国会議員白書トップ衆議院議員加藤充>24期国会活動まとめ

加藤充衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

24期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  1回発言   1329文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  0回発言      0文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  3回発言   6296文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  2回発言   3448文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  2回発言   6077文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  1回発言   3830文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  5回発言  13580文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30) 14回発言  34560文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第30号(1949/05/16、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、ただいま議題となりました決議案に絶対反対の意見を表明するものであります。大体において、この決議案上程の理由は、なぜ現下の憂うべきところの事態が出て来たかということに対する原因の追究を誤り、責任のたな上げをやつたものである。従つて、根本的にはその対策を誤つておる。こ………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第29号(1950/03/23、24期)

日本共産党は、ただいま一括上程の三法案に絶対反対の意を表明するものであります。一家心中、青少年の不良化を初め、近時犯罪統計の累増は、吉田内閣の不景気政策、すなわち中小企業の破壊、首切り、低賃金、低米価供出の結果、あるいはまた恐慌輸入とダンピング輸出を内容とする売国的協定貿易や外資導入政策の当然の結論………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第40号(1950/04/22、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、ただいま上程になつておりまする二法案に対して反対の意見を申し述べるものであります。まず最高裁判所における民事上告事件の審判の特例に関する法律案に反対の理由を延べまするが、大体人権の保障、私権の保護ということは民主主義の大眼目であります。しかるに、手が足りない、裁判………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第44号(1950/04/29、24期)

ただいま上程になりました法案に対しまして、簡単に、日本共産党は絶対反対の意見を申し述べるものであります。第一次世界戦争が済みました直後に、ドイツもいわゆる外資導入、とりわけ米国資本の導入に期侍するところが多うございまして、株式会社による資本の調達を容易化するために立法の変更をなすべきやというような問………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第7号(1950/12/02、24期)

一般職の職員の給與に関する法律の一部を改正する法律案の上程にあたりまして、日本共産党を代表して絶対反対の見解を表明するものであります。第一、公務員の給與を改訂するとしまするならば、少くとも現行六千三百円ベースに三千四百円を加えた、いわゆる九千七百円ベースとすべきであります。これは全労働者のせつぱ詰ま………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第9号(1950/12/05、24期)

私は、ただいま一括上程されました両法案について、日本共産党を代表して反対の意見を開陳するものであります。まず国家公務員に対する年末手当の支給に関する法律案について申し上げますが、国家公務員の給與の問題は、制度上人事院の恵管に属するところであり、年末手当も給與であります。しかるに、この法律案では年末手………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第27号(1951/03/29、24期)

私は、日本共産党を代表して、議員川上君の除名に反対するものであります。第一に、川上君の除名は、平和と独立を望む人民の声を封殺し、国民の前に真実をおおい隠さんとする、まさに政治的陰謀であります。(拍手)川上君の演説は、占領政策の基本原則たるポツダム宣言を尊重し、これが厳正実施を要望する立場に立ち、明ら………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第39号(1951/05/24、24期)

日本共産党は、ただいま上程された国家公務員災害補償法案に反対するものであります。第一、生活保障の最低賃金の制定というものを怠り、欺瞞的なペース給與であるとか、地域給のやりくりなどで糊塗して、賃金問題の本質の解決をそらしておる吉田政府や人事院が、この法案を今ごろ出して来たのが、そもそもそもさいのであり………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 本会議 第15号(1951/11/13、24期)

日本共産党は、行政機関職員定員法の一部を改正する法律案並びにその両修正案に断固反対いたしまして、これが撤回を強く求めるものであります。(拍手)本法案は、屈辱的講和條約と、日本人を再び━━に送り、その国土を━━とする日米安全保障協定の裏づけをなすものであります。日米合同委員会を最高の機関とし、継続され………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第25号(1952/03/27、24期)

日本共産党は、住民登録法施行法案に対しまして、戦争を憎み、平和を愛する国民とともに絶対反対するばかりでなく、どうしてもこれを粉碎せねばならないという考えを持つものであります。住民登録法は、現行の寄留制度と世帶台帳とを統合して、その欠陷を補足し、徴税、選挙、教育、生活保護、統計、住民の居住関係その他各………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第31号(1952/04/15、24期)

こういう議場で、わが党の反対討論を述べ立てることは、ぎわめて不本意な気持がいたしまするけれども、日本共産党が本法案に断固反対いたさなければならない理由を簡單に申し述べます。第二次世界戰争は、西欧においてはドイツ・ファシズム、アジアにおいては日本帝国主義が、それぞれ自国の支配階級のために世界を征服しよ………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第34号(1952/04/24、24期)

