関谷勝利衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  9回発言  12312文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  1回発言   1649文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  1回発言    318文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  1回発言    564文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30) 12回発言  14843文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第7号(1949/03/29、24期)

ただいま議題と相なりました日本国有鉄道法の一部を改正する法律案につきまして、稲田運輸委員長にかわりまして、私から委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本法案は、三月二十四日運輸委員会に付託され、越えて二十八日政府より提案理由の説明を聴取したる後質疑を重ね、愼重なる審議をいたしたので………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第23号(1949/04/28、24期)

ただいま議題となりました国有鉄道運賃法の一部を改正する法律案について、運輸委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。本法案は、四月十九日、本委員会に付託され、越えて四月二十日政府から提案理由の説明を聴取して以來、委員会を開くこと六回、その間四月二十六日には利害関係者及び、学識経驗者の意………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第26号(1949/05/10、24期)

ただいま議題となりました船舶公團法の一部を改正する法律案について、運輸委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本法案は、去る四月二十五日、本委員会に付託され、二十七日政府より提案理由の説明を聴取し、慎重審議いたしたのであります。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第27号(1949/05/12、24期)

ただいま議題となりました二法案につきまして、きわめて簡單に御報告を申し上げます。まず港則法の一部を改正する法律案について、運輸委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第28号(1949/05/13、24期)

ただいま議題となりました水先法案について、運輸委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。本法案は、五月九日まず運輸大臣より提案理由の説明を聴取し、これを愼重審議したのであります。本法案の趣旨を簡單に申し上げますと、現行水先法は明治三十二年に制定せられましたもので、目下復興途上にあるわが………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第29号(1949/05/14、24期)

ただいま上程に相なりました海陸貨物運賃調整に関する決議案に対しまして趣旨弁明をいたしたいと存じます。まず案文を朗読いたします。海陸貨物運賃調整に関する決議案会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第30号(1949/05/16、24期)

ただいま議題となりました船舶運営会の船員の給與基準の設定及び船舶運営会の役職員に対する特別手当の支給に関する法律案について、運輸委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本法案は、五月十四日政府より提案理由の説明を聴取し、これを愼重審議したのであります。本法案の趣旨並びに内容を簡單に申………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第35号(1949/05/21、24期)

ただいま議題となりました二法案につきまして御報告を申し上げます。まず海上運送法案につき運輸委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第36号(1949/05/22、24期)

田中君にお答えいたします。提案者といたしましては、この法案を撤回する意思はありません。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第21号(1949/11/30、24期)

私は、ただいま議題と相なりました国有鉄道運賃法の一部改正法律案に対しまして、賛成の討論を試みるものであります。(拍手)本法案は、原価計算の点から申しましても、国有鉄道の独立採算制の立場から申しましても、また海陸運賃調整の立場から申しましても、当然のことであると存ずるのであります。すなわち原価計算にお………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第45号(1950/04/30、24期)

ただいま議題となりました、地方自治法第百五十六條第四項の規定に基き、海上保安監部及び海上保安部の設置に関し承認を求める件について、運輸委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本件は、海上保安庁法の一部を改正する法律案の施行に伴いまして、管区海上保安本部の事務の一部を分掌させるため、海………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第22号(1952/03/20、24期)

ただいま議題となりました昭和二十六年十月の台風による木船災害の復旧資金の融通に関する特別措置法案について、運輸委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず本法案の趣旨並びに内容を簡單に御説明いたします。昨年十月に襲つたルース台風は、木船にも甚大なる被害を與えたのでありますが、御承知の………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 29回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 27 委員  1) 20回発言  29776文字発言
  第6回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員  1)  8回発言  17256文字発言
  第7回国会 36回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 34 委員  0) 25回発言  53716文字発言
  第8回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
  第9回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第10回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  0回発言      0文字発言
 第12回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言
 第13回国会 45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 44) 20回発言  41312文字発言

