二階堂進衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

24期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  0回発言      0文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  0回発言      0文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  0回発言      0文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  0回発言      0文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  0回発言      0文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  1回発言   1492文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  0回発言      0文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  0回発言      0文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30)  1回発言   1492文字発言

本会議発言一覧

第11回国会 衆議院 本会議 第3号(1951/08/18、24期)

私は、来るべき講和條約締結を契機として、鹿児島県大島郡の内地復帰に関する現地住民と大島出身内地在住者合せて四十万人の切々たる熱情の一端を申し述べ、これに対する吉田総理の率直にして真実ある御答弁を得たいとするものであります。(拍手)すでにわが同胞が周知いたしておりますように、この鹿児島県大島郡が内地に………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

24期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  1回発言    642文字発言
  第6回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  5回発言   3717文字発言
  第7回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  0回発言      0文字発言
  第8回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第10回国会 34回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 32 委員  1)  8回発言   8412文字発言
 第11回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第12回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  1)  6回発言  15628文字発言
 第13回国会 37回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 36) 13回発言  32863文字発言
 第14回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  24期通算 133回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 52 委員 80) 33回発言  61262文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 水産委員会
           116回出席(長  0 代理理事 1 代理 0 理事 52 委員 63) 32回発言  60934文字発言

 決算委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 11)  1回発言    328文字発言

 人事委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 水産委員会理事(第10回国会)
 水産委員会理事(第11回国会)
 水産委員会理事(第12回国会)
 水産委員会理事(第13回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 水産委員会 第17号(1949/05/21、24期)

ただいまの冨永委員の質問に関連いたしておるのでありますが、本法案の目的とするところは、要するに漁業の民主化ということにあるわけであります。しかしながら、この漁業の民主化というものを期するためには、あく…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 決算委員会 第4号(1949/11/14、24期)

かんしよの問題につきまして食糧部長にお尋ねいたしたいと思うのであります。かんしよの統制が徐々に撒廃され、また主食からはずされるという見通しがあるのでありますが、かんしよの主な生産県―私は鹿児島でありま…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1949/11/12、24期)

金融問題に関連いたしまして二、三の点につき長官並びに政府委員の方に御質問いたしたいのであります。重複する点もありますのでごく簡單にお尋ねいたしたいと思いますが、水産金融の問題は、業者にとりましては非…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1949/11/15、24期)

このかんてんのみならず、輸出向けのカン詰とかその他の水産加工品でありますが、これらの滞貨が、相当国内にあるのではないかと考えられるのであります。そういつた重要な輸出向けの品物の滞貨が、一体現在どのくら…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第12号(1949/11/19、24期)

一点だけ、ちよつと御意見を伺いたいと思います。この漁業権のことに関連いたしまして、新しい漁業法のもとに行われる漁業権は、組合を優先順位とせず、個人であつても会社であつても、従来から漁業を行なつておつた…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 水産委員会 第18号(1949/12/02、24期)

水産貿易に関する小委員会の経過につきまして簡單に御報告いたします。十一月十五日及び二十二日、二十四日、にわたりまして、水産貿易に関する小委員会を開きました。政府当局の方方にも来ていただきまして、水産…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1951/01/26、24期)

ただいま石原委員からの御発言に対しましては、私も賛成であります。きわめて時宜を得た考えであると思つておりますが、ただわれわれ衆議院の意見としても、業界のみならず、これは広く国民全体が要望する大きな問題…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1951/02/01、24期)

小委員会設直の問題で、今ここに五つばかりの委員会が出ておりますが、私は、貿易の重大性にかんがみて、特に水産加工貿易の振興の点から考えてみて、こういうような重大なる問題を審議する委員会を設置された方がい…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1951/02/16、24期)

油の関税率の引上げにつきましては、ただいま松田委員並びに田口委員からいろいろ反対の意見が出ましたが、まつたくその通りであります。私はこれは大蔵省当局の関税引上げの考え方に、非常に根本的な間違いがある、…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第13号(1951/02/22、24期)

二、三の点につきまして、官房長官にお伺いをいたしてみたいと思います。今回吉田総理とダレス特使との間にかわされました書簡の内容につきましては、大局的立場から考えてみまして、私は非常に適切なる書簡であつた…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第14号(1951/02/24、24期)

この捕鯨取締條約加入の問題は、いずれ閣議にかけられて決定を見た上で委員会にかけられることになると思うのでありますが、この問題は、水産委員会といたしましても大きな問題として取上げなければならぬ問題であり…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第25号(1951/03/27、24期)

ちよつと一点質問いたしたいと思います。市場内におきまして、正規の荷受け機関の営業許可を持つておらずに、営業をやつておる方がおられるように承つておるのでありますが、そういう方がおられるかどうか。もしおら…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第36号(1951/05/26、24期)

本請願は請願第八四一号の鹿児島県志布志町批榔島に蓄養場を設置してもらいたいという請願であります。鹿児島県はいわし漁業の最も盛んなところでありまして、従いまして、盛漁期には県内及び県外から、二、三百隻に…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 水産委員会 第42号(1951/08/13、24期)

水産モデル地区設定の問題につきましては、ただいま係官の方からいろいろ説明がありましたが、今後日本の水産の制度改革に伴つてこういうモデル地区を設定されるということは、日本水産の将来を考えてみましても、き…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1951/10/18、24期)

