山本利寿衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 27期(1955/02/27-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

24期本会議 - 27期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  1回発言   2267文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  1回発言   2847文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  2回発言   7360文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  1回発言   3331文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  3回発言   9434文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  8回発言  25239文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第16号(1949/04/12、24期)

私は、日本移民問題特に米国移民法修正法案に関連いたしまして質問いたしたいと存じます。終戰以來、連合国特にアメリカ合衆国がわが国の再建に関してあらゆる面にわたつて援助を與えられましたことは、国民一同の感謝いたしておるところであります。しかも、われわれ日本人の経済生活はいまだ安定せられておらないのであり………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第15号(1949/11/24、24期)

今回昭和二十四年度補正予算案を拜見いたしまして、国政全般にわたつて政府当局が苦心を携われていることは了承いたしましたが、なお国策上重大なるものにして、その考慮の拂われ方のあまりに少なかつたと思われるものについて、與えられた時間内において、一、二取上げてみたいと、考えるものであります。まずその一は、農………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第20号(1950/02/28、24期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、山本議を提出いたします。すなわち、山本利寿君提出、中ソ條約成立に際して我国の外交政策のあり方に関しての緊急質問、これをこの際許可されんことを望ます。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第31号(1950/03/28、24期)

ただいま議題となりましたラフカデイオ・ハーン(小泉八雲)生誕百年記念事業に関する決議案提出の趣旨弁明をいたしたいと思います。まず案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第11号(1950/12/07、24期)

昨年末以来数度にわたり戰争犯罪人の減刑あるいは仮出所の恩典が行われ、さらに本年十月十五日には、公職追放者中一万九十名の者に対し特免の発表がございました。このことは、減刑や解除の恩典を受けた人たち及びその家族に対してはもちろん、われわれ国民全体に対して非常に明るい気持を與えたものであり、マツカーサー元………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第27号(1952/03/29、24期)

私は、ただいま議題となつております、ポツダム宣言の受諮に伴い発する命令に関する件に基く外務省関係諸命令の措置に関する法律案並びに外国人登録法案に対し、改進党を代表いたしまして、二、三重要なる諸点を指摘して政府の注意を促し、本案に賛成の意を表明せんとするものであります。(拍手)近く平和條約はその効力を………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第51号(1952/06/07、24期)

ただいま議題となつております日華講和條約が、わが国にとつて重要な條約であることは申すまでもありません。わが改進党は、本條約の批准について賛意を表するにやぶさかなものではありませんが、この機会において、日本国民が抱いている一抹の不安の念を本議場に表明することは、立法府の一員として当然の職責であると信ず………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第55号(1952/06/17、24期)

私は、ただいま議題となりました北太平洋の公海漁業に関する国際條約及び同條約附属議定書の締結に対し、改進党を代表して反対の意を表明せんとするものであります。(拍手)公海の漁業資源を開発したり、それの保存措置の確定に必要な科学的研究を推進したり、その結果に基いて締約国に勧告したりすること及びこれらのこと………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

24期委員会 - 27期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員 13)  9回発言   7053文字発言
  第6回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 14 委員 13)  5回発言   2234文字発言
  第7回国会 40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 40) 10回発言  19975文字発言
  第8回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言   4940文字発言
  第9回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言   1952文字発言
 第10回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員  3) 10回発言  19912文字発言
 第12回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  9)  5回発言   6966文字発言
 第13回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 31) 15回発言  44397文字発言
 第14回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1006文字発言

  24期通算 162回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 43 委員119) 59回発言 108435文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            86回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 27 委員 59) 47回発言 100101文字発言

 予算委員会
            32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32)  1回発言   1072文字発言

 海外同胞引揚に関する特別委員会
            15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  5回発言   3081文字発言

 観光事業振興方策樹立特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  2)  2回発言   1130文字発言

