山下春江衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  2回発言   5071文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  2回発言   6688文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  4回発言  11759文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第35号(1953/08/03、26期)

ただいま議題となりました戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議案について、海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、決議案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第37号(1953/08/06、26期)

ただいま議題となりました引揚同胞対策審議会設置法の一部を改正する法律案の提案理由の趣旨を御説明いたします。引揚同胞対策審議会は、第二回国会に衆参両院において議決されました引揚同胞対策に関する決議に基きまして、法律第二百十二号をもつて、昭和二十三年八月から、最初は一年を限つて総理庁に設置され、海外同胞………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第56号(1954/05/27、26期)

ただいま議題となりました中国紅十字会代表招請に関する決議案につきまして、各党を代表いたしまして提案の趣旨を弁明いたします。まず案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第60号(1954/06/02、26期)

本日は、詳しく御報告するはずでございますが、時間の制限がございますので、簡単に御報告させていただきます。今国会において、海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会は、ソ連地区残留同胞の第二次引揚げについて、あるいはまた中共地区残留同胞の集団引揚げ打切後の対策を初め、引揚者の在外資産に対する処理………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 36回出席(長 10 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 25) 12回発言  16079文字発言
 第17回国会  7回出席(長  3 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言   3920文字発言
 第18回国会  7回出席(長  4 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言   2568文字発言
 第19回国会 67回出席(長 16 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 51) 19回発言  50363文字発言
 第20回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言  11909文字発言

  26期通算 121回出席(長 33 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 87) 36回発言  84839文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 厚生委員会
            68回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 67) 26回発言  54526文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
            39回出席(長 33 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言  13288文字発言

 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言   2471文字発言

 法務委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言   4670文字発言

 内閣委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  4回発言   9884文字発言


委員会委員長経験

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会委員長(第16回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会委員長(第17回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会委員長(第18回国会)
 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会委員長(第19回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 厚生委員会理事(第16回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第1号(1953/05/27、26期)

理事の互選につきましては、選挙の手数を省略いたしまして、その数を七名とし、委員長より御指名あらんことを望みます。高橋  等君    中川源一郎君会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第3号(1953/06/18、26期)

と畜場法について政府にちよつとお尋ねいたします。このと畜場法の一番大切なところは第四条だと思うのでありますが、政令案のこの基準内容は、ここに基準要項はございますが、これではちよつとはつきりいたしかねる…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第4号(1953/06/20、26期)

私は改進党を代表いたしまして、本案に若干の希望を付しまして賛成するものでございます。今回改正されました第八条の、民生委員の選出の方法につきましては、従来よりも非常によく改められたことに対しては、私も…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第11号(1953/07/02、26期)

大臣もきよう御出発のようでございますので、簡単にその内容を御報告しておいた方が、九州においでになる御参考にもなろうかと思いましたので、皆様のお許しを得て発言いたす次第であります。舞鶴に引揚げて来ます…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第15号(1953/07/07、26期)

この法律のどれにもはずれて来る者の、わずかな数字でありますが、第三国人の援護でございます。これは今度マヌスから帰つて来た五十何人、巣鴨に三十人、かれこれ合せて百人くらいであろうと思いますが、これは日本…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第16号(1953/07/09、26期)

水害地よりお帰りになつた大臣にちよつとお尋ねしておきますが、罹災地の未亡人の方々から、弔慰金を分割しないで、この際復活資金に充てるために全額ここで換金してもらいたいという非常に強烈な申入れがあるのでご…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第19号(1953/07/16、26期)

遺族等援護法の制定によりまして、三十四条で非常に広範囲に拾い上げていただいたことは、たいへんけつこうでございましたが、それでもなお足りないというので今度一部改正が出たのでありますが、まだ漏れておるのが…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第20号(1953/07/17、26期)

