鍛冶良作衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 26期本会議 - 28期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言    986文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  2回発言   5213文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  3回発言   6199文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第22号(1953/07/14、26期)

ただいま議題と粗なうました人権擁護委員法の一部を改正する法律案につきまして、提案の要旨及び委員会における審議の経過並びに結果を御報告申し上げます。御承知のように、現行法は、全国の市町村に人権擁護委員を設け、人権侵犯の予防とその救済並びに基本的人権思想の普及高揚に当らしめて参つたのでありますが、過去四………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第11号(1954/02/23、26期)

ただいま議長よりも動議の趣旨を朗読せられましたが、私からあらためて動議の趣旨をまず朗読いたします。本件については来る三月三日まで逮捕することを許諾するとの動議でございます。私は、以下、自由党を代表いたしまして、この趣旨の弁明をいたします。国会議員の身分の保障につきましては、ただいま菅家委員長から御報………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第55号(1954/05/25、26期)

私は、自由党を代表いたしまして、ただいま議題となりました公職選挙法の一部を改正する法律案に対する修正案に賛成の討論を試みんとするものであります。(拍手)そもそも、本法案は、原案といい、修正案といい、ともに選挙法上、遊学中の学生諸君の住所を原則として郷里にあると認めるか、遊学地にあると認めるかという問………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 26期委員会 - 28期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 37 委員  3) 23回発言  48422文字発言
 第17回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  1)  7回発言  16080文字発言
 第18回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  1)  1回発言   4472文字発言
 第19回国会145回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事104 委員 41) 46回発言 124399文字発言
 第20回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  1)  4回発言   5307文字発言
 第21回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   1175文字発言

  26期通算 214回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事167 委員 47) 82回発言 199855文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 法務委員会
           117回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事116 委員  1) 42回発言 106884文字発言

 議院運営委員会
            29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員 25)  5回発言   4279文字発言

 公職選挙法改正に関する調査特別委員会
            28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員  3) 15回発言  41339文字発言

 行政監察特別委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  8回発言  19788文字発言

 決算委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  0)  6回発言  15709文字発言

 懲罰委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  2)  6回発言  11856文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 懲罰委員会理事(第16回国会)
 法務委員会理事(第16回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第16回国会)
 法務委員会理事(第17回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第17回国会)
 法務委員会理事(第18回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第18回国会)
 議院運営委員会理事(第19回国会)
 懲罰委員会理事(第19回国会)
 法務委員会理事(第19回国会)
 決算委員会理事(第19回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第19回国会)
 法務委員会理事(第20回国会)
 決算委員会理事(第20回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第20回国会)
 公職選挙法改正に関する調査特別委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第7号(1953/09/21、26期)

第一にこういうことを通牒にして出された基礎を聞きたいのです。先ほど何か政治的観念から出ておるというような話がありましたが、私は陣笠でありますから、聞かされぬのかもしれませんが、さようなことを聞いたこと…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 懲罰委員会 第2号(1953/08/05、26期)

ちよつと議事進行について。提案理由は、何か刷つたものがあるのですか。それがなければ、小林君から提案理由の説明が終つた後に、さつそく速記録をつくつて見せていただかなければ、われわれは審議ができません。…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 懲罰委員会 第3号(1953/08/06、26期)

提出者の田淵君が、病気のためにどうしても趣旨弁明ができないそうでありますから、私がかわつて趣旨弁明をさせていただきます。議員は、国権の最高機関たる国会の構成員でございまして、国民の模範たる行動をなし、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 懲罰委員会 第4号(1953/08/07、26期)

私は、篠田君だけにこの陳謝文を読ませて、いわゆる国会の信用を傷つけたものを償い得るとは考えられないのであります。この間からの各委員の御議論を承つておりますると、委員会におけるあの狼籍ぶりはまことに遺憾…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1953/05/26、26期)

動議を提出いたします。理事の互選は、先例に従いまして、選挙の手続を省略し、委員長において指名せられんことを望みます。「異議なし」と呼ぶ者あり〕会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1953/06/26、26期)

今の問題に関連して……。質問者の田嶋君はたいへん満足されたようで、それを私がむし返すことははなはだ恐縮ですが、少し私は物足らぬところがあるのです。先ほどの川上のことで、勾留中に極度の神経衰弱であるとい…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1953/06/30、26期)

関連して伺います。私も、これは明白にしておかなければならぬ問題だと思つておりましたが、憲法第五十条から見まして、議員は国会開会中には逮捕されないということが原則であると私は心得えておりますが、この点司…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1953/07/07、26期)

