並木芳雄衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  3回発言  10908文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  2回発言   6565文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  2回発言  13436文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  7回発言  30909文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第17号(1953/07/04、26期)

ただいま岡崎外務大臣から報告を受けたのでありますが、私どもが聞かんとする核心に触れておりませんので、私はごく簡単に要約して、改進党を代表しての質問をいたしたいと思います。ただいまの報告によりますと、政府は来週中にもMSA交渉を開始するということであります。しかし、すでに五月二十四日にアメリカに対し質………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第30号(1953/07/28、26期)

ただいま議題となりました、日華平和条約附属議定書第二項の有効期間の延長に関する議定書の締結について承認を求めるの件に関し、外務委員会における審議の経過並びに結果について報告申し上げます。木協定の目的は、わが国と中華民国との問の通商航海に関する日華平和条約附属議定書の暫定とりきめ存続の期間を延長しよう………会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 本会議 第37号(1953/08/06、26期)

私は、ただいま岡崎外務大臣からMSA交渉の経過を承りまして、改進党を代表して、ごく簡単に二、三の質問をいたしたいと存じます。率直に申しまして、先般来政府がMSA交渉にあたつてとりました態度は、私どもが秘密外交という点を強くついて来たためでございましよう、割にこのたびは経過の報告などにおいて率直な態度………会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 本会議 第6号(1953/11/03、26期)

私は、ただいま社会党左派の討論を聞いておりまして、こんな、だれでも、赤ん坊でもわかるような、当然賛成すべき本議案に対して反対の討論をしたので、(「がつかりした」と呼ぶ者あり)がつかりしたというよりも、あきれてしまつたのであります。討論する気持はなかつたのでありますが、今の討論を聞いておりますと、知ら………会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 本会議 第9号(1953/11/07、26期)

私は、ただいま外務大臣から報告を受けたのでありますが、一向に要領を得ない報告でありますので、改進党を代表して、吉田首相に対し質問を行いたいと思うものであります。今回の池田・ロバートソン会談については、はなはだ明瞭を欠くものがあります。MSA交渉は、八月以来正式の会談に入つております。その間、もしアメ………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第31号(1954/03/31、26期)

私は、改進党を代表して本案に養成の意を表明するものでありますが、政府の太鼓をたたくわけではございません。また、与党たる自由党とはおのずから立場を異にするものでございます。それとともに、反対論者の討論を聞いておりますと、幾多の誇張、誤解、のみならず事実の歪曲さえうかがわれますので、私は、何がゆえに改進………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第48号(1954/05/13、26期)

私は、改進党を代表して、本法案に反対の討論をいたしたいと思います。わが改進党はMSA本協定に賛成しておりますので、その第三条で約束した秘密保持について何らかの措置をとることに異存はありません。従つて、できれば本法案を成立させたいものと思い、建設的に審議をして参つたのでありますが、結果は、遺憾ながらど………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 31 委員  5) 35回発言 114104文字発言
 第17回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  1)  5回発言  17272文字発言
 第18回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  2回発言   6827文字発言
 第19回国会123回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 55 委員 68) 74回発言 261902文字発言
 第20回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  3回発言   2636文字発言
 第21回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  4)  5回発言  15222文字発言

  26期通算 177回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 96 委員 81)124回発言 417963文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            99回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 96 委員  3) 89回発言 358113文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16) 10回発言  18210文字発言

 労働委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 14)  8回発言  14850文字発言

 農林委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言    940文字発言

 内閣委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  2回発言   1098文字発言

 運輸委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言

 人事委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  2回発言   5154文字発言

 決算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  3回発言   5178文字発言

 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言   6413文字発言

 法務委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   1781文字発言

 厚生委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   3614文字発言

 水産委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言    817文字発言

 地方行政委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 郵政委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   1795文字発言

 議院運営委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第16回国会)
 外務委員会理事(第17回国会)
 外務委員会理事(第18回国会)
 外務委員会理事(第19回国会)
 外務委員会理事(第20回国会)
 外務委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1953/05/27、26期)

私は最近問題になつておりますMSA援助の件について質問いたしたいと思います。昨日改定一九五一年相互安全保障法という記録を欧米局第一課からもらいました。大体これについて検討してみたのでございますが、これ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1953/05/29、26期)

昨日いただいた一九五三年相互安全保障法案と前年度とを対比してみたのでありますけれども、時間が十分ないためによく調べることができません。そこでお伺いしたいのですが、今度の改正法案によつて日本が適用を受け…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1953/06/17、26期)

万国郵便条約について一点だけ質問しておきたいと思います。それは最近外国郵便の料金が下るというようなことを聞いたのですけれども、その点どうなつておるか。もし下るとすれば、いつから実施されて、幾らになるの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1953/06/20、26期)

