山崎岩男衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言    780文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言    780文字発言

本会議発言一覧

第19回国会 衆議院 本会議 第46号(1954/05/10、26期)

ただいま議題となりました二法案につき、運輸委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、港湾法の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34)  8回発言  23729文字発言
 第17回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言
 第18回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 43回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 34 委員  7)  9回発言  32272文字発言
 第20回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   5245文字発言

  26期通算  87回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 36 委員 49) 18回発言  61246文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
            75回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 36 委員 37) 17回発言  55246文字発言

 議院運営委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   6000文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 運輸委員会理事(第19回国会)
 運輸委員会理事(第20回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1953/07/09、26期)

今般鉄道敷設法等の一部を改正する法律案が上程せられまして、そのうちに、青森県三厩付近より渡島国福島に至る鉄道、これは世界的にもまれなるところの海峡横断による隧道の工事といつたような、日本の工学上におけ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第15号(1953/07/14、26期)

この際簡単にお尋ね申し上げたいと思います。改正案の第百二十五条の二の末項でございますが、「自動車事故による損害賠償を保障する制度の確立に努めなければならない。」とありますが、この点について何かの腹案を…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第16号(1953/07/15、26期)

二、三点お尋ね申し上げたいと思います。第四十三条と百二条の行政処分の問題でございますが、ここには六箇月間の車両の使用停止を認めるということになつております。六箇月間の車両の使用停止などということになり…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第28号(1953/07/29、26期)

紹介議員として趣旨弁明をいたしたいど存します。まず文書表第七九五号、八一尺北福岡間に国営自動車運輸開始の請願、請願者青森県八戸市長村井倉松外四名、本請願の要旨は、青森県八戸市より三戸郡島守村、中沢村、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第29号(1953/07/30、26期)

ただいま川島委員に対するところの立花参考人からの御答弁であります。川島委員の御質問の要旨を考えてみまして、私はこう考えます。川島委員は物事を平面的にばかり考えておられますか、これを立体的に考えることを…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第30号(1953/07/31、26期)

文書表第八〇一号、青森港中央埠頭港鉄道整備に関する請願、請願者青森市長横山実外一名、本請願の要旨は、青森港はその中央埠頭に三千トン岸壁が完成されることになつたが、これと表裏一体をなす臨港鉄道がいまだ整…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 運輸委員会 第34号(1953/08/06、26期)

十数日にわたりまして、もう百時間になんなんとするほどの長い時間質疑が繰返されましたのでただいまの鉄道会館を中心とするいろいろの問題につきましては、国鉄当局におきましても、また監督官庁としての運輸省当局…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第27号(1953/08/05、26期)

ただいま熱心なるところの参考人の方々の御意見を拝聴いたしたわけでありますが、その意見を要約してみますならば、関根の地区は、占領政策の部面といたしまして、占領当時からこれを使用しておつた。その使用してお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1953/12/22、26期)

ちよつと関谷委員のに関連してお尋ね申し上げたいと思うのですが、先ほど関谷委員から開始の時期はいつか、昭和二十二年だ、その以前はやらなかつたか、やらなかつたという御意見であります。これは非常に重要に私聞…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第4号(1954/02/02、26期)

昭和二十九年度の運輸省関係並びに国鉄関係の予算関係が上程せられまして、本日よりその審議に入るわけでございますが、そのうちでもつて私ども国民として最も関心を払わなければならぬ問題といたしまして、鉄道新線…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第21号(1954/03/04、26期)

この際吾孫子局長さんもいらつしやいますし、副総裁もおられますのでお尋ね申し上げておきたいと思いますが、一般公務員につきましては、待命制度というものができております。国鉄はこの待命制度について何らお考え…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第26号(1954/03/23、26期)

局長さんにちよつとお尋ね申し上げたいと思いますが、国内就航の飛行機の機種は、ただいまどういう種類のものを使つておるか、ちよつとお知らせ願いたいと思います。次にグライダーを学校方面に普及させることにつ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第27号(1954/03/24、26期)

運輸省設置法の一部を改正する等の法律案に対しまして、修正動議を提出いたします。まず修正案の案文を朗読いたします。運輸省設置法の一部を改正する等の法律案に対する修正案会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第38号(1954/05/28、26期)

ただいま議題となりました請願案件について、請願審査小委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本日までに覇委員会に付託になりました請願の総数は三百九十六件であります。これらにつき四月三…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第40号(1954/09/29、26期)

私は青森市に住んでいる者でありまして、対岸函館港とは唇歯輔車の関係にあります。従いまして今度の遭難事件に対しましては、言葉もなき状態でございます。ちようど私は本委員会から九州地帯の災害と国鉄並びに港湾…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第43号(1954/10/19、26期)

ただいまより洞爺丸等国鉄青函連絡船沈没事件調査のため、本委員会より派遣せられました調査団を代表いたしまして、調査の結果について御報告申し上げます。本調査団は自由党山崎理事、改進党臼井委員、日本社会党…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 運輸委員会 第45号(1954/10/21、26期)

本委員会におきましては、今日まで収集し得た資料に基きまして、洞爺丸その他の遭難についてきわめて熱心なる討議が重ねられた次第でございますので、この機会に各党共同提案にかかわる決議案を上提いたしたいと存じ…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 運輸委員会 第2号(1954/12/06、26期)

この機会に真田自動車局長に一言お尋ね申したいと思います。ただいま地方自治体の併合がどん、どん行われているわけでございます。都市を中心として十数箇町村が合併いたしまして、そして瀕死の重傷になつておるよう…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22