  24期通算 151回出席(長  0 代理理事 3 代理 0 理事 77 委員 71) 73回発言 142060文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
           126回出席(長  0 代理理事 3 代理 0 理事 77 委員 46) 73回発言 142060文字発言

 電気通信委員会
            25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 25)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 運輸委員会理事(第5回国会)
 運輸委員会理事(第6回国会)
 運輸委員会理事(第7回国会)
 運輸委員会理事(第13回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1949/04/08、24期)

先ほど国務大臣の懸軍位以下のものは原則としてこれを地方に移管したい、こういうお話、これはごもつともでありますが、中には移管のしがたいものもある、こういうお宵環もあつたのであります。この適職に歯しまして…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1949/04/18、24期)

ただいま橘委員からもお話がありましたので、なるべく重複を避けたいと思いますが、この旅客運賃のみによつて赤字を補填し、貨物運賃を値上げしない、こういうふうなことのために、その及ぼす影響は非常に大きいので…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1949/04/22、24期)

昭和二十四年度の予算編成にあたつて、国鉄は独立採算制を目途といたしまして、赤字二百三十億円の捻出のために、貨物運賃をすえ置きとして、旅客運賃六割の値上げによつて解決せんとしておるのであります。なおまた…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1949/04/23、24期)

国有鉄道運賃法の一部を改正する法律案に対する質疑は、次会にこれを続行いたすこととして、本日はこれにて散会せられんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1949/04/25、24期)

今の御説明でよくわかるのでありますが、この港内の汚濁の制限というので、燃料が浮遊して港内が非常によごれておるというような場合、これを防止すると申しましても、機帆船あたり防止の方法がないと思いますが、ど…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1949/04/26、24期)

今の高瀬さんのお説は、現在におきましては六割値上げということを前提として、ということで述べられておるようでありますが、貨物運賃に触れずして、旅客運賃だけを六割値上げするということは、現在の場合やむを得…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第13号(1949/04/27、24期)

この運賃改正問題につきましては、あらゆる角度からすでに論議を盡されておるのであります。客観情勢あたりもよくわかつておるのでありまして、これ以上の質疑応答はただいまで打切つて、明日討論をやつて採決すると…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第15号(1949/05/09、24期)

この問題につきましては、いろいろ委員の人々から質問もありまして、大体質問も出終つたようでありますし、委員の各個まちまちの修正案が出ているようでありますが、各党別に委員の意見をまとめまして、これを党議に…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第16号(1949/05/11、24期)

この法案は当然なすべきことを規定して、法文化しただけでありまけので、質疑の余地もないと考えられます。本案の裏づけとなりますところの予算的措置もできておりますので、この際討論を省略いたしまして、ただちに…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第17号(1949/05/12、24期)

全国の水先人全部を合せまして、最低の水先人の人数はどのくらい必要なものか、また水先修業生の養成機関はどんなものがあるか、またどういうふうな計画を立てておるか、あるいは水先料の平均額はどのくらいになつて…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第18号(1949/05/13、24期)

本請願の要旨は富城縣大島燈台は金華山沖の漁場を据え、氣仙沼港へ出入する船舶はますます増加しつつあるが、その規模がきわめて小さく、設備は不完全で、しかも濃霧地帯であるため、燈台しての機能をほとんど発揮で…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第19号(1949/05/14、24期)

この法案につきましては、すでに質疑も十分盡されておりますので、討論を省略いたしまして、ただちに、採決せられんことを望みます。これより航路標識法案について採決いたします。本案を可決するに賛成の諸君の起…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第21号(1949/05/17、24期)

今の八幡浜の臨港線でございますが、全国的に見まして、漸次必要度の高いものからということになりますけれども、八幡浜の港湾改修にあたりましては、臨港線を引込みますために埋立てその他ができてありますので、こ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第22号(1949/05/18、24期)