 郵政委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  1)  2回発言    309文字発言

 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  1回発言   2706文字発言

 文部委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言     36文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第5回国会)
 観光事業振興方策樹立特別委員会理事(第5回国会)
 観光事業振興方策樹立特別委員会理事(第6回国会)
 郵政委員会理事(第6回国会)
 外務委員会理事(第10回国会)
 外務委員会理事(第12回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第6号(1949/05/17、24期)

先ほど大野局長からもお話がありましたように、この問題は政府の合部面に関係があることでありますが、わけて外務省においてはお骨折をお願いしなければならぬと考えるのであります。ところで現在の渉外関係と申しま…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第9号(1949/05/30、24期)

私は本日の委員会に列席しまして、皆様方からのいろいろな御意見を聞いたのでありますが、要点は同じだと思いますけれども、現在持つておられる外務省あるいは援護廳、その方面の数字は刻々にかわるものだと思います…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第11号(1949/10/10、24期)

こういう場合に、他の委員会ではどういうような例がございましようか。お調べ願いたい。本日の議題は、まず第一に、引揚げが再開されましてから三箇月余を経過いたしておりますので、この間の引揚げ状況一般につき…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1949/03/30、24期)

今ので概略はわかりましたが、日本側では外務省、あるいはその他の日本側の当局として、大体どの程度にしてもらいたいとか、いつごろまでには決定してもらいたいとかいつたような、意思表示をしたことがこれまでにお…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1949/04/06、24期)

このことに対して、質問以外の私の意見を申し述べさせていただいてよろしゆうございますか。その大体の要旨は、戰後アメリカ並びにその他の連合国がわが国に與らえれた援助に対して感謝し、しかして現在の日本の領…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1949/04/27、24期)

先ほど伺いましたこの表は、連合軍総司令部の発表となつておりますが、このうちの基本数というのは、連合軍の方で各收容所あたりと連絡をとつて調べられた数でありますか、あるいは外務省において何らか別の方法で得…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1949/05/14、24期)

ちよつとお伺いいたしますが、二十八万名はわかりますが、九億円という金額は大体現在の評價でございますか。二十一年ごろの評價でございますか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1949/05/21、24期)

このソ連に残留している者の数ということについては、実際におる数と、この前発表された数とに食い違いがある場合には、あとで非常に問題が残るからという意味の発言をかつての委員会で私はしたと思うのでありますが…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 文部委員会 第1号(1949/03/19、24期)

理事はその数を七名とし、委員長において御指名せられんことを希望いたします。伊藤 郷一君    佐藤 重遠君会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第5号(1949/11/29、24期)

ただいま提出された二つの決議案を並べてみまして、私が考えるところは、こういう決議案が出ることは、とにかく早く帰してもらいたいということが、どちらも根本の目的であります。さらにそのためには、今不明になつ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 観光事業振興方策樹立特別委員会 第3号(1949/10/31、24期)

その他の点で質問してよろしゆうございますか。それからいま一つ、これは大事なことだと思いますが、日本経済の要請するところは、なるべく多くの外貨をわれわれが獲得しなければならぬという点でありますが、通産…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 観光事業振興方策樹立特別委員会 第9号(1949/11/28、24期)

私は民主党連立派を代表いたしまして、ただいま議題となりました国際観光ホテル整備法案に賛成の意を表するものであります。この法案の主とするところは、わが国の国際観光ホテルを充実させようというところにあり…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 郵政委員会 第6号(1949/11/22、24期)

大体この問題に関しましては、質疑も出盡したようでありますから、これにて質疑を打切られんことを希望いたします。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 郵政委員会 第7号(1949/11/28、24期)

私は民主党連立派を代表いたしまして、今回議題に供されました郵便物運送委託法案について、賛成の意を表するものであります。本法案がこの委員会に付託されましてから、その特質については各委員より詳細にわたつ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 海外同胞引揚に関する特別委員会 第7号(1950/02/16、24期)

委員長にお尋ねいたします。この問題に関しては、今日放送局の方からの御説明を承つたわけでありますが、さらにこの長野県の在外同胞帰還促進家族連盟委員長あるいはその他の方を招いて、その方のお話を聞く予定であ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1950/02/08、24期)