MSAについてお尋ねをしたい。それは、最近反対論の中に、MSAの援助を受けると、海外派兵をしいられるおそれがあるというのがあります。私はそういうことはないという自分の結論を持つておるのですけれども、そ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1953/06/24、26期)

次々と航空協定ができて行くことはまことにけつこうであります。そこで当局に伺いたいのでありますが、二十八年度、すなわち本年度中における外国航空網の開設の計画を説明願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1953/06/26、26期)

速記録に載せるために全文読んでもらいたい。読みつ御説明してもらいたい。(1)相互安全保障計画によるアメリカ合衆国の諸外国への援助の基本目的は、自由世界の安全を維持し、かつ、増進することにありと承知す…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1953/06/27、26期)

MSAの問題について質問いたします。けさほどの大臣の答弁でも大体MSA援助を受けたいという意思表示のようでございます。ですから大臣としてはMSAの援助を受けてこれをどういうふうに活用して行こう、そうい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1953/07/01、26期)

MSAの問題で質問いたします。私の方の改進党としては昨日MSAに関する第一回の幹事長談話というものを発表いたしました。その中で正直に自衛軍創設を言つている改進党としては、MSAに関する限り、さほど困難…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1953/07/04、26期)

在外公館ですけれども、大韓民国とフィリピンについてはどういうふうになつておりますか。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1953/07/08、26期)

大臣のただいまの御報告がありましたマヌス島のことについて内地送還のことについて二、三お尋ねをしておきます。私ども待望の内地送還ができましたことは、まことに欣快の至りでございます。ところで大臣けさ濠州大…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1953/07/10、26期)

議事進行。委員長の発言の中にあるいはという言葉があつたから、それはいけない。あるいはじやなくて、ほかの部屋で待つていただいてもいいから、午後われわれ委員の質問が始まつたら必ず出席されますと委員長がおつ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1953/07/13、26期)

議事進行。今お話を聞いていますと、大蔵省関係が出て来ますから、午後のわれわれの質問のときに大蔵省の担当官をここへ来てもらうように、委員長のおとりはからいを願いたい。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1953/07/15、26期)

たいへんにいい習慣がついたと思うのです。非常にけつこうです。そこで今度外務委員会が開かれる都度、このMSA交渉についての経過の報告、並びに必要ならばわれわれのそれに対する質疑というものを必ずされるよう…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1953/07/17、26期)

私は、この前条約局長にお尋ねした点について質問をしたい。それは朝鮮の俘虞の取扱いの問題であります。あの質問をいたしましたときに、局長は、大韓民国の軍隊が国際連合軍の支配下に置かれておるかどうかというこ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1953/07/18、26期)

MSAの問題ですが、岡崎大臣のあいさつの中に、「この交渉にたずさわることは私の欣快とするところであります。と申しますのは交渉の前提となる部面において既に意見の一致をみているからであります。」こういうこ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1953/07/21、26期)

私は沈船の所属権につきまして、まだ釈然といたしませんので質問してみたいと思うのです。フイリピンの沈船の所属につきましては、平和条約がまだ批准されておらないのですから、平和条約は適用されないだろうと思う…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1953/07/22、26期)

次官にひとつ私質問しておきたいのですが、行政協定に関係することで、駐留米軍の労務基本契約について日本政府と先方との間で交渉が行われて来たはずであります。残念ながら私どもそれについて関知しておりません。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1953/07/25、26期)

昨日の交渉でMSA五百十一条(a)の条件、一から六までというものは、今度の協定に含まれるようになつたかどうかお伺いいたします。なお並木さんが前にお聞きになりまして、戸叶さんも先日御質問になりまして、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第20号(1953/07/27、26期)

関次長に伺いますが、板付の飛行場は、約一箇月くらい前に私が質問したときに、この返還を交渉中であるという答弁を得ております。たしかに運輸省の航空の方でやつておられるかと思います。しかしこれは、当然国際協…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1953/07/28、26期)

ただいま植村さんのお話を承つておりましても、ぜひ政府委員が出席してもらいたいと思います。政府が先般答弁した点と違う点もございますから、外務次官、政務次官でも経済局長でもけつこうです、至急出ていただきた…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1953/07/29、26期)

大臣にお尋ねします。先ほど川上委員の質問にあつたのですが、第七条の第二項の制限業種、これは「限度を定める権利を留保する。」となつております。ですから限度を定める権利を留保するのでありますから、日本が限…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第23号(1953/07/30、26期)

大臣に朝鮮休戦調印に関して二つの点を質問しておきたいと思います。その一つは、アメリカでは朝鮮動乱に関して日本が貢献したことに対して感謝をしております。そして今度の政治会談には日本から代表またはオブザー…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1953/07/31、26期)