拂下げの可否、各路線についてその適用のいかんを愼重具体的に考慮するということだが、どんな手続でそういうことを考慮するのか、また拂下げるように考慮するのか、それとも拂下げるかいなかを考慮するのか、はつき…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第23号(1949/05/19、24期)

昨日も私申し上げたのでありますが、この鋼船の定期交通船と、機帆船の定期交通船を同じ扱いにするということにつきまして、非常な矛盾があるのであります。これから行きますと、定期航路開設を申請する場合に、地方…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第24号(1949/05/20、24期)

この法案はきわめて簡單な法案でありますし、前に参議院の板谷順助氏が來てよく論明をいたしておるのでありまして、質疑、討論ともに省略いたしまして、原案通り決定せられんことを望みます。それではこれより日本…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第25号(1949/05/21、24期)

この法案はすでに質疑も行われたのでありますし、内容もきわめて簡単なものでありますので、この際討論を省略いたしまして採決せられんことを望みます。これより通訳案内業法案について探決いたします。本案は原案…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第27号(1949/05/23、24期)

動議を提出いたします。第一九、二〇、二一、二七、六二、六六、七四、七五、七七、八八、九〇、九四、九五、九六、九九、一〇八、一四一、一六六、一八七、一九〇、二〇三、二一〇、二八四は、いずれも本委員会にお…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第28号(1949/09/12、24期)

今足羽局長のお話が、運賃値上げの点に行きましたので、お尋ねしたいのでありますが、鉄道方面では貨物運賃をどの程度に決定しようと考えておられるのか、それをまずお伺いしたいと思います。そうしてそれは、鉄道の…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 運輸委員会 第29号(1949/09/13、24期)

前田委員、天野委員、私の三人で、四国、九州地方の視察調査をいたしました結果を御報告申し上げます。六月十五日四国、九州地方の鉄道敷設、電化、港湾関係及び船舶の運航状況を視察いたしました。まず第一に、高…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1949/10/31、24期)

先般海運局長でありましたか、この船舶法の一部を改正する法律案につきまして、御質問をいたしました際には、改測をしないということを言明しておられたのでありますが、国籍証書とこの船舶について記載しております…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1949/11/15、24期)

今度の法案は、大体の趣旨が国有鉄道の高能率を上げさすということが、まず眼目になつてきめられておるのでありますが、これは業務上と申しまするか、手続上は非常に国有鉄道が自主性を認められるというふうなことに…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1949/11/17、24期)

私、連合審査を要求しておつたものでありますが、原案をいろいろ検討いたしまして、あの通りで通過するということでありますれば、連合審査は必要なしと考えまして、取消します。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1949/11/21、24期)

簡單にお尋ねをいたしたいと思います。先ほどもちよつと石野君からも出ておりましたが、鉄道債券の発行ができいるいうことになつておりますが、これはわが国民間の引受けだけを考えておるのか。あるいは将来外国民間…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1949/11/22、24期)

この法律案は提案理由の説明にもありましたことく、鉄道事業の高能率に役立つための会計法でありまして、またその自主性も認められることになつておりますし、ことにただいま米窪委員から十二條あるいは二十六條につ…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1949/11/25、24期)

今お尋ねいたしましても、まだ支点の分離というふうなことについて、持株整理委員会等において指示がない。こういうふうに承つたわけでありますが、いかに通運事業法を制定いたしまして、そして新規事業者を免許する…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 運輸委員会 第13号(1949/11/26、24期)

あの観光ホテル整備法案の中に出ておりまする文句には、現在運輸大臣が主務大臣であるということが明記いたしてあるのでありまして、これを主務大臣をとりかえますることは、運輸委員会が讓歩したということになりま…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1949/11/28、24期)

この観光宣伝を実施し、その他観光に関する事業を行う法人であつて、営利を目的としないもの、この団体がどれだけあるのか。またこの団体に対してどの団体へ何ほど今まで助成して来たか。なお二十四年の今度の補正予…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1950/02/10、24期)

