国会議員白書トップ衆議院議員稲葉修>24期国会活動まとめ

稲葉修衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

24期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  2回発言   4161文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  0回発言      0文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  1回発言   3897文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  1回発言   3649文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  4回発言  11707文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第22号(1949/04/26、24期)

私は、民主党を代表して本決議案に賛成いたすものであります。われわれが文化のかおり高き民主的平和国家を建設するということは、内は憲法並びに教育基本法に盛られた国民的義務であるのみならず、外はポツダム宣言に基づく国際的義務でもある次第であります。いわゆる六・三制と称する新教育制度は、文化的民主国家建設の………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第30号(1949/05/16、24期)

私は、民主党を代表いたしまして、ただいま上程になりました教育職員免許法案並びに同法施行法案に対しまして反対意見を申し述べるものであります。教育職員免許法案及び同法施行法案の二法律案反対の理由を申し上げます。まず教育職員免許法案立法の目的は、一つは教育職員の免許に関する基準を定めるということ、第二は教………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第7号(1949/12/21、24期)

私は、民主野党派を代表いたしまして、仲裁委員会の裁定を全面的に承認し、すなわち四十五億全額を支拂うべし、従つて、先ほど報告されました委員長の内容には反対をいたすものであります。政府及び與党が、十五億五百万円以外は不可能だとし、残余は打切りだ、こう申しますのは、第一に、法律的に見まして違法であり、第二………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第46号(1952/05/27、24期)

私は、改進党を代表いたしまして、去る二十四日、本議場におきしまて、わが党の森山欽司氏が修正案を詳細に説明しましたが、その修正案に賛意を表し、不合理、欠点の多い政府原案に対しましては断固反対をいたすものであります。(拍手)反対の理由を申し述べます。まず第一に、労働関係調整法の一部改正案につきまして、政………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

24期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  1)  6回発言   5454文字発言
  第6回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  1)  4回発言   8832文字発言
  第7回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 11)  4回発言  19166文字発言
  第8回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  1回発言   3021文字発言
  第9回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第10回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第13回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  2回発言  12404文字発言

  24期通算  62回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員 30) 17回発言  48877文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文部委員会
            30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 24 委員  6) 11回発言  20088文字発言

 労働委員会
            19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員 11)  1回発言   6057文字発言

 考査特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  2回発言  10120文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   7177文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   5435文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 文部委員会理事(第5回国会)
 文部委員会理事(第6回国会)
 労働委員会理事(第7回国会)
 労働委員会理事(第9回国会)
 労働委員会理事(第10回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 文部委員会 第13号(1949/05/07、24期)

第二條、第三条、第四條につきまして、ちよつと御質問いたしたい。第二條の、出版権を取得しようとする者は、その資格について文部大臣の審査を受けなければならない。從つて、文部大臣の審査権は非常に重要なもの…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第14号(1949/05/09、24期)

この提案理由の説明の第四、柴沼政府委員の内容説明に関する第五條、第二項の点についてちよつとお伺いしたいと思います。免許状の授與権者についてでありますが、国立又は公立の学校の校長及び教員並びに教育長及…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1949/05/12、24期)

問題となつております第五條の第六号は現在におけるそういう政党その他の團体ではなくして、將來結成されることがあるべき非合法的政党及びその團体を予想してこれを規定しておられるわけでありますか。説明ではそう…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第18号(1949/05/14、24期)

私は民主党を代表いたしまして、本法案の修正案にも反対かつ修正部分を除いた原案に対しても反対の意見を申し上げたいと存じます。本法の目的は第一條に「免許に関する基準を定め、教育職員の資質の保持と向上を図…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第20号(1949/05/17、24期)

私はこの前に申し上げた理由によりこの一部修正案については、反対ではありませんけれども、わが党の立場もありますので採決に加わることをお断りしたいと思います。ことに東京文教大学を東京教育大学に変更する点に…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第23号(1949/05/20、24期)

「特定の政党の利害に関する事業を行い、又は公私の選挙に関し、特定の候補者を支持すること」を禁ずるというのですが、政治の座談会だとか、そういうことを行うことはいかぬですか。この程度で散会するに御異議ご…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 文部委員会 第6号(1949/11/19、24期)

松本君の意見に従い、理事会であきめを願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 文部委員会 第7号(1949/11/21、24期)

先ほど渡部君の学問の自由に関する質問に対する高瀬文部大臣のお答えに、二、三不明の点がありますから、もう少しお伺いしてみたいと思うのであります。党員たる大学教授、ことに共産党員たる大学教授が、ドクター・…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 文部委員会 第11号(1949/11/26、24期)

ちよつと議事進行について――。私学校案が今ここで質疑の段階に入るようになつた次第でありますが、この私学校案を提案するにあたつて、文部大臣は私立学校の教育を振興することは、わが国の教育全般の振興をはかる…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 文部委員会 第13号(1949/11/28、24期)

私は民主党野党派を代表いたしまして、私立学校法案に対する修正案並びに修正案を除く原案に対しまして、賛成の意を表するものであります。かつて東條内閣時代、私立大学の統合ということが行われた際、そうして当…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 考査特別委員会 第33号(1950/07/11、24期)

配炭公団の現地調査東北班の御報告を申し上げます。六月十九日、二十日、二十二日の三日間平市元配炭公団常磐支団事務所及び仙台市仙台管区経済局、盛岡市盛岡地方検察庁に関係者の出頭を求め、実情を聴取した結果…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1950/03/02、24期)

ただいま田嶋君がこの事件を取上げないという反対の理由を述ベられ、猪俣委員からも佐竹さんからも取上げるべきであるという主張がなされましたが、私はやはり取上げるべきであるという主張をするものでありますが、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1950/02/14、24期)

先ほどの岡田春夫君の質問に対しまして答えられた田中警視総監の発言中、不明な点がありましたので、関連してここに明らかにしておきたいと思います。佐藤昇氏に対する逮捕状の執行が一週間遅れた。なぜ遅れたかにつ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 労働委員会 第4号(1949/12/21、24期)

私は民主野党派を代表いたしまして、本案、すなわち公共企業体労働関係法第十六条第二項に基き、国会の議決を求めるの件につきまして、民自党の主張に対しまして反対の意思を表明する次第であります。本件は去る十…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 考査特別委員会 第2号(1950/07/26、24期)

証人がちよつと不適当と思いますけれども、一応念のためにお知りになつているかどうかをお聞きします。ただいま委員長からいろいろお尋ねがあつて、これに対してあなたは、配炭公団の業務局長としては、そういう点に…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 文部委員会 第41号(1952/07/03、24期)

委員長の報告により保留となつた請願第一八八、一九八、一九九の紹介議員として、本委員会で一応の趣旨の御説明を申し上げたいと存じます。本件は新潟大学新発田分校統合反対の請願でありまして、同じく留保になつ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第28号(1952/05/22、24期)

最近大学と警察との敵対関係が非常に激化されておりますが、これは文部大臣としてもきわめて重大にお考えになるべきことであり、わが国の治安維持に当る警察及び警察予備隊が、将来をになう大学生に非常に敵対視され…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22