小平久雄衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   1744文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  1回発言    690文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言   2434文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第29号(1953/07/27、26期)

ただいま議題となりました武器等製造法案及び木材防腐特別措置法案の、通商産業委員会における審議の経過並びに結果につき御報告申し上げます。まず、武器等製造法案につき申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 本会議 第6号(1954/12/06、26期)

ただいま議題となりました昭和二十九年八月及び九月における風水害に伴う中小企業信用保険法の特例に関する法律案について、通商産業委員会における審議の経過並びに結果の概要を御報告申し上げます。本年八月及び九月におきましてわが国を襲いました十五号を初めとする台風は、中小企業者にとりまして少からぬ損害をうえた………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 31 委員 10) 18回発言  38135文字発言
 第17回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  2回発言   1157文字発言
 第18回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  4)  1回発言    889文字発言
 第19回国会 72回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 59 委員 11) 13回発言  25619文字発言
 第20回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言

  26期通算 132回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事102 委員 28) 34回発言  65800文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 通商産業委員会
           105回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事102 委員  1) 26回発言  55286文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
            27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  8回発言  10514文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 通商産業委員会理事(第16回国会)
 通商産業委員会理事(第17回国会)
 通商産業委員会理事(第18回国会)
 通商産業委員会理事(第19回国会)
 通商産業委員会理事(第20回国会)
 通商産業委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第3号(1953/06/22、26期)

国民の久しく待つておりました中国からの引揚げにつきましては、各方面の御努力によりまして、その端緒が開かれ、逐次実現されておりますことは、まことに喜びにたえないところであります。しこうして、ただいまその…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第4号(1953/06/23、26期)

私も平野さんに一、二点お伺いいたしますが、まず最初に、先ほど平野さんから、高橋委員の質問に対しまして、乗船代表の行動に関しては帰国協力会というものを三団体でつくつている、その事務局長が日本平和連絡会の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第5号(1953/06/24、26期)

時間が大分経過しておるようですから、ごく簡単に御質問申し上げます。ただ、念のため私は申しておきますが、今回の華僑の遺骨送還の問題が本委員会で取上げられましたことは、本委員会は申すまでもなく在外同胞引揚…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第6号(1953/07/03、26期)

私は、簡単な点を一、二伺います。先ほど同僚委員の諸君から舞鶴の視察をされた御報告があつたのでありますが、その報告によりますと、今回の第四次の引揚げが四船同時に帰着する可能性もあるわけなのですが、それに…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第8号(1953/07/14、26期)

先ほど来皆さんのお話を伺つておるのですが、私は結論だけちよつと承りたい。局内の秩序維持の問題につきましても、今の長官のお話を承つておりますと、長官の親心あふれた気持はよくわかるのでありますが、前回こ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第10号(1953/08/04、26期)

私は、関連して一点だけ簡単に法務大臣にお聞きします。先ほど、戦犯者の巣鴨における待遇について、法務大臣がたいへんあたたかい気を配つてかかつておることを承つたのでありますが、ただ、しからば、従来の巣鴨…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第1号(1953/05/26、26期)

動議を提出いたします。理事はその数を七人とし、委員長において指名せられんことを望みます。西委員長 ただいまの小平君の動議に御異議ございませんか。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第5号(1953/06/22、26期)

ただいま外貨予算の資料の要求があつたのでありますが、それと同時に先ほど官房長からお話がありましたが、開銀の融資計画、これもひとつ早い機会に御提出願います。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第10号(1953/07/03、26期)

私は武器製造法案につきまして、特に本案が前国会に提出された当時とただいまとでは大分内外の情勢がかわつておる、そういう点で若干御質問いたしてみたいと思います。ただ質問の順序といたしまして、前回提案されま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第11号(1953/07/04、26期)

本法案は前国会において当委員会においても十分審議されたところでありますので、大体問題点は論議し尽された観があるのでありますが、本国会にあらためて提出されましたので、私はことに重要と思われる数点につきま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第14号(1953/07/08、26期)

今回の改正案によりますと、従来の保険金額は、保険価額に対しまして百分の七十五であつたものを八十にする、これは金融機関の場合でございますが、それから保証協会の場合には、従来百分の五十であつたものを六十に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第19号(1953/07/17、26期)

関連して先ほど主計局長の御答弁のうちに、公庫法に規定する中小企業のわくに入らない自転車産業の大企業、それには回収金の運用によつてまわせる、こういうようなお話がありましたが、たとえば今年度はこの分の回収…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第20号(1953/07/18、26期)

私はただいま修正可決を見ました中小企業金融公庫法案につきまして、各派の共同提案になる附帯決議案を提出いたしたいと存じます。まず案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第21号(1953/07/21、26期)

商工会議所法案の提案理由を御説明申し上げます。そもそもわが国の商工会議所は、明治中期の商業会議所条令以来、商業会議所法、商工会議所法及び商工経済会法とそれぞれ時勢の進運に伴い根拠法規に若干の変遷はあり…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第23号(1953/07/23、26期)