貨物の五百六十七億に対するトン数見込みをちよつとお知らせ願いたい。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1950/03/03、24期)

船舶運営会の職員に退職手当を交付するこの一部改正は、すでに以前にこの法律制定の際に論議されておりますので、多くを質問することを差控えたいと存じますが、この別表中にありますように、一年延期をいたしますと…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1950/03/06、24期)

この国有鉄道法の一部改正は、非常に疑義のある点でありまして、先般いろいろお尋ねをいたしたのでありまするが、納得行きかねる点が多々ありまするので、この点を明確にいたしたいと存じます。なおこの国有鉄道法の…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第7号(1950/03/07、24期)

ただいま尾崎委員からの問に対して、運輸大軍はその通りであるというふうに言われておりますが、私昨日も響くいろいろ質問をいたしましたので、もう簡單に申し上げたいと思いますが、大体見返り資金の性格はわからぬ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1950/03/10、24期)

ただいま提案理由の説明がありましたので、大体了解できまするし、ことにこの法案につきましては、格別議論をするような点はないのでありますが、小さい事柄でありますが、二、三お尋ねいたしたいと思います。この法…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1950/03/14、24期)

小委員長の選任につきましては、選挙の手続を省略して、畠山鶴吉君を小委員長に選任せられんことを希望いたします。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1950/03/16、24期)

水路業務法の一部を次のように修正いたしたいと存じまして、動議を提出いたします。第八條中の修正でありますが、第八條中に「前條」とありますのを「第六條」に改める。この第八條中の修正は、政府原案の誤りであ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1950/03/22、24期)

運賃法の一部改正につきましては、ただいま提案理由の説明を受けましたばかりで、質問は次に譲りたいと思つておるのでありますが、先ほどサービスの点につきまして、いろいろ坪内、満尾両委員から要望なり御質問があ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第13号(1950/03/23、24期)

昨日御質問申し上げましたので、ニ、三点だけお伺いいたします。最初には希望を申し上げたいと思います。昨日行政制度の審議会におきまして、業者の代表が出て参りまして、その声といたしまして、この一貫輸送をやる…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第15号(1950/03/25、24期)

これは従来の鉄道技術研究所を拡充し、船舶その他の関係もやるということになりますので、その点は賛成なのでありますが、この運輸技術研究所になつたために、人員の点でどれだけの経費がふえて来るのか。なお現在…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第17号(1950/03/29、24期)

この税法問題は、ただいま説明を聞いた通り、運輸省関係に対しましては非常に重大な問題であり、場合によつては、運輸業者が壊滅に瀕するおそれがありますので、これは地方行政委員会に対して連合審査を要求するとい…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第19号(1950/04/04、24期)

造船法案につきまして、お尋ねをいたしたいと思います。ときによりますと、二つ三つ何時にお尋ねするかもわかりませんので、メモでもしながら御回答を願いたいと思います。この法案を通覧いたしますと、施設、設備…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第20号(1950/04/08、24期)

ただいまの懇談会におきまして、岡田委員からもお話があつたりでありますが、ちよううど私お尋ねしたいと思つておつたところでありまして、全然同感であります。臨時船舶管理法並びに同施行法に基きまする運輸大臣の…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第22号(1950/04/12、24期)

私も簡単に、いずれ連合審査を開きますので、その際にお尋ねをいたしたいと思います。私もただいま党派は同じではありませんが、米窪委員の意見と感を同じゆうするものであります。光ほど大久保長官は、機動性を持た…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第23号(1950/04/13、24期)

岡田委員からいろいろ御質問がありまして、大体私のお尋ねしたいと思つております点も、この中に大部分出て来たのでありますが、要するにこの第二次裁定によつて、第二次裁定が下されたものに対して、それを出さぬか…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第25号(1950/04/17、24期)

二、三点簡単にお尋ねをいたしたいと思います。船員職業安定審議会というものが従来運用せられておらないということが、提案理由の説明の中にあつたのでありますが、こういうふうな委員会というものは、これを活用い…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第26号(1950/04/18、24期)