伊関局長にお尋ねいたします。朝鮮の休戦調印をしてから今日まで、もうかなり日数がたちましたが、その間局長の所管事務の上でいろいろ変化があつただろうと思います。これは大きな特色でけつこうですから、朝鮮休戦…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1953/08/01、26期)

MSAと朝鮮問題について簡単に質問をいたします。第一は、朝鮮におけるアメリカ軍の細菌戦の調査ということについて、日本も国連に協力をすることを承諾しておるという外電が入つて来ております。これはどういうこ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第26号(1953/08/04、26期)

第二次世界大戦の影響を受けた工業所有権の保護に関する協定について一点質問をいたしたいと思います。この協定が締結されますと、先方からどういう種類の工業所有権の申請が見込まれますか。それをお伺いしたいと思…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第27号(1953/08/05、26期)

もう時間もありませんから、一つだけ局長にお尋ねしたいのです。それは関根と岩木山の演習地の問題、青森県の中にこんな大きな演習地を二つもとらなくてもよさそうなものですが、どうしてそんなに必要なのでしようか…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第28号(1953/08/07、26期)

福島さんにお尋ねいたしますが、大体戸叶さんが私が聞きたいことを聞いてくれました。そこでストライキの点でありますが、先ほど長官は、現在の段階ではストライキをやることは、必ずしも組合の有利にならない、場合…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第29号(1953/09/04、26期)

私先ほど岡崎大臣の報告と、その後の答弁を聞いておつたのですけれども、率直に言つて、この一箇月間にかくも急激な変化を来したという感じを抱いて、唖然としたわけであります。閉会に入つてようやく一箇月でござい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第30号(1953/09/17、26期)

この前私は岡崎外務大臣にやや攻撃的な口調になつたために、大臣も少し恐れをなして腹を割つた答弁がなかつたのです。実はあのときもう少し時間がたつぷりあれば、どういうわけで一箇月そこそこで政府が保安隊を増員…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第31号(1953/10/19、26期)

さつき委員長のあいさつを聞いておりましたら、委員長は与党委員長として祝辞のようなあいさつをされたのでびつくりしたのです。われわれ委員は何も大臣が東南アジアに行つたことを公式に聞いておりません。ですから…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 外務委員会 第32号(1953/10/28、26期)

先ほどからの論議を聞いておりますと、ようやく今の佐々木委員の質疑応答でやや焦点が合つて来たように感じます。そこで今のは海上保安庁の警備船でございまして、さつき木村保安庁長官は、出動は考えておるけれども…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1953/07/01、26期)

今の問題は研究していてもいいと思うのです。当然問題になることですから……。特に東京都のごときは、前から人口がふえているので定員をふやせという要望が出ております。また全国的に見ましても、あの案では五百五…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1953/07/08、26期)

きようは官房長官を要求しておいたのですけれども、姿を現わしておらないのですが、どうしたんでしようか。なお、先ほど大村さんから御発言がありました文書による承諾の件につきまして統計を御要求なさつておりま…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第6号(1953/07/27、26期)

ちよつと質問したいのですが、今の条文の中で、当該再選挙の行われる区域、選挙運動の期間等に応じて何を政令で特別の定めをすることができるのか、何をというのがはつきりしないようでございますが、いかがでしよう…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第7号(1953/09/21、26期)

私は、自治庁から出ましたこの通達をきよういただいて、今拝見したのですけれども、先般来新聞ラジオその他の報道で、私たちは、いかにこの問題が波紋を投げておるかということを承知しております。それで私は、その…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1953/10/31、26期)

ただいま大臣から提案理由の説明をお聞きいたしました。ところがまず私どもに不審に思われますのは、日米間の安保条約に基いて行政協定ができておつて、その行政協定は国会の承認を得ることを必要としないとの政府の…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1953/11/02、26期)

一昨日質問をした中で答弁の残つておるのがありますから、それをまずお尋ねいたします。それは国際連合加盟についてのその後のいきさつであります。ガットなんかの場合には仮加入という制度もありますので、何らかの…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1953/11/04、26期)

私は前田次官に保安隊のことにつき、士屋局長に池田・ロバートソン会談に関してのMSA問題について質問したいと思います。まず保安次官にお尋ねしたいことは、昨日の予算委員会における問答で、保安隊が軍隊でな…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1953/11/07、26期)

それについて、海上警備隊のフリゲート艦を出動することに政府ではきめたというような報道が、昨日だつたと思うのですが、あるのです。当然きめていいわけですけれども、外務次官はその点関知しているはずであります…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1953/10/31、26期)

鍛冶さん、それは少しいきり立つておるようだけれども、この委員会は大体超覚派で、実際穏やかに結論を出しておるわけなんで、実際ぼくはこの間現場にいて、多少あのやり方に無理があつたということは、これは率直に…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1953/12/03、26期)

