受田新吉衆議院議員 25期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院統計 25期衆議院議員


衆議院本会議(25期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第15回国会(特別:1952/10/24-1953/03/14)  2回発言   5941文字発言

       25期通算   (1952/10/01-1953/04/18)  2回発言   5941文字発言

本会議発言一覧

第15回国会 衆議院 本会議 第18号(1952/12/22、25期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程せられました一般職の職員の給与に関する法律改正案並びに特別職の職員の給与に関する法律改正案に対し反対の意思表示をしまするとともに、別表の地域給改訂の修正案には賛意を表するものであります。(拍手)国家行政組織の円滑な運営は、国民全体の奉仕者でありますると………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第20号(1952/12/24、25期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程せられておりまする簡易生命保険及び郵便年金の積立金の運用に関する法律の一部を改正する法律案に対して賛意を表するとともに、自由党から策謀的に提出されておりまする修正案に断固反対するものであります。(拍手)そもそも簡易生命保険及び郵便年金の積立金は、これは………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(25期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第15回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  4) 18回発言  89070文字発言

  25期通算  26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  4) 18回発言  89070文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 人事委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員  1) 11回発言  52333文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
             9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員  0)  6回発言  24927文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  11810文字発言

 郵政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 人事委員会理事(第15回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会理事(第15回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第15回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1952/12/25、25期)

今の越智次官の御説明の中で、遺家族援護法の対象となるべき見込数が幾らあるかが明らかにされていないようでありますが、それは幾らになつておりますか。なお、加えて政務次官にお願いしておきますが、これは必ず…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1952/12/26、25期)

政府は、この中共放送に対しまして、できれば今度の引揚げの交渉には政府代表を加えたいという意味から、インド政府を通じて中共当局へ申入れをしたように伺つておるのでありまするが、これに対して、その結果がいか…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第5号(1953/02/05、25期)

援護庁長官は、先般中共地区へ交渉に行く代表者を羽田空地へお送りになつたのでありますが、いやしくもこの重大な人道問題解決のために代表が立たれる際に、大臣の、もしくは次官の見送りがなかつたということははな…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第7号(1953/02/18、25期)

先ほど厚生大臣より、留守家族援護法の対象となる数字について、大体三万六千人の予定と発表せられたのでありますが、生存者と生死不明者とを合せて現在九万余人という数字があるのに、その約三分の一しかこの適用を…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第9号(1953/03/04、25期)

この帰国にあたつて、船舶内における警察権の行使は船長がすることは、これは規定の上で明らかにされているのですが、この船長に対して政府としての公務執行の一部を委任する形になるのかどうか、行政上の措置として…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第11号(1953/03/12、25期)

御一行に御労苦を深く感謝しまするとともに、ごく簡単にお尋ね申し上げたいと思います。私たちは、ポツダム宣言によつて、海外の軍人たちが引揚げることに対して、各国が心から協力してくれたことを感謝しているの…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1952/11/11、25期)

私給与体系の全体の問題から次長に一言お尋ねしておきたいと思います。地方の公務員で非常に交通不便な僻陬地に勤務する職員には給与が別に地域給のような特定なものもないし、きわめて冷遇されている関係で、山間僻…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1952/11/28、25期)

いろいろの御意見があることですし、私の順番になつておりますが、午前中の委員会を何時で打切るかをまず考えて、その間にできれば一応簡単でもいいから、要点の質問をやるということが大事だと思います。その打切る…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1952/12/03、25期)

この問題は農林省のみならず各官庁にまたがる問題で、非常勤の常勤という問題は、しばしばわれわれとしては政府に迫つた問題でありますが、この間の定員法の改正のときに、非常勤の常勤者が、整理をされる対象として…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1952/12/11、25期)

この人事院勧告の給与改訂表と政府の給与改訂表との比較でありますが、政府の方は人事院勧告の中で八号俸以下が人事院勧告の線よりは上まわり、そして上の方を下げておるのであります。この基準は先般の副長官のお話…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1952/12/12、25期)

今の森さんへの答弁に対する関連的なことについてお伺いをしたいことがあります。それは休職者、未復員者、こういう不幸な運命になつている人に対する期末手当の支給をしようという場合には、いかなる法的措置をとれ…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1952/12/13、25期)

私から特別職の職員の給与に関して一、二お尋ねを申し上げてみたいと思います。一般職の質疑には相当鱒間をかけましたので、この特別職はごく限られた範囲でありますが、これまた重大な審査を必要とすると思いまする…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第10号(1952/12/15、25期)

きようは例の年末手当支給に関する従来の法律によつて、一般公務員は手当を受けたわけですが、いつまでも給与に関する法律ができないことによつて打撃を受けるのは一般公務員です。従つて今各委員仰せられたような線…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1952/12/16、25期)

この給与の体系の上から本日は一般職のみならず、特別職並びに保安庁の職員あるいは裁判官、検察官、在外公館並びに国会職員等、一連の給与体系を総合的に検討をしてみたいと思うのであります。特に今御出席の方の…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第12号(1952/12/17、25期)

きようの委員会の構想はどういうふうに持つておられるのか委員長にお伺いしたいのであります。実は理事会においても、きようの委員会における審議は二つの議案の継続ということに伺つておりましたし、なお地域給につ…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第13号(1952/12/22、25期)

特別職の職員の給与に関する法律の残余の質問を申し上げます。別表第一に、内閣総理大臣等の俸給月額新旧比較表があるのでありますが、これの中に官職名の内閣官房長官、公正取引委員会委員長その他の官職を持つた…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第14号(1952/12/24、25期)

人事委員会といたしまして、このたびの給与の引上げ並びに地域給の指定に関しまして、これが実情の調査のためにそれぞれ現地に委員の派遣等の措置をとられて、委員会で取扱いました法律の実施に万遺憾なからんことを…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 予算委員会 第30号(1953/02/27、25期)

私は主として義務教育学校職員法の予算に関する部面を中心として質疑をいたしたいと思います。最初に、この重要法案である義務教育学校職員法案を、政府が御提出なさいましたことに対する基本的な政府の構想をただ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(25期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院統計 25期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22