島上善五郎衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  2回発言   3055文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  1回発言   1576文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   4272文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  4回発言   8903文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第14号(1953/06/29、26期)

ただいま議題となりました両法案について、内閣委員会における審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。まず皇室経済法の一部を改正する法律案について申し上げます。改正の第一点は、皇室が財産の授受をなすにつき、その都度国会の議決を要しないものとされている事項の中に、外国交際のための儀礼上の贈答にかかる場合………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第22号(1953/07/14、26期)

私は、ただいま上程になりました両法案に対して、日本社会党を代表して反対の意を表明せんとするものであります。まず最初に、外務省設置法の一部を改正する法律案に対して、簡単に反対事の理由を述べます。会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 本会議 第1号(1953/10/29、26期)

ただいま議長発議によつて上程されました第十七臨時国会の会期を七日間とする件に対しまして、私は日本社会党を代表して反対の意見を表明するものであります。(拍手)過般の西日本及び近畿地方を襲いました風水害、東北、北海道の冷害、虫害等は、御承知のようにわが国未曽有の大災害でございまして、直接被害を受けたる農………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第55号(1954/05/25、26期)

私は、日本社会党を代表して、ただいま上程になりました公職選挙法の一部を改正する法律案に対しまして、公職選挙法改正調査に関する特別委員会において修正可決されました案に反対し、政府原案に賛成の意見を開陳せんとするものであります。(拍手)学生の選挙権行使に関する住所の推定につきましては、在来、一般人と同様………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 47) 28回発言  44308文字発言
 第17回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 14)  7回発言  14084文字発言
 第18回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  6)  3回発言   4685文字発言
 第19回国会 58回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員 45) 31回発言 120091文字発言
 第20回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  5)  3回発言   1850文字発言
 第21回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  6)  3回発言   3948文字発言

  26期通算 152回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 29 委員123) 75回発言 188966文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 議院運営委員会
            55回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 55) 19回発言   7295文字発言

 労働委員会
            41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 41) 21回発言  87819文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 27 委員  5) 23回発言  52626文字発言

 内閣委員会
            19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 17) 10回発言  33008文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   5045文字発言

 水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   3173文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 内閣委員会理事(第16回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第16回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第17回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第18回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第19回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第20回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1953/07/17、26期)

私はこの三つの国際労働機構において決定しました条約の批准に関して御質問を申し上げますが、この条約の内容に関する質問の前に、私は労働大臣に対して国際労働機構に対する日本政府の考え方を、基本的な点をまずお…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1953/05/25、26期)

六月半ば過ぎということになりますと、一箇月ばかりでしよう。これでは事実上審議が困難であると思われます。そこで政府は、八月も暫定予算でということも考慮しておるかどうか、この点を伺います。―――――――…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第2号(1953/05/27、26期)

社会党も、同様設置を希望いたします。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第3号(1953/05/29、26期)

この社会党の提案した在日米軍演習場の強制使用反対決議案の問題は、期間的にも切迫しておるので、わが党は本日上程することに賛成です。それから凍霜害の金額国家補償の問題につきましては、決議案の前例は、当日…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1953/06/13、26期)

ぼくは、午前中だけ集団陳情を受けないということは不都合だと思うが、それくらいはいいとして、そう一日中集団陳情を受けないというように、神経質になる必要はないと思う。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第5号(1953/06/16、26期)

個々に入つて来るのはしかたがないですね。明日は午前十一時から本委員会を開会することにいたします。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第10号(1953/06/25、26期)

ちよつと質問しますが、内灘演習地不当接収に関する緊急質問は、自然休会に入る前からの問題です。これに対しては、わが党も、右派社会党も、同様に出しておる。しかし最終日の本会議で、改進党がこれをやり、わが党…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第13号(1953/06/30、26期)

賛成。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第19号(1953/07/11、26期)

それで大体よいと思いますが、館君に伺いたいのは、小会派クラブ代表としてやるからには、労農党としての反対意見をむき出しにするのではなくて、小会派クラブ代表として討論されるわけだと思いますが、そうでしよう…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第26号(1953/07/25、26期)

まだ未定です。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第27号(1953/07/27、26期)