池田特使は日本の財政経済を了承してもらうためにと言われました。しかしあのときはちようどMSAの交渉が進行中でして、九月の末には調印に至る、こういうふうに外務大臣も言つておる最中だつたのです。それで私は…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1953/12/07、26期)

ガツトの機構自体に対する再検討の声が各国にぼつぼつ起つておるようであります。そこでお尋ねいたしますが一九四七年にガツトができてた当時のいきさつと今日の状況がどういうふうな変化を生じておるか。今日ガツト…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第15号(1954/09/07、26期)

それでは、私今の趣旨に浴つて簡潔にやります。今まで数回にわたつて政府が国会に提出された資料があると思いますが、未帰還者の数字をこの際あらためてあげていただいて、そのトータルと比較していただきたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第17号(1954/10/30、26期)

ただいままで報告を承りましたが、私、それに関連して、政府当局にこの際、李徳全女史が間もなく日本に着きますので、これに対する態度、方針というものをはつきり承つておきたいと思います。李徳全女史の来日につ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1953/12/11、26期)

私は先般来外務大臣にぜひお尋ねしてみようと思つておつたのでありますが、なかなかその機を得なかつたのです。本日その機会を得ましたので、ニクソン副大統領の演説に関連して質問をしてみたいと思います。それは…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1953/12/15、26期)

議事進行について。三宅さんしか政府委員が出ておらないのですけれども、外務大臣が出られないならば政務次官、それから国際協力局長か次長の国際協力関係、できればまた大蔵省関係政府委員を呼んでもらうようにお願…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1954/02/01、26期)

私は先日外務大臣の施政方針演説を聞きましたが、大体において事務官の事務的経過報告の域を出なかつたと思うのです。ただそのうちで一つ気にかかる発言がありました。それは国連協力の線において日本が集団安全保障…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1954/02/03、26期)

議事に入る前に、それとも関連するのですけれども、ごく最近起りましたソ連代表部の書記官ラストボロフ氏の失跡事件というものは、日本の主権にも非常に関係があり、当外務委員会としても放置できない問題であります…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1954/02/06、26期)

賠償につきましては、先日の外務大臣演説においてもまことに遅々として進んでおらないことを感じました。今日インドネシアとの間の沈船引揚げに関する中間賠償協定を見ましても、どうも全面的な賠償の問題と取組んで…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1954/02/10、26期)

当時引揚げた世帯数とそれから人数を伺いたい。百三十五名の混血児をある事情で向うの許可があつたから島へ帰したということでありますが、この国籍はたしか日本の国籍を持つておる。これは明らかに日本人であり、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1954/02/13、26期)

インドネシアとの沈船協定の問題でありますが、十一日付のジヤカルタのUP外電によりますと、サストロアミジヨヨ・インドネシア首相は大分御不満のようであります。外務次官もごらんになつたでありましようが、「東…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1954/02/17、26期)

改進党としても異議はございません。これを契機として、次に来るべきアサハン開発、その他順次賠償の実施条項に入つて、円満にかつすみやかに賠償問題が解決せられるよう政府に希望を申し添えて賛成の意を表します。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1954/02/20、26期)

これに対する質問は、いずれ後日いたしたいと思いますが、これに関連して一点だけ政府当局に聞いておきたいことがございます。それは日本と濠州との間のアラフラ海真珠貝の採取に関する紛争問題でありますが、この手…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第10号(1954/02/24、26期)

ただいま日本に来ております国際官公労のボーレ書記長の記者団会見における談話を見ますと、国会に上程中の教員の政治活動の制限に関する二つの法案は、ILO憲章に違反しておるものである、こういうことを言ってお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1954/02/27、26期)

議事進行。委員長にお願いをいたします。きょうは重要な案件についての審議でございますが、外務大臣も当該所管の伊関局長も見えておりません。そこでわれわれが後ほど質問する関係もございますので、至急大臣及び伊…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1954/03/10、26期)

改進党も賛成です。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1954/03/12、26期)

ただいま穂積委員の議事進行に関する発言を聞いておりましたところ、その内容はまことに独善独断であります。正当の手続をふんで国会に提案をされて、議長がこれを受理して、わが外務委員会に付託を受けたものであつ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1954/03/13、26期)

私は一点だけ質問しておきたいと思うのです。それはこの郵便為替の利用状況について、それから為替の申請に要する手続、条件、それから来年度の外貨の予算、電報為替との関係、それからアメリカ以外の国とどういうふ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第17号(1954/03/15、26期)

私は、第八条の義務についてまずお尋ねをいたします。一昨日の私どもの喜多委員の質問の中に、第八条の義務の中の人力という言葉について触れておりまして、これについて大臣から御説明がありましたけれども、やは…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1954/03/16、26期)