私はこの改正案そのものに対しては反対ではないのでありますが、ここに至つた経過を明確にしておきたいと思いまするので伺いたい。われわれが試験を受けましたときには、商法はもちろん行政法、国際私法、そのほか何…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1953/07/08、26期)

関連して承りたいのは、日本で引渡すべからざるものだ、向うの方では引渡すべきものだという論争が起ることは多々あると思いますが、そういうことはあつたかなかつたか。あつたとすればどのくらいの数字でどういうも…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1953/07/09、26期)

先ほど来の応答を聞いておりますると、まことにどうも人権擁護の仕事が情ないものであることがわかると同時に、その権威のないことを私は一番惜しいと思うのです。そこで私は具体的なことを要求するのですが、これは…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1953/07/10、26期)

本案は判事たる資格に特例を認める法律であると一言で言えるとおもうのでありますが、われわれは裁判官というものは他の官吏よりも最も優秀なものであるべきものだと考えている。また国家の待遇におきましても、他の…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1953/07/11、26期)

関連して。今の逃亡したときの問題は、アメリカのを見ますと三千百八十六条に「逃亡犯罪人が逃走したときは、一般囚人と同様方法による逮捕が認められる。」こう書いてあります。そこで先ほど言われたように引渡す。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第12号(1953/07/13、26期)

犯罪者は一年以下の者が多い、それは当然だろうと思うが、再犯で一年以下の者は相当あるのですか。それから再犯で執行猶予中であつたがゆえに、執行猶予をつけられないで、刑を受けている者、それでも一年以下の者が…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1953/07/14、26期)

ただいま議題となりました刑事訴訟法の改正に関する提案理由の説明を見ますると、現行刑事訴訟法は、実施以来四年半を経過した結果、いろいろの欠点あり、かつまたわが国の国情に合わないもののある点を改正しようと…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第16号(1953/07/17、26期)

この保護観察は、盗癖のある者、もしくは狂暴性のある者等に対しては悪くないように考えますが、選挙違反で執行猶予になつた者のごときは、やはりあなたは必要とお思いになりますか。しばらく休憩いたします。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第18号(1953/07/20、26期)

この間も聞いたのですが、四号の「被告人が多衆共同して罪を犯したものであるとき。」これを表から解釈すれば選挙違反は当然入ると思うが、この点はいかがなものでしようか。それからもう一つ、証拠隠滅が八十九条…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第19号(1953/07/21、26期)

これは大事なことですから、明白にしておきたいと思うのです。先ほど必要ないということが明白である場合は却下する、こう申されましたが、そういう場合は事実ありますか。それからもう一点、訴訟規則第百四十三条…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第20号(1953/07/22、26期)

今のは私もこの間から聞こうと思つておつたのですが、たいへんいい質問をされたわけです。これは判事の認定によつて口頭で述べさせようと思えば述べさせられる、こういうお話でしたが、そうすると同じことなんです。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第21号(1953/07/23、26期)

私はいつか聞こうと思つていたが、岡田君の質問が非常に肯繁に当つていると思う。大臣にお聞きしたいと思う。現在の刑事訴訟法のもとで行きますと、検察官と弁護士とは対等の地位に立つべきものとわれわれは考える…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第22号(1953/07/24、26期)

九十八条の改正ですが、これは拘留の執行停止を取消す場合、その他の場合ですね。ここに「急速を要するときは、同項の規定にかかわらず、検察官の指揮により、」となつておりますが、これはどういうことで実際はやら…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第23号(1953/07/25、26期)

この刑法等の一部を改正する法律案のねらいは、近時世界の大勢となつておりまする保護観察1こういう言葉はいいか悪いか知りませんが、ただちに受刑せしむるよりも、執行猶予を広くして、その猶予中の者を保護するこ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第30号(1953/08/04、26期)

あとでいいが、CICとここまで来た関係を一ぺん委員長から聞いておかなくちやいかんと思うのですが。次に鹿地亘君より証言を求めます。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 法務委員会 第34号(1953/09/25、26期)

先ほどから押谷委員の質問に対する裁判所側の答弁を聞いて、はなはだわれわれとしてふに落ちぬところがありますので、二、三聞きたいと思います。裁判は、先ほど押谷氏が指摘されたように、裁判上における一切の基…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1953/10/31、26期)

議事進行について。今の島上君の質問に関連して委員長に質問したい。今島上君は、何か九月二十一日に決議したと言われるが、私も出ておつたのだが、そんな決議はないと思うのだが、委員長は決議ありという主張ですが…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1953/11/02、26期)

