田代文久衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

24期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  3回発言   5859文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  0回発言      0文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  3回発言   5337文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  1回発言   3059文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  1回発言   2577文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  5回発言  10460文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30) 13回発言  27292文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第21号(1949/04/23、24期)

日本共産党を代表いたしまして、国立病院特別会計法案に対しまして、反対の意見を表明いたします。すなわちこの法案は、大蔵委員会並びに厚生委員会におきましてもまれました結果修正を見るに至りましたることは多いとするのでございますが、根本的に本案は社会保障の問題に関しましてその態度を改めてはおらないのでありま………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第28号(1949/05/13、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして本案に反対をいたします。御承知のように、現在の保險診療はまさに危機に瀕しておるのでありまして、医者に対する支拂いが非常に遅延しておる。まだ三月までしかこれが支拂われていないというような実情になつておるのでありまして、ある保險医のごときは、この保險診療を中止するという………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第30号(1949/05/16、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして全案に反対をいたします。特に厚生関係につきまして反対意見を述べますことは、厚生省の設置法案におきましては予防局を廃止し、公衆衛生局へこれを統合するというのが機構上における面でありますが、承るところによりますと、同時にこれによりまして四千五百人の首を切るというのが人数………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第30号(1950/03/25、24期)

私は、共産党を代表いたしまして、帝石法の廃止法案に対しまして反対するものでございます。現在の日本の石油産業事情というものは、きわめてゆゆしき事態に立ち至つておるのでありまして、すでに御承知のように、カルテツクスとか、あるいはスタンダード・シエルというような外国系の大資本が、販売実績の七〇%を占めてお………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第37号(1950/04/15、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、本法案に反対するものであります、第一点は、本法案は火薬労働者大衆に対する彈圧法案ともいうべき性格を多分に持つておるということであります。本法案のねらいは、災害を防止し、公共の安全を確保するというのでありますが、実際に災害で迷惑し、危險にさらされておりまするものは、………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第47号(1950/05/02、24期)

私は、日本共産党を代表いたしまして、本決議案に対しまして賛成意見を述べるものであります。(拍手)御承知のように、現在の鉱業法における賠償規定は不十分、不完全なるものでありまして、この決議案を十分生かすことによりまして、来るべき国会におきまして、被害者大衆のこの苦悩を徹底的に救うという方策がとられなけ………会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 本会議 第7号(1950/07/22、24期)

私は、日本共産党を代表して、本日鉄法の廃止法案に対しまして反対の意見を述べるものであります。私が申し上げるまでもなく、日本の鉄鋼政策には二つの重要なる基本線があるのであります。すなわち、まず第一番に、この基幹産業でありまする鉄鋼産業は徹底的に自主性を保持しなければならないということ、第二番目には、あ………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第11号(1950/12/07、24期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま上程されました鉱業法案外三法案並びに修正案に対しまして断固反対の意を表明するものであります。鉱業法におきましては、本法によりまして日本の鉱業資源を合理的に開発し、それによつて公共の利益を増すということを目標にいたしておるのでございますけれども、ただいま上程されまし………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第16号(1952/02/28、24期)

私は、ただいま上程されました郵便貯金法の一部改正に対する法律案に対しまして、日本共産党を代表いたしまして、反対の意を表するものであります。われわれは、本法案を審議するにあたりまして、過失七年前を想起する必要がある。すなわち、終戦直後あるいは戦争中、国家は国民の零細なる資金を愛国の名においてかり集め、………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第25号(1952/03/27、24期)

私はだたいま上程されました郵便為替法の一部改正についての法案に対しまして、日本共産党を代表し断固反対の意を表明するものであります。御承知のように、琉球を中心とする諸島は、日本の国の一部でありまして、従つてこれらの地方との郵便為替取引というものは、当然国内郵便為替法によつて実行されなければならないこと………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第32号(1952/04/17、24期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま上程されました破壞活動防止法案に対し、政府当局に質問を試みんとするものであります。現在政府は、破壞活動を防止するという名のもとに本案を提出いたしておるのでございますが、実際に破壞活動を行いつつあるものは、これまさに外国帝国主義と、その手先になり、その走狗になつてお………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第34号(1952/04/24、24期)

