久野忠治衆議院議員 25期国会活動まとめ



在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-)
25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院統計 25期衆議院議員


衆議院本会議(25期)

24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

  第15回国会(特別:1952/10/24-1953/03/14) 20回発言   4446文字発言

       25期通算   (1952/10/01-1953/04/18) 20回発言   4446文字発言

本会議発言一覧

第15回国会 衆議院 本会議 第22号(1953/01/30、25期)

国務大臣の演説に対する質疑は延期し、明三十一日定刻より本会議を開きこれを行うこととし、本日はこれにて散会せられんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第23号(1953/01/31、25期)

国務大臣の演説に対する残余の質疑は延期し、明後二月二日定刻より本会議を開きこれを継続することとし、本日はこれにて散会せられんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第24号(1953/02/02、25期)

国務大臣の演説に対する残余の質疑は延期し、明三日定刻より本会議を開きこれを継続することとし、本日はこれにて散会せられんことを亀入ます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第5号(1952/11/24、25期)

国務大臣の演説に対する質疑は延期し、明後二十六日定刻より本会議を開きこれを行うこととし、本日はこれにて散会せられんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第6号(1952/11/26、25期)

国務大臣の演説に対する残余の質疑は延期し、明二十七日定刻より本会議を開きこれを継続することとし、本日はこれにて散会せられんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第7号(1952/11/27、25期)

国務大臣の演説に対する……(発言する者多く、議場騒然、聴取不能)明二十八日定刻より……(議場騒然、聴取不能)本日はこれにて散会されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第8号(1952/11/28、25期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、宮沢胤勇君外二百十一名提出、池田国務大臣不信任決議案は、提出者の要求の通り委員会の審査を省略してこの際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第9号(1952/11/29、25期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、有田二郎君外二十三名提出、一般職の職員等の俸給の支給方法の臨時特例に関する法律案は、提出者の要求の通り委員会の審査を省略してこの際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第10号(1952/12/06、25期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわちこの際、伊藤卯四郎君提出、炭労、電産ストに関する緊急質問を許可されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第11号(1952/12/09、25期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、田子一民君外五十八名提出、戦争犯罪による受刑者の釈放等に関する決議案は、提出者の要求の通り委員会の審査を省略してこの際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第12号(1952/12/11、25期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、星島二郎君外二百一名提出、中小企業年末金融促進に関する決議案は、提出者の要求の通り委員会の審査を省略してこの際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第13号(1952/12/15、25期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、内閣提出、漁船再保険特別会計における漁船再保険事業について生じた損失を補てんするための一般会計からする繰入金に関する法律の一部を改正する法律案、漁船再保険特別会計法の一部を改正する法律案、右両案を一括議題となし、この際委員長の報告を求め、その一審議を………会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第14号(1952/12/16、25期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、昭和二十七年度一般会計予算補正(第1号)、昭和三十七年度特別会計予算補正(特第1号)、昭和二十七年度政府関係機関予、算補正(機第1号)、右三件を一括議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第15号(1952/12/17、25期)

日程第一は延期されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第16号(1952/12/18、25期)

議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、内閣提出、昭和二十八年分所得税の臨時特例等に関する法律案を議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第17号(1952/12/20、25期)

両院法規委員の選挙は、その手続を省略して、議長において指名せられんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第18号(1952/12/22、25期)

(発言する者多く、議場騒然、聴取不能)すなわち、日本国とアメリカ合衆国との間の船舶貸借協定の締結について承認を求めるの件を議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第19号(1952/12/23、25期)

憲法第五十九条第三項及び国会法第八十四条第一項の規定により、町村の警察維持に関する責任転移の時期の特例に関する法律案について両院協議会を求められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第20号(1952/12/24、25期)

日程第一は延期されんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 本会議 第21号(1952/12/25、25期)

議事日程順序変更の緊急動議を提出いたします。すなわちこの際、日程第四及び第五の両案を繰上げ一括上程し、その審議を進められんことを望みます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(25期)

24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第15回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 32)  1回発言     15文字発言

  25期通算  34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 32)  1回発言     15文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
            23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  1回発言     15文字発言

 法務委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 農林委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 電気通信委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言

 労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 電気通信委員会理事(第15回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第15回国会 衆議院 議院運営委員会 第17号(1952/12/20、25期)

私の方は、田原春次君で十分以内。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(25期)

24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 38期(1986/07/06-)
25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院統計 25期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22