日本共産党は、本法案の撤回を求めるものであり、この法案に、絶対反対であります。第一、この法案は日米行政協定に伴うものであるというが、行政協定の内容は、明らかに日本国憲法にいう條約である。米国では国会の承認は必要でないかもしれないが、わが日本においては国会の承認を要すべきものなのであります。このことは………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第42号(1952/05/15、24期)

日本共産党は、本三法案の撤回を要求します。日本共産党は、本三法案並びに修正両案に絶対反対であります。政府は、平和條約発効後の治安維持のために本法案を提出したというのであります。しかし、政府の治安維持というものは、一体どんなものであるか。今般の日米両條約及び行政協定は、中ソ両国を敵視し、日本が米国の防………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第51号(1952/06/07、24期)

日本共産党は、まず裁判所侮辱制裁法案に絶対反対するものであります。諸君、何人も裁判を受ける権利を奪われないということは、裁判所の権威を規定したものではありません。国民の基本的人権の侵すべからざることを制度的に現わしたものであります。裁判官は断じて一般国民よりも上位の権威を有するものではありません。裁………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

24期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  7)  8回発言  15920文字発言
  第6回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  1)  9回発言  40271文字発言
  第7回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 21) 13回発言  77989文字発言
  第8回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   1958文字発言
  第9回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  5回発言  23083文字発言
 第10回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27) 23回発言  97870文字発言
 第12回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27) 15回発言  93497文字発言
 第13回国会 64回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 64) 34回発言 211441文字発言
 第14回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  24期通算 177回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員157)108回発言 562029文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
           100回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 96) 54回発言 318488文字発言

 人事委員会
            36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員 20) 26回発言  95176文字発言

 行政監察特別委員会
            20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20) 14回発言  66623文字発言

 内閣委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17) 10回発言  65743文字発言

 地方行政委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  3回発言  14189文字発言

 電気通信委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1810文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 人事委員会理事(第5回国会)
 人事委員会理事(第6回国会)
 法務委員会理事(第7回国会)
 人事委員会理事(第7回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1949/03/30、24期)

私どものお聞きしたいのは、今お聞きする相手法が適当な相手方じやないということが、今土橋君の質問のときに問題になつたのですが、私どもが縣念いたしますのは、なるほどこの提案の理由の中には、各公團とのつり合…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1949/04/01、24期)

これは前に土橋君から質問をし意見を述べられました点と関連いたすところも、問題が問題だけに多いと思うのでありますが、なるべくその点を省略して質疑を続けさせていただきたいと思うのであります。まず人事官の…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1949/04/02、24期)

昨日に続いて質疑をいたします。結論から申し上げますと失礼ですが、結局人事院としましては、国家公務員法の十二條の末項の方だと思いますが、人事院の権限なり職責を書いてあります。そういうふうなものと関連して…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1949/04/08、24期)

人事官に質問したいのですが、お見えにならないので、その間に時間をむだにしないために参考人の方にお聞きしたいのですが、どなたでもけつこうです。人事院からの指令の第一号でしたか、ああいうようなもので、四十…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1949/04/12、24期)

それに関連いたしまして、これは先般來入事院総裁の方からの御答弁なり、御見解の吐露があつたのでありますが、要するに現在の人事院の方では、いわゆる各省間のアン・バランスというようなことの調整に重点を置かれ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1949/05/13、24期)

関連事項ですが、これは將來のために、また現在のためにも聞いておかなければならぬことであると思います。人事院総裁に、非常に会期切迫の折柄、この政令の改廃に関連してお尋ねしたいことは、先般、いつごろだつた…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 人事委員会 第10号(1949/05/21、24期)

今までたびたび言われて來たことで、いまさら言う必要はないのですが、こういうふうな寒冷地手当及び石炭手当の支給に関する法律がここで問題になりましたので、あらためてなおここに人事院の方もいらつしやるようで…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1949/05/23、24期)

簡單にそのことに関連してお尋ねしたいのですが、中郵その他においてもずいぶん問題があるようですが、そのことはおいて、四十八時間の問題についてですが、今の長期健康障害者がたくさん出て來たということについて…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1949/11/17、24期)

委員長の松沢君への答弁について、共産党として一言申し入れをいたします。委員長は理事会的なものの意向によつて今日まで委員会を開かなかつたと申されましたが、われわれは給與べース等についても委員としてまた…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1949/11/19、24期)