私は、ただいま上程されました法案に対しまして日本共産党を代表し、並びに日本国民の一人として、はげしい怒りをもつて反対の意を表する次第であります。と申しますのは、アメリカ合衆国が、本法案によりますと、日本の郵政事業に対しまして特殊の、はつきりした、強力な権利あるいは特権を持つのであり、しかも、それに対………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第35号(1952/04/25、24期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま上程されました簡易保瞼法の一部を改正する法律案に対しまして断固反対する次第であります。簡易保険の制限額を五万円から八万円に上げるというその理由といたしまして、政府は、今日における医療費、葬祭費、遺族生活費並びに物価指数等にかんがみて上げねばならぬと、いかにも社会保………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

24期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  9) 19回発言  44719文字発言
  第6回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  5回発言  19403文字発言
  第7回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32)  8回発言  16907文字発言
  第8回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19) 11回発言  27528文字発言
  第9回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  8回発言  16727文字発言
 第10回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  6回発言   9108文字発言
 第13回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23) 16回発言  55706文字発言

  24期通算 150回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員128) 73回発言 190098文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 通商産業委員会
            98回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 98) 39回発言 105590文字発言

 厚生委員会
            23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  1) 15回発言  37956文字発言

 郵政委員会
            15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15) 11回発言  33847文字発言

 商工委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言   4558文字発言

 災害地対策特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  3回発言   4842文字発言

 災害地特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   2205文字発言

 労働委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 運輸委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   1100文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 厚生委員会理事(第5回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第2号(1949/03/30、24期)

今国立病院の特別会計問題が非常にやかましく言われておりますが、この特別会計法案の提案の準備がございます。こういう点いろいろ考え合せまして、健康保險法の改正を企てる。その改正は、まず收入を増すという方…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第3号(1949/03/31、24期)

第一番は、御承知のように全国の国立病院、あるいは療養所などで患者諸君が相互の利益をはかり、あるいは文化的な教養の向上をはかるというような民主的な目的をもつて團体を組織されておることは御承知の通りと思い…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第6号(1949/04/09、24期)

予算の内容は当然国立病院の問題とも関癖がありますし、陳情にわざわざ來ておられる方から陳情を聞かしていただいて、その上で、予算問題はやはり三十分や一時間では徹底いたしませんので、月曜日にでも十分納得の行…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第7号(1949/04/12、24期)

国立病院の特別会計の内容について伺いたい。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第8号(1949/04/13、24期)

昨日もこの問題は少し出たのでありますが、今までの会計のやり方から、特別会計になぜしなければならなかつたかという点が今の御説明でもまだはつきりいたしませんので、特別会計にせざるを得ないその理由をまずはつ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第10号(1949/04/19、24期)

質問いたします。二十四年度生活保護費国庫負担額を、厚生省といたしましてはどのくらいに大体御要求なさつたか、この一点。それから生活保護費、医療保護に関する医療費なんかの遅延、非常に遅れているというよう…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第11号(1949/04/21、24期)

共産党を代表しまして、私は本法案が提出されることに対しまして反対いたします。第一番に民自党の大石君から説明がございましたが、本法案を提出する根本的な態度そのものが、社会保障制度を確立強化するという線が…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第12号(1949/04/26、24期)

保險関係はあとから質問さしていただくとしまして、ただいまそれ以外の点で質疑應答されておりますが、これはまだ正式に審議しておるわけはないのでございますか。次にもう一つお願いいたしたいのは、これはたびた…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第13号(1949/04/27、24期)

先ほどから政府側並びに委員の方々の御意見を伺つておりますと、私自身といたしましても、健康保険の問題は全国的に大衆にとりましても、きわめて決定的な重要な問題を持つておりますので、これは愼重に審議しなけれ…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第14号(1949/04/28、24期)

京都のジフテイア問題でありますが、承るところによりますと、この責任は政府が負わなければならぬというので、過ぐる国会において国務大臣が謝罪するということを明言されたやに承つております。ところが現地におき…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第16号(1949/05/07、24期)

まず第一番に委員長にお願いしたいのですが、実は海員関係の方々から、この問題は非常に真剣に取上げられております。私たちもこれを厚生委員会だけで解決するのではなくして、運輸委員会と合同で十分審議いたしたい…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第17号(1949/05/10、24期)

ちよつと議事進行に関して……。実は湊療養所及び大阪の国立病院において不正事件があり、また患者が非常にひどい目にあつているというようなことで、地元の方々からきわめて緊迫な質問、それからそれに対する国家の…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第18号(1949/05/12、24期)

