井之口政雄衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

24期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  3回発言   9993文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  0回発言      0文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  3回発言   7895文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  1回発言   2154文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  3回発言   7909文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  1回発言   5951文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  4回発言  11255文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30) 15回発言  45157文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第26号(1949/05/10、24期)

このスポーツ振興の決議案、これには賛成であります。けつこうな決議案であります。私たち共産党といたしましても、これはもとより賛成の問題であります。わが民族の体力を盛んにし、そうしてその体力に平和な精神を宿すということは、これは最もいいことでありまして、スポーツによつてわれわれがこの目的を達することがで………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第32号(1949/05/18、24期)

ただいま一括提案されました郵政省設置法の一部を改正する法律案、電氣通信省設置法及び郵政省設置法及び電氣通信省設置法の施行に伴う関係法令の整理に関する法律案、この三案に、日本共産党を代表いたしまして反対するものであります。元來通信省を両省に分離したのは、これはさきの国会でありまして、すでに成立しており………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第35号(1949/05/21、24期)

昭和二十一年度の一般、特別歳入歳出決算について、会計檢査院の報告並びに政府のこれに対しまする答弁書を審議いたしまして、日本共産党を代表して承認し得ない旨申し述べたいと思います。財政法の第三十九條によりますれば、二十一年度歳入歳出決算報告は、二十二年十一月三十日までに会計檢査院に報告して檢査を受くべき………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第26号(1950/03/14、24期)

私は日本共産党を代表いたしまして、本改正案に反対するものでございます。(「何でも反対じやないか」と呼ぶ者あり)まあ、ゆつくり聞いてください。水産委員会から一向何の法案も出て来なかつたのだが、出てきたものがこの改正法案だ。そこで、この改正法案のねらうところは何であるかということを一言申し上げてみますと………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第28号(1950/03/18、24期)

ただいま提出されました二十二年度一般、特別両会計決算に対しまして、日本共産党といたしましては、全面的にこれを承認することができないのでございます。まず第一に、二十二年度の歳入歳出決算は、財政法第三十九條の規定によりますと、二十三年の十一月三十日までに会計検査院に送付されていなければならぬのでございま………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第44号(1950/04/29、24期)

私は、日本共産党を代表といたしまして、水産資源枯渇防止法案に反対するもりであります。この法案は、水産資源の枯渇を防止するとう美名に隠れ、以西底びき漁船二百九十四隻を緊留して大漁業会社の集中生産へ導こうとする、きわめて惡辣な法案であります。同時に他方において、その負担を一そう当り三百万円、全体で約六億………会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 本会議 第8号(1950/07/25、24期)

この法案に対しまして、日本共産党を代表して反対いたします。ただいまの委員長の報告の中に、討論を省略したということが述べられておりましたが、まつたくその通りで、ほとんど全委員の要求があつたにかかわらず、討論をむりやりに打切り、討論をさせなかつたのであります。従つて、共産党の意見を委員会において十分に述………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第19号(1951/03/08、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、ここに提出された昭和二十四年度特別会計予備費使用総調書(その2)以下四つの総調書を承認することに反対するものであります。(拍手)決算委員会は、目下まだまだ昭和二十三年度の決算の当否を審議しつつありまするのに、この二十四年度並びに二十五年度分だけの予備費の使途につい………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第23号(1951/03/24、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、この結核予防法案に反対するものであります。結核を予防する、これもとより、わが党は大賛成であります。わが愛する祖国の上に一人も結核患者のないまでに国民の健康を増進せしめるためには、徹底的に予算を組み、サナトリウムを建て、安心して全治するまで一切の患者を收容することこ………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第28号(1951/03/30、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、昭和二十三年度一般会計歳入歳出決算、昭和二十三年度特別会計歳入歳出決算に対して承認を與える件について、全般的に反対するものであります。元来、昭和二十三年度の予算執行は、半ば、芦田内閣において行われ、半ば吉田内閣においてその責任が持たるべきものであります。昭和二十三………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 本会議 第5号(1951/10/16、24期)

私は、日本共産党を代表して、八千万国民のまさに聞かんとするところを率直に吉田総理大臣に御質問申し上げる。日本軍国主義が敗れて、アメリカの日本占領が継続することここに六年、今ここに交戦諸国と平和條約を結ぽうとする時期に到達しました。これで平和と独立が実現するかいなか、国民は航路に立たされているのであり………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第32号(1952/04/17、24期)

私は、日本共産党を代表して、ここに提出さ気た昭和二十五年度一般会計予備費使用総調書(その2)外五件の承認を求める件につき、承諾を與え得ない旨を明らかにしたいと思うのであります。わが党は、敗戰以来各年度に編成された予算に対して、その人民抑圧のきびしいゆえんを指摘して、承認を與えることのできない旨を極力………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第34号(1952/04/24、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、ここに提出された公務員等の懲戒免除等に関する法律案に対して反対の意を表明するものであります。政府は、アメリカから押しつけられた單独講和條約の発効で、日本があたかも独立を回復したかのごとき大騒ぎをしております。これを慶賀するためと称して二十八日の調印日には、約百万人………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第61号(1952/06/26、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、ただいま提出されておりまする不信任決議案に賛成するものであります。かつ、その貫徹に全力を盡して闘うことを誓います。ただいま、山口喜久一郎君は、この決議案の提出を、火炎びんが飛び込んで来たようにびつくりされましたが、おそらく自由党の代議士諸君みんなの心持を端的に現わ………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第70号(1952/07/31、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、この決議案にまつこうから反対いたします。そもそも講和条約を結ぶにあたつて、その国が領土を失うか失おないかということは非常に重大な問題である。しかるに、諸君は、アメリカとの單独講和によつて、すでにこれらの八丈島並びに奄美大島、沖縄諸島は当然日本に復帰すべきところのも………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