私は主として公務員法の二十八條と百二條について質問したいと思うのですが、まず二十八條について、二十八條の給与改訂に関する規定の精神がスライド制をそのまま持ち込んだことではないけれども、いささかそれに類…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1949/11/21、24期)

殖田さんが来ておりますから、この機会にぜひお聞きしたいと思います。実は百二條の問題ですが、私は第一項について昨日来浅井総裁は、これは別に選挙権の行使を除くほか、新しい政治的活動の権利あるいは範囲という…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1949/11/22、24期)

きようは浅井総裁が見えませんので、山下人事官にお聞きしたいと思います。まずこれは職階制の問題にも関連いたしますからお聞きするのですが、ごく下世話な問題で新聞に言われている、そして十二日付で浅井さんも談…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1949/11/25、24期)

政府職員の新給與実施に関する法律の一部を改正する法律案について、たまたま御出席いただきました増田さんに質疑をいたします。いろいろ聞きたいことはありますが、ごく簡單に要点だけ述べておきたいと思います。簡…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1949/11/29、24期)

私は今までのことに関連いたしまして、一点だけお尋ねししたいのですが、それはウエートの問題と人物試験の問題です。現在人事院の見解としましては、いわゆる上級官職にある者について、資格試験をやらなければなら…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1949/12/01、24期)

きのうからお尋ねしていますが、地域給の問題なんかについても、勧告等の内容に加えられるか、あるいはまた地域給について、かねがね約束の人事院の方のお考えがまとまつてるかどうかを、お尋ねしたいと思います。…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 人事委員会 第10号(1949/12/02、24期)

本法案にかかげられました特別職の設置並びにその選任の方法、またそれに対する俸給額のきめ方、及びその額については、すでにそれらの基本となつた法案の審議の際に、わが党は反対の態度をとつて参つたものでありま…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1949/12/03、24期)

今委員長の御説明のところに了解しにくい点があるのであります。詳しくは申しませんが、一昨日提案趣旨の弁明が、それぞれ提案者からなされまして、その後に続いて例によつて例のごとくごくあつさりではありまするけ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1950/02/10、24期)

田嶋委員の質問に関連して一、二点お尋ねしたいのですが、それは田嶋委員が口を大きくして言つた下山、三鷹、松川のいわゆる鉄道事犯という問題なんですが松川事件なり三鷹事件なりが起きましたときに、今のような見…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1950/02/14、24期)

この前の委員会で私が少数意見について申し述べるという希望を持つておるということになつておりましたが、不幸にして調査に参加できません者として、少数意見ということもどうかと思われる節もありますので、そうい…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1950/02/28、24期)

今の処分をした理由は、人事院規則第十四條とかいうのですが、それはさておきまして、結局特定の政党の名前を出したということと、現在の吉田民自党政府を攻撃したというようにとられる点がけしからぬので、これが首…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1950/03/08、24期)

法務総裁が御出席になるまで、特審局長にお尋ねしたいのですが、わが党の委員の田中君の方から、先般特審局がなされたわが党の細胞並びに市委員会の告発の問題について質問がありましたが、それについてまだ御答弁が…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 法務委員会 第15号(1950/03/16、24期)

私の方ではこれに反対の意見を持つておるのですが、意見を述べてさしつかえありませんか。それから副検事の職務に必要な学識経験のある者ということについてですが、この点は検察庁法第十八條第二項の規定との関連…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 法務委員会 第16号(1950/03/16、24期)

ちよつと速記をとめて……。この際、先日の加藤委員よりの質疑に対し、最高裁判所より発言を求められておりまするので、国会法第七十二條により、これを承認いたすのに、御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1950/03/22、24期)

これに関連いたした質問を、前会も引続いてやつておりますが、問題になりまする渉外関係の裁判権について、最高裁判所側の見解は一応明確にされたのでありますが、裁判権の有無にかかわりませず、しからば日本の検察…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 法務委員会 第22号(1950/04/07、24期)

先ほど読みました中に、大住氏が、外国からの強制によつてやむを得ずやつているという向きもないではないと思うというようなことを言つておりますし、石井氏は、その問題について何も商法をかえなくても、臨時措置で…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 法務委員会 第23号(1950/04/08、24期)

外資の導入は私どももそのもの自体としては反対ではございませんが、いかなる條件で、いかなる性格の外資が入つて来るかということは、今われわれが最も関心を持つところなのであります。そのことについては、第一次…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 法務委員会 第24号(1950/04/10、24期)