この前発言をしたと思うのですが、反対討論なり賛成討論なりに小会派が一致したということは、その意見を小会派が認めたというふうに解釈して認めよう、そういう考えです。なお、討論時間は先例によつて十分、小会…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第31号(1953/07/31、26期)

委員長は今、私どもによく徹底しませんでしたが、何か宣告めいたことを言われた。これを一切取消すわけですね。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第32号(1953/08/01、26期)

きようの今までの案件は、いずれも重要な案件でございますので、私どもは、各案件ごとに記名投票をされんことを希望いたします。それでは懲罰動議の取扱いは、明後月曜日の本委員会において協議をいたしたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第36号(1953/08/07、26期)

社会党左派は全面的に反対であります。御承知のように保安庁関係は、従来内閣委員会で取扱つて参りました。私も内閣委員で、この問題を扱つて参りましたが、内閣委員会は、他の案件が多過ぎて十分に審議ができないよ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 議院運営委員会 第39号(1953/10/28、26期)

左派社会党では、前回も佐々木君から言われた通り、一箇月を要求いたします。というのは、今官房長官が認めておられたように、給与その他に関して第二次補正予算を必要としお轟状です。もとよりわれわれは災害に対し…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1953/07/01、26期)

ちよつとその前に、今委員長が報告した根本的な問題ということだけでは抽象的だから、理事会で相談されたとき、これは私はそういうふうに理解しているのですが、今までの選挙法改正は、その都度改正というきらいがあ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1953/07/08、26期)

選挙費用の現行法が実情に即しないということは、これは前回の国会で改めることについては全員一致してきまつておりました。しかし、だからといつて――今かりにということで言われたのでしようが、二百万ということ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第5号(1953/07/24、26期)

いろいろこまかいことをほじくり出すと、ずいぶん矛盾が出て来るとぼくは思うのです。たとえば、さつきの熊谷の場合でも、第二開票区だけが無効で、第一その他の開票区は有効なんだ。ところが、その他の開票区で一ぺ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第6号(1953/07/27、26期)

小委員の数は十三名とし、各派の割当は、その所属委員の比率によりまして、自由党五名、改進党、両派社会党各二名、分自党、小会派各一名、小委員長には、在来の慣例等もありますので、森委員長が当り、委員は小委員…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第7号(1953/09/21、26期)

先ほど大臣の答弁のの中で、この問題についてはほとんど異なつた意見がない、問題ないと思つた、こういうお言葉がありましたが、これはもう大臣のはなはだしい独断であつて、この通牒を発して以来、各方面で非常に問…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1953/06/26、26期)

木村長官は九州で新聞記者と会見した際に、こういうことを言つたかどうか同いたいのであります。保安庁としては最悪の場合を考慮をして、わが国の防衛計画の立案を終つたが、長期計画は困難であり、数年間で陸海空の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第5号(1953/06/27、26期)

木村長官は、新聞記者と会見をした際に防衛計画という言葉は使つてない、こういうことでしたが、しかし私どもの聞いているところによりますれば、警備計画という言葉もはつきりと使つてなかつた、こう聞いておる。し…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1953/06/29、26期)

私も、ただいまの鈴木議員の発言に賛成であります。というのは、あの日の最後に私は木村長官に質問しまして、いわゆる戦前の作戦計画のような性質のものであるがゆえに発表できないのか、その地の理由によつて発表で…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第12号(1953/07/09、26期)

ただいまの資料を提出しないということに対しては私は了承できませんが、これは追つてこの法案の審議に関連する質問の中で順々に質問を申し上げたいと存じます。最初に私は、保安隊の性格と申しますか、目的につい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第13号(1953/07/10、26期)

きようは五段見出しで大きく出ておりまするが、実はアメリカが日本に十個師団要求することは私どもとつくに知つておる、そこで知らぬ存ぜぬと言つてとぼけておればいたしかたないので、そのことを私は今あらためて聞…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第17号(1953/07/20、26期)

この改正案によりますと、各行政機関の業務に対する監察については相当権限が強化されるように思いますが、この改正案の六項に「公私の団体その他の関係者」に対する項は改正以前とまつたく同様なんです。私どもいさ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 内閣委員会 第18号(1953/07/21、26期)