24期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員 12) 21回発言  71019文字発言
  第6回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  3) 11回発言  48061文字発言
  第7回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 25) 21回発言  38158文字発言
  第8回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18) 11回発言  31831文字発言
  第9回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  6回発言  11415文字発言
 第10回国会 51回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 51) 40回発言 144397文字発言
 第11回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   1351文字発言
 第12回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言   7936文字発言
 第13回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38) 26回発言  83554文字発言

  24期通算 195回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員166)140回発言 437722文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 水産委員会
            79回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 79) 55回発言 111810文字発言

 決算委員会
            62回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員 42) 53回発言 201533文字発言

 人事委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  6回発言  27629文字発言

 逓信委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  7回発言  21588文字発言

 災害地対策特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  4回発言  13785文字発言

 郵政委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  1)  6回発言  18252文字発言

 内閣委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  5回発言  15433文字発言

 懲罰委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  2)  0回発言      0文字発言

 厚生委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  3回発言  24593文字発言

 図書館運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 農林委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 通商産業委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 海外同胞引揚に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3099文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 懲罰委員会理事(第5回国会)
 決算委員会理事(第5回国会)
 決算委員会理事(第6回国会)
 郵政委員会理事(第6回国会)
 決算委員会理事(第7回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1949/03/23、24期)

これは前の委員会におきまして、このまま発表になつたのでございますか。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1949/04/02、24期)

今の御説明は、この二ページのところを御説明なさつたと思うのですが、これは非常に簡単であるのに、今の御説明は非常に複雑であつて、ちよつと見当がつかぬのであります。なおこの部分は、これはあとまわしにしまし…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1949/04/05、24期)

これはなかなかこまかなものですから、少し時間をいれて一つ一つの項目についてお尋ねしてみたいと思う次第であります。最初の三十五ページの登録税の賦課徴收に当り措置当を得ないものでありますが、これは評價額…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1949/04/08、24期)

一つ一つ御質問をいたしたいと思います。百十二ページの補助金の交付に当り措置当を得ないものについてでございますが、揚水機のようなものは、農耕にとつて適当な時期にこれが來ることが非常に必要なのであります。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1949/04/13、24期)

八十三ページの物件の賣拂い價格低廉に失したもの、造幣局のこの関係、これについて質問いたしますが、先ほどの政府委員側からのお答えでは、会計檢査院は、トン当り三万円が適当であろうといつておるのを、やはり一…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 決算委員会 第7号(1949/04/16、24期)

今のを個別的にひとつお尋ねしたいと思います。特殊物件が六十一億というふうな御説でありましたが、次第にこれは調査によつてふえて行つていることが事実だと思います。これからでももつと調査を徹底的にやればもつ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1949/04/18、24期)

これには終戰後いろいろあつた特殊物件などは入つていないのですか。なお衆議院規則、第八十六條による報告書作成に関しましては、委員長におまかせ願えると思いますが、この点御了承願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 決算委員会 第9号(1949/04/22、24期)

きようの議題は持株整理委員会の二十一年度、二十二年度の決算を審議することになつており、突然きようの公報で今の予備金の問題がつけ加えられているのであります。それで委員の方といたしましてもこれがきよう審議…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 決算委員会 第10号(1949/04/26、24期)

四件だけですか、あとの二件はどういうふうになつておりますか。なお一つお聞きしたいことがあります。この二百四十三ページをあけてみますと、進駐軍需要物資納入業績等特に顯著なる業者を表彰するためとして十二…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 決算委員会 第11号(1949/05/06、24期)

今概略の説明を承つたわけでありますが、およそこれの審議を何回くらいで、どんなふうにもつと詳細に入つてやつて行かれる委員長の腹案でありますか、ひとつお聞かせ願います。それでは一應会計検査院の概括的な説…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 決算委員会 第12号(1949/05/12、24期)

委員長、きようは会計檢査院の方がお見えになつておりますか。私は会計檢査院の全般的なことだけについて二、三御質問いたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 決算委員会 第13号(1949/05/16、24期)

政府の方にお聞きいたしますが、開墾用機械の予算が、農林省で約三千三百万円も大きな金が支出されております。それでいてほとんどこれがくその役にも立つていない、こういう実にもつたいない使い方がされておるので…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 決算委員会 第14号(1949/05/18、24期)

私から御質問申し上げておきます。公共の道路、公園なども評價されておるのでございますか。公園はどうなつておりますか。不当事項の原因は、根本的には会計事務担当官吏の財政法、会計法その他の会計経理法規につ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 決算委員会 第15号(1949/05/20、24期)

非常に有益なお話を承りました。なおこれは昨年にこまかな数になつて、今お渡しくださいましたプリントよりも非常に広範囲にわたつて御説明になられましたので、そのことをひとつ参考に、今の話をプリントか何かにし…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 逓信委員会 第8号(1949/04/25、24期)

全逓の岡山さんにお尋ねいたします。岡田さんの御意見は実際逓信事務に働いておいでになる方が、この値上げを不当である、反対するという御意見でありますがゆえに、非常に重大な意義を持つのであります。その意味か…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 逓信委員会 第12号(1949/05/11、24期)

今政府委員のお話を聞いておると、今までもやつた、將來もやる、これに盡きるわけであります。実際ここへ見えておられる方々の窮状をお察しいたしますと、それじや解決はつかぬと思うのであります。実際羅災せられた…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 逓信委員会 第13号(1949/05/13、24期)