私は本案の審議に関連して動議を提出いたします。小川君の御質問はまだ残るようでありますが、先ほど来の質疑応答を聞いておりますと、提案者の方にもどうも確固たる信念も若干欠けておるようにとれる節も大分あり…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第24号(1953/07/24、26期)

各参考人の御意見を拝聴いたしたわけでありますが、それぞれのお立場からの御意見でありまして、結論的には大部分の方々は本法案を必要となさるという御趣旨のように拝聴いたしました。もつとも前田さんの御意見は、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第29号(1953/07/30、26期)

私は簡単に承りますから、お答えの方も結論だけでけつこうです。まだ鈴木さんと水沢さんにお尋ねしますが、鈴木さんは全面的に反対だとおつしやるし、水沢さんは必ずしも全面的に反対ではないが、既存の民営会社と両…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第33号(1953/10/13、26期)

本日は公庫の発足後最初の委員会でありますので、私は公庫の運営が実際にどんなふうに行われているかという点について、この際一、二点伺つておきたいと思うのであります。まず第一は、公庫の資金の割当というもの…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号(1953/10/29、26期)

この際動議を提出いたします。委員長の互選は、投票を省略いたしまして、山下春江君を委員長に推薦いたしたいと存じます。どうぞお諮り願います。委員長山下春江君に本席を譲ります。会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第2号(1953/10/31、26期)

私は、先ほどちよつと中座いたしましたので、あるいは他の委員からすでにお尋ねがあつたかと思いますが、簡単に一、二点だけ承りたいと思います。ただいま御質問がございましたが、今すでに給付されております弔慰…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第1号(1953/12/02、26期)

長谷川君の質疑に関連して……。中小企業者の計理指導の話が出ましたが、実に私も日ごろから考えておるのですが、長官の先ほどの御答弁のように、金は借りたい、しかし帳簿もないというところに金は貸せない、これは…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第23号(1954/03/19、26期)

私は最初に公庫法に関して一点だけ承つておきたいと思います。というのは、御承知のように金融公庫法案を当委員会において審議し、またこれを可決する際に、多分十箇条であつたと思いますが、附帯条件を付して可決を…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第25号(1954/03/24、26期)

大体質疑は尽されたようでありますが、二、三簡単に伺つてみたいと思います。第一にこの事業の許可関係でありますが、今回の法案によりますと、第五条においてこれを規定いたしまして、いわゆる地域独占の従来のきめ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第28号(1954/03/30、26期)

ただいま可決されましたガス専業法案につきまして、各党共同提案にかかる附帯決議を提出いたしたいと思います。まず決議案文を朗読します。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第29号(1954/03/31、26期)

かねての大臣のお話によりますと、二十九年度の外貨予算の編成につきましては、今月末ごろまでには大体閣僚審議会の議を経て成案を得るだろう、こういつたお話でございましたし、また新聞等に一部伝えるところにより…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第30号(1954/04/02、26期)

今回の石油資源探鉱促進臨時措置法案に対しまする考え方といいますか、これは私は大体始関君から披瀝されたと同じような考え方を持つているのでありますが、これを一覧して感じますことは、この試堀の関係において、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第32号(1954/04/07、26期)

本案は非常に簡単な案であり、その趣旨にも別段異存はないのでありますが、提案の理由によりますと、現在鹿児島においては出張検査をいたしております。その受託出張規則に基いて、出張職員の旅費その他を地元で負担…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第33号(1954/04/09、26期)

本件につきましては、先ほど来各同僚委員の各方面からの御質疑で大体わかりましたが、私伺つておりまして他の委員諸君の感想と同じような感想を持つたわけであります。それで先ほど会社の設立並びにこれに伴う人事等…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第34号(1954/04/13、26期)

各派の共同提案になりました決議案について、その趣旨弁明をいたします。まず附帯決議案文を朗読いたします。石油資源探鉱促進臨時措置法案附帯決議会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第52号(1954/05/21、26期)

先ほど厚木さんのお話を聞いておりますと、部落二百戸もある中でごく少数の漁民のためにむしろ砂利採取が妨げられる点が多いというお話が出ておりました。あなたは土地所有者という立場で御出席願つているようであり…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第53号(1954/05/22、26期)

今帆足君から質問の出た点ですが、砂利採取の許可の基準ですね。ただいま始関君の御説明によりますと、通産、建設両省の協議によつて、地方庁にも通牒を出すというようなことでありましたが、もしそういう点について…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第57号(1954/05/28、26期)

それではただいまより請願及び陳情書審査小委員会における審査の結果を御報告申し上げます。本日の日程にございますように、委員会に付託となりました請願は合計百二十件、送付せられました陳情書は三百四件であり…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第58号(1954/05/29、26期)

私は実は公取の方においでを願つて特に下請企業に対する不当なる支払いの認定基準に対して一、二伺いたいと思つたのですが、おいでがないようです。この基準をつくるまでには企業庁の方とも十分に連絡があつてきめら…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第60号(1954/06/02、26期)

時間も大分たちましたから、私はごく簡単に対韓貿易の関係、ことにのりの問題等について承りたいと思います。と申しますのは、五月十日に参議院の水産委員会におきまして、原則として韓国からのりの輸入を禁止しろと…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22