国会議員白書トップ衆議院議員小松幹>25期国会活動まとめ

小松幹衆議院議員 25期国会活動まとめ



在籍期:25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院統計 25期衆議院議員


衆議院本会議(25期)

25期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第15回国会(特別:1952/10/24-1953/03/14)  0回発言      0文字発言

       25期通算   (1952/10/01-1953/04/18)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(25期)

25期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第15回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 16) 12回発言  38879文字発言

  25期通算  18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 16) 12回発言  38879文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 人事委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 14) 11回発言  38278文字発言

 文部委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言    601文字発言

 水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 人事委員会理事(第15回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第15回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1952/11/11、25期)

総裁にお尋ねいたします。現在国家公務員あるいは地方公務員の各位が組織的に一万六千八百円ベースの賃金要求をしておる。この問題について総裁としては、この現在の要求をどのようにお取上げになるお考えであるかと…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1952/11/28、25期)

時間がたちますから簡単に申し上げますが、委員長にまずお尋ねして推進したいと思います。それは先ほど受田委員から申しました一般職員に対する給与の十二月分の繰上げ支給の議員立法の問題でございますが、これを先…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第4号(1952/12/03、25期)

政府委員のお方はどなたでしようが。それからこれらの検査臨時補助員なり、あるいは事務補佐員なりの給与についての責任者はだれか、それから予算の問題についてどういうやりくりなり、あるいはどういう予算折衝な…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1952/12/06、25期)

それでは質問をいたします。まず人事院に質問をいたします。人事院は先般政府並びに国会に一般職国家公務員の給与の改訂を勧告したのでありますが、その改訂する根拠に至つては、現在の経済状態あるいは国家公会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1952/12/11、25期)

先般来継続質疑をいたしておりますが、昨日公述人によつて明らかにされました点についても、再度御質問を重ねてするかもしれません。それをあらかじめ申し上げておきます。ただいま浅井総裁から申し述べられましたが…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1952/12/13、25期)

本日ここにおられる政府委員は、内閣そのものを代表するかどうか。それについてまず御答弁を願いたい。着席〕会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第10号(1952/12/15、25期)

法案そのものでありませんが、関連して委員長に御質問します。先般委員長において、地域給の問題で各地方にはがきを出したからということを承りました。そら内容を公開していただきたい。ついででございますが、その…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1952/12/16、25期)

政府当局にお尋ねいたします。法律案が重大視されて、そうしてそれに基いて予算を配付する考えに立つておるのか、それとも予算をきめて、それに合せて法律案をつけ加えようと考えておるのか、その一点をお尋ねいたし…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第12号(1952/12/17、25期)

昨日の委員会で本日来でいただく関係当局者を指名したはずでありますが、お見えでありましようか、いかがでしよう。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第13号(1952/12/22、25期)

政府委員にお尋ねしますが、先般の予算委員会できめられました附帯決議の内容について、その後閣議決定等が行われたということを承りましたが、そのことについて具体的に説明を承りたいと思います。次に一般公務員…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 人事委員会 第16号(1953/03/07、25期)

今会期において、人事院から一般公務員の給与準則に関する法案が提示される予定であつたと思いますが、いろいろな事情でいまだに法案が出ておらないから、おそらく今会期はこの法案については提出されないと思います…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1953/03/09、25期)

監督官庁である文部省はサービスの機関であつて、内容にわたつてとやかく言う性質のものではない、だからこそ教育委員会というものが存立されてあるのだ。ただいま大臣が引用された百六条の監督庁の問題は、三条は設…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(25期)

25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院統計 25期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22