先ほどお許しを得まして、ごく簡単に緊急質問をやらせていたたきたいと思います。一つはフイリピンに対する賠償の問題であります。きようの外電ではガルシア・フィリピン外相がフイリピン議会における言明として、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1954/03/18、26期)

私はビキニの問題で法律上の見地から質問をいたしたいと思います。それは今度の原子力の実験の危険区域内でああいう事故を起したということを前提として、もしそういう場合には、この前私の質問に対して岡崎外務大臣…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1954/03/20、26期)

私は大臣に一問だけ要望的に質問をしておきたいと思います。外国からの報道によりますと、ビキニの水爆の第三回の実験が近くあるそうであります。その水爆がすでにマーシヤル群島のエニウエトクですかに運ばれて、あ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第22号(1954/03/22、26期)

第五福竜丸の処理については外務省はどうお考えですか。アメリカの方の横須賀海軍基地へこれをまわして保護してもらうということをやらないならば、第五福竜丸は現状通りですか。現状通りではあぶなくてしようがない…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第23号(1954/03/23、26期)

議事進行について。本日の外務委員会はこのままおそらく審議をやらないと思いますが、あしたからあとのMSAに関する審議の予定は大体どうなつておりますか、この際委員長にお尋ねしておきます。本日はこれをもつ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第24号(1954/03/24、26期)

委員長は秘密保護法案について与党に質問を許しましたから、私もそれに関して一問だけ質問しますが、今の答弁で検閲を全然やらないということになれば、秘密を漏らしているかどうかということはどういうふうに調査し…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第25号(1954/03/25、26期)

私はMSAの協定を結んでその援助を受けるようになつたら、今後の日本の防衛力をどういうふうに持つて行くか、主として協定締結後の日本の国のあり方について、この際吉田総理大臣の代理としての副総理に御質問申し…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第27号(1954/03/27、26期)

この八条には「人力、資源、施設」とありまして、「資源」という文字が使つてございます。ところが第一条には「装備、資材、役務」といつて、「資材」という文字が使つてございますが、この違いがあるのかないのか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第31号(1954/04/05、26期)

国際砂糖協定は、輸入国のためというよりも砂糖を輸出する国のために主として重点が置かれてとりきめをされておるように読みましたけれども、その通りと了解してよろしゆうございますか。砂糖の消費量に関しまして…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第34号(1954/04/14、26期)

私の方の党はMSAの協定に賛成しております関係上、この秘密保護法についても好意的に検討して参つたのであります。しかし今までのところどうも疑問が多いのでありまして、にわかに賛成できない節がございます。そ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第36号(1954/04/16、26期)

ただいま安い教授から明快なる見解の表明がありまして傾聴した次第でございます。それについて二、三お伺いをしておきたいと思います。その第一は、先般岡崎外務大臣は、安井教授の御見解によればかくも明快な国際…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第37号(1954/04/20、26期)

私は国連軍がどうして日本に支持されなければならないかということについて常々疑問を持つているのでございます。どういうわけで、陸軍にしても、海軍にしても、空軍にしても、日本を選ぶのか。そこで最近統一司令部…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第38号(1954/04/21、26期)

私はこの際岡崎外務大臣に対して、フイリピンとの賠償協定に関しての緊急質問をいたしたいと思います。それと申しますのは、今度こそはフイリピンとの賠償も円滑に行くものと期待しておりました私どもにとつて、きの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第39号(1954/04/22、26期)

改進党も賛成であります。私どもはこの条約は日カの通商または投資の問題をすべて解決するのに非常に不十分なものだと考えます。今まで非常に不当な不利な立場におりましたものを、当然の関係にやや回復しただけで…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第40号(1954/04/24、26期)

先ほどの御意見の中に、この秘密保護法というものをつくつておかないと、アメリカから十分の新鋭兵器が来ないのではないかという心配をされたお言葉かございました。私たちはMSAには賛成の立場でございますので、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第41号(1954/04/26、26期)

この前大臣にお尋ねをいたしましたときに岡崎大臣は、しばらく事態を静観したいという答弁でございましたので、私どもも一応日比賠償交渉については、大臣の答弁を了としておつたのでございます。しかるにその翌日か…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第42号(1954/04/27、26期)

昨日私から予備的に提案をいたしておきました秘密保護法案に対する修正案に関して、ただいま改進党の政策委員会の審議が終つたのでございます。その結果は昨日の私の修正案よりさらに飛躍をして、結論を申しますと、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第43号(1954/04/28、26期)

フィリピンの賠償について緊急質問をいたします。私は大臣に一昨日とその前と二回にわたつて質問をいたしました。その都度大臣としては、見通しとしては苦しいながらも何とか打開の道が開かれるであろうということで…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第44号(1954/04/30、26期)