この郵便貯金法に基いて保管する証劵の整理に関する法律案でありますが、今この事業に、証劵の整理に携わつておる方々が、全部で何人くらいおいでになりますか。この整理の結果、この人員がどうなつて参るのでありま…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 逓信委員会 第14号(1949/05/16、24期)

特定局長会はどういう仕組みになつておりますか、相当大きな権限を持つのでございますか。今現にあるものですが。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 逓信委員会 第15号(1949/05/19、24期)

郵便局の自動車や自転車や、ポストなどはまつ赤に塗られておりまして、非常にいいことだと思つております。(笑声)公共のために盡すほんとうに働く人たちのしるしが、ああいうところにあるのだと思います。実際郵便…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 逓信委員会 第17号(1949/09/13、24期)

小津さんもお忙しいそうでありますから、簡單に二、三質問してみたいと思います。今のお話によりますと、大分行政整理もうまく進行して、非常に平和なうちにうまく行きつつあるというお話であります。しかし私たち…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 逓信委員会 第18号(1949/10/24、24期)

加藤班長の御報告に対しまして、私からこれに補足する点が少しございます。二省分離の地方機関における実施状況、その各運営状況、並びにこれに対する調査團としての私の意見を、地方別に申し述べてみたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 決算委員会 第7号(1949/11/22、24期)

ちよつとその前に、この間の第五国会のときに資料の要求をしたのがそれきりになつているのがあるのであります。第一番に出しましたのが五十万円以上の所得税あるいは勤労所得税の滯納になつているのが大分ありますの…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1949/11/24、24期)

今後の寄付の問題でありますが、これは会計検査院のこの指摘はもつともだと思うのであります。当然これでなければならぬと思います。しかるに将来労働省において、こうした問題を寄付金によつてまかなうような方針を…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 決算委員会 第10号(1949/11/28、24期)

会計検査院からの批難事項が大分あがつておりますが、裁判所ともあろうものが、どうも法律を犯してこういうことをやるというのは、実にわれわれは解しかねるのであります。なお今の報告をお聞きしますと、四千万円か…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 決算委員会 第11号(1949/12/01、24期)

前田さんも言われたようでございますし、また速記の方々にもお忙しいでありましようし、あまり報告ばかり先に進んでおつても、内容の点でどれがどれか混乱して来ることもありますから、一応今までやつただけを先に検…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 決算委員会 第12号(1949/12/03、24期)

価格差益問題につきましてお聞きいたします。今会計検査院からの御報告を承りますと、全国で約一万件くらいのうちから三百六十件調査されたというような御説明でありましたが、そのうち不正としてここに指摘されてお…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 郵政委員会 第2号(1949/11/02、24期)

大臣の今のお話では、行政整理が非常に円満に行つたようなお話でございますが、国勢調査におきましても言われておりまする通り、またわれわれが実地にいろいろな方面で見聞するところによつてもそうでありまするが、…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 郵政委員会 第3号(1949/11/14、24期)

二十四年度の補正予算の点でございますが、ここに初めて失業保險の印紙收入が出て参ります。これはどういうふうな算定の基礎によつて約一億円というものが見積られておるか。その算定の基礎になつた人員とか、あるい…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 郵政委員会 第4号(1949/11/17、24期)

ちよつとお尋ねしますが、きよう大臣はおいでになりますか。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 郵政委員会 第5号(1949/11/19、24期)

なぜ三分の一の適用にされたのですか。これは一ぱい一ぱいの適用というわけに行かないですか。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 郵政委員会 第6号(1949/11/22、24期)

白井さんの御疑念はごもつとものことだと思うのでありますが、これは引合はないものであれば競争入札に入つて来るはずはありませんし、かつこうした事業は自然的に独占的な方向に進んで行く傾向を持つている。独占的…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 郵政委員会 第7号(1949/11/28、24期)

この法案に対して、共産党を代表して反対いたします。この法案は、郵便物の輸送に関する法案でありまするが、現在行われている状態をそのまま、法律によつて確認するというふうなことに表面はなつております。事実…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 決算委員会 第11号(1950/04/30、24期)

ちよつと御質問いたしますが、これは今度の三名のうち、一名の検査官がこの八月をもつて任期満了する、この特殊事情だけに限るのでないのでございましようか、一般的に今後ずつと将来にわたつての全般に関する規定で…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第2号(1950/03/13、24期)

ただいまの報告において、あらましの点がわかりましたが、元来この今市を中心とした栃木県北部地方における災害対算は、もつと早くやらなければ、ほとんど委員としてこれを審査することができぬし、またわれわれとし…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1949/12/17、24期)

瀬戸内海の沿岸の漁業について、ちよつと緊急質問をしたいと思います。終戰後瀬戸内海沿岸の漁業が非常に荒されておるのであります。これは普通の大きなトロール船でもありませんが、小さな石油発動機によるたいがい…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1949/12/20、24期)

長官の御説明がほぼ七項目にわたつてあつたようでございますから、逐次それについて御意見をもつと承つてみたいと思つております。漁港法案の問題ですが、今現に実際いろいろな形で漁港が構築されておるわけです。…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1949/12/21、24期)

昨日の見返り資金からの二十四年度の融資の関係でございますが、その点お調べになりましたでしようか。うようないきさつもあるわけであります。もし造船法の中に漁船が含まれるということになりますれば、先ほど申…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1949/12/22、24期)