ただいま承つておりますると、行政府としての自治庁の意思は明瞭になりましたが、さらに昭和二十八年七月十八日付をもつて、法務省民事局長の名でもつて、同様の通達を各法務局長あてに出しておると思います。自治庁…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1953/10/31、26期)

先ほどから出ましたが、政治家がこれに関係しておる。政治家に金がばらまかれておるといううわさは事実かどうか私は知りませんが、こういう事実はよくわかる。政治家が顧問であるとか、またその会の役員などに名前を…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1953/11/01、26期)

関連して。どうも今の説明を聞いておると、公務執行中という言葉がよくないのじやないですか。「中」といえばどうしても時間的というふうに見られます。今の説明から言うなら、むしろ公務執行上の作為または不作為と…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1953/11/02、26期)

昨日林委員並びに私から聞いておいた議定書第3の(a)の(A)ですが、昨日の御答弁では今までの国際慣例上、当然公務執行に伴う必然的のものだけに限るんたというお答えのようでしたが、われわれはこの公務執行中…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1953/11/03、26期)

私遅れて来ましたので質問があつたかもしれませんが、国連軍との刑事特別法案を見ますると、第一条では朝鮮に派遣した軍隊に限るといつておりますが、これは現在朝鮮におるものだけに限つておるものと思いまするが、…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1953/11/07、26期)

先ほどから聞いておりますと、あなたは入るときには出張所長の言葉を信じて入つたので、大して事業の内容及び詳しいことは知らなかつた、こういうお話でしたが、現在閉鎖してから相当あなたも関心を持つて、内容を研…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1953/12/07、26期)

原案に対しましてはもちろん賛成なのでありますが、この原案を通しますと、ただいま増額になりましたものと、そのまますえ置かれますいわゆる認証官との間に差異がなくなる現状になりますので、これでは司法制度の今…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第17号(1954/02/23、26期)

本件につきまして動議を提出いたしたいと存じます。その動議は、本件については来る三月三日まで逮捕することを許諾するとの動議であります。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第18号(1954/02/23、26期)

今の椎熊君の御発言は、いろいろな問題があります。要約して三点になろうかと考えます。第一は、もし三月三日までという期限を付したにかかわらず、それ以後釈放しなかつたらどうなるかということが一つ、それから、…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第39号(1954/04/01、26期)

私は、憲法五十条で認められたる議員の身分保障ということは重大でありますので、特別の事由がなくては、国会の開会中に逮捕すべきものでないという意見は、常にかわりありません。従つて、先日の秘密会における質問…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第48号(1954/04/20、26期)

きのうの実情から申しますと、容易でない。ある情報から行くと、きのうは徹夜だろうと言つておつた。まさかと思つておつたが、午後九時ごろまでやつて、けさ十時から続行した。これできようは何時になるかわからぬと…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 議院運営委員会 第50号(1954/04/24、26期)

私は、自由党を代表いたしまして、本許諾請求を拒否するということを申し上げます。理由としては、一昨日申し上げたことと同様でございますが、質問によつてはわれわれは納得できないものが残つております。その第一…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第44号(1954/09/06、26期)

それはぜひ開いてもらわぬと、きようはおそらく呼んである証人をお調べになることと思いますが、そのお調べになる質問の順序及び持時間並びに申出に対してのことをそこで順序よくきめておかなくては、とうてい円満に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第48号(1954/09/15、26期)

私はただいまの杉村君の発言を聞いていると、岩田君の述べられたる説がよくないから委員長から注意せよ、こういう発言のようです。しこうしてそのよくないという原因に岩田君が弁護士として取扱つている私上の事件に…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第49号(1954/09/16、26期)

議事進行。私は委員長はこの前議長のところへ当委員会においては決算に関することだけを調べるものであつて、検察行政には絶対渡らぬという返事をせられたと承知いたしております。証言も見ました。ところが先ほど来…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第51号(1954/09/18、26期)

関係のない議事進行なんてありません。それで、私は昨日閉会したときに委員長に言つた、明日は、もしかわつたことをやられるなら理事会を開いて、十分打合せの上円満にやろうじやないか。こう言つたら委員長はその通…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第53号(1954/10/11、26期)

議事進行。――この間この委員会で決定せられたのは、法務大臣からの回答に対してそれが正当であるかどうかということを学識経験者から聞くということに決定した。当時は、吉田総理が出て来ることの公務についてもや…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第55号(1954/11/15、26期)