私は、日米相互防衛援助協定等に伴う祕密保護法案につきまして、この前の委員会で、改進党はおそらくこういうふうにきまるであろうという態度について、政府に予告をしておいたのでございます。そうして、もしそうい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第45号(1954/05/06、26期)

ガリオアの問題ですが、大臣の、先ほどの御説明によると、確かに心理状態において変化を来しておるということを認めたのです。最初確かに、これは債務ではない、大臣自身債務ではないというつもりで、そういう心理の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第46号(1954/05/07、26期)

日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法案につきまして、最後の質問をいたしたいと思います。MSAは五月一日に効力を発生したのでございます。それで保安庁として第一に何を着手されましたでしようか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第48号(1954/05/12、26期)

私は改進党を代表して、本法案に反対の討論をいたします。(拍手)…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第49号(1954/05/13、26期)

私の質問は福田委員の質問と同じですからありません。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第51号(1954/05/17、26期)

関連。私もこれはぜひ確かめたいと思つておつた重要事項なのです。今のは非公式なレセプシヨンでの問答ですから、そのことについては深くとがめようとは思いませんけれども、向うで了解しておることが、この文字で表…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第52号(1954/05/18、26期)

私は大体昨日質問をいたしまして要を得たつもりでありますが、なおその後政府の答弁を聞いておりますと、納得の行かない点が若干ありますので、きようその点について質聞いたしたいと思います。まず第一は秘密の問…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第53号(1954/05/21、26期)

船会社に私いたものです。から、その手続をよく知つておるのですが、今のお答えの中で、食糧庁へBLが行つてしまうということでは間が一つ抜けておるのじやないですか。向うの輸出業者から輸入業転にBLが来るので…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第54号(1954/05/22、26期)

関連して。大臣はそういう趣旨で言われたかもしれませんけれども、私たちはその受取り方を異にしております。これは二つのことがあげられてある。「なお米国議会は、米国民の犠牲において日本の救済及び復興のため、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第55号(1954/05/26、26期)

私けさ出がけにちよつと新聞を読んで来たのでありますが、中村何がしという一家がどこかの港に帰つて来たのだけれども、入国の許可証がないとかいうような理由で、上陸をすることができないで困つておるということだ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第56号(1954/05/29、26期)

私はアラフラ海の真珠貝採取に関する日濠間の暫定とりきめの点についてお尋ねをいたします。報道によりますと、三十一日調印の運びになつたとのことでありますが、その通りでございますか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第57号(1954/06/03、26期)

あしたから議会が閉会になりますので、今後継続して問題になつておる点について二、三アジア局長に私は質問をしたいのであります。第一は日韓会談に伴う問題でありますが、李承晩ラインの問題、それからひいて竹島の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第58号(1954/09/14、26期)

吉田総理は十九国会を通じて外務委員会に一度も出席がなかつたのであります。しかし今までのところ、私どもも副総理、また所管の岡崎外務大臣がいるのですから、それでどううやらがまんをして参りました。しかし今度…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第59号(1954/09/15、26期)

大臣が来ましたからさつそく大臣に質問をいたします。実は駐留米軍の労務者が一部ストライキに入つております。これは私は非常に重要な問題だと思つて、今後主として政府にこういうふうにやつてもらいたいという要望…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 外務委員会 第60号(1954/09/16、26期)

私は安藤国務大臣にビキニの問題について質問をいたしたいと思います。あの大きな被害を受けましたビキニの水爆実験の被害補償の請求については、安藤さんが担当されておると聞いておりますが、最近どうなつておりま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第43号(1954/08/23、26期)

私は改進党を代表して、ただいま委員長から提案になりました輸入病変米に関する件についての決議案に賛成の意を表明いたします。この決算委員会がいち早くこの問題を取上げて今日まで審議して来たのであります。け…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第58号(1954/11/29、26期)

ちよつと質問しておきたいと思います。過去にさかのぼつて、この前召喚をしたときに出られなかつた理由、それに当るかどうかということについては他の委員からまた質問があろうと思いますので、私はあしたから始ま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1954/01/30、26期)

内容に入る前に、私は、根本的なことについて二、三点だけ質問してみたいと思います。その一つは、奄美大島の復帰に関連して定員が一名増加いたしました。私どもの通念としては、衆議院四百六十六名というものは動か…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第6号(1954/02/19、26期)

私は、ただいまの動議にも関係ございますが、この際、公職選挙法について、三浦部長に国会の立場から権威ある答弁を求めたいと思うのです。それは、現在問題として取上げられておりますいわゆる造船問題、造船疑獄と…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第11号(1954/05/06、26期)

改進党も賛成でございますが、反対の討論を聞いておりますと、費用の点だけが理由のようでありますが、そうだとすれば、われわれとしても納得が行きません。しかし、教育委員のような重要な委員においては、広く人材…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第12号(1954/05/20、26期)