この法案の提案者といたしましては、保險経済のバランスを十分とつて、黒字一本建でやれるようにすることがねらいであろうかと思つておりますが、大体この法案が通過して運営される場合に、これによつて保險経済が安…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第19号(1949/05/14、24期)

これは現在内閣委員会にかかつておりますが、内閣委員会には全省のものが出ておりまして、とても実際上における内容の審議は不可能な状態で、私たちも部外発言をしたいと思つておりますけれども、たくさんありまして…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 厚生委員会 第22号(1949/05/20、24期)

青柳委員に御質問いたしますが、本会期中に決議するということに対しては、あなたも主張されるわけですね。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 災害地特別委員会 第7号(1949/07/29、24期)

ただいま政府側の御説明によりまして、はなはだ奇異の感じを受けた次第でありますが、われわれは国民の代表といたしまして、この何とも言えない大被害に対して、われわれの責任においていかに解決しなければならない…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 災害地特別委員会 第8号(1949/08/09、24期)

議事進行に関しまして発言いたします。今の益谷建設大臣、山口大臣の御答弁では、一向政府自身が持つておる全面的な対策がわかないのであります。從つてわれわれは討議を進めて行くにつきましても、結論を出すにつき…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 商工委員会 第35号(1949/10/06、24期)

ただいまの貯炭の点ですが、大臣の話では非常に漠然としております。一應私たちが聞いておりますところでは、本年の十二月一ぱいに現正の貯炭のうち、月大体五十万トノ程度、優先的に、たとえば省用炭とか、あるいは…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 商工委員会 第36号(1949/10/21、24期)

料金の問題です。会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 通商産業委員会 第3号(1949/11/09、24期)

私は大体電力事情のアウトラインにつきましては御説明でわかりましたので、特に九州における炭鉱用の電力問題、それから御承知のように九州におきましては水力電気の量が非常に少いので、それの開発の問題、それから…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 通商産業委員会 第6号(1949/11/12、24期)

産業設備営団並びに交易営団の廃止にからむ問題ですが、常にこういう場合には不正事件が起るというので、社会の疑惑を招いておりますし、また新聞にもいろいろ書き立てられたことがあるのでありますが、この清算過程…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 通商産業委員会 第16号(1949/11/29、24期)

先ほどから同僚議員から、特別鉱害の範囲の問題のはくきりしない点がありますりで、いろいろ意見がありましが、私がお尋ねしたいのは、結局特別鉱害の範囲が、国の要請が非常に重要な條件になつておるの、であります…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 通商産業委員会 第18号(1949/12/01、24期)

この問題に関してでありますが、先ほどの次官の答弁では、もしこの法案がこの臨時国会で通過しない場合に、どうするかという福田委員の御質問に対しまして、政府としては何らの考えがないという御答弁でありますが、…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 通商産業委員会 第19号(1949/12/02、24期)

これは先日来各同僚委員から質問がございましたように、すでに上程されまして約二週間に達してなおかつ結論が出ない。その原因をよく見てみますと、政府自身にも十分確信がないし、また熱意を欠いているように見受け…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第2号(1950/03/13、24期)

今の動議に一言付加させていただきたい。今の動議は、ごく少数の委員が参加したいという趣旨でございますが、私もその趣旨には大賛成でありまして、これは少数ではなくて、全委員が連合審査会に参加できるよう、おと…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 通商産業委員会 第23号(1950/03/23、24期)

私は日本共産党を代表しまして本法案に対しましては、絶対に反対するものであります。これは今提案されました同僚議員からもみずから認められ、また政府の御答弁によりましても出ておりましたように、明かに弊害が非…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 通商産業委員会 第24号(1950/03/24、24期)

政府の数度にわたる御説明で、輸出貿易の楽観にもかかわらず、実情は非常に輸出が振わないということを、新聞などでも盛んに言つておりますし、私たちも非常にこれは心配しているのでございますが、それに対する大体…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 通商産業委員会 第28号(1950/04/04、24期)

小さい技術的な点はあとからにして、政府の火薬政策に対する大きな点を聞きたいのですが、次官は見えないのですか。とになりますと、そこにいろいろ重要な問題が起つて来るのでありまして、なお申しますと、火薬産…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 通商産業委員会 第31号(1950/04/12、24期)

簡単に二、三点御質問いたしますが、まず山本教授にお伺いいたします。学者としての御見解では、この法案に対しまして非常に明るい、いい法案ができたというような結論をお出しになつておるようでありますが、私たち…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 通商産業委員会 第32号(1950/04/14、24期)