私はまず最初に日本人戰争犯罪人釈放の問題に関連して、ご質問を申し上げたいと思うのであります。昨年の十二月二十五日マツカーサー元帥は、当時巣鴨拘置所で服役中の日本人戰争犯罪人で終身刑以下の刑期に服し、か…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1950/02/22、24期)

この前のもう一つ前の委員会で、私の御質問申し上げたことに対しての御答弁を承りたいと思います。ジヤート法案の関係は、御承知の通り一九四〇年の米国移民法を改正しまして、帰化し得る者の範囲を広め、従つて日…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1950/03/08、24期)

やむを得ず簡單にいたします。引揚げ促進であるとか、引揚者の援護とかいうことについては、いろいろ請願もあり、陳情もあり、当局もその方向に向つて動いておられるようでありますが、昨日渉外局より戰犯者に対す…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1950/03/11、24期)

ちよつと参考に承りたいのですが、この法案によつて支拂われる金額の一口、つまりある個人あるいは一会社が受取る最高金額、それからその最低、さらに大体平均してどのくらい受取る数字が一番多いか、現在まで申出済…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1950/03/14、24期)

まずこの法案の形式的な点について、一、二御質疑申し上げてみたいと思います。それは第四条の第四号でありますが、「申請者が当該物件を略奪品として没収されたこと。」こうなつております。これは申請者が払いもど…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1950/03/22、24期)

今の問題に関連いたしまして、沖縄に連合軍がいかなる設備をするかしないかというようなことは、日本当局の関知せざるところという説明は、私は成立つと思うのであります。ただ新聞紙その他によつて伝えりれるごとく…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1950/04/19、24期)

ごく簡單にしますが先ほど聴濤委員から御質問になりました朝鮮人強制送還の問題に対して、聴濤君の御意見は強制的に送還すべきでないという意見であつたようであります。当局の方ではそういう意思も事実もないという…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1950/05/01、24期)

関連して……。並木委員の冒頭の御質問に、委員長に対して吉田総理兼外相が出席されないことに対しての遺憾の意味のことを述べられましたが、委員長は、この委員会が無事に運営されつつあるから、専任外相の必要もあ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1950/02/06、24期)

講和会議に対していろいろな論議がかわされておりまして、観念的な研究も一面必要でありましようけれども、平素総理が常に言つておられますよに、日々のわれわれの行動において講和を促進させるように、国民全体が努…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1950/07/21、24期)

最近の朝鮮問題を見ましても、同じ民族が南北にわかれて相殺戮しておるということは、まことに悲劇のきわみであります。われわれ日本民族はいかなる場合にも総力を結集して。同一方向に行くように政治を進めていただ…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1950/07/29、24期)

この第七から第一一まで、すべて私も陳情の意義を了とし、それを採択することに賛成するものでありますが、大体こういつた領土的な関係、沖繩にしても、千島にしても、奄美大島にしても、その点についてこういつた陳…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1950/11/29、24期)

朝鮮の動乱と抑留同胞の問題について留守家族の者が非常に心配しておりますので、この際次の点を明らかにしていただきたいと思います。それは最近北鮮の共産軍陣常に相当数の日本人抑留者が使用せられているように…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1950/12/06、24期)

朝鮮事変はすでに対岸の火事ではなくて、わが国にとつても重大な段階にあるように思われますが、先ほど自由党の佐々木君は、満州から中国へ及ぶ形勢にあるといわれるが、最近の情報では南鮮に及んで日本にまで来るの…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1951/01/31、24期)

官房長官にちよつとお尋ねをいたします。ただいまの追放解除の問題を要望することは、外交的にあるいはGHQ方面に対して、非常にデリケートな問題であるからというお心づかいが非常に多いのでありますが、この点に…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1951/02/06、24期)