二、三点質問したいと思います。内乱罪の予備を含めて、従来よりもやや幾らか広いということを言われたのですが、やや幾らか広い分については、これはどういうけじめを、だれがどういう権限でおやりになるのでしよう…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 法務委員会 第27号(1950/04/13、24期)

部分的な条文を追うて質問をさしていただきますが「六月をこえない範囲内において」ということは、更新というようなことはないのでしようね。それからそれに関連しますが、十四条以下に寄付金の募集の条文があるの…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 法務委員会 第33号(1950/04/22、24期)

私は日本共産党を代表いたしまして、本法案に反対いたすものであります。反対の第一理由は、人権の尊重、主権の保護ということは、今日最も関心を置かれなければならない重大な問題であります。いわゆる手が足りな…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 法務委員会 第37号(1950/04/29、24期)

私は共産党を代表して本法案に反対をいたすものであります。大体この法案は第二次世界大戦後における国際独占資本、ことにアメリカ資本の優勢確立に伴いまして、英米におけるところの会社、金融制度の世界的普及、…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1950/07/31、24期)

それでは、土橋君がやつたあとまわりをやりますので、簡單に一、二点の質疑をさせていただきたいと思うのですが、結局今までの浅井人事院総裁や岡崎官房長官の御答弁で、全面講和をから念仏だと人をばかにしたような…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1950/11/27、24期)

答弁に当られる政府側の出席も不十分なので、従つて質疑も十分にできないような気がするのですが、さしあたり質問を申し上げたいのです。新聞紙の報ずるところによりますと、地財では二十五日に政府並びに国会にあて…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1950/12/01、24期)

今超勤手当の問題を、直接このたびの給與ベースの提案の中に関係がないけれどもと言われて御意見を述べられましてまことにありがとうごさいました。年末手当の問題ですが、この点についても直接じやないのかもしれま…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1950/12/02、24期)

議事進行について、ただいまの時刻において地方行政、文部、労働、それから当人事委員会との連合審査が、問題は地方公務員法の案件についてでありますけれども、事の性質は決して簡單な問題の審議ではなしに、年末の…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1950/12/04、24期)

その点について関連してお尋ねしたいのですが、大体常勤的非常勤という概念、これは給与の支払い形態から来る概念ですが、その本質を承りたいと思います。副長官にまずその点を……。次にこの法案の内容について、…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1950/12/05、24期)

この前の本委員会で問題になつたことであり、今の岡田君の質疑に関連いたしますから、この際確かめておきたいと思うのでありますが、このたび地域給や調整号俸の引下げなどの行なわれました結果、事実上は給与の引下…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第2号(1951/03/05、24期)

そのことに関連してお尋ねするのですが、前の委員会が理事会で、問題を取上げるべきかどうかの問題が出ましたときに、日本共産党追放幹部未逮捕に対する治安担当機関の責任に関する件というようなものが、自由党の内…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第4号(1951/03/28、24期)

松野さんは今海上オルグというようなもののうわさを聞いたかと言つたら一、二聞いたことはあるというのですが、あなたが理解した海上オルグというものの理解の仕方並びに一、二聞いたことがあるという内容をお聞かせ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第9号(1951/05/22、24期)

証人は環境という問題と、個人の責任という問題と二つにわけて、しかも個人の責任を追究されるのが証人の立場上の職務であると、こういうふうに証言されておるのでありますが、それに関連していろいろと質問が出てお…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第10号(1951/05/23、24期)

三段窓ないしはいわゆる六三型という電車は、全国でどのくらい使用されておるのですか、概略でいいです。会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第14号(1951/06/21、24期)

三点ほど簡単なことを、事実関係をお尋ねしたいのですが、江川君と証人が会つたのは二十二年の春だとおつしやる。労働学校とやらが二十一年の暮れごろから二十二年の春ごろまで開かれていた、こういうのでありますが…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第15号(1951/08/15、24期)

山口委員からも、党を代表しての意見の開陳ではありませでしたが、発言がありましたので、私もその意味で一、二私の感じた事柄を、山口君の補足意見として申し述べてみたいと思います。大体国会の当行政監察委員会の…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1950/12/11、24期)

まずまつ先にお尋ねしたいのですが、財源がありさえすれば、人事院勧告に従つて、それの額のようなものを名目いかんにかかわらず出したいというお話だつたのですが、その点は間違いありませんか。大体先ほどから問…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1951/02/21、24期)