私は日本社会党を代表して、この両案に対して反対をいたします。その反対の理由を簡単に申し上げます。職員定員法の一部改正は、政府の一貫した方針がないということ、それから積極性がないということであります。…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 労働委員会 第23号(1953/09/04、26期)

最初に益田参考人に二、三お尋ねしたいと思います。この争議は、私の聞き及んでいるところによりますと、当初賃金値上げの要求と夏季一時金の要求に発足した。ところが途中で会社側がかねて会社側から提案しておつた…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1953/10/29、26期)

会期の件につきましては、一週間ということには私ども昨日反対しましたが、議運の採決で敗れました。しかし一週間ということでは、どうしても納得できません。そこでわれわれは本会議において反対討論をいたします。会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1953/11/02、26期)

この各種委員のうち、中央更生保護審査会委員については、七月三十一日に任期が満了になつておる。商品取引所審議会会長及び同委員については、八月十三日に任期満了ということは、すでに前もつてわかつておることで…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1953/10/29、26期)

この際動議を提出いたします。委員長の互選は、投票を省略し、森三極二君を委員長に推薦いたしたいと思います。委員長森三樹二君に本席を譲ります。会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1953/10/31、26期)

前回九月二十一日の当委員会において、学生の選挙権に関する自治庁選挙部長の通達、すなわち昭和二十八年六月十八日付の通達に対して質疑及び論議をいたしまして、その際私どもは、学生の選挙権は当然修学地にあるべ…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1953/11/02、26期)

この問題は、九月二十一日の本委員会においてずいぶん論議されたところでありますので、私はあまり同じ議論をむし返したくありませんが、念のため三浦法制部長にお伺いしたいというのは、昭和二十一年の通達の当時に…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1953/11/06、26期)

関連質問。時間がないそうで、一つだけ質問しておきます。この行政機構改革の考え方ですが、MSAの援助受入れとどういう関係がありますか。この前の国会では実際にMSAの援助を受けるという腹をきめて内々相当交…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1953/11/07、26期)

行政機構改革についてただいま御答弁がありましたが、終戦後アメリカの占領軍の指示もしくは指導によつて膨脹した部分もあることは事実ですが、同時に日本の民主化の強い要請によつて膨脹した部分もある、こう考えら…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 議院運営委員会 第4号(1953/12/05、26期)

それまでに予算委員会は済むのですね。なお、明日は日曜で休みますが、七日の月曜日に本会議を開く、従つて、議院運営委員会も定刻に開くということにお願いをいたします。会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1953/12/04、26期)

学生、生徒、保安官、警備官の住所の認定の問題について調査のため、当委員会の決議によつて、第二班としての私は、関東地方水戸東海地方名古屋、北陸地方金沢市の各地方選管委の実情を調査して参りました。この調査…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1953/12/07、26期)

学生選挙権の問題は、実は私どもこの前の臨時国会で解決したいと考えておつた。ところが解決できずに今日に持ち越された。休会中に各地の実態を調査にまわつた結果として、各地の選管の希望でもあるし、その調査の実…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第77号(1954/09/07、26期)

これは大事なことですから、議長に念を押してお聞きしておきますが、議長が本委員会に諮問されたのは、衆議院規則第九十五条に準拠して諮問されたかどうか、これを伺います。午後二時十八分休憩会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第78号(1954/10/08、26期)

それでいいのですが、義捐金を募集している北海道新聞あるいは北海タイムスを通じてやるという形ですか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1953/12/10、26期)

この際動議を提出いたます。委員長の互選は、投票を省略て、森三樹二君を委員長に推薦いたします。本属を委員長にお譲りいたします。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第5号(1954/02/06、26期)

今度の改正案に保安官、警備官の投票に関する事項が取上げられておりますが、それに関して若干質問したいと思います。まず第一に、保安官、警備官の、特に保安官の異動が非常にはげしいのではないかと想像されますが…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第6号(1954/02/19、26期)

小委員長は、先例によりまして、委員長がこれに当られんことを望みます。なお、小委員会には、小委員のほか、委員が随時出席して御討議いただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第7号(1954/03/09、26期)