きのうも質問した問題について、どうも釈然としないので、なおあらためて御質問をいたしたいと思います。今回の引揚船なんかに関しましても、第四次船団などは非常に困難な海運の事務を非常に熱心にやり、帰つた方…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第22号(1953/07/21、26期)

戦犯で処刑されました方々を公務死にいたしたいというのは、大体国会における全部の意見のように考えるのでありますが、政府はそれを公務死に扱うことは、いろいろ国際関係その他の情勢を勘案して、ただちに行うこと…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第23号(1953/07/22、26期)

関連して。ただいま青柳委員の御質問に対する政府の御答弁を承りましたが、政府でも非常にこの調査究明ということに重点を置いていろいろお考えのようでございます。調査究明を、あるいは所期の目的を果し得ないかも…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第24号(1953/07/23、26期)

ただいま御決定になりました国有財産の払下げに関しましては、審議の過程におきまして各委員から強く要望されました点を要約して、次のような附帯決議を付したいと思います。附帯決議を朗読いたします。附帯決議会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 厚生委員会 第27号(1953/07/27、26期)

ただいま多数をもつて可決いたしました政府提出の日雇労働者健康保険法案は、本委員会の審議の過程に見ましても全委員において必ずしも満足なものでないということになつております。そこで私は委員会の空気を強く…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1953/10/31、26期)

ただいま有田委員よりの御発言に対しまして、私もお供をして同行いたしました者といたしまして、有田先生は申し上げるまでもなく長い間の外交官、外務大臣等の外交の最も大きな御経験をお持ちの方でございますので、…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 厚生委員会 第2号(1953/11/02、26期)

今長谷川委員から御質問がありました母子福祉金貸付の件でございますが、六、七月に対しては臨時措置が講じられておりますが、あれとまつたく同様な条件を冷害地にぜひとも準用していただきたいということを、私も強…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 厚生委員会 第2号(1953/12/04、26期)

関連して。ただいまの問題でございますが、十一月の四日だつたと思いますが、厚生委員会においてこの問題を――私は福島県という非常に冷害のきびしい県だつたものですから、この問題は定員制を実施されたのではまつ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第3号(1954/01/29、26期)

時間がないので簡単に大臣にお尋ねをいたします。先ほど大臣がおつしやいましたように、一兆億の予算を組む、国際収支のアンバランスを調整する、また政府が重ねて言明されるところによれば、補正予算を組まないと…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第12号(1954/03/09、26期)

ただいまの杉山委員の御質問に関連してでありますが、監督官庁にちよつとお伺いしたいのは、生協というものは非常に必要な組合であり、今後もまた、今年あたりの国民の生活状況からいつて非常に必要な機関であると思…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第13号(1954/03/11、26期)

私のお尋ねいたしたいことはちよつと議題外になつて恐縮でございますが、MSAの協定に伴いまして小麦が参りますが、これの使い方はよほどやはり考えた方がよろしかろうと思いますので、私は厚生大臣御就任早々の際…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第15号(1954/03/17、26期)

この前の恩給法の改正のときに非常に強く要望いたしておきました点で、今度の拡大されたものとどういう関連をもつて御処置を願つたかということをちよつと聞きたいのでございますが、それは船員の場合C船員以外の船…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第16号(1954/03/18、26期)

関連して……。私はおそく来ましたので岡先生から御質問があつたかもしれませんが、戦前日本の年少者にヒロポン中毒患者がどのくらいございましたか。なお麻薬の使用量をわが国の現在の使用量と諸外国の使用量と比…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第18号(1954/03/22、26期)

消費生活協同組合法の改正案に対しましては、長谷川委員よりるる御質問がありましたから尽されたようでございますが、私もどうも厚生当局のほんとうの腹の底がわからないのです。この生協法ができますときは、前会に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第19号(1954/03/23、26期)

今、岡委員の御質問のヒロポン中毒に関する件は、岡委員から言い尽されたのでございますが、この前の局長からの御答弁の中に、大体密造、密売をしているものは、日本人は非常に少いという御答弁がございました。私ど…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第22号(1954/03/26、26期)