経済課長さんにちよつとお伺いしたいのですが、瀬戸内海の漁業につきまして、いろいろな取締規則はあるのでありますが、各県別にこれがまちまちになつておるらしい。そういう実情の点を、どんなふうになつておるか、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1950/01/27、24期)

この拿捕事件に対しまして、政府当局でもつと正確な御発表が願いたいのですけれども、これがはたして向うの領海を侵しておるのか、あるいはまたこちらの主張する通り、決してそういうふうな不法なことはないのか、そ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1950/01/28、24期)

ここに五十何隻とありますが、これはいつごろからのであつて、それが拿捕されたのはどこどこで拿捕されておるものであるか。または最近のものに対してのみその決議がされるのか。その点ひとつ明らかにしてもらいたい…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1950/02/01、24期)

ちよつと御質問いたします。ここの水産庁から出ております文書に、今度自治庁から提案することとなつている法律案においては、大蔵省との了解のもとに、地方共公団体の管理する漁港についても、全額国庫負担の範囲か…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第11号(1950/02/07、24期)

三十五年度の予算の中に、公共事業費やら、いろいろなものを全部ひつくるめまして、港湾方面に支出される国庫負担がどのくらいになりますか。またそのうち漁港方面に対してはどのくらいの率になりますか。それから…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第22号(1950/03/20、24期)

ちよつと五項目くらい質問したいと思います。今までの魚に対するところの官僚統制の害悪は、皆さん方の御承知の通りでございまして、マル公があつても何らマル公が実行されず、かえつてやみで魚価が高くなつている。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第28号(1950/04/07、24期)

例の紀伊水道の問題でございますが、あれは遂に衆議院を通過してしまつたのです。しかしあの後和歌山並びに徳島の方面から、あるいは兵庫の方面から、岡山の方面からというふうに、漁業協同組合の会長諸君がおいでに…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第30号(1950/04/11、24期)

先ほどから各委員の方々が、金融問題に対して非常に心配しておいでになつて、その実情を訴えておられました。あの声は、中以下の漁業者のほんとうの叫びなんであります。どうしても金融方面にもつと銀行局の方々が、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第31号(1950/04/12、24期)

ただいまも委員の方から附加価値税の問題が出ましたが、附加価値税の廃止については、水産委員会全委員の希望であります。自由党の委員諸君も、この問題に対してやはり反対上ておいでになります。御承知の通り、今日…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第36号(1950/04/24、24期)

この紀伊水道の問題につきましては、わが党は徹底的に反対したのでありますが、これがむりに押し切られて出て参つて、あとでこれは大衆の悶着を起すということは、もうすでにそのときに予言した通りであります。自由…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第37号(1950/04/25、24期)

二、三お尋ねいたします。政府は今までらつこ、おつとせいの取締りのために、相当の費用を組んで、沿岸並びに遠洋方面を相当調査されておつたことは事実でありますが、今までの費用の点、並びにそれからあがりました…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第38号(1950/04/26、24期)

ただいま日本経済新開社から出ておりまして、水産庁経済課編集になつておる漁業制度の改革という本が問題になつたのでありますが、この序文を見ましても、私たちが見て何ら不穏当なものはないと思うのであります。現…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第39号(1950/04/27、24期)

大臣に二、三御質問を申し上げます。この水産資源枯渇防止法というものはなかなかいろいろな複雑な内容を持つておると思います。ただいま大臣も言われました通り、表面は水産資源の枯渇防止だけれども、実際は補償…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第40号(1950/04/28、24期)

水産資源枯渇防止法案に対して、共産党は反対いたします。これは昨日も農林大臣が仰せられました通りこの法案はおよそ二つの部分から成立しております。一つは水産資源の枯渇を防止するという名目のもとに減船しよう…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第41号(1950/04/30、24期)

原案並びに修正案に対して、日本共産党を代表して反対いたします。第一に、今度の水産業協同組合法の一部を改正する法律案の、最も中心的な改正の方面はどこにあるかと申しますと、これは従来漁民の自主的な団体で…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 水産委員会 第42号(1950/05/02、24期)

ただいま承りますれば、衆議院の鈴木委員をここに喚問する。こういう問題は、自由党の党内の問題であつて、われわれはあくまでもこの紀伊水道の問題に対しましては、日本共産としては、この問題は非常に不合理である…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第2号(1950/07/20、24期)

私が大阪の方でちよつと聞いた話なのですが、ある未引揚者――未引揚者か何か知りませんが、とにかくいまだ帰つて来られない人のお母さんが、自分のむすこはいつ帰つて来るだろうかということを非常に心配しておつた…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1950/07/22、24期)

廃兵器の処理につきましては、第六回か第七回国会以来の当委員会の重要な問題になつておりまして、会計検査院からのいろいろな御報告をその当時から承つたのでございますが、今の大蔵省のお話を聞きますると、六億数…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1950/07/26、24期)

結論は出なくても、今どういうことで取調べを受けておるか伺いたい。監督につきましては、一応法律に定められておることをごく簡単に念のため申し上げますと、大体物価庁長官が一応主務大臣としてなつておりまして…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1950/07/28、24期)

ちようど外務次官もおいでになりますし、大蔵次官も運輸次官もおいでになりますから、ちようどよい機会だと思いますが、ひとつお伺いしたいのは、今日本の財政の金の使い方で、一番ふしぎに思われるというか、疑問に…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第7号(1950/09/22、24期)

先ほど田中委員から総理大臣並びに各省大臣がお見えにならない、こういつたふうでは災害の対策というものを実際やるつもりなのかどうか、その誠意さえも疑われるというふうな意見がございましたが、まつたく同感の至…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第9号(1950/10/19、24期)