まず委員長にお尋ねします炉、私どもはきのうから吉田総理の出席を要求しておつたのでありますが、首相がどうしても都合が悪い場合には、緒方副総裁でもやむを得ないということで譲歩しておいたのですが、いまだに緒…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第13号(1954/05/21、26期)

関連して。今の島上君の発言が事実だとすれば、私は政府としては非常な食言であると思う。私たちがほんとうにまじめな討議をやつている最中に、われわれの質問に対して間違つた答えをしたとなれば、私は許すことがで…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第59号(1954/08/13、26期)

私の要求しているのは大臣の答弁ではだめなんで、これは楠本部長の専門的なかつ責任ある答弁を求めます。それと申しますのは、本年度の予算で原子力研究、原子炉の問題その他のことが可決をされて、先般来原子核の研…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 厚生委員会 第61号(1954/10/02、26期)

先ほどの有田委員の質問に関連して一言だけお尋ねしたいのですが、北方から来た灰らしいということを言われたのですけれども、これに対して政府は今後どういうふうにして確かめますか。ほつておくのですか、何らかの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 人事委員会 第28号(1954/08/19、26期)

私は先ほど来大臣の答弁を聞いていますと、言葉はやわらかいのですけれども、その言葉の裏に隠されたとげと申しますか、衣の下によろいを着ているというか、大達文部大臣としてはもうまだるつこくてしようがない、実…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 水産委員会 第36号(1954/08/23、26期)

ただいまの御発言まことに適切であると思います。そのようにとりはからつていただきたいと思います。それで私この際一言だけ政府にお尋ねしておきたいのですが、政府のこの問題に対する立場、態度、方針はまことに微…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 大蔵委員会 第72号(1954/09/11、26期)

ちよつと関連で一言。ただいまの久保田さんの御質問は私は非常に重大な問題だと思うのです。この問題は米軍の撤退に伴つて今後各地でひんぴんと惹起して来る可能性があります。そこで私は先般来、当局としてもこの判…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 内閣委員会 第45号(1954/10/06、26期)

議事進行。先日来内閣委員会としては、反民主主義活動対策協議会設置に関して緒方副総理に出席を求めてさらに追究することになつておつたのですが、この前も出て来ないしきようも出て来ない。これは一体どうしたこと…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第64号(1954/08/12、26期)

大臣に黄変米のことで質問しておきたいと思うのです。それは先ほどお伺いしておりまして、ただ黄色くなつた米だけでなく、見わけがわからないということになりますと、今までの外米全部というものに対して国民が非常…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 農林委員会 第66号(1954/08/31、26期)

病変米のことでお尋ねしたいのですが、それはきのうの報道によりますと、タイから日本の政府に抗議が申し込まれたとのことであります。前谷食糧庁長官御存じだと思いますが、その抗議の内容は、大体黄変菌などという…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 郵政委員会 第28号(1954/09/03、26期)

次官の初答弁を求めたいと思います。元をただせば一つかまの飯を食つた間柄でありますから、私から質問をさせていただきたいと思います。最近電話公債の偽造という事件が持ち上つております。これはやはり吉田内閣多…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第31号(1954/07/28、26期)

議事進行についてちよつと発言させていただきます。ただいまの近江絹糸の場合、従業員の方々と承りました。もちろんそれに対しては私ども異議のあろうはずはありません。ただ、この際非常に重要な問題でありますから…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第32号(1954/07/29、26期)

簡単に一点だけ……。私簡単に経営者側と組合側の両方にお尋ねしたいのです。外国系の会社であるがために特殊な事情に置かれておる。私、本来外務委員をしておりまして、たまたまきようは臨時に労働委員になつたので…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第35号(1954/08/27、26期)

近江絹糸の夏川社長を証人として喚問することに決定いたしましたことは、私どもまことに欣快の至りであります。同時に、もう一つの非常に異色ある争議が勃発いたしました。それは大阪の北浜における大阪証”券取引所…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第43号(1954/11/16、26期)

国会で証言をしたことが一つの理由にあげられておりますが、そのときあなたは、むろん必要な許可をとつて来たんでしようね。こちへ来るのに時間をつぶさなければなりませんし……。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第44号(1954/11/17、26期)

その点ですが、確かに第八は、馬淵さんがおつしやる通りわかりにくいのです。政府はどういうふうに考えているのですか。刑法でいう正当防衛の観念に基いて、相手の違法行為に対する対抗手段が合法化される、こういう…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第45号(1954/11/18、26期)

関連して……。先ほど小林理事長が、労働組合を組織したら首にすると言つたことは絶対にありませんと、こう言い切つております。ところが佐藤参考人の方では、確かに言つたと言うので、これは水かけ論になるわけです…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第46号(1954/11/19、26期)