ただいま青柳委員から御提案になりました、母子福祉資金の貸付等に関する法律の一部を改正する法律案の修正案に対しては、私も満腔の賛意を表するものであります。この母子福祉資金貸付法が立法化されましてからま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第40号(1954/04/22、26期)

今回提案されました厚生年金保険法案に対しましては、基本的にはこの法案は社会保障制度の究極の目的である国民年金というところに持つて行きたいのが私どもの考えでございます。いろいろ不満の点もありますけれども…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第42号(1954/04/28、26期)

私はこれは草葉厚生大臣が御就任の当初に申し上げたことでありまして、学校給食法案がすでに文部委員会に御提案になつたのならしかたがありませんけれども、文部委員会ではなく主体は厚生委員会に置くべきである。こ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第75号(1954/11/26、26期)

先ほど来諸委員から質問されたことによつて尽きておりますし、ただいま中野委員から御質問になつた点も私の伺いたい点でございました。厚生省から却下になります書類にいとも簡単に公務死に該当せずというような言葉…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第32号(1954/05/13、26期)

この恩給法の改正は、私どもとしては非常に長い間政府にも要望して参りましたので、いわば待ちに待つた改正法案なのでございます。ところが本日配付されました資料によりますと、確実ではございませんが、私どもの記…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第34号(1954/05/17、26期)

私は質問の前に三橋恩給局長にちよつと心構えについてお伺いしたいのでございます。聞くところによりますと、今回おそきに失したとはいえ、戦犯者及び獄死者、刑死者等に対する処遇が初めて法案として現われましたこ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第35号(1954/05/19、26期)

私は今回改正されます恩給法の中の、巣鴨の戦犯に関する問題で大臣から政府の御責任ある御答弁を承つておきたいと思うのであります。それは今回の改正によりまして巣鴨に拘禁中の人の中でその一部分の人、百七十五…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第36号(1954/05/20、26期)

ちよつと恩給局長に、この扱いを何とか御考慮願えないかという問題をお尋ねいたします。と申しますのは、昭和八年に徴募兵あるいは志願兵として入団いたしました者が――今度の恩給法の改正によりまして、下士官及び…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会 第3号(1954/03/10、26期)

ただいま綱島委員から非常に重大な御、質問がございまして、それに対して綱島委員が御答弁は納得が行かないと言われる段階におきましては、私が小さないろいろな問題を御質問申し上げることも、その納得の行かない上…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会 第4号(1954/03/12、26期)

ちよつと一点だけ。先ほど、大蔵大臣は、綱島委員の御質問に対しまして、いろいろな案件が地方自治の確立のために云々と言われましたが、私はそれではとうてい解釈がつかないからお尋ねするのでありますが、たとえば…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第60号(1954/05/22、26期)

先ほど大臣がおみえになりませんので、大臣に対する御質問を次にまわしておきましたので、ちよつと簡単にお願いをいたそうと思うのであります。いろいろ同僚婦人議員の非常な御熱誠及び高橋委員等から非常に貴重な…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第64号(1954/05/28、26期)

関連して。ただいま堤委員からヒロポンの話が出ました。これはちよつと本法案からそれるようでございますが、非常に大切なことでございますので、私の了承している点を申し上げておきたいと思います。ただいまヒロ…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1954/12/06、26期)

ただいまから、舞鶴に参りまして中共及びヴエトナム地区からの帰還者の受入れ援護状況を調査いたしました結果について、簡単に御報告申し上げます。御承知の通り、去る十一月三日に東京で行われました中国紅十字会…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 厚生委員会 第3号(1954/12/03、26期)

私は新党同志会を代表いたしまして、議題となつております医師法、歯科医師法及び薬事法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案に賛成を表するものであります。今回参議院におかれましてこの一年三箇月の延期…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22