今の綱島君の質問に多少関連するわけですが、この御説明では個人は全然入つておりません。たとえば飯野海運の社長が社長個人の名義で寄付する。これで行くと会社としては寄付することができない、こういうことになる…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第8号(1954/03/17、26期)

今の飛鳥田君の質問に関連して、少しばかり質問したいと思います。義務教育諸学校にわける教育の政治的中立の確保に関する法律案の第三条に「特定の政党その他の政治的団体の政治的勢力の伸長又は減退に資する目的…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第9号(1954/04/20、26期)

これはただいま理事会で話が出たことですが、この政治資金規正法と非常に関係の深い連座制の問題も同時に参考人から意見を聞く、こういうふうにされた方がよかろうと思います。本日はこれにて散会いたします。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第10号(1954/04/28、26期)

第一にお伺いしたい点は、選挙に関してなら、もつと範囲を広くして、すべての法人にという御意見でございましたが、どなたかの説でございましたが、選挙に関して選挙権のないものが寄付をするということはおかしい、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第11号(1954/05/06、26期)

私は、ただいま提案されました公職選挙法の一部を改正する法律案(内閣提出第七五号)に対しましては、社会党を代表して反対をいたします。その理由を簡単に申しますと、教育委員の選挙が二年ごとに半数ずつ行われ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第13号(1954/05/21、26期)

鍛冶君は、この案は政府提案と結果において大したかわりがないのだという御答弁をされておりましたが、これはたいへんな違いであつて、政府原案とはまるで逆です。白と黒、天と地との違いです。それはとの大きな違い…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第20号(1954/03/26、26期)

最初に横山さんに簡単に二、三点ばかり伺います。今辻委員も言われましたように、大分遠慮がちな態度が見られます。私どもは今の本島さんの発言、あなたの発言からみましても、今回の事件は、直接被害を受けた第五福…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第1号(1953/12/11、26期)

前々臨時国会の本委員会において木村長官は保安隊の急増は考えていない、こういう答弁をされたことは私どもの記憶に新たなるところであります。ところがまだ研究中だとただいまも答弁がありましたので、どうせ具体的…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第7号(1954/02/24、26期)

関連して……。その御答弁の通りであれば、まことにけつこうですが、今度の行政機構改革の中では、労働基準監督署を地方に委譲する、あるいは移管するという問題が取上げられておると思う。私どもの考えをもつてする…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第17号(1954/04/09、26期)

重要な馘首の理由になつております三三列車の遅延の事実について、大分食い違いがあるようですから、これをお伺いしたいと思います。先ほどの組合側、当局側のそれぞれの証言にもありましたし、また両者から提出さ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第22号(1954/05/12、26期)

こまかい改正問題に今入つたわけですから、私としてはこまかい改正問題をやつて、そのあとでもいいのです。私は基準行政問題について、少し質問したいと思うのです。それではそのように御了承願います。島上善五郎…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第23号(1954/05/14、26期)

関連して御質問申し上げますが、昨日御質問した際に、本省では、この調査にあたつて三分の一を動員する、こういう指示を与えた。ところが地方の基準局においては、監督署に対して二分の一という指示をはつきりと文書…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第24号(1954/05/19、26期)

参考人にちよつと伺いたいのですが、ロケーシヨン等で、深夜でなければ絶対できないという場合が、非常に多いものかどうか。きわめてまれで、その他は深夜でなくてもやれるものかどうかを承りたい。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第26号(1954/05/25、26期)

関連して。これは十時開会が十一時二十分になつておりますし、きよう午後から本会議がありますから、議事進行ならけつこうでありますけれども、そういうようなことでやつていると、議事不進行になつてしまうのです。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第31号(1954/07/28、26期)

どうもさつきからの労働省当局の御答弁は、何か非常に遠慮したような答え方で、私ども非常に不満なんです。この争議は内外に大きく問題にされておりますように、今日の日本における争議としては、まつたく異例のケー…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第32号(1954/07/29、26期)

私も簡単に二、三質問します。先ほど参考人の証言にも、言葉がよく通じなかつたり、意思の疏通が不十分であるというきらいがないでもないという言葉がありましたが、フランス人は、もちろんフランスの法律や労使関係…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第34号(1954/07/31、26期)