その率が〇・五%ですか。もう一つは、もしも倉庫の中で買うということになりますと、指定単価というものを、港湾作業組合については置くと言われるけれども、商社は必ずや先になつて、おれが元請をしておるのに、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 労働委員会 第48号(1954/11/27、26期)

私は日本民主党を代表して、ただいま提案になりました決議案に、賛成の討論をいたすものであります。忘れないうちに申しますが、ただいま自由党の持永委員から、かつては改進党として同調して来た労働行政に対して…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1954/12/01、26期)

私はこの際動議を提出いたしたいと思います。その動議は、本外務委員会はまず何をおいても吉田首相の出席を求め、国際情勢に関する説明を聴取し、これに対して質問を行うこと、それができなければ一切の審議に入ら…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1954/12/04、26期)

ただいま委員長は、吉田首相の出席に対して、緒方、福永両氏に強く要望したけれども、種々の予定があつて時間的にどうしても都合がつかない、こういう答弁だつたとの報告であります。しかし時間的に都合がつかないと…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 決算委員会 第3号(1954/12/06、26期)

吉田茂君は本日も本委員会に出頭いたしません。これはまことに遺憾なことでございまして、もはやあしたは不信任案上程の日でございます。われわれは不信任案上程を前にして、このままでは過されないのであります。従…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1954/12/15、26期)

ただいままで野党の質問を聞いておりますと、ひとりでに何とかして重光外相を吉田、岡崎と同じようなもの、薬籠中のものにしようという陰謀が含まれておることを感じました。重光さんは人がいいから、それに反駁しな…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1954/12/16、26期)

私政府当局に緊急質問をしたいと思います。それは国民政府と中共政権との関係についての緊急質問でございます。実は昨日重光外務大臣に、この点については私どもも超党派的に相当つつ込んだ質問をしたわけであります…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1955/01/21、26期)

そうすると、さしあたり期末手当の日直料、当直料、それから超過勤務手当の前払いはアルファかどうかということで、早晩問題になって来ると思いますが、大臣としてはこれをどういうふうに処理して行くつもりですか。会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1954/12/14、26期)

大臣に私がお伺いしたいのは、大臣が就任してから各報道機関との会見において、今まで相手の所信を披瀝しておられます。これはまだ就任そうそうだから私にはわからない、よく検討してみようというのが普通のおざなり…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1955/01/24、26期)

議事進行について。後段の、何ゆえに出席できなかったかということの説明の必要であるということはわれわれ与党としても感じましたからこそ、きょうは根本官房長官の出席をこちらから進んで求めた次第です。現に官房…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書

質問主意書提出数

 26期(1953/04/19〜) 18本提出

質問主意書一覧

戦争保険金の支払に関する質問主意書
第16回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1953/05/27提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

家畜飼料としての大豆粕輸入に関する質問主意書
第16回国会 衆議院 質問主意書 第18号(1953/06/26提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

駐留軍に勤務する警備員に関する質問主意書
第16回国会 衆議院 質問主意書 第26号(1953/07/10提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

東京天文台に隣接する飛行場に関する質問主意書
第17回国会 衆議院 質問主意書 第1号(1953/10/29提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

国鉄サービスに関する質問主意書
第17回国会 衆議院 質問主意書 第6号(1953/11/04提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

遺家族援護に関する質問主意書
第17回国会 衆議院 質問主意書 第8号(1953/11/06提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

特定郵便局設置に関する質問主意書
第18回国会 衆議院 質問主意書 第4号(1953/12/01提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

国道工事に関する質問主意書
第18回国会 衆議院 質問主意書 第7号(1953/12/04提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

国立病院、研究所等に働く病理、細菌技術者の身分に関する質問主意書
第18回国会 衆議院 質問主意書 第8号(1953/12/07提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

国立公園の施設に関する質問主意書
第19回国会 衆議院 質問主意書 第2号(1953/12/12提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

品種改良家の表彰に関する質問主意書
第19回国会 衆議院 質問主意書 第4号(1954/01/28提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

共同駅設置に関する質問主意書
第19回国会 衆議院 質問主意書 第10号(1954/02/27提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

国電サービスに関する質問主意書
第19回国会 衆議院 質問主意書 第15号(1954/04/13提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

都市計画に関する質問主意書
第19回国会 衆議院 質問主意書 第20号(1954/05/26提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

交通に関する質問主意書
第19回国会 衆議院 質問主意書 第21号(1954/05/26提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

都市計画に関する再質問主意書
第19回国会 衆議院 質問主意書 第24号(1954/06/08提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

交通に関する再質問主意書
第19回国会 衆議院 質問主意書 第25号(1954/06/08提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

国鉄青梅線等に関する質問主意書
第21回国会 衆議院 質問主意書 第1号(1954/12/22提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22