法務総裁にお尋ねいたしますが、中共軍が朝鮮を解放した後には日本を解放するということは明瞭に申しておることでありますが、その場合に、日本に来るという場合には、現在中共地区で抑留されております日本の捕虜だ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1951/02/20、24期)

議事進行について。先般来外交問題については、参議院の外務委員会及び衆議院の予算委員会等において、いろいろ首相からも答弁があつたのであります。参議院の外務委員会は祕密会になつたそうでありますけれども、本…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1951/02/21、24期)

日本の安全は日本の手で守る権利があり、義務があるとか、自衛は国民の自尊心であるというようなことを申しましても、終戰以来今日まで、戰争犠牲者に対して与えられた精神的及び物質的な待遇は、ずいぶんひどかつた…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1951/02/28、24期)

関連して簡単に文部大臣及び外務政務次官にお尋ねいたしたいと思います。ただいま北沢委員からの質問に対する御答弁にありますごとく、日本の留学生派遣あるいは両国の教授交換等によつて、両国の文化交流がなされる…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1951/03/20、24期)

ただいまの警察予備隊の北海道方面への移動等に関連いたしまして、御質問申し上げたいのでありますが、それは三月十五日付の日本週報に、共産党の北海道辺区闘争の問題が相当詳しく載つておるのでありまして、北海道…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1951/03/24、24期)

関連して……。日本政府在外事務所の数が漸次ふえて行くということは、まことにけつこうなことでありますが、その活動が予期の通りに進展していないということもよく耳にするところであります。しかも先ほどあまり活…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1951/03/26、24期)

わが国の人口問題の一環としての移民問題は、非常に重要のものであることはよく御承知の通りでありますが、この日本の移民を受入れてくれる相手国の事情ということが常に影響して参りますので、この問題は愼重に論議…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1951/05/23、24期)

ごく簡単に一、二点お伺いいたします。今回米国政府によつて対ソ覚書全文というものが発表せられて、それがワシントン二十日発のUP特電でわが国にも伝えられておるようでありますが、その中で約二十万の日本人兵士…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1951/05/25、24期)

議事進行について……。この前の委員会の最後において私の方から、シベリア抑留の数が約二十万であるということが対ソ覚書全文の中に載つておる、わが方では三十七万と従来発表されておつたという問題について御質問…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1951/10/31、24期)

関連して一つ聞いておきたいのですが、この分担金の問題で、わが国が従来第二等級になつていたのを第六等級に下げて今後扱うという、この等級を上げたり下げたりするのはどういう関係で、どういう機関できめるのです…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1951/11/02、24期)

大使、公使は国家公務員法に特別職としてあげられておつて、その任命は内閣がこれに当ることになつておるのでありますが、こういう重大な職務、つまり外交というものは超党派的に扱わるべきものであつて国家全体の利…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1951/11/10、24期)

わが国における食糧の絶対量が不足して、年額百五十万トン以上の輸入を必要とする現状から見て、国際小麦協定に加入し、本年度五十万トンの小麦が輸入できるという大局的な意味から、国民民主党は賛成するものであり…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1951/11/13、24期)

関連して。最近琉球方面へ行く場合には、向うから滞在資金の保証ということが必要なようでありますが、アメリカなり南方方面の各国の住民から、こういう人間が来た場合には、滞在中の費用はこちらで持つてやるといつ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 平和条約及び日米安全保障条約特別委員会 第6号(1951/10/22、24期)

一昨日でありましたか、同僚委員からも、日本の現在の最大不安は朝鮮問題がどう片づくかということであるという御意見がありましたが、確かにその通りであります。しかしさらに現在日本の最も不安定な問題の根底をな…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1952/01/30、24期)

先ほど佐々木委員から、韓国大統領李承晩氏の、朝鮮半島周辺の海域に対する漁業権主張に関する宣言というものについての御質問があつたのでありますが、韓国の方では先ほど御説明のような主張があり、わが国の方では…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1952/02/06、24期)

