岡田春夫衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   2267文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  1回発言   4991文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言   7258文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第37号(1953/08/06、26期)

時間が制限されておりますので、重要な点だけ二、三御質問をいたしたいと思います。先ほどの外務大臣の報告によりますと、MSAは世界の五十数箇国がこれを受けており、日本だけがこれを受けないのはおかしいではないかというような報告があり、また別の機会におきましては、外務大臣は、イギリスやフランスまでもMSAを………会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 本会議 第2号(1954/12/01、26期)

小会派の立場から、吉田政府に対して、以下数点にわたつて質問をいたしたいと思います。昨日吉田総理の演説によりますと、過般行われました外遊の成果は、これはきわめて有意義なものであると自画自讃いたしておりまするけれども、先刻来の多数の議員諸君によつても朗らかな通りに、だれの目から見てもこの外遊は明らかに失………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 42) 29回発言 115180文字発言
 第19回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  4回発言  21029文字発言
 第20回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言    545文字発言
 第21回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言   1044文字発言

  26期通算  70回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 70) 38回発言 137798文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
            38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38) 17回発言 111493文字発言

 議院運営委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24) 16回発言   5833文字発言

 労働委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言   7487文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  3回発言  12985文字発言

 通商産業委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1953/06/22、26期)

まず華僑の引揚げ問題について伺いたいのですが、先ほど長官の御意見によると、華僑の帰国問題については日赤に一任したというようにお話になつたと思いますが、そうですか。それから、第二の点としては、日赤に輸…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1953/06/23、26期)

平野さんもお急ぎでしようから、簡単にお伺いいたしますが、今までのお話で大分明らかになつて参りました点は、中国からの邦人の帰国に関連しては、日本にいる華僑の帰国を促進させるというのは、これは道義的な問題…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第5号(1953/06/24、26期)

議事進行について。ちよつと確かめておきたいのですが、遺骨の問題についても、きようの新聞によれば、新しく発展しておるのであります。そこで、外務省関係の政府委員の出席は、現在までのところアジア局長あるいは…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1953/05/25、26期)

やはりこれは国会の運営の問題ですし、特に庶務小委員会というような場合には運営と直接の関係があるので、割当から行くならばそういう割当になるでしようが、小会派クラブにも一名認めていただくということにお願い…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第2号(1953/05/27、26期)

われわれの方も同様であります。しかし、この際申し上げておきますが、少数派の意見を尊重するというのが民主主義の原則であります。この点は十分ひとつお忘れのないように願いたい。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1953/05/29、26期)

私の方のことは言わなくてもいい。私の方のことは私にまかせてください。もう一つ、今度緊急質問を四件ばかり出しておりますが、小会派は代議士会で調整をした上で出しておるので、現実の問題としてはばらばらの形…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第6号(1953/06/17、26期)

百五十何件ですか、政府としては重要な法案を出すというのですが、重要であるだけに十分審議の期間をとるために、提出の時期は早くしてもらわなければならない。先ほど、何か六月中とかいうようなお話を伺つたのです…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第7号(1953/06/18、26期)

われわれの方としましては、前国会、本会議で質問をやるということは、国会法の改正小委員会で、国会の民主化をするという建前でこういう慣例をつくつたのだと思う。今回あらためてこれをやめるということは、特に改…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第9号(1953/06/23、26期)

よろしくお願いいたします。次に事務総長から御説明を申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第11号(1953/06/27、26期)

両方ですか。それでは次会は二十九日に会議を開きます。議院運営委員会も二十九日午前十一時ということにいたしておきます。本日の本会議の開会時刻は午後二時半ということで……。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第12号(1953/06/29、26期)

その委員の数は、従来の慣例で三十名の割当をしたわけでしよう。なお、従来災害地対策特別委員会というものがあつたときも、建設委員会、農林委員会等の権限争いみたいになることのおそれが十分あつたので、各党の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第13号(1953/06/30、26期)

次の本会議以前に出す場合もあり得るというわけですね。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号(1953/07/04、26期)

私の方から質疑通告が出してありますが、ひとつ何とかお願いできないかと思います。時間は簡単でもけつこうですが、よろしくお願いいたします。岡崎外務大臣の報告に対する小会派の取扱いに対して、各党の態度を御…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第16号(1953/07/07、26期)

これの採決については、私の会派ではちよつとあれのある場合があるかもしれませんから、御了解願いたい。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第16号(1953/07/17、26期)

今大臣の報告を伺つたのでありますが、報告を伺つておると、何か今度の事件が、感情的な対立があつて、お天気が悪かつたので若い者の気分が欝積しておつたというようなところから起つた偶発的な事件であるかのごとき…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第17号(1953/07/18、26期)

関連して。ちよつと遅れて参りましたので前後の事情はあるいは聞き漏らしておるかもしれませんが、すずめが死んでおつたのはどの辺だという報告がありましたか。なお蛇足になりますが、この間の姫路少年刑務所にお…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第18号(1953/07/20、26期)

それでは、多衆というのはその場合該当しないという明文上の規定は別段ない。たとえば先ほどの暴力行為等処罰二関スル法律の場合にも、これは確かにあるのです。「多衆共同」という字句が出ているのです。こういう場…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第20号(1953/07/22、26期)