御承知のごとく、今回の台風は各地に非常なる被害を及ぼしておるのであります。ことに九州地方におきましては、鹿児島県を初めといたしまして、熊本、福岡、大分各地に非常な惨害を及ぼしておるのであります。中でも…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第5号(1951/10/25、24期)

問題になつております旋網操業の整理につきましては、原則といたしまして田口委員、川村委員からお述べになつた趣旨に賛成をするものであります。ただ、かつおの旋網操業に対して、水産庁としては今後やはり都道府県…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第6号(1951/10/27、24期)

ちよつと主計局次長にお尋ねいたしたいのでありますが、今回のルース台風に対する最終的なつなぎ資金であるとか、あるいは災害予備費等の支出であるとかいうものは、まだ明らかにされていないようでありますが、まだ…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第9号(1951/11/06、24期)

私は連合軍射撃演習による損害補償の問題につきまして水産庁、大蔵省及び特別調達庁当局に対して二、三の点について質問をいたしたいと思うのであります。その前に私は、昨日本委員会に大蔵省の主計局の方をここに呼…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1951/11/08、24期)

一、二の点を主計局長及び水産庁にお尋ねいたしたいと思います。いろいろ損害補償の問題について質疑がかわされたのでありますが、私は一昨日の委員会におきまして谷川主計官にいろいろお尋ねしたのでありまするが、…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 水産委員会 第17号(1951/11/22、24期)

時間もございませんので、私簡単に委員長に意見を申し述べまして善処していただきたいことがあるのであります。申し上げるまでもなく、水産が日本経済に持つ役割はきわめて重要なものであります。特に国際経済の観点…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第10号(1952/02/15、24期)

最近問題になつておりまする冷凍まぐろの輸入関税の新設の問題及びまぐろカン詰の税率の引上げの問題は、非常にわが国の経済に及ぼす影響が甚大でありまして、私どももこれに対しましては非常な注目をいたしておるの…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第11号(1952/02/18、24期)

ただいま鹿児島の県漁連の製氷の問題が松田議員から御発言がありましたが、私地元であります関係から、一言意見を申し述べてみたいと思います。この問題は非常に地方的な問題でありまして、大きく取上げらるべき問…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第19号(1952/03/10、24期)

簡単に二、三の点について大臣並びに欧米局長に希望的な質問をいたしたいと思いますが……。第二点は、八日の新聞でありますか、大臣が、かに工船については出漁を断念した、こういう意見を記者団に発表された。先…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第20号(1952/03/15、24期)

先ほどの平塚さんの御報告にもありました通り、まぐろ輸出の関税引上げの問題は、その及ぼす影響がきわめて甚大でありまして、私どもも先日の委員会におきまして、この問題を取上げて、国内的にもまた国際的にもよつ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第30号(1952/04/19、24期)

この金融の問題は、これはきわめて重大な問題でありまして、特に災害を受けたところの漁民が、漁村の復興にきわめて真剣な、血のにじむような声を出して金融のあつせんをお願いしておるだろうということは、想像にか…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第31号(1952/04/22、24期)

関連して……。ただいま十勝沖災害の復旧に対する緊急融資について、更級理事の方から、緊急に必要な金であるからなるたけ早目に出したい。がしかしその金が出るのにはやはり書類が整わなければいけない、こういうこ…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第32号(1952/04/25、24期)

二十八日からいよいよ独立が回復するわけでありますが、今日まで制約を受けておつたマッカーサー・ラインは、自然にその法的根拠が失われるものと私どもは考えるわけでございます。今後における南方の母船式まぐろ、…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第35号(1952/05/15、24期)

ただいま損害補償の算定の問題で小松委員から質問がありましたが、実は二十五年度、二十六年度の損害に対する補償の問題で、水産庁の要求せられた額と、大蔵省が失業保険法の第十七条でありますか、これを適用いたし…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第36号(1952/05/17、24期)

まぐろの輸出につきましては、先般来本委員会におきましても議題といたしまして、これが対策に慎重を期して参つたのでありますが、先日の新聞によりますと、米国の上院財政委員会は九日、生及び冷凍まぐろに対する輸…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第37号(1952/05/20、24期)

一昨日の委員会におきまして、まぐろ関税の問題について、政府当局にいろいろ質疑を行つたのでありますが、本日は野党の諸君の方からも、特に社会党の佐竹君の方からもこの問題がきわめて重大であるからというので、…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第44号(1952/06/14、24期)

理事会においてまとめられましたこの北太平洋公海漁業條約に関する意見は、最も妥当な意見と私は考える次第でありますが、ただ一部内容を修正したいと考えてここに御意見を申し上げたいのでございます。それは第二…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第46号(1952/06/20、24期)

ただいま松田議員より説明をされました農漁村用電力導入法の取扱いについてでありますが、この法案は水産委員会において提案されたものであります。従いましてこの法案の審議は水産委員会が主になつて審議を進むべき…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 水産委員会 第48号(1952/06/27、24期)

私はこの際水産貿易の問題につきまして、一、二政府当局に質問をいたしたいのであります。先ほど石原委員が感謝決議の趣旨弁明をされました中にも十分尽されておるのでありますが、この重大な問題がわれわれの期待す…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

24期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22