佐瀬昌三衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 26期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 26期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 31 委員  1)  6回発言  17935文字発言
 第17回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  2回発言   3132文字発言
 第18回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  2回発言   2508文字発言
 第19回国会 67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 67 委員  0) 16回発言  30390文字発言
 第20回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   2332文字発言
 第21回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  26期通算 112回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事111 委員  1) 27回発言  56297文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
           112回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事111 委員  1) 27回発言  56297文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 法務委員会理事(第16回国会)
 法務委員会理事(第17回国会)
 法務委員会理事(第18回国会)
 法務委員会理事(第19回国会)
 法務委員会理事(第20回国会)
 法務委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1953/06/23、26期)

最近選挙違反その他諸種の刑事事件の捜査の過程におきまして、当局者に人権蹂躪の行為があるのではないかといううわさが社会に相当濔漫しておるのであります。のみならず最近はそれが国会の窓をたたいて、国会として…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1953/07/11、26期)

国際社会が交通機関の発達、人文の交流によつてきわめて圧縮された今日、いわゆる国際犯罪あるいは国際犯人がきわめてその数を増しまして、各国間にこれが鎮圧あるいは取締り上国際的な交渉を持つのは今日きわめて多…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1953/07/14、26期)

本法案の審議にあたつてなお一点確かめておきたいのは、法案第十四條に基く法務大臣の引渡し命令に対して不服のある引渡し犯罪人が行政訴訟を提起することができるかどうかという点であります。この制度が、せつかく…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第15号(1953/07/16、26期)

刑事訴訟法並びに警察法のそれぞれの根本精神を堅持しながら、なおその上に立つて警察官と検察官の職分を調節しながら捜査の目的を達成するということはきわめて重要であります。それぞれの権限争いあるいは権限の拡…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第26号(1953/07/30、26期)

刑法等の一部を改正する法律案に対する修正案を提出いたしたいと存じます。その内容は、会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第32号(1953/08/06、26期)

ただいまの問題に関連して当局に一つ要望しておきたいので執ります。最近その問題について出入国管理局の措置に対していろいろ世間の批判を聞いております。一体出入国管理局でさような問題をこれまでどういうふうに…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1953/10/31、26期)

運輸委員会に出席いたしておりましたので、大体その間に質疑応答は本問題についてはくまなく行き渡つたと思いますから、なるべく重複しない角度から二、三お尋ねしておきたいと思います。ただいま、犬養法務大臣か…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1953/11/07、26期)

参考人は最も法的知識をお持ちの方であるので、この保全経済会の性格なり取引形態なりについて、やや法的にひとつお伺いしておきたいと思います。参考人が金を出されたのは出資ということになるのか、あるいはいわゆ…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1953/12/04、26期)

私も本問題について若干補足的に質疑を申し上げたいと思います。まず第一にお伺いしておきたいのは、法務当局に対してであります。か、いわゆる休暇戦術が公労法第十七条に違反した、いわば禁止された争議行為であ…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1953/12/07、26期)

簡単に二、三点尋ねます。この保全経済会を創設するという根本の相談にあずかつた人はだれですか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1954/02/18、26期)

本日は他の議題もあり、時間の関係もありますので、福永官房長官に二点について質疑をいたしておきたいと思います。保全経済会あるいは殖産金融会社等いわゆる類似金融機関に関連する問題が今や世論の批判の対象と…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1954/02/24、26期)

最近交通事犯は全国にわたつて厖大な数に達し、これが犯罪統計として当局の資料にも明確にされておるところであります。交通事犯の内訳は、交通法規の違反と、さらにこれによつて個人の生命、財産等に対する侵害とい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1954/03/02、26期)

本年二月二十六日の読売新聞の記事に、警視庁管内の練馬警察署において、被告人として勾留中の松原基之助なる者が留置場で死亡した。しかもそれは不当拘留による殺人ではないかというような疑いを持つて報道されてお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第21号(1954/03/18、26期)