安本長官に御質問申し上げます。先だつてから当委員会に各大臣がお見えになつて、今日の災害対策に対する積極的な意見を聞かれるものと大きな期待を持つていたわけであります。委員長初めそれを約束をしておいでにな…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第10号(1950/11/18、24期)

一つ御質問いたします。災害を受けた地方の自治団体で聞くところの苦情によりますと、国会議員が調査に来る、あるいはいろいろな役人が調査に来る、国が来る県が来る、さまざまの者が調査に来まして、多くのむだな費…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1950/07/22、24期)

ちよつと御質問いたしますが、この紀伊水道の問題につきましては、先の国会で参議院で握りつぶしになつておつた。それに対して地元のいろいろな漁業協同組合とか、あるいは地元のいろいろな漁民の自主的な団体等から…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1950/10/06、24期)

ただいま真珠養殖業者からの陳情書なんかも拝見いたしまして感ずるのでありますが、真珠にかけられておるところの物品税というものは、元来これは奢侈品であるがゆえに、社会政策的な意味をもつて、これに税金がかけ…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1950/10/21、24期)

ちよつとお伺いしたい。真珠の国際的な需給の関係はどうなつているか、日本がその中に占めている割合はどれくらいのものであるか、日本の方針によつて国際市場を左右することは可能なりやいなや、その辺御調査はござ…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 水産委員会 第17号(1950/10/23、24期)

ただいまの入会権の問題については、小委員会において大体の意見をまとめたが、今日は出席しておられない方もあるので、将来質問があれば質問する。一応小委員会の報告として聞き置くという性質のものと私は了解する…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 決算委員会 第1号(1950/11/27、24期)

ただいまの調査について、ちよつと質問いたします。東北方面の徴税関係におきまして、大口滞納者の調べができておりますか。たとえば五百万円以上だとか何とか、県体的にだれそれが納税していないというふうな調査が…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 決算委員会 第2号(1950/12/08、24期)

ただいまの場合違法ではないにしましても、その随意契約による金があまりに低廉な場合には、これを追徴することは可能なのか、それをさかのぼつて取消すというようなごとが、主務大臣において可能なのか、その点はど…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1950/11/25、24期)

当水産委員会が、どうも與党だけの委員と政府のなれ合いになつておることは非常に遺憾であります。私は昨日からいろいろ全般の問題について質問の申込みをしているのですけれども、やつとこさ今御許可があるという状…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1950/11/28、24期)

きようはラジオの故障か何かわかりませんが、水産委員会の招集の呼出しがかかつておりません。こういうことが将来ないように、やはりあるものはちやんとラジオでまわるようによろしくお願いいたします。さて塩並び…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1950/11/30、24期)

ただいま川村委員より、瀬戸内海並びに紀伊水道の底びき漁業についての質問がありましたが、当委員会がこの問題を積極的に審議されるということは、非情に喜ばしいことだと思つております。そこでこの問題に対しまし…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1950/12/08、24期)

ただいま中央卸売市場における手数料の値上げについて、その前提条件として、漁民生活の確保と、漁業経済の安定に対する、要望が出ております。これに対しましてひとつお尋ねいたします。第一こういう手数料の値上…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第1号(1951/01/31、24期)

この質疑の点も、きようは初めてでありまして、十分内容を検討しておりませんが、この次ぎやはり大臣並びに次官が御出席になつて、そして責任の所在が明瞭になりまするまで、今日のこの質疑も延ばされたらどうかと思…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1951/02/05、24期)

ただいま会計検査院の方は「過不足」と言われましたけれども、「過」の方はほとんどなくて「不足」ばかりが出ておるようであります。この不足の額が、会計検査院がちよつと調べただけでもこうした厖大なものに及んで…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1951/02/07、24期)

これはどういう処罰を受けたのでございますか。それからこのほかにやはり同様な收賄――税金を受取つたんじやなくて、收賄というふうな事件は、会計検査院の方では調査になつておりませんでしようか。それからもう…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第5号(1951/02/09、24期)

ただいまの会計検査院側の細説は、どうもふに落ちないと思うのであります。ここの三四九号は、会計検査院からの報告の方が正しい。今の意見は、それからそれるような気がいたします。第一、三四九号の田母沢御用邸に…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1951/02/12、24期)

この三五八号も三五九号も、それからあとの三六〇の項目も、これは一つの設計を立てて各業者に請け負わせたんじやないですか。そうすると、一番気になるのは三五九号でありますが、トラツクを使おうとトロを使おうと…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第7号(1951/02/14、24期)

両方で幾らになりますか。三七三号の機帆船運賃の支拂に当り処置当を得ないもの――これはいろいろ当時の新聞なんかにも出た案件で、御記憶があるかとも思いますが、会計検査院の批難といたしましては、この機帆船…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第8号(1951/02/16、24期)

この四四八号ですが、徴収決定未済額が、ずつと各大学について、あげられておりますが、これは健康保険法あるいはその他のものによつて、政府が支拂うべきものですか。これらのものは、どこにだれが支拂うべきもので…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第9号(1951/02/19、24期)

ただいま会計検査院の指摘によりますると、二千人そこらの人間がやつておつて、人間が足らなかつたことが、こういうふうな不始末を起して来るおもな原因をなしているというふうなお話でございました。しかるに、二十…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第11号(1951/02/23、24期)

今の五七〇の特殊物件でありますが、これはまた相手が昭和電工株式会社でありまして、例の昭電疑獄を起した会社です。この会社は復興金融金庫の金を借りてああいう大問題を起す、また特殊物件はこういうふうにして買…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第14号(1951/03/05、24期)