私は島根県下市町村の地域給存続の請願についてその理由を簡單に申し述べたいと思います。先ほど広島県江田島全官公署から、江田島の地域給昇格に関する請願が出されましたが、その中に理由の六のところの占領軍関…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 人事委員会 第13号(1951/05/31、24期)

順序が逆になつたので、前提が明らかになりませんから、はなはだ質問が唐突のように響くのは遺憾であります。私はそのことを意識しながらあえてお尋ねするんですが、進駐軍の関係の要員が二十八万有余人、約二十九万…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 地方行政委員会 第7号(1951/02/07、24期)

ちよつと関連してお許しを願いたいと思います。先ほど大橋法務総裁は理想的計画がどうかと藤田君から質問があつたときに、八分通りの腹案は持つておる、とこう言うのですが、私は言葉のあげつらいをするのではござい…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1951/02/17、24期)

簡單に一点だけお伺いしておきたいと思うのですが、昨年度におきましてのいわゆるお手元金、あるいはただいま問題になつておりまする憲法第八條の規定に基く、あるいは皇室経済法施行法による金の使途内容ですが、見…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1951/03/09、24期)

国家行政組織法の一部を改正する法律案について、ごく簡単に一点だけお伺いしておきたいと思う。あれほどやかましい、いわゆる行政整理で多数の者が首になつた痛ましい問題であつたのですが、この上の方のいわゆる雁…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 内閣委員会 第10号(1951/03/30、24期)

提案理由にありますように、文化資材としてまことに重要な紙類を統制するのは、やはり用紙の供給不足が原因になつておるようでありまするが、ここでお尋ねしたいのは、需要がふえるというだけで不足して来るのか、も…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1951/02/08、24期)

押谷委員の今の御答弁の中で確かめたいのですが、神戸の問題で、十一月二十日の問題なんですが、区長の神崎氏が軟禁状態にあつたので、警察が自発的に救難におもむいたというのでしようか。それから第二点は、区長…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1951/03/08、24期)

関連して二点ほどお伺いしたいと思うのでありますが、朝鮮の戦争が起る前後から、憲法で保障されております基本的人権、とりわけ言論や出版、集会、結社、団体行動というようなものの自由が制限されて来ております。会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1951/03/14、24期)

この委員会の運営の問題なのですが、役人どもが出張して来れば、これは公務多忙の折から御苦労であるに違いないのですが、やはり国会は国家の最高の意思機関なのでありまするからして、その委員会が必要であつて、捜…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1951/03/20、24期)

先般濠洲連邦の高等法院におきましては、さきに同国会を通過した共産党解散法というようなものの内容が違憲であるという判決があつたようであります。それとまつたく対蹠的に、最近の新聞によりますと、政府が取急ぎ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第12号(1951/03/22、24期)

関連して……。あなたの方の資料だと、関係弁護士会の意向がそうだつたというのですが、さすれば、あなたが「こやま」と言つたのは正式な地名は「おやま」だと私どもは理解しております。小山が栃木の管轄だとします…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1951/03/23、24期)

今の話で大体わかつたことは、新聞などの報道によりますと、朝鮮人マーケット、朝鮮人マーケツトと言われているのですが、総監が言われたように、俗称は国際マーケツトというところなんです。それからまずお尋ねした…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第15号(1951/03/27、24期)

今両参考人の言われておる実情は、実は東京都の都民世帯票条例というものの最初に規定されておるようでありまする、都民世帯票は、都民の世帯現況を明らかにし、生活必需物資の配給、その他都民生活の安定確保をはか…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第18号(1951/03/30、24期)

私は日本共産党を代表して、本法案の原案並びに修正案に反対するものであります。まず第一番に、原案よりも修正案が、委員諸君の御努力によつて、きわめて良心的に修正を受けたことは、私認むるにやぶざかでありま…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第32号(1951/05/26、24期)

今の点に関連して質問をいたします。言論と出版の自由は、基本的人権として憲法で保障されたものであります。それは同時に一片の行政権によつて断じて制限をしてはならないというのが原則であり、方針であります。さ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 法務委員会 第33号(1951/05/28、24期)

関連して一言お伺いしたいとと思うのですが、世界人権宣言の十九條には、「何人も、意見及び発表の自由を享有する権利を有する。この権利は、干渉を受けないで自己の意見をいだく自由並びに、あらゆる手段によつて且…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第2号(1951/10/22、24期)

あなたがいわゆる天狗橋墜落事件に関与し、関知した事柄について、検察庁で調べられたことがあると言われましたが、大体その点については当委員会であなたが申し述べたようなことを陳弁したのですか。田中君に申し…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第3号(1951/10/23、24期)

