎の職安の問題ですけれども、こういう陳情が来ておるのです。川崎の職安の労働組合から、川崎の職安の所長は、暴力を用いて自由労働者の運動を押えつけるということを考えて、一人に四十枚ほどのカードを與えた事…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

24期質問主意書

質問主意書提出数

 24期(1949/01/23〜)  7本提出

質問主意書一覧

自動車の販路拡張並びに月賦販売資金融資に関する質問主意書
第6回国会 衆議院 質問主意書 第47号(1949/11/17提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

三菱電機株式会社と兵庫警察署との結託による労働運動弾圧事件に関する質問主意書
第7回国会 衆議院 質問主意書 第35号(1950/02/08提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

呉市の失業対策に関する質問主意書
第7回国会 衆議院 質問主意書 第40号(1950/02/13提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

東日本重工業株式会社横浜工場守衛の警棒に関する質問主意書
第7回国会 衆議院 質問主意書 第53号(1950/02/22提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

日雇労働者の失業保険に関する質問主意書
第7回国会 衆議院 質問主意書 第56号(1950/02/25提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

一般職種別賃金(P・W)の告示廃止に関する質問主意書
第7回国会 衆議院 質問主意書 第63号(1950/03/02提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

国家公務員宿舎の家賃値上げに関する質問主意書
第7回国会 衆議院 質問主意書 第91号(1950/03/17提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22