先ほど国有財産としての鉄道の拂下げ問題が出ておりましたが、阪和鉄道――大阪から紀州新宮に参りますところのあの鉄道も、これはいろいろ拂下げの運動も起つているし、反対運動も起つているし、社会で非常に注目さ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第15号(1951/03/07、24期)

ただいま提案されました五件に対して、この報告書が出ておりますが、これに対してきようは会計検査院は御出席ないのですか。第二番目に、この連合軍の要請とは、一体この場合具体的に申しまして、どういう性質のも…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第16号(1951/03/09、24期)

ちよつとお尋ねいたしますが、この赤字の内訳として、総計百二十四億八千三百万円が、ここに表示されております。その内訳が、公団納付金の未納、早場米奨励金、いも超過供出、食管会計より農災保険会計へとして、こ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第18号(1951/03/29、24期)

昭和二十三年度一般、特別両会計歳入歳出決算に対しまして、日本共産党を代表してこれを承認することを拒否する次第であります。そもそもこの二十三年度の決算は、芦田内閣と吉田内閣によつて遂行されたものでありま…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第19号(1951/05/16、24期)

ちよつと会計検査院の方にお伺いいたします。昭和二十四年度の国有財産の総計は二千五百二十七億八千余万円となつておりますが、この価額の算定を見ますると、みな取得された時の価格をもつて評価され、非常にまちま…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第20号(1951/05/23、24期)

ええ。――第十国会が始まつた当初、国政調査をやるというふうな決議になつておつたのでありますが、第十国会中、国政調査が開会中にも行われず、それから第九国会と第十国会との間でございましたか、それも国政調査…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第21号(1951/05/25、24期)

この、裁判所から、保釈保証金がほしいままに領得されたという事件は、どうもマツカーサーの野営司令部にどろぼうが入つたくらいの非常識きわまる問題だと、こう思われるのであります。今会計検査院のお話であります…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第23号(1951/06/01、24期)

会計検査院が、日本全体の厖大な税金の徴収を検査されておられますが、それは九牛の一毛にすぎないと思うのであります。それでさえも、こうした多くの不当事項があげられております。まず第一に、ここに指摘されてお…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 決算委員会 第24号(1951/06/05、24期)

ただいまの登録税の賦課問題でありますが、これは毎年度こういう低率に失するところの賦課が行われて、そうして会計検査院から指摘されておるところであるにかかわらず、二十四年度にもまたこうして現われて参つてお…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 厚生委員会 第15号(1951/03/22、24期)

ただいま逐條的な御質問で非常に参考になりましたが、私は大体この法案の全般的な点について、一応御質問申し上げたいと思つております。この法案を見ますと、結核患者を調べて、そうしてこれに入院その他の強制的…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 厚生委員会 第16号(1951/03/23、24期)

ちよつと御質問申し上げます。六四九号「入所患者の退所処置について」という指令が、政府から各療養所に出されておるのでありますが、その内容、またこれに対する政府の御意見をちよつと承つておきたい。それから…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 厚生委員会 第17号(1951/03/24、24期)

ちよつと二、三お尋ねいたします。今日実施されております生活保護法によりますと、社会福祉主事はすでに置かれていることになつていると思うのであります。これは昭和二十五年の法律第百八十二号によつて、この実施…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1951/01/26、24期)

農林大臣がお見えになりましたので、およそ二つの点について御質問申し上げたいと思います。第一、この金融問題も裏づけておりますが、今度のこの要請の問題について政府がどういう意見を抱いておられるか、この問…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1951/01/29、24期)

このたび出る法案として、長官の方から発表されております第一番目に、漁業法の一部改正法案として、その下に補償ということが書いてあります。せんだつて瀬戸内海海区の漁業調整委員会の方々からも請願がありまして…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1951/02/06、24期)

ここに損失額が総額三千九百六十五万円となつておりまして、あと一千万円の増加になり四千数百万になるそうでありますが、今までの物価が騰貴して行く時分の価格差益を決算関係で調べて見まするというと、日本全国で…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1951/02/13、24期)

ただいまの綿網の点について御質問申し上げますが、もうすでに貿易は民間賀易となり、価格はやみ値になつたということをおつしやつていらつしやいます。しかも政府で持つているのは約九万梱で、これも出してしまう。会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第13号(1951/02/22、24期)

吉田総理とダレス特使との間に往復された書簡は、日本の漁業問題のみならず、日本の将来置かれるところの独立の問題、それに到達する講和の問題へこれに対して非常に深い関係を持つものとわれわれは考えております。会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第14号(1951/02/24、24期)

ちよつと御質問申し上げます。十二月以降は今日の中国の人民共和国の方から逮捕されたのが約十三そうというただいまのお話でありましたが、それ以前に、ショウカイセキがなお中国の政権にとどまつていた時分にも三十…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第15号(1951/02/27、24期)

ただいまの水産庁長官の御意見に対して、三点だけ質問して、考慮を煩わしたいと思います。第一に、この五ポイントは、今長官のおつしやられるところによりますと、非常に物事の核心をついているというふうにおつしや…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第16号(1951/03/01、24期)

ただいま石原委員の方から、共産党の水産行政に対する根本的な御質問があつたようでございまして、それも私のこれから明確にしたいと思うことでございますし、ついでに海上保安庁の方もおられますし、外務省の方もお…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第17号(1951/03/03、24期)