それではお尋ねいたしますが、検挙の糸口といいますか、発端いかんということは、先ほどあなたの証言の中に簡単に触れられたと思うのですが、大体その点について、これは聞込みか、投書か、あるいはまたそれを取上げ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第4号(1951/10/25、24期)

これはこの委員会の事務局で調べた資料によりますと、とにかく詐欺みたいなことをして手に入れた金の中で、残つたものがあるからお返ししたという金があるようになつていますが、そういう金はあるのですか。会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第5号(1951/10/26、24期)

使用しない材料を買い入れたようにして、金を浮かした事実もあるかのごとく聞いておるのですが、その点はいかがですか。最後にあなたにお尋ねしたいのは、そういう点で良心に誓つて、技術者として、監督者として悔…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第6号(1951/10/30、24期)

補助申請について地方から書類が参りますが、地方から中央に参ります補助申請には大体どういう役目の者がどういう順序で幾つくらい判が押されておるのでしようか。委員長代理着席〕会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第10号(1951/11/12、24期)

私、途中から出て来たのでたいへんどうも不見識な質問をするかもしれませんが、事態を明瞭にするためには必要なことだと思いますので、簡単に二、三点お尋ねしますから、簡単にお答え願いたいと思います。保管証を…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第12号(1951/11/15、24期)

簡單に筋だけをお尋ねしたいのですが、証人にまとめて聞いておいた方が都合がいいと思いますのでお尋ねいたします。専売公社、国務庁、会計検査院から調査に来たのはそれぞれ何回であるか、その日時、また何日かかつ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第13号(1951/11/19、24期)

まず本質的な方からやりますが、諸般の事情を考慮してあらゆる角度から検討する必要があつて、そういう立場で国会に対する報告書をまとめ上げたという、ところがそれを具体的に聞いてみますと、まずこの問題は国税当…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 内閣委員会 第2号(1951/10/12、24期)

一、二点お伺いしたいのですが、職業補導所で職業補導をやつた者の九〇%がおちついておるというのですが、その年齢、給與、就職先というようなものをちよつとお伺いしたい。なお就職の状況でございますが、現在の…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 内閣委員会 第8号(1951/11/06、24期)

まず橋本長官にお尋ねいたしますが、人の首を切るということはだれもやりたがらないことでありますし、得心させて首を切るということもたいへんむずかしいことだと思います。ところがそれをおやりになるのであなたに…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 内閣委員会 第9号(1951/11/07、24期)

二点ほど井上さんにお聞きしたいのでありますが、このたびの定員法の改正という首切り法では、数字だけが並べられて、はなはだしい部分には、御指摘の通り附則三項というふうなものがつきまして、まつたく仮定的な條…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 内閣委員会 第11号(1951/11/10、24期)

このたびの行政機関職員定員法の一部を改正する法律案の提案理由説明なるプリントを拝見いたしますと、国力にふさわしい行政体制の確立とか、あるいは行政事務の能率化とか、あるいは行政事務の簡素合理化とか、ある…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1951/11/12、24期)

日本共産党の定員法の一部改正法案並びにその修正案に対する態度を明確にいたします。まず第一に、行政機構の改革等の事柄をやるにあたつて、根本的に考えてみる必要がある。国政とはそもそも何ぞやということであ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1951/11/15、24期)

順序が前後するかもしれませんが、まずこの法案の第四條に書かれております文に関してお尋ねをいたします。この法律案は、現在の外務省設置法の第四條とこの一項の部分は、文字通りまつたく同じものなのであります…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 内閣委員会 第14号(1951/11/16、24期)

私は一点お伺いしたいのですが、それは第二十四條の問題であります。問題のまず目に浮かぶのは、いわゆる朝鮮と呼ばれている地域並びにその公館の問題であり、もう一つの問題は、中国と呼ばれている地域並びにその公…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 地方行政委員会 第58号(1952/05/31、24期)

集団示威運動等の秩序保持に関する法律案を中心にして、二、三の質疑をいたしたいと思います。まず提案理由と称して配付を受けましたプリントに従つて質問をいたします。お尋ねしたい第一点は、「終戦後、集会、多衆…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 地方行政委員会 第59号(1952/06/02、24期)

日本共産党はこの法案に反対です。簡單にその理由を述べます。大体財政面からこの法案の必要があるのだ、こういうようなことを言つておりますが、これはごまかしです。地区方自治行政の現状、いわゆる行政事務面に…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 電気通信委員会 第38号(1952/06/17、24期)