質問の形でお答え申し上げたいと思いますが、刑法の土地に関する効力の問題と裁判管轄の問題は、国際刑法上まつたく別個の問題とされております。しかして刑法の土地的効力に関しては四つの原則があって、属地主義、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第22号(1954/03/19、26期)

今の質疑応答の中でちよつと疑問を持ちましたので、若干第三条を明らかにしておきたいと思うのです。この第三条は、言うまでもなく、教唆犯の独立性を認めて、被教唆者の実行行為、いわゆる実行正犯はこれを問わな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第23号(1954/03/20、26期)

私も簡単に第三条二項についてお尋ねしておきたいのですが、大体この法案は、事は教育に関する問題でありますけれども、刑罰法規を含む上において、われわれ法務委員会としても相当検討を要する法案であると思うので…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第31号(1954/03/31、26期)

簡単に大月さんと勝本さんにお尋ねしたいのですが、利息制限法の性格、目的は債権者の保護もしくは債務者の保護というよりかは、本質的には金融上の経済秩序の確立ということにあると私は考えるのであります。その建…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第33号(1954/04/03、26期)

大体本法案に対する御意見なり論議に出尽したと思いますが、私は簡単に一、二点伺つておきたい。この法案の直接面接審理主義の効果は、またその進歩したことは、今まで非常に明らかにされておりますが、この扱い方に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第35号(1954/04/07、26期)

かつて改進党及び社会党連立の芦田、片山内閣が、いわゆる昭電疑獄事件で瓦解を来しましたことは世間周知の事実でありますが、その社会党から本刑法改正案、すなわちあつせん収賄舞の掛案がなされたことはまことに皮…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第41号(1954/04/16、26期)

時間の関係がありますから一点だけお伺いしておきたいと思います。私はいわゆる消費資金あるいは生産資金、企業資金、商業資金に共通した金融体系としての立法の一元化を主張する一人なのですが、それはしばらくお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第45号(1954/04/26、26期)

簡単に両参考人にお伺いしたいと思います。われわれは刑法を国家社会全般の立場から立法なり、解釈なりをして行かなければならぬという立場に立つておんのであります。しこうして立法の場合には、いやしくも刑法に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第48号(1954/04/30、26期)

ただいま議題となりました接収不動産に関する借地借家臨時処理法案に対する修正案の提案理由を説明いたします。ただその前に、接収不動産に関する借地借家臨時処理法案は第十六国会に提案されて引続き本国会まで継続…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第64号(1954/05/28、26期)

瀬川さんにちよつとお伺いしたいと思います。これははなはだとっぴなあれですが、「雨に濡れた欲情」という映画をごらんになりましたか。参考人各位に一言ごあいさつ申し上げます。本日は皆さん御多忙のところを長…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第67号(1954/06/02、26期)

この機会に伺いたいと思います。今質疑を承つておると、暴力主義的に個人の権益を侵略するというような町の事犯が、最近一つの社会現象として非常に目立っております。法を得た刑事難件についで捜査に熱中され為のは…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第73号(1954/09/24、26期)

せつかく法務大臣がお見えになりましたので、私は簡単に一、二点法務大臣にお伺いをしたいのであります。一つは、指揮権発動に関する検察庁法十四条と関連する問題でありますが、そのうちまず小原法務大臣の御感想…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第74号(1954/10/12、26期)

私はもつばら法律の観点から若干御質問を申し上げておきたいのです。大体事後処置としましては海難審判庁による行政上の責任問題、また検察庁による刑事上の責任問題及び民事上の賠償責任問題、この三つに法律論とし…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1954/12/03、26期)

法務行政の一問題といたしまして、最近のストライキと警察の関係を子の機会に東京証券取引所ストライキ問題を中心に承つておきたいと思います。東証ストを契機として警察官の行動が、その域を脱していわゆる人権蹂…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 26期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22