きようは幸いに外務次官もおいでになつていらつしやいますので、この問題が非常に重大でありますために、ひとつお尋ねいたしたいと思う次第であります。今日新聞を見ますと、歯舞諸島の帰属問題に対しても、アメリ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第18号(1951/03/06、24期)

先ほど川村委員から、鉄道の運輸サービスについて質問がありましたが、ただいま水産関係の運輸は、とりわけ朝鮮事変発生以来非常に停頓しているやに思われるのであります。これは明らかに朝鮮事件のためにいろいろな…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第20号(1951/03/14、24期)

水産庁長官にちよつとお尋ねいたします。千葉市の中を放水路が通つておりまして、印旛沼の干拓事業の一つの作業として、沿岸幅約八百メートル、長さ数キロにわたる土地が埋立てになるというのが先からの計画なんでご…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第22号(1951/03/20、24期)

唯一の野党として共産党が明瞭に申し上げることが必要だと思うのですが、さきに当委員会において拿捕問題がいろいろ取上げられまして、証人を喚問したりして審議が進められております。この拿捕問題については、李承…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第23号(1951/03/23、24期)

鉄道の採算が非常に悪くなつたということは、終始一貫主張されておることであります。そのために割引を考慮する、これを撤廃するということを言つておられますが、結局それが貨物運賃の値上げとなつて現われて行くこ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第25号(1951/03/27、24期)

ただいま旭冷蔵に対するところの、この幽霊会社に対するところの見返り資金の融資問題が、与党側の永田委員並びに松田委員から提出されておりますが、正論だと思つておる次第であります。そもそも見返り資金という…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第34号(1951/05/22、24期)

やつと野党側にまわつて来ましたが、私は野党側の意見を代表する以上、これは非常に重大なる発言でありまするから、政府においても十分に野党側の意見を聴取してもらいたいと思つております。第一番に、この問題の非…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第36号(1951/05/26、24期)

ただいま漁網に対する統制が撤廃せられた場合に起る結果の問題ついて、いろいろな危惧を抱かれている委員の発言がありました。これは自由党の政策として、当然自由経済を主張されるのでありまして、統制撤廃を主張さ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第38号(1951/05/31、24期)

漁業行政全般、並びにとりわけ漁業金融の点について、ひとつ官房長に質問したいと思います。次に何か商業銀行風なものをこしらえて、その商業銀行風なものから、漁民に対してこの金融をするというふうなのが出て来…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第39号(1951/06/02、24期)

湯河理事長の漁業金融全般に対する抱負を伺いまして、これに対して石原委員並びに小高委員の痛烈なる不満の意の表明がありましたが、これは与党側として出るくらいでありまして、最も戦闘的な野党として、われわれ満…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第41号(1951/08/06、24期)

まず私の質問を発しまする前に、委員長にひとつ希望しておきたい問題があるのであります。ただいま農林大臣も、講和後の日本の漁業が非常に重大なものであつて、かつその問題は各方面から関心を持たれておるというこ…会議録へ(外部リンク)

第11回国会 衆議院 水産委員会 第1号(1951/08/17、24期)

ただいま資金化の問題や、あるいは漁業権に対する税金の問題等が論ぜられておりますが、これらの問題についても、講和の問題が一体どうなつて来るか、この講和のいかんによつては資金の額も違つて来るだろうし、水産…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1951/10/24、24期)

三二九号の増産協会というのは、これは一体どんな協会ですか。それからこの放出された特殊物件はどういう内容のものでありますか。一千七百万円の額にも達している大分大きなものであつて、しかも五年間もこれが放置…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1951/10/29、24期)

終戰処理事業の概算払い並びに前金払いの未精算額が、約三億円見当と二十五年度ごろまでの計算になつておりますが、約三億円見当のものが報告されております。これは一番大きいものは一体どれくらいのものであります…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1951/11/02、24期)

職員の不正行為に因り国に損害を与えたものというこの項目をちよつと調べて見まするに、これは会計検査院からひとつ御返事願いたいのですが、大蔵省は何といつてもチヤンピオンだ。国税局の方で約二千二百八十万円、…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1952/02/06、24期)

六五三項を見ますると、ちよつと解し得ないところがありますから質問いたしますが、六百二十四万円で買つておいて、そうしてこれを十七万円でたたき売つたという事件であります。しかるにこれはすでに使用停止のこと…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1952/02/08、24期)

昭和二十四年度は、ここにも述べられております通り、十五公団の中から五公団が解散され、また二十五年度になりますと、さらに四公団が解散されるというふうで、自由党の内閣として、公団を廃止して自由経済にすると…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 決算委員会 第6号(1952/02/15、24期)

先ほどの公団からの御説明によりますと、この過拂いの取立てに対して、一応会社の資産を調べてみたら、何もなかつた。しかるにその後和解が成立して、何回かにわたつて納入が開始されたといいますが、資産がすでにな…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 決算委員会 第10号(1952/04/15、24期)

六件についての審議でありますが、細部にわたつてこれを検討するとすれば、実に莫大な時間を要するわけであります。そこでおもな点についてお聞きしてみたいと思いますが、まず二十六年度の一般会計予備費使用総調書…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 決算委員会 第11号(1952/04/25、24期)

非常に厖大な資料になつておりまして、すぐには目を通せないのでありますが、会計検査院で報告になつている部分に、国有財産の取得に関するもので不当事項として五十二件指摘されております。いずれこれは二十五年度…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 決算委員会 第12号(1952/04/30、24期)

世耕弘一氏が「謎の東京湾金塊事件」として、増刊の改造に発表している論文があるのであります。これによりますと、これは議会においても二十五年度のころ問題になり、大蔵大臣や、それから理財局長等のいろいろ返事…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 決算委員会 第13号(1952/05/09、24期)