せんだつて各工場からかなり具体的に伺いましたが、多少伺つておきたい点がありますので伺います。信書の開封で、信書の開封を現にされたという証言がございましたが、そのほかにさらに寮母の前で、来た手紙を読ま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第38号(1954/10/04、26期)

それでは労働大臣に対する質問はあとにしまして―もちろん関連して労働大臣の考えも伺いますが、主として藤井公安調査庁長官に対して御質問したいと思います。長官は本日午前の内閣委員会において秋季労働攻勢につ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第39号(1954/10/05、26期)

きのう労働大臣に、いわゆる新労働政策について伺いましたが、まだ納得が行かぬ点がありますので、それについて若干伺つておきたいと思います。新労働基本政策――新というのをあえてうたつております。一体この基本…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第40号(1954/10/06、26期)

参考人の方々に少し伺いたいと思います。こういう問題が国会へ持ち出されたのははなはだ意外であると、山本参考人はそういうことを言つておりましたが、私どもは、長野県の松本市という、いわば小都市における小さな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第41号(1954/10/07、26期)

時間がないそうですから、簡単に日鋼室蘭の争議の二とに関して伺いますが、遂に昨日相当多数の負傷者を出すに至り、しかもこれは警察官がピケット・ラインを排除する際に、排除しようとしてそこにおつた者をなぐつた…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第42号(1954/11/15、26期)

理事会において、質問は十八日ということで申合せをしておりますので、私は本日質問しようとは思いませんけれども、しかし本日大臣の説明を聞きつぱなしで質問をしないということは、暗黙のうちに何か了承を与えたよ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第43号(1954/11/16、26期)

国会で証言したことが、実質的な解雇の理由になつておるとすれば、これは非常に重大な問題だと思います。そこで私は牛島参考人にお伺いしたいのですが、三月三日当委員会で証言しました後、今度の問題が発生する十月…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第44号(1954/11/17、26期)

それでは簡単にお伺いいたしますが、次官通牒に対する質問は別といたしまして、私どもも、もちろんピケツト・ラインで暴力があつてもいいということを肯定しておるわけではない。しかしながら、ピケツト・ラインは、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第45号(1954/11/18、26期)

さつき委員長は十二時までと言いましたが、基準局長も見えてないし……。それから、たしかこれは昭和二十六年だつたと思いますが、業務規程あるいは給与規則の改訂の際に、従業員の代表がこれに捺印しなければなら…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第46号(1954/11/19、26期)

異議はありませんが、都合によるじや困る。もつと明確な理由はございませんか。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1954/12/02、26期)

委員長の互選につきましては、投票の手続を用いずに、森三樹二君を推薦したいと思います。右の動議を提出いたします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1954/12/03、26期)

これは、きのうの小委員会で綱島先生がおいでになつて、大体御了解いただいたかと思つておりましたが、私もあまり議論したくありませんが、船に乗つて島を歩かれる人にはあまり痛感されないでしようけれども、都会地…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1954/12/04、26期)

これは少し不明確なんですよ。というのは、今度の改正によつて、個人演説会場へマイクを一そろえ備えつけることができる、こう認められている。ですから、今言つたように、単に屋内であつて、そこに三人か五人の聴衆…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1955/01/21、26期)

この際、私小委員長として御報告申し上げます。地方公共団体の議会の議員及び長の選挙期日についての法律案の起草に関して、小委員会における審議の経過及び結果を簡単に御報告いたします。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 労働委員会 第2号(1954/12/16、26期)

私は一点だけ伺つて、他の問題は留保しておきます。日雇い労務者の年末手当のことであります。昨年度吉田内閣当時に、政府からC級の五日分を出したことは御承知の通りだと思います。ところで私どもが日雇い労働者の…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 労働委員会 第3号(1954/12/17、26期)

少しまぎらわしい点があるので、はつきりしておきたいのですが、一・二五を保証するということは、一・二五は大丈夫だ、こういう意味だと思うのです。なるべくそこへ持つて行くという意味ではない、一・二五は大丈夫…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書

質問主意書提出数

 26期(1953/04/19〜)  1本提出

質問主意書一覧

駐留軍及び保安隊演習地接収に関する質問主意書
第16回国会 衆議院 質問主意書 第6号(1953/06/03提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22