長谷川四郎衆議院議員 25期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院統計 25期衆議院議員


衆議院本会議(25期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第15回国会(特別:1952/10/24-1953/03/14)  0回発言      0文字発言

       25期通算   (1952/10/01-1953/04/18)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(25期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第15回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32) 19回発言  41746文字発言

  25期通算  32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 32) 19回発言  41746文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 通商産業委員会
            26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26) 19回発言  41746文字発言

 議院運営委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第7号(1952/12/08、25期)

まず最初にお聞きしたいことは、横浜の生糸の取引所、…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第8号(1952/12/11、25期)

ただいま優先外貨のお話がございましたので、これについてちよつと承つてみたいと思います。優先外貨、たとえば生糸に対して優先外貨は、今どのくらいを占めているか、お答えを願いたいのであります。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第10号(1952/12/15、25期)

私はただ一言大臣に伺いたい。大臣の御答弁の中で、設備を近代化しなければならぬ、あるいは経営合理化というような施策も今後将来に向つてとつて行くという行き方については了解ができるのですが、海外の値下り、す…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第11号(1952/12/16、25期)

けさ、只見川の問題、また開発問題に対しましていろいろな資料をいただいたのでございますが、この資料に関連して一言、昨日の只見川の問題をお伺いしてみたいと思うのでありますが、現在の東京の需用量、東北の需用…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第12号(1952/12/17、25期)

関連して。貿易の問題は私らの国にとつて最も重大な問題でありますので、これを短時間に解決するということはできない。また局長としての抱負も政府の抱負もあるであろうと思いますから、これを簡単に承るわけに参ら…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第13号(1952/12/20、25期)

ちよつと関連して。七百四十万錘のうち、実際稼動しているのはどの程度ですか。従つてもう一つ伺つてみたいのは、先日来ここで一応お話を承つたのでございますけれども、優先外貨の問題につきまして、一割であつた…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第14号(1952/12/22、25期)

武器等製造法案の審議に入る前に私は政府の見解を明らかにしておいてもらわなければならぬと思うのであります。それはすなわち先日来今国会において議題の中心となつて現われて来た憲法の問題であります。この憲法か…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第15号(1952/12/24、25期)

吉田さんに伺うのですけれども、これに奨励金をよけい出せといつても、大蔵省では絶対よけいには出しはしない。ですから、あなたのお話のように加工用金をもつと範囲を広げてやることはできないかということと、手数…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第18号(1953/02/12、25期)

先ほどのお話に、本年度の肥料の増産という面がありますので、まことにけつこうなことだと思うのであります。そういたしますと、国内の需給のバランスからいつて、本年も当然肥料が余つて来るという勘定になつて来る…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第19号(1953/02/13、25期)

ちよつと一言だけ聞いてみたいが、先ほど次官の答弁の中に、貿易について国連云々という言葉があつた。国連云々ということになつて行くと、たとえばどうして日本の貿易はヨーロツパ並に行われないのか、どうして日本…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第20号(1953/02/16、25期)

ちよつとおかしい話合いになつて来たように感じますが、そうすると、今までもうすでに製造している面もあるのですが、その面はどの法律によつて生産をさせられるということになりましようか。今つくつているものはど…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第21号(1953/02/18、25期)

今お話の中に、取締りが非常に強化されて行つて、発注の先行きの大した見込みはないというようなことがありましたが、取締りだけ強化されて行つて発注の大した見込みがないということになつて行くと、これは容易でな…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第23号(1953/02/23、25期)

去年からさらされている法案で、さぞ政府もお急ぎだろうと思いますので、そろく結論的なものに入らなければなりませんが、そうなつて来ると、一応もう一通りよく納得の行くような御説明をさらにお願いして解決をつけ…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第25号(1953/02/26、25期)

関連して。どうも答弁がはつきりしないので次官に伺いますが、まず最初に次長に一つ聞いてみます。日本で米軍から受けておる弾丸の金額が、あなたの見積りでどのくらいあると思われましようか。それから第二に、先…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第26号(1953/03/02、25期)

永井さんの質問に関連いたしまして……。武器等製造法案なるものの基本精神というものに少し食い違いがあるのではないかというように考えられます。なぜならば、大臣のお答えの中に産業構造の切りかえだとか、あるい…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第28号(1953/03/04、25期)

武器等製造法案なるものは、取締りのみに走つているような感もあるのでありますけれども、この法案の最も精神とすべきものは、いかにこの種の業態、この種の技術を向上せしめようかということが目的であろうと思うの…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第30号(1953/03/06、25期)

関連して一つ…。会社が附帯事業をしたいという根本の理由としては、要は価格が非常に安く上るのだというのが目的のようであります。従いまして八千四百円という見積りは、これは今までお使いになつた入札価格であり…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第31号(1953/03/09、25期)

第三章業務のところで、第二十条に「金融機関に対し、その業務の一部を委託することができる。」ということで、東京の本部というか、そういうものを除いた以外は全部このように取扱つて行くようになるので、従つて金…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第33号(1953/03/12、25期)

わが国の輸出貿易は、昨年来減少をたどつておるのでありますが、本年に入りましてもその傾向は少しも改まつておらず、今後の成行きが憂慮されておる実情であるのであります。この輸出の不振は、昨今世界共通の現象で…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(25期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 25期(1952/10/01〜)  3本提出

質問主意書一覧

青少年教育部存続に関する質問主意書
第15回国会 衆議院 質問主意書 第15号(1952/12/18提出、25期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

教育職員給与体系の改正に関する質問主意書
第15回国会 衆議院 質問主意書 第17号(1952/12/19提出、25期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

学校給食完全実施に関する質問主意書
第15回国会 衆議院 質問主意書 第20号(1952/12/25提出、25期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院統計 25期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22