私は日本共産党を代表して本法案に反対いたします。この法案は大局的に見まして、私たちは二点から反対理由をもつのでありますが、第一点といたしましては、いろいろこれは擬裝されておりますが、生産に従事しており…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 通商産業委員会 第40号(1950/04/29、24期)

同僚委員から私の質問したいことは全部質問されましたので、私はこれで終ることにいたします。午御は二時より再開いたしまして、公益事業法案及び電気事業再編成法案の審査を進めることといたします。これにて休憩…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 通商産業委員会 第42号(1950/05/01、24期)

やはり今の問題ですが、国内平和産業を振興するということを入れたらどうですか。それでは午前中はこの程度においてとどめまして休憩いたします。午後は一時半から再開いたします。会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第8号(1950/10/17、24期)

大臣に答弁願いたいのですが……。それからついででございますから、私は大蔵次官の方にお伺いいたします。来年度予算につきまして、ただいまのように災害が厖大に出ておりまするときに、本年度の予算の中に組まれ…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 災害地対策特別委員会 第9号(1950/10/19、24期)

時間がないそうですから簡単に申し上げますが、災害予算の基準を大体政府はどこにおいておられるかということです。と申しますのは、先ほどから青野君も質問したのですが、なおはつきりしないのです。すでにことしの…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 通商産業委員会 第2号(1950/07/18、24期)

ただいまの大蔵当局並びに日銀当局の御説明によりますと、結局、結論としては何もやらない。何も出ない、具体的には何もないのです。これを裏の言葉ではつきり申しますと、炭鉱のそういう貯炭あるいは夏枯れに対する…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1950/07/20、24期)

第六国会に御説のように日鉄法の一部改正案が上程されまして、そのときにわれわれとしましては製鉄産業は日本の中心産業であり、日本の国とともに歩む産業であり、また日本の製鉄産業は国民の税金によつて保護育成さ…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 通商産業委員会 第5号(1950/07/21、24期)

私は日本共産党を代表いたしまして、本案に反対するものであります。その反対の理由は、單に条文上の問題ではなくして、日本の鉄鋼生産というものが、日本の全国民経済の立場から、実際にわれわれが希望しておる方向…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 通商産業委員会 第7号(1950/07/24、24期)

関連してちよつとひとつお願いがあるのですが……。企業合理化審議会で、石炭あるいは鉱鋼なんかに対する対策を決定されたというお話でございますね。それが決定されておりますならば、その資料をひとつわれわれの方…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 通商産業委員会 第10号(1950/07/29、24期)

政府は、朝鮮問題なんかでどんなに需要が増しても手当をどんどんするので一向心配はない、原綿の輸入も促推しているというお話でございます。ところがいつかの新聞には繰上げ輸入は許さないと出ておりましたが、この…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 通商産業委員会 第16号(1950/10/23、24期)

ちよつとこれは参考までにお尋ねしますが、外国特にアメリカなんかは試堀権の期間はどんなになつておりますか、わかつておれば御説明願います。それから先ほど南委員から御質問がございました試堀権の期間の点なり…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 通商産業委員会 第17号(1950/10/24、24期)

関連して……。ただいまの説明によりますと、かりに鉱業権者が永劫末代までこれをやればよいのでありますが、地下資源が堀採されてなくなつた場合――必ずこれはなくなるわけでありますが、そういう場合に、たとえば…会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 通商産業委員会 第18号(1950/10/25、24期)

先ほど来問題になりましたが、私たちの見解としましては、第十七條の問題が実は旧法と比べまして決定的な意味を持つておるというふうに理解するのです。いろいろ説明がありましたけれども、まだ核心に触れていない。会議録へ(外部リンク)

第8回国会 衆議院 通商産業委員会 第19号(1950/11/16、24期)

先はどの説明を聞きますと、私どもしろうとから考えましても、堀つてはならないところを堀つて盗堀した結果、旧坑にぶち当つたということが言えると思うのですが、もしそうであるといたしますと、これは監督官庁とし…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 通商産業委員会 第2号(1950/11/27、24期)

先ほどから並びにただいま砂間君の、この政令が出ました問題につきましての質問に対しまして、大臣はこれはポ政令というものが出たのであるし、一切合財これによつて解決されているというふうに言われておりまして、…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1950/11/30、24期)

