山中日露史衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   1729文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   1729文字発言

本会議発言一覧

第19回国会 衆議院 本会議 第12号(1954/02/24、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、昨日本院におきまして可決せられました、有田二郎君の逮捕につき条件付許諾を与えた点についての、内閣総理大臣並びに関係大臣の所見について若干の質問をいたしたいと思うのであります。先刻来、緒方副総理並びに犬養法務大臣は、昨日の院議は尊重するということを申しておりますが、………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員  2)  4回発言   8864文字発言
 第17回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第18回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員  5)  5回発言   7166文字発言
 第20回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   1221文字発言

  26期通算  56回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 49 委員  7) 10回発言  17251文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 水産委員会
            51回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 49 委員  2)  9回発言  14823文字発言

 行政監察特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2428文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 水産委員会理事(第16回国会)
 水産委員会理事(第17回国会)
 水産委員会理事(第18回国会)
 水産委員会理事(第19回国会)
 水産委員会理事(第20回国会)
 水産委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 水産委員会 第3号(1953/06/20、26期)

私はこの機会に北海道の日高門別町の演習地の問題について伊関局長にお尋ねをいたしたいと思います。実は去る六月十二日に私現地に行つて調査をいたして参りましたが、非常に反対の空気が強いのであります。昭和二十…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第4号(1953/06/23、26期)

この法案は前回の国会におきまして一応無修正で通過いたしたのでありますが、しさいにこの法案の條文を検討いたしてみますと、重大なる点について欠陥があるのではないかという点が発見せられましたので、場合によつ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第8号(1953/07/02、26期)

本法案の中で、総理大臣の補償せざる決定に対する救済の点に対して、かねてからいろいろ議論をして参つたのでありますが、政府当局におかれましても、この点につきまして慎重に、それぞれ専門の方の御意見を徴して御…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 水産委員会 第25号(1953/08/10、26期)

水産庁長官にお尋ねしたいのですが、漁業制限法で言う漁業権の制限というのは、つまり演習の期間中、またその時間中には漁業権は使用が制限されるというのであつて、漁業権そのものはその期間中消滅してしまうもので…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第19号(1954/03/24、26期)

大分時間もおそくなりましたので、ごく簡単に一点だけ政務次官にお尋ねしたいと思うのです。先ほと来話も出ておりました損害の賠償に関する点でありますが、特に間接被害の賠償要求についての外務省としてのはつきり…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第21号(1954/03/30、26期)

先ほど来同僚委員からいろいろ御質疑がございまして、大体了承はできるのでございますが、ただ一点外務省に向つてお尋ねをしたいことは、先ほど来お話を聞いておりますと、結局、ソ連との間に国交が回復されておらな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第27号(1954/05/13、26期)

今度の災害に対する政府の救済の処置、予備金の支出とか、いろいろあるだろうと思いますが、そういう点について、水産庁としては今どういうようなお考えを持つておられますか。それを承りたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第30号(1954/05/22、26期)

これは他の委員の方からもすでに御質問のあつた問題でございますが、この南千島海域の遭難漁船の保護、送還の問題でありますが、先ほどの水産庁長官の御答弁によりますと、できるだけ善処するというような趣旨のお話…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会 第9号(1954/03/22、26期)

法律問題が大分問題になつているようですが、この五十八条に言う「国庫は、日本国有鉄道に設けられた共済組合に対し、国家公務員共済組合法第六十九条第一項第三号に掲げる費用を負担する。」この規定の趣旨は、当然…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 水産委員会 第2号(1954/12/16、26期)

漁業用燃油の確保につきましては、さきに通産省の漁業用石油類確保措置要領に基く行政措置と石油業者の自主的調整に漁業者は大いに期待をしておつたのでありますが、需給の不均衡と価格の高騰の著しいものがありまし…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22