前回の外務委員会におきまして、来る四月にモスクワで開かれる国際経済会議に対して、日本からも出席するようにという招請状が来ておる。このことについての質問に対して、石原政務次官からは、これも平和攻勢の一つ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1952/02/20、24期)

ただいまの漁船拿捕等の問題に重大な関連があると思うのでありますが、現在のマッカーサー・ラインというものが講和條約発効後において全然消えるものであるか、あるいはマッカーサー・ラインというものがあつたこと…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1952/03/05、24期)

今回の敗戰はまことに苦しいことでありましたが、しかしこの敗戰によつて日本が得た最もとうといものは、民主主義ということと文化国家という考え方であると思います。日本が自由国家群の中に仲間入りをして国際場裏…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1952/03/27、24期)

関連して……。ただいまの日本から送還された人たちが釜山に送り返されるということでありますが、その釜山に上陸してからの韓国側の処置というものは、どういうことになつておりますか。私が昨年九州の大村湾の収…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1952/03/29、24期)

私は改進党を代表いたしまして、ただいま議題になつておりますポツダム宣言の受諾に伴い発する命令に関する件に基く外務省関係諸命令の措置に関する法律案並びに外国人登録法案に対しまして、賛成の意を表するもので…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第26号(1952/05/23、24期)

岡崎国務大臣から直接答えていただきたい点を省きまして、二、御三質問申し上げます。今回締結された日華條約の交換公文書に、一九四五年九月二日以後に中華民国の当局が拿捕し、または抑留した日本国の漁船に関す…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第27号(1952/05/28、24期)

関連して。ただいまの佐々木盛雄君の御意見にはまつたく同感でございまして、政府の方においてもその点御同意のようでありますが、この前の委員会において、私はそれに関連して、今度の條約が締結されると同時に、岡…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1952/05/30、24期)

日華平和條約に関する今日までの質疑応答によりまして、岡崎外務大臣初め現政府の中国に対する考えを要約してみますと、中共政府は好ましくない、従つて今のところ中共貿易を緩和する措置をとる意思はない、中共貿易…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第29号(1952/06/04、24期)

簡単にいたします。駐留軍の演習地の問題については、先ほど並木委員から富士山麓の演習地の問題あるいは先般日本海における竹島の問題について、私からも御質問申し上げたのでありますが、今日までのこの接収土地の…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第35号(1952/06/16、24期)

私はただいま議題となつております北太平洋の公海漁業に関する国際條約に対して、改進党を代表して反対の意を表明したいと考えます。この條約を審議するにあたりまして、われわれ外務委員としては、まずその内容が…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第36号(1952/06/18、24期)

私も実は今の艦艇の問題について御質問申し上げたいと思つたのです。協力局長において御答弁ができると思うのでありますが、三宅さんからのお話ですと、海上保安庁その他でなければできないということですが、その点…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第37号(1952/06/25、24期)

予備隊の問題でちよつと関連してお尋ねをいたしたい……。今度三万五千人増加するので、それを選抜中とのことでありますが、今のお語で、今までに入つております者で希望する者はそのまま残るのでしようか。大分やめ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第38号(1952/07/02、24期)

ただいま菊池委員からの御質問に対して、海上保安庁からのお答えがはつきりしなかつたように思いますので、私からもう一度お尋ねするのでありますが、日本とアメリカとの間に、艦艇の貸與に関しての交渉はあるのであ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第39号(1952/07/30、24期)

この問題は、かねて当委員会においても、あるいはまた地方行政委員会においても、しばしば質疑のかわされたところでありますが、今日配付せられたこの表によりますと、漸次検挙率が上つておるということは非常にけつ…会議録へ(外部リンク)

第14回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1952/08/28、24期)

ちよつとただいまの御答弁に関連して御質問申し上げます。私も昨年大村の収容所を視察して来たのでありますが、当時は三百名ないし四百名たまると送還されておつたのでありますが、先ほどの御報告によりますと、現在…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

24期質問主意書 - 27期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 27期(1955/02/27-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22