私はこの告発の問題については反対いたしておつたことは明瞭でありますが、しかし当委員会として告発状を出された以上は、今お話にもあつた通り刑事訴訟法の命ずるところによつて告発人の取調べのあることは当然であ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1954/01/30、26期)

ついこの間、学生生徒の住所は郷里にあることを原則とすることの通達が出されておりますが、それが一変してまたそれに反するものが出て参りました。私は、一概にどれがいいというわけではない、いずれを考えましても…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1954/02/01、26期)

この選挙制度調査会の答申を見ますと、附帯事項として「選挙人名簿は住民登録に基いて調製することが望ましい。よつて、将来、公職選挙法、住民登録法その他関係法令の整備を図られたい。」こう書いてありますが、最…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第5号(1954/02/06、26期)

それはたいへんなことになる。いなかの町村では、これは東京のどこそこの学校へ行つているということを知つておれば別ですけれども、知らなかつたら、当然あるものとして選挙人名簿に載せます。ところが、こつちへ来…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第10号(1954/04/28、26期)

蝋山先生に根本論として承りたいのは、今おつしやつたように、選挙に関して法人からもらうことはいかぬ、こういう法定をしようとおつしやる、そのねらいの法益は一体どこにあるのでありましようか。どういうことを法…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第11号(1954/05/06、26期)

私は原案に賛成いたします。この法律ができたときはどういう考えであつたかは知りませんが、ただ同じ教育委員で選挙されながら、一人だけ半分の任期にし、一人だけ四年にするということは、特殊の理由はなかつたかと…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第12号(1954/05/20、26期)

参考資料として出ておりまする選挙法改正調査会の審議の経過の概要にも出ておりますように、政府としては調査会にこれを諮問せられまして、調査会の諮問の結果、A案とB案なるものができて、そのうちのA案をとつて…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第13号(1954/05/21、26期)

大体そういう方向に向いたいという趣旨からやつたのであります。それから、学生の生活の実態から、郷里に住所があるのかあるいは勉学の地にあるかという実際上の問題といたしよしては、婆するに今の生活の本拠がど…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第8号(1954/03/11、26期)

さつきのあなたの証言で、本店の監査をしようと思つたら証券部長からしかられたと言うが、どういうことでしかられたのですか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第10号(1954/03/16、26期)

私はいろいろ聞きたいのだが、時間がないし、一つだけ聞いておきたいのは、今こういうものがずいぶん起つて、社会的に非常に大なる影響を与えておる。そこで、遅ればせながら新しい法律をつくろう、これをつくつて取…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第11号(1954/03/18、26期)

関連して。先ほど承つておりますと、匿名組合もしくはこれに準ずるものというお答えがありました。準ずるものとは、多少違うが匿名組合と認めていい、こういう御認定であつたのですか。第一に私が承りたいのは、匿…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第14号(1954/03/25、26期)

保全経済会で理事をしておつた人で、あなたのところに監査役になつて入つていたというのがありましたね。そこで三宅さんの方へ大分政治家が出入しておつたということを伺つておりますが、大体出入りした政治家がお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第15号(1954/03/30、26期)

今承つておりますと、銀行法の違反の疑いがあつたが、確定しなかつたと言いますが、その確定しなかつた根本理由は、一面匿名組合と認められる点があるからでございますか。この見解がありましたから、匿名組合だとい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第18号(1954/04/27、26期)

あなたは、わからぬとおつしやるが、一番大事なのは委託業者の指定だと思うのですが、大体どういう方法で指定しておりましたか。それから、分筆のできないのは主としてどういうことなのですか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第21号(1954/05/07、26期)

先ほど聞いておりますと、分割払いを役所で認めぬから、つい預かつたと、こういうのですが、それは何か法律の権限に基いて預かつたのですか、法律上の権限はないけれども、みずからそういうことをしたと、こういうこ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 行政監察特別委員会 第22号(1954/05/28、26期)

これはもう少しあなたの方は御研究になつて、われわれはあとからやるのだから違うかもしれませんが、どうですか、率直に、仲立ちさせたのですか委託売買をさせたのですか、あなたの観念はどうですか。それを伺いたい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 懲罰委員会 第1号(1954/06/10、26期)

中野君の御議論はごもつともとは存じまするが、反証ということはちよつと当らぬと思うのです。われわれは立証すればよろしいのです。もし反証があれば、それに対抗する立証はいたさなければなりませんが、言葉の違い…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 懲罰委員会 第2号(1954/06/11、26期)

私からちよつと補足説明したいと思います。今の瀬戸山委員の質問でありますが、ここにいよいよわれわれが議場へ入つたときの議長席における写真が明瞭に出ております。これを見ますと、最初堤君と山口君が議長席及び…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 懲罰委員会 第4号(1954/06/14、26期)