この改正案を読んでおりますると、海上運送法を一層複雑化し、かつ改正点等につきまして疑義をさしはさむ点が多々ありますので、かつ運用のいかんによりましては、海運界を撹乱するおそれがあるのであります。その点…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第28号(1950/04/20、24期)

簡単にこの法案につきまして、御質問をいたしたいと思います。将来の日本の海運界再建のために、一時の糊塗策と申しますか、そういうようなことで、永久の施策を誤つてはならないことは、海運業者はみな異口同音に言…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第29号(1950/04/22、24期)

本法案は、すでに予備審査の形におきまして、質疑応答は大体盡きておると思いますので、この際質疑を省略してただちに討論に入り、採決せられんことを望みます。これより船員職業安定法の一部を改正する法律案につ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第31号(1950/04/26、24期)

この日本国有鉄道法の一部を改正する法律案につきましては、すでに長期間にわたりまして論議を盡されているのであります。ただその間におきまして、見返り資金との関係につきまして幾多の疑点がありましたために、本…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第32号(1950/04/27、24期)

簡單に伺いたいと思います。日本機帆船業会専務理事の立川さんにお尋ねいたしたいのは、全体といたしまして、この原案に賛成であるのか、あるいは修正して賛正であるのか、この点を伺いたいと思います。次に田井さ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第33号(1950/04/28、24期)

この港湾法は、すでに一年有竿にわたつて論議が尽されておりますけれども、ことに閉会まぎわに押し迫つてから上程いたされておりますために、各條項につきまして一々論議をいたしておりました場合には、とうては審議…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第34号(1950/04/29、24期)

この運輸省設置法及び日本国有鉄道法の一部を改正する法律案は、きわめて簡単であり、かつ明瞭でありますので、質疑、討論を省略して、探決せられんことを望みます。これより運輸省設置法及び日本国有鉄道法の一部…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第35号(1950/04/30、24期)

本承認を求めまする件は、当然の処置と考えまするので、この際質疑、討論を省略いたしまして、ただちに採決あらんことを望みます。本件に承認を与うるに賛成の諸君の御起立を求めます。会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 運輸委員会 第38号(1950/06/27、24期)

まだほんとうの方針が明確になつておりませんので、お尋ね申し上げるよりも、今度の会期と申しましても非常に短い会期でありますので、いろいろ明確を欠きます場合には、あるいは審理未了になるというふうな懸念もあ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1951/12/15、24期)

私、政務次官に在任中はたいへん皆様方にお世話になりまして、まことにありがとうございました。今度また運輸委員に返つて参りましたから、どうぞよろしくお願いいたします。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1952/02/07、24期)

時間もないそうでありますので、きわめて簡単に大蔵大臣にお尋ねをいたしたいと思います。目下参議院で審議をせられておりますところの企業合理化促進法に対しまして、いろいろ事務当局等が折衡をいたしまして、こ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1952/02/22、24期)

今政務次官の御答弁を聞いておりますと、案が示されてからそれについていろいろ研究をし、賛成すべきかどうかを決定する、こういうふうなまことに御上品と申しますか、消極的な御意見のようでありますが、すでに新聞…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1952/02/25、24期)

大橋大臣が行政機構の改革につきまして、日ごろ非常に御努力になつておられる点につきましては、私たちは敬意を表しておるのであります。巷間伝えられると申しますか、新聞紙上等に伝えられておりまするところを見ま…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第11号(1952/03/06、24期)

先ほどの山口政務次官のお話を聞いておりますと、道路建設の面は建設省に残し、そして維持、管理の面はこれを運輸省に移管する、こういうようなお話でありましたが、これはどういうふうなお考えから、そういうふうに…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1952/03/15、24期)