関連。ちよつとこれは重要な点だと思うのですが、今の御答弁を伺つていると、書面で意見を陳述するという場合、今度できるといわれている刑訴法の規則によると、たしか私の耳の聞き違いでないとするならば、何か勾留…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第21号(1953/07/23、26期)

質疑に入ります前に、これは刑訴法との関連もありますので、ぜひひとつ大臣にお聞きを願つて、すみやかに御調査を願いたい事件があるのであります。これは中央の新聞には出ておりませんけれども、地方の北海道で重大…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第22号(1953/07/24、26期)

今大臣の御報告の中にもありましたように、警視庁の解剖による毒物の検出ばかりではなくて、やはり適当な方法で大学の方と連絡をとられて、正確な検出の結果をお聞きになつてお話願いたいと思いますので、その点要望…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第23号(1953/07/25、26期)

簡単にという御希望でありましたので、できるだけ簡単にやりたいと思いますが、御答弁が明確な御答弁であるならば、当然簡単にやれるわけであります。そういう意味において、ただいま修正案を御説明になりました鍛冶…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第25号(1953/07/29、26期)

数日前の委員会において、東京都下の足立区に起りました事件に関連して白骨団なるものの暗殺団の十三名の暗殺陰謀が企てられているという話をわれわれは耳にいたしておりまして、この問題について事が事であるだけに…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第26号(1953/07/30、26期)

前の委員会で法務大臣に調査をお願いいたした件でありますが、労農党の北海道中央本部の書記長である札幌市会議員の山田長吉君が、先般検事の公訴の取下げによつて公訴の棄却が行われたのでありますが、この点につい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第27号(1953/07/31、26期)

大分いろいろな点をお伺いしたいのですが、どうもはつきりない点が一、二あると思う。その前にちよつと小川説明員にお伺いをしておきたい。先ほどの話を伺つておると、CICから身柄の釈放前に渡してもらいたいとい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第29号(1953/08/03、26期)

国警長官にお伺いしますが、鹿地氏に対する逮捕令状を請求されたのは大体いつごろですか。それからもう一つは、先ほど古屋君も話をされましたが、前国会のときにおいては私は法務委員でありませんでしたが、しかし…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第30号(1953/08/04、26期)

鹿地さんは大分お疲れのようですから簡単にお伺いしたいと思います。たしかきのうだつたと思うのですが、斎藤国警長官その他の答弁によると、最近鹿地さんに対して逮捕状を出した。これは鹿地さんが何か姿が見えなく…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第31号(1953/08/05、26期)

今の古屋委員の質問によつて大分話が出て来たのですが、二世の光田という人を知つているようでありますが、最初知るようになつたいきさつ、それからその後のいきさつをまず伺いたいと思います。ぼくは戸籍がなくて…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第32号(1953/08/06、26期)

大臣は病気だそうですから、大臣の点については留保しておきます。まずこの前この委員会において調査の要求をいたしておいたのでありますが、小菅の刑務所において一大汚職事件が起つているということをわれわれ聞…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第33号(1953/08/07、26期)

質疑ではない、議事進行です。ただいま田嶋委員から御報告があつたのでありますが、議題に供するためには当然これは動機として提出されなければならないと思いますが、動議についての採択が行われておらないのは、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第79号(1954/11/29、26期)

従来小会派が一人入つていたでしよう。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第74号(1954/10/12、26期)

二、三の点を伺いたいと思います。まず第一に、先ほど法務当局の現在までの捜査の過程についてお話があつたのでありますが、現在まで捜査される立場として、船長の業務上過失致死の容疑をもつて捜査している、こう…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第46号(1954/11/19、26期)

時間があまりないので、関連質問の形式で二、三お伺いさせていただきます。まず第一点として、今のあなたのお話のように、ピケというものは、大体労使関係の中に不当介入をすることは認められないということは言う…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第48号(1954/11/27、26期)

ただいまの三党提出の決議案に対して、労農党は賛成をいたします。賛成の理由につきましては、先ほどの右派社会党の諸君、あるいは左派社会党の趣旨説明によつて明らかになつております。あらためて申し上げるまで…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1954/11/30、26期)

釈放決議はどうするんですか。それから追悼演説の終つたあとに、吉川兼光君が外国に行く請暇の願いがありますから、これはこの前決定しております通り、議長が許可するということで最後にお諮りいたします。こうい…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 議院運営委員会 第5号(1954/12/04、26期)

これは、われわれこだわって言うわけじゃありませんから誤解しないでもらいたいのですが、今委員長のお話のように、四派の方で大体つくられた案だし、国会法改正小委員会にも、小会派からは委員が入っていないわけで…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1954/12/11、26期)

私の方も賛成です。なお、この特別委員会の委員長を選任いたすことになります。これは互選ですが、まずここで、どこが何をとるかということの話合いをきめておきたいと思います。これはこの前三つの場合については…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 議院運営委員会 第8号(1955/01/21、26期)

官房長官に法解釈について伺っておきたい。先ほど官房長官は、政府は、行政のことに対しては独自でやり得ることでございますから、解散の問題につきましても独自の立場でということを、池田君の質問に対して答弁さ…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1954/12/16、26期)

同じく人権に関連して簡単に調査を願いたいことがあります。北海道に深川という町がありますが、この町の警察署が町の高等学校の学生に対して、学生運動に関して極端な干渉をやつて、そのために学生が三名相次いで自…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22