先日、中野委員からの質問に答えて、針金をもつてドアーの入口を結わえたことは間違いありませんと、こう述べておりましたが、どうも報告書を読んでみますと、その中になわという文字もあります。また確かに萩元たけ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1953/12/17、26期)

私はさつき遅れて来たのですが、聞けばあなたは立教の商科を出ておられるということでしたな。その次に、かりにあなたの言われるこれがほんとうにしても、理事会がなくて、理事長がきめる、ここにいうその他必要と…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1954/02/02、26期)

ちよつと関連して……。先ほどから船主の選定について御説明がありましたが、造船会社の選定事情について御説明願いたいと思います。午後一時二十三分休憩会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1954/02/25、26期)

聞いておつて、たいへん重大だと思うのであります。今の御答弁を聞いておりますと、検察庁で怪文書――もちろん怪文書でしようが、あれに載つておるようなことをお調べになつた事実はあるものと拝聴いたしました。そ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第26号(1954/03/24、26期)

関連して、今聞いておりますと、特別待命ですか、百七十名やる。この特別待命というのはどういうことですか。刑法の一部を改正する法律案でございますが、「第一条第二項中「日本船舶」の下に「又ハ日本航空機」を…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第27号(1954/03/25、26期)

昨日質問したので一つ残つていたのは、執行猶予をつけられてそれに不服で控訴を申し立てた、ところがさらに裁判所において執行猶予は元の通りにし、保護観察を付するという判決ができるか、この点承りたい。いわゆる…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第28号(1954/03/26、26期)

この改正の根本ですが、現行の利息制限法、いわゆる大正八年四月十一日法律第五十九号を見ますと、百円以下は一箇年につき百分の二十となつております。これがかわつて元本が十万円未満のものは利率は同様であります…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第36号(1954/04/08、26期)

この間から一点法務大臣及び局長の御意見を伺いたいと思つたのでありますが、きようはちようどよい機会でありますから、御質問いたしたいと思います。われわれはこの交通事件即決裁判手続法案はたいへん重要なる法案…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第37号(1954/04/10、26期)

この中でちよつと疑問に思うのは、この起訴の場合納付命令発信、督促状みな省いてありますが、これは即決をやつたときに金を持つておればよいが、持つてないとあとで持つて来いと言つて、あとで持つて来なかつたらや…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第41号(1954/04/16、26期)

これはめんどうな名前だが、金利取締法が今できようとしております。それから現にありますのは臨時金利調整法ですが、これはあなた方の今の説明と私は大分考え方が違うのです。特別法として基本法であるこの利息制限…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第43号(1954/04/23、26期)

加藤法務大臣は御就任早早のことで多用のこととは存じまするが、このたび法務行政上最も重大と思われまする検察庁法第十四条の法務大臣の指揮権発動ということがありましたので、当委員会におきましては重大なる関心…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第45号(1954/04/26、26期)

私はおそく来て、牧野先生の御陳述は承らなかつたのでありますが、ただいまお述べになりましたことを小野さんの説明から聞きたいと思つておつたのです。そこで牧野先生及び小野先生に伺いたいのは私は多年事件に携わ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第49号(1954/05/06、26期)

まず附帯決議の趣旨弁明の前に、附帯決議を朗読いたします。附帯決議会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第53号(1954/05/11、26期)

関連して、先ほどからのお話を聞いておりまして特に重大だと思うのは葛原某なるものは殺人予備として捜査されておるというのです。それについて重大なる疑念を持たれるのはアドルムを飲んで入つたということなのです…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第55号(1954/05/14、26期)

三百九十八条について一、二お伺いしたいのですが、「最高裁判所規則ノ定ムル期間内ニ上告理由書ヲ原裁判所ニ提出スルコトヲ要ス」というのですが、この規則に定むる期間は大体幾らくらいの御予定でございましようか…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第60号(1954/05/22、26期)

私は堤さんの取消しを求めます。あなたは法務省に疑獄の疑いが持たれる、こう言われた。それを大臣が言われた。しかるに私は確信がある、確証があると言われる。あつたらあげてごらんなさい。ないなら取消したまえ。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第64号(1954/05/28、26期)

私はまず瀬川先生に伺いたい。先ほど来参考御意見を承つておりますと、この点に対する御熱意のほどがうかがわれて、われわれ敬意を表します。そこで、なるほどこういう法案をつくつて、できるだけかようなものをなく…