中曽根康弘衆議院議員 25期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院統計 25期衆議院議員


衆議院本会議(25期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議

本会議発言統計

  第15回国会(特別:1952/10/24-1953/03/14)  1回発言   5996文字発言

       25期通算   (1952/10/01-1953/04/18)  1回発言   5996文字発言

本会議発言一覧

第15回国会 衆議院 本会議 第35号(1953/03/02、25期)

万延元年三月三日、井伊大老は桜田門外で勤皇の志士に殺されました。昭和二十八年三月二日、吉田総理は、本議場において、政治的に殺されたと同然のことになつたのであります。勤皇の志士を井伊大老は刀をもつて切つても、時代の波を切ることはできなかつた。吉田総理も同じ例であります。なぜこのような事態になつたかとい………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(25期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第15回国会 52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員 34) 18回発言 106767文字発言

  25期通算  52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員 34) 18回発言 106767文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            31回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員 15) 11回発言  88885文字発言

 電気通信委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  6回発言  17186文字発言

 懲罰委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  1回発言    696文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 懲罰委員会理事(第15回国会)
 予算委員会理事(第15回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第15回国会 衆議院 懲罰委員会 第3号(1953/03/06、25期)

まず、本委員会に権限があるかないかという問題でありますが、こういう問題を審議する委員会は本委員会以外にはありません。しかも、吉田茂氏は衆議院議員でありまして、衆議院議員としての発言であると認められて、…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 電気通信委員会 第5号(1952/12/06、25期)

関連して……。私は電気通信事業にはしろうとでありまして、勉強も足りませんので、いろいろ教えていただきたいと思います。もし私の発言で間違つているところや勉強不足のところがありましたら、どうぞ委員長におい…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 電気通信委員会 第6号(1952/12/08、25期)

今の松前委員の御質問に関係したことでございますが、先般私の質問に対して政府委員は、テレビジョンの問題について現在の放送法、電波法及び電波監理審議会の最近のテレビジョンに関する決定、この原則に従つてこの…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 電気通信委員会 第7号(1952/12/09、25期)

先ほど来の大臣の御答弁を承つて、ちよつと関連してお聞きしたいと思います。大臣が御不在のときに、私は政府委員にいろいろテレビの問題その他を御質問申し上げたのでございますが、政府委員が私に答弁なさつたこと…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 電気通信委員会 第14号(1952/12/22、25期)

郵政、電通の御当局にお尋ねします。先般の委員会におきまして、テレビジヨンの問題でいろいろお尋ねして政府の御方針を伺つたのでありますが、衆議院におきましてはNHKの補正予算も通り、参議院においてもおそら…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 電気通信委員会 第15号(1953/02/05、25期)

この機会に質問するのは適当でないかもしれませんが、またもしお答えがありましたら、その旨お答えくださればけつこうであります。電電公社の電柱の問題でありますが、暮れの議会におきまして、農地に対して電電公社…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 電気通信委員会 第23号(1953/02/26、25期)

ちよつとお伺いいたしますが、私あまりテレビジョンや放送のことは知りませんので、もしへんな質問をしたらお許し願いたいと思います。今の開設基準というのは、私どもの選出の方にも関係しているので、実は前橋放…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 予算委員会 第5号(1952/12/02、25期)

関連して……。北村君の御質問はこれにて終りました。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 予算委員会 第6号(1952/12/03、25期)

ただいま両大臣から御説明を承りましたが、どうもわれわれがお聞きいたしますと、業者の言い分を代弁しているにすぎないという印象を持つのであります。公正な政府の判定というよりも、むしろ業者の言い分がほとんど…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1952/12/04、25期)

たいへん時間が限られておりますから、私は断片的なことを総理大臣にお尋ねいたしまして、国防、財政、外交方面の基本的な問題については、あらためてお尋ねいたしたいと思います。本日お尋ねいたしたい第一は、皇…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1952/12/08、25期)

まず外務大臣にお尋ねいたしますが、外務大臣の御所見は、先般外務委員会においては違つておるように新聞で拝見いたしましたが、今の保安庁長官と同じでありますか。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1952/12/12、25期)

総理大臣はたいへんお疲れのようでありますから、簡明に御質問をいたします。簡明に御答弁をお願いいたします。総理大臣にお尋ねいたしますから、ほかの大臣の御答弁はいりません。吉田内閣の国務大臣の発言に関し…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1952/12/16、25期)

私は改進党を代表いたしまして、ただいま上程されました諸議案に反対の意を表するものであります。池田財政にかわりました向井財政に国民が期待をしましたのは、冷酷な池田氏の薄情政策に対して、駘蕩たる向井氏の…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 予算委員会 第24号(1953/02/17、25期)

ただいま大蔵大臣と主計局長の答弁を聞きますと、非常に重大なる食言を政府はやつておる。それは大蔵大臣はこの予算案は不完全な予算案であるから、補正をやる意思があるかどうかとのわが党の質問に対してあなたは補…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1953/02/19、25期)

ただいま各大臣から御説明のありました警察制度の問題点につきまして、御質問を申し上げたいと思います。この問題は三日前に野党の議員より提出されまして、政府側においては何らの態度の決定がなく、方針の確定も…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 予算委員会 第27号(1953/02/21、25期)

ただいまの総理大臣の御釈明は、耳をそばだてて聞いている全国民が、その是非を判断してくれるものと信じまして、大蔵大臣の発言についてはこれ以上論じません。事態は明らかであります。そこで次の質問に入ります。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 予算委員会 第30号(1953/02/27、25期)

ただいま岡野文部大臣の御答弁は重大な御答弁であります。総理大臣が施政方針演説で何と言つたかというと、私は明らかに覚えている。ここに「義務教育費の全額国庫負担を決意し、」と書いてある。道義の振興そのため…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 予算委員会 第31号(1953/02/28、25期)

私は恩給の問題につきまして若干御質問をいたしたいと思います。主管大臣の答弁を要求いたします。まず第一は、政府は恩給法の一部を改正する法律案なるものをここへ提出いたしましたが、いかなる精神でこの恩給法…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(25期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書

質問主意書提出数

 25期(1952/10/01〜)  1本提出

質問主意書一覧

青年教育振興に関する質問主意書
第15回国会 衆議院 質問主意書 第16号(1952/12/19提出、25期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-)
25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院統計 25期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22