これは非常にいい機会でありますから、専売公社で塩を取扱つた問題の大体の概念を得ておきたいと思う。最近、雑誌「ダイヤモンド」誌の中に、会計検査院の小峰氏がいろいろな武器の解体並びに軍艦の解撤作業のことに…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1952/02/29、24期)

人事院の方から局長さんがお見えでありますが、局長さんから責任のある御返事がいただけるでしようか、総裁でなくても……。さて去る二月の四日に官公庁労働者の代表が、浅井人事院総裁に面会したということをわれ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1952/03/03、24期)

時間もありませんので、簡単にひとつお尋ねしたいと思います。今まで占領軍が雇用しておつた日本の労働者、これの雇用主は日本の政府ということになつておりますが、実質上はなかなかこれに対していろいろな労働法規…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1952/03/05、24期)

ちよつと人事院にお尋ねいたしますが、去る二月の二十九日に建設省で五名の不当な奇々怪々な馘首をやつている事実がある。これは組合の執行委員長の阿久芽君と書記長の長瀬君と青年婦人部長の木森君と九州の青年婦人…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1952/03/07、24期)

人事院総裁にお尋ねいたしますが、この前の委員会において私が質問いたしましたが、総裁がお見えにならぬので、明確な返事がいただけなかつたのであります。あらためてひとつ御返事が願いたいと思います。この間官公…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1952/04/15、24期)

今お伺いいたしますと、二十五年度で四千三百十三人、二十六年度で五千五百五人ですか、これらの人たちが免職、停職その他の懲戒に処せられているとのことでありますが、これらのものに対して今適用するとすれば、こ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 人事委員会 第18号(1952/05/29、24期)

保安庁職員給与法の概要によりますと、今度警察予備隊の本部並に保安庁の次長、官房長、局長、課長その他の部員に、勤務地手当等その他俸給、扶養手当等の支給を引上げるというのでありますが、元来今なしております…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第7号(1952/02/07、24期)

この小型機船底びきの問題に関しまして、紀伊水道の問題が自由党内においても意見がわかれておりますが、かくあることはすでに三年前に私が予言しておるのであります。その当時特別海区にしようという意見が出て、そ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1952/02/09、24期)

昨日松田委員からも、北海道の例の浜益村め漁民が道庁に押しかけて、いろいろな請願をした。これはひとつぜひとも水産庁においても聞いてもらいたいというような要望がございます。われわれも太いにこれを支持するの…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第18号(1952/03/08、24期)

この北洋漁業の出漁に対して、今年は見合せると広川農相も声明しておられるし、ただいまの農林省の御当局からのお話もありましたが、その問題については、先ほどから石原委員も、いろいろ納得の行かない点を指摘され…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第20号(1952/03/15、24期)

さつき平塚さんのいろいろなお話を承つておりますと、アメリカにおいても日本のまぐろに対するいろいろな需要は、一般大衆に対して大きな点があるし、かつ日本のものは品質もよくまた価も安くて、正常に行けばこれが…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第29号(1952/04/12、24期)

漁船建造の融通について今研究になつておりますが、一体これの実現性というものがきわめてあやふやであります。もうすでに予算も通つておりますし、大蔵省においては財政方針も決定しておるわけであります。そこでそ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第35号(1952/05/15、24期)

ただいま石原委員から、この法案の撤回を要求されたようでありますが、まつたく正論であると思うのであります。そこでこの法案がもし出ないといたしましたならば、合衆国の軍隊に水面を提供するの必要もなくなり、漁…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第37号(1952/05/20、24期)

アメリカにおけるまぐろカン詰の関税の一方的引上げに対しましては、自由党の各位からもいろいろ不満が述べられているわけでありますが、これを解決する問題といたしまして、日本が今日最も効果的な方法はどういうふ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第51号(1952/07/29、24期)

水産委員会の廃止の問題が、今議せられておりますが、これはおそらく今までの水産委員会の運営の点に対するいろいろな不満が昂じて来ておる、そうしてこれが廃止ということになつておるのだろうと思う。水産委員会そ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第32号(1952/06/14、24期)

南方連絡事務局設置法案に対する質問を申し上げますが、こく手近かなことを聞いてみたいと思います。終戰前に沖縄島民の郵便貯金等がたくさんあつて、それが凍結されたままになつていると思いますが、それが一体幾…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第33号(1952/06/16、24期)

ただいま議題になりましたところの南方連絡事務局設置法案並びに引揚同胞対策審議会設置法の一部を改正する法律案並びにその修正案、この三法案に日本共産党は反対いたします。その理由は、元来琉球諸島、小笠原島…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第34号(1952/06/17、24期)

ちよつと恩給局長にお尋ねいたします。基礎的なことを一つ、二つ聞いてみたいのです。軍人恩給は今廃止になつておりまするが、いかなる事情でどういう趣旨のもとにいかなる法的な措置によつてこれが廃止になつたの…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第35号(1952/06/19、24期)

今までいろいろな委員会において、共産党の委員が行きますと、調査が非常に徹底するのでありまして、それを毛ぎらいするような傾向がある委員会においては、共産党の委員を委員長において除外するような習慣が行われ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第36号(1952/06/28、24期)

いや三、四問あるのです。これにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

24期質問主意書

質問主意書提出数

 24期(1949/01/23〜)  1本提出

質問主意書一覧

鉱工品貿易公団の不正事件に関する質問主意書
第9回国会 衆議院 質問主意書 第155号(1950/12/02提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22