共産党は原案並びにその修正案に反対いたします。以下簡單にその理由を申し述べます。航空、航海の安全というようなことを目的にしておる、こういうのでありまするが、航空、航海の実態を明らかにしなければ、抽象…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1952/01/28、24期)

ちよつと関連して伺います。今の御説明の中に罹災者の物を持ち出したり、あるいは避難をしている間に、多分奪略という言葉が用いられたと思うのですが、これは奪略というとその物がなくなつたということと法律的に言…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1952/01/31、24期)

ポ政令の改廃に関連して御質問をするのですが、やはり根本問題は憲法をどう意義づけて行くかという問題であろうと思うのであります。今の鍛冶委員との質疑応答の中にも、憲法論が中心であつたと私は思うのであります…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第6号(1952/02/01、24期)

私の方でお尋ねしたいのは、内閣提出第四号という名前のつけられている法案ですが、その第二項の問題です。これは先日来――というよりも先般来、ずいぶん各委員によつて問題として取上げられた点であります。第一項…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1952/02/06、24期)

時間がありませんから、遠慮して簡單に二、三点だけの関連質問をいたします。平和を求めて、戰争には反対だというような言動や運動が、すべてあれは赤だ、あれは共産党だと言われて弾圧されている実情でありまするか…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1952/02/08、24期)

木村さんはきようまた参りますか。――今のことに関連して木村法務総裁が先ほど説明しました治安機構並びに治安立法についていろいろお尋ねしたいことがあるのでありますが、本人が席をはずしたままなので今田嶋君の…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第12号(1952/02/13、24期)

議事進行について。田嶋副委員長談話ということと、その他のことについての新聞記事を見た。新聞記事には記者の聞き違いもあるから、そのことについて責任をとやかく言うのはおとなげないと思う。しかし今日本法務委…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1952/02/14、24期)

フイリピンの対日感情の推移の御説明を聞きましたし、また濠州マヌス島関係の残留地の戰犯の方々の嘆願書の一文によりますれば、濠州の輿論が不良のために、戰犯者の内還は不能であるということは、去年ですか十月濠…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第14号(1952/02/15、24期)

今のに関連して二点だけお尋ねいたします。大体渡航証ですか、旅券の申請をあなたの方に出したろ何日くらいで出て来ますか。それからもう一つ、公共の福祉ということを言うが、官僚なんかが公共の福祉なんていうも…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第16号(1952/02/20、24期)

行政協定の中身について、当委員会としてぜひその関連のものとして確かめておかなければならない裁判管轄等に対する治外法権について一、二点関連的にお尋ねいたしたいと思います。政府は予算委員会あたりの答弁によ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第19号(1952/03/03、24期)

今時間の制限も受けましたし、それから本問題は、結局サンフランシスコ両條約、行政協定、それに従つた再軍備、それから特別保安法等の治安立法、その立場とその方針が、ここに学問の自由というものすらも抹消しよう…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第20号(1952/03/06、24期)

時間が制限されておりますから、簡單に要点だけ質疑したいと思います。先ほど警視総監は矛盾したことを言つている。それは、思想調査をやつている、いろいろやつている、だから思想調査をやるのはあたりまえだと言…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第21号(1952/03/12、24期)

私は特にただいま審議中の法案について法務総裁に質疑をいたすべき点を数点持つのでありますけれども、本日は法務総裁の出席が不可能だということであります。私は不可能だという理由だけでそのまま承服はいたしかね…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第24号(1952/03/25、24期)

順序が不同になりますが、まつ先にお尋ねいたす点は、二十六条に関連してであります。この一の規定を見ますと、合同委員会の権限といいますか、が書かれておりまして、1の前部の方には一般的に「この協定の実施に関…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第25号(1952/03/26、24期)

この法案の基本法の提案理由の説明の中では、各種行政事務の適正かつ簡易なる処理に資するということになつて通つたのであります。今地方財政の負担の問題で平衡交付金の関連が質疑応答されたのであります。これは選…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第30号(1952/04/11、24期)

今の問題に関連して一、二お尋ねしますが、国連軍とそれから現在の占領軍、そして駐留軍というようなものは区別があるし、また区別されなければならないという趣旨の御答弁がありました。そこでお尋ねいたしますが、…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第31号(1952/04/12、24期)