ただいま議題となりました昭和二十六年十月の台風による木船災害の復旧資金の融通に門する特別措置法案提出の理由を御説明申し上げます。木船は、国鉄及び汽船と並んで、わが国内輸送にきわめて重要な役割を果しつ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第13号(1952/03/18、24期)

以前の台風の際にやらずに、今度やるというふうなことは、今回の方が木船の被害が非常に多かつたために、特にこういうふうな臨時特別措置を考えたわけであります。なおまた以前の損害につきましては、これはその当時…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1952/03/25、24期)

この商船管理委員会の解散については、基礎法であります戦時海運管理令は二十二年の三月に廃止され、その後総司令部の指令と申しますか、それで行つておつたのでありますので、講和発効に備えまして解散をするという…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第15号(1952/03/27、24期)

南方の島あたりにいまだに日本人が残つておるということも、たびたび新聞紙上等でも見ておりまするので、そういうふうな引揚者があることだけは確実なのであります。なおどこにどれだけおるということが確定しておれ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第16号(1952/03/29、24期)

今浅沼委員が言わておつたことと、先ほどの長崎総裁の答弁とに食い違いがあるようですが、長崎総裁が答弁せられました大わくという意味は、おそらく二十億で、その中でどの線ができておるというのではないのでありま…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第17号(1952/04/14、24期)

ただいまの海岸線の問題でありますが、昨年度行いましたところの影野、窪川間は、これは終了したのでありますが、四国全般といたしましては吉野生、江川崎線をまず完成して、一応あの四国循環線ができ上つて後に海岸…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第19号(1952/04/16、24期)

ただいま議題となりました木船運送法案提出の理由を御説明申し上げます。木船は通常機帆船と称せられ、焼玉機関を装備する木造貨物船でありまして、現在一万九千五百隻、七十一万総トン、百三十万積トンの船腹を保…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第21号(1952/04/19、24期)

動議を提出いたします。この法案はさきに本院において可決されました海上保安庁法の一部を改正する法律案により、特別職に指定された海上警備隊の職員に関する給與等を定めるものでありまして、当然なさねばならぬ措…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第22号(1952/04/21、24期)

標準運賃は、法の第十六條に規定いたされておる通りでありまして、運輸大臣のみで決定されるものではなくて、運輸審議会に諮ることになつておるのでありまして、なお覚書によりまして、関係の諸官庁と協議することに…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第25号(1952/04/24、24期)

動議を提出いたします。ただいま審議中の行政協定の実施に伴う特例事件の法律案は、安全保障條約がすでに国会を通過をいたしており、これに基く行政協定の実施上必要な措置でありまして、平和條約の発効も目前に迫つ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第37号(1952/05/27、24期)

私も提案者の一人でありまするので、今の件につきまして山崎委員の御質問に対しまして、坪内委員の答弁でちよつと山崎委員御不満であろうと思いますので、補足をいたしておきますが、外資の導入もとより望むところで…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第38号(1952/05/30、24期)

ただいま議題となりました。離島航路整備法案の提案理由を御説明申し上げます。この法律案は、離島航路における旅各定期航路事業が、地方民の日常生活及び地方産業の発達並びに文化の伸展に密接な関係があるにもか…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第39号(1952/06/05、24期)

尾崎委員からのお尋ねで大体の要領はわかつておるのですが、一層明確にしていただく意味において、補足してお尋ねを申し上げておきます。先ほどの委員長なり政務次官のお話がありました際に、航路補助に対しては基…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第41号(1952/06/07、24期)

一点だけ安本の政府委員にお尋ねを申し上げたいのであります。現在大蔵省に見返り資金の中小企業へのわくとして、相当の金高が手持ちをせられておるはずでありますが、この見返り資金の中小企業へのわくの対象に、こ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第48号(1952/06/20、24期)

まず第一番に日程第二につきましてお願いを申し上げます。四国循環鉄道窪江線直結に関する請願であります。昨年度におきましては窪川、影野間が国鉄当局予算をもつて実施せられますし、さらにまた昭和二十七年度にお…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22