島村一郎衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言    827文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   1359文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言   2186文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第25号(1953/07/21、26期)

ただいま議題となりました一法律案及び二議決案について、大蔵委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず、相互銀行法の一部を改正する法律案について申し上げます。この法案は、相互銀行が中小企業部門に占める役割の重要性にかんがみ、その行う金融を一層円滑にして取引者の利便をはかるために、相互………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第9号(1954/02/02、26期)

ただいま議長から御報告に相なりました故衆議院議員熊本虎三君に対し院議をもつて弔詞を贈呈し、その弔詞はこれを議長に一任するの動議を提出いたします。昨二月一日、われわれは突如熊本君の計報に接し、深い驚きと悲しみに打たれたのであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員  2)  5回発言   2877文字発言
 第17回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第18回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 38)  0回発言      0文字発言
 第20回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  26期通算  78回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員 48)  5回発言   2877文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
            76回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 30 委員 46)  5回発言   2877文字発言

 労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 大蔵委員会理事(第16回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1953/06/25、26期)

ちよつと関連して。事柄は少し違うと思いますが、去る昭和二十六年だと思いましたが、京阪方面にこの委員会から派遣されたことと同様な問題であります。要は、税務署から個人なり法人なりの所得を調査に参りますと、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第12号(1953/07/01、26期)

幸いに大蔵大臣がお見えになりましたので、私は大蔵大臣の御所見を伺いたいと思います。中小企業の金融難につきましては、各委員からお聞きの通りで、いまさら、申し上げる必要ないと存じます。しかるに先般政府関係…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第17号(1953/07/08、26期)

関連して……。枚方工廠の問題につきまし、大臣の御意回を伺いたいのでありますが、この問題が小松製作所と話が始まつて、もう一年あまりになると伺つております。私ども、疑惑の種をまくというようなことは、いまだ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第20号(1953/07/11、26期)

私は、どうもこんにやくに対する知識はまつたくないのですが、両方のお話を伺つているとますますわからなくなる。まず武田君にお伺いしたいのですが、先ほどのお話のうちで、生産量が消費量を上まわつているように伺…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 大蔵委員会 第25号(1953/07/18、26期)

私どもは、食管の特別会計の財政を扱うことは、今まで何回かあつたはずです。しかも現在提案されておりますような法案の内容に接することが多いのであります。たとえて申しますれば、この法案のごときは、小学校の給…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22