今の公益委員会の委員の問題なのですが、公共事業令の第八条によりますと、第三号でありますが、「公益事業者たる法人の役員(いかなる名称によるかを問わずこれと同等以上の職権又は支配力を有する者を含む。)若し…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 通商産業委員会 第6号(1950/12/02、24期)

簡單に二、三質問をいたします。まず第一に公益事業委員会の関係ですが、公益事業委員会は日本経済にとりまして未だかつてない機関でありますし、絶大な力を持つた機関でありますが、これが発足し、活動を開始した後…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 通商産業委員会 第7号(1950/12/04、24期)

この受益者負担とある場合の受益者というのはどういうことですか。それではしばらく休憩いたします。会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 通商産業委員会 第8号(1950/12/05、24期)

ちよつと一言だけ――先ほど次官は審議会の問題を説明になりましたが、この審議会というのは、大体一般鉱害に対する答申書をつくつてこれを出すとか、そういうようなことをやるのか、それともこれ自体が非常に大きな…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 通商産業委員会 第9号(1950/12/06、24期)

この委員会の構成、それから権限の問題なんですが、大臣や政府委員の説明によりますと、またこの規定によりまするというと、きわめて内容か抽象的でありまして、学識経験者であるとかあるいは最も公平なる判断をなし…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 通商産業委員会 第11号(1950/12/08、24期)

私は申込んであるのですから、補充も何もない、はつきりした質問をいたします。引続き討論に入ります。討論は通告順に従つて順次これを許します。南好雄君。会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 通商産業委員会 第12号(1950/12/09、24期)

先ほど小川君が質問されましたが、ちよつとわからない点がありますので、お聞きします。この輸出銀行法ができるに至りました構想といいますか、大体いつごろからこういう構想をお持ちだつたのか。私たち承るところに…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 通商産業委員会 第2号(1950/12/16、24期)

今次官から中央向けの輸出価格はほかより一、二割高いとおつしやいましたが、これはどういう理由ですか。金融の問題ですが、今御説明を伺つておりますと、相当に金融問題については御配慮を願つておることと考えま…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 通商産業委員会 第6号(1951/02/05、24期)

先ほどの説明によりますと、二十六度は一億七千万円の收入で、一億五千万円の支出ということになつておりますが、今度の法案の改正の根本は非常に收入が少いというところにあると言われますが、昨年あるいは一昨年来…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 通商産業委員会 第7号(1951/02/12、24期)

私は日本共産党を代表して、ただいま上程されました諸法案に対し、断固反対するものであります。この法案の内容自体はきわめて簡単でありまして、ただ料金を少し上げるということになつておりますけれども、きわめて…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 通商産業委員会 第11号(1951/03/02、24期)

ちよつと関連して……。ただいま次官の説明では、本年度の日本の産業は運営のいかんによつては非常に発展性を持つておるということを言われましたが、それは一体どういう意味合いですか。私たちと見解が非常に違うよ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 通商産業委員会 第14号(1951/03/12、24期)

これはこの前のときに私は聞きたいと思つたのですが、「戦後における熱管理の概況」の三十一ページに輿論調査の結果表が出ております。つまり熱管理をやることによる利益あるいは不利益、実際にこれをやる工場と、し…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 通商産業委員会 第15号(1951/03/13、24期)

私は日本共産党を代表して本案に反対いたします。熱を管理し、ロスをなくするという趣旨には大賛成でありますけれども、そういうことは国家的な社会的な見地からしまして当然そうあるべきでありますけれども、それ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 運輸委員会 第13号(1952/03/18、24期)

これはルース台風だけに限つておられるようでありますが、その前にも台風がずいぶん来ておりまして、これと同じような被害を漁村はこうむつておるわけでございますが、ルース台風だけに限られたというのは、大体どう…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 通商産業委員会 第32号(1952/05/09、24期)

同僚委員によりましてこの法案のポイントは質問されまして、了解したのですが、こぼれを二、三質問したいと思います。現在の政府答弁では、鉱害の増加進展度現象というようなものに対して非常に楽観されておるようで…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 通商産業委員会 第33号(1952/05/10、24期)

私は第一番に委員長にはつきりお聞きしたいんですが、昨日並びに本日におきましての委員会の審議におきまして、きのうは総括的なわれわれの質問でありますので、当然これは政府の最高責任者が来て答弁しなければなら…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 通商産業委員会 第35号(1952/05/14、24期)