所管の大臣が来ないのですから、それに対する質問は留保したします。一点お尋ねしたいのですが、やはり損害賠償の要件として違法性が問題になつています。それでお尋ねいたすのですが、演習場の設定、これは陸海空…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第34号(1952/04/16、24期)

講和條約で話をつけてしまつて、あとの祭だからしかたがない、こう言われれば、また何をか言わんやであります。全体として実に情ないものだと思いますが、それにしても、この民事、刑事再審に関する規定の具体的な運…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第36号(1952/04/18、24期)

今大西委員の方から質問がありました点に関連して、まずお尋ねいたします。これは第六條の問題にも関連があり、第五條にも関連がありますが、軍需品の発注が直接調達の方式をとる場合と、間接調達の方式をとる場合と…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第38号(1952/04/21、24期)

一点だけ関連上お尋ねいたします。軍人、軍属の私用中の犯罪についてまでアメリカの裁判権を認めるというようなことは、どこの條約にもありません。またそれを認める合理的な、法的な同時に慣行的な手続も絶対にない…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第43号(1952/04/26、24期)

私は政府が声を大きくして、握りこぶしを固めて、断固として、命をかけて守らなければならないという基本的秩序というもの、この実体は何かということについて関連質問をいたします。時間の関係でごく簡單に申し下…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第47号(1952/05/09、24期)

委員長は委員会の開会を宣して、私に質疑の通告順に従う発言を許されたのであります。しかし、この法案のような重大な内容を持つた法案の審議にあたつて、出席者與覚四名、野党残念ながら共産党二名という状態であり…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第48号(1952/05/10、24期)

ちよつと関連して……。総裁がたまに出て来まして雨夜の星のように常にいなくなるので、この際、お尋ねしたいうちの一、二点だけ、簡単にお尋ねしておきたいと思います。ショウカイセキも「中国の命運」という著書…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第49号(1952/05/12、24期)

特別のはからいだそうなので、えらい恩に着て発言を処女のごとくおとなしく簡單にやります9…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第56号(1952/05/22、24期)

堺の支部の事件では、犯罪行為の日時、起訴の日時はどんなものになつておりますか。そこで最後にお尋ねいたしますが、三百二十五号違反という事件ですが、これは虚偽の事実を書いたというのでしようか、虚偽であろ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第59号(1952/05/29、24期)

簡単に一、二お尋ねしておきたいと思います。刑事訴訟関係で昨年の数字に比べて、この改正法が通過いたしますれば、被告人負担の訴訟費用というようなものは大体どういう変化を受けますか。それから執行吏の点でご…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第60号(1952/05/30、24期)

私は仮釈放すなわち仮退院、仮出獄の本質の問題、それから保護観察の本質の問題、これは実際的な効果の面と関連してお尋ねをいたしたいのであります。収容からいわゆる仮釈放までの平均の期間というようなものがまず…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第61号(1952/06/03、24期)

いろいろ修正の企てもあるようでありますが、一応原案について、まず字句解釈的なところからお尋ねして行きたい。原案の第一條ですが、「裁判所の威信を保持し、司法の円滑な運用を図ることを目的とする。」この威…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第62号(1952/06/04、24期)

きのうの逐條的な質疑に引続いて質疑をいたします。第二條に、「監置」あるいは「監置場」という文字が見えますが、これは一体どういう実質を持つのか、そしてその法制的な裏づけをひとつお聞きしたい。会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第63号(1952/06/05、24期)

先日来の政府委員の答弁によりますと、法廷の秩序がいろいろなことで乱れる。その実例としましては、一般傍聴への中に退廷を命ぜられたりした者がまぎれ込んで、いすにしがみついてどうにもならぬ、そういうことが言…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第68号(1952/06/17、24期)

そのことに関連してちよつと調査の筋のことを私ども希望いたしますので発言したいと思うのです。これは明らかに警視庁公安一課のさしずでやられたことのようであります。五月十四日に古島さんと猪俣さんと私とで、池…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第74号(1952/07/30、24期)

今の二委員の質疑に関連して二点ほど質問いたしますが、先ほど裁判管轄の問題については国際慣例がない、もしくは不明確だ、困つておるのだというようなことが言われた。しかもそれには戦時中のヨーロツパ諸国と、そ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

24期質問主意書

質問主意書提出数

 24期(1949/01/23〜)  2本提出

質問主意書一覧

超過勤務手当に関する質問主意書
第6回国会 衆議院 質問主意書 第24号(1949/11/10提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

国家公務員に対する不利益処分の審査に関する質問主意書
第6回国会 衆議院 質問主意書 第25号(1949/11/10提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22