大臣にお伺いしたいのです。ただいま今澄君が大臣に、この法案の中心的な問題につきまして私が聞きたいことに触れたので省きたいと思うのですが、私が今まで審議の過程で政府当局の意見を聞いておりますと、この法案…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 通商産業委員会 第56号(1952/06/19、24期)

私は日本共産党を代表して、野党修正案に賛成、與党修正案に反対、野党修正案を除く政府原案に賛成の意を表明するものであります。この法案ができましたゆえんというものは、私が申し上げるまでもなく、これは資本…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 郵政委員会 第3号(1952/02/20、24期)

関連して……。今の受田君の質問と同じ運用部資金の運用の問題ですが、新聞によりますと、開発銀行関係へこれを注ぎ込むというようなふうに出ておりましたが、事実そうですが。そういうものでは毛頭ありません。こ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 郵政委員会 第4号(1952/02/21、24期)

共産党としましては、大体こういう検閲制度が非民主的になされるということに対しては、もちろんこれは根本的に反対でありますから、これには賛成ですが、これが廃止された後にどうなるかというような点で、非常に危…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 郵政委員会 第5号(1952/02/22、24期)

今度の一部改正法律案は、端的にそれがうたつてはございませんけれども、現在の情勢から申しまして、非常に再軍備ということが急がれておるし、結局そのことは税金でとれないので、零細な国民の資金を吸收するという…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 郵政委員会 第6号(1952/02/27、24期)

昭和二十七年度の資金運用部計画に対する比較の資料を本日いただきましたが、これは先日郵政大臣に対して、資金運用部の金の使途につきまして、われわれとしてはこれが再軍備のために使われる危険が非常にあるので、…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 郵政委員会 第8号(1952/03/07、24期)

駐在集配の廃止と、それから請負制度にかえるというただいまの大臣の説明で、なかなか抽象的な答弁のようでありましたから、それをはつきりとしていただきたいのです。これはただいま受田君も言われておりましたよう…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 郵政委員会 第9号(1952/03/10、24期)

私は沖繩の内部事情が全然わかりませんので、簡単なことでありますが、はつきりさしたいのです。現在沖繩の中では円は全然通用してないかどうか。それでどういう貨幣があそこで通用しておるかということを、まずお尋…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 郵政委員会 第12号(1952/04/22、24期)

これは結局根本的に申しまして、日本の郵政事業がアメリカのために非常に強力に侵犯されるというところに大問題があるわけなんですが、まずそれの真相をはつきりさせる前に、現在郵政関係の事業が大体どういう実情で…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 郵政委員会 第13号(1952/04/23、24期)

関連して……。ただいま大臣の説明によりますと、これは以前から私はその感を深くしておつたのですが、無審査の民間保険の平均が大体七万二千円見当で、今度八万円にするという政府原案も、これとの関連において考慮…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 郵政委員会 第14号(1952/04/24、24期)

同僚議員から、増額の問題につきましていろいろ質疑がなされましたが、この問題は郵政従業員並びに民間保險の従業員の労働に関しまして、きわめて密接な関係を持つておるのであります。その点をはつきりさせなければ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 郵政委員会 第18号(1952/05/28、24期)

この法案は、先ほど椎熊委員から申されましたように、わが党としましても、大蔵省からこれが郵政省に返つて来るという復元の問題に対しては双手をあげて賛成であります。ただ問題は、それだけでは片づかない。その返…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 郵政委員会 第19号(1952/05/29、24期)

私は日本共産党を代表しまして、この法案に対して反対するものであります。反対の理由は、大蔵省の資金運用部に握られておつたものが、郵政省の方に復元ざれるというその根本趣旨には賛成でありますけれども、問題は…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

24期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 24期(1949/01/23〜)  6本提出

質問主意書一覧

生活保護費及び児童保護関係経費に関する質問主意書
第5回国会 衆議院 質問主意書 第25号(1949/05/16提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

遠賀川堤防補強工事費に関する質問主意書
第5回国会 衆議院 質問主意書 第27号(1949/05/18提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

石炭鉱害に関する質問主意書
第6回国会 衆議院 質問主意書 第51号(1949/11/17提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

警察官の態度に関する質問主意書
第9回国会 衆議院 質問主意書 第18号(1950/11/21提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

主食の輸出入に関する質問主意書
第9回国会 衆議院 質問主意書 第19号(1950/11/21提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

福岡、小倉、直方及び筑豊各地地方公務員の地域給に関する質問主意書
第9回国会 衆議院 質問主意書 第58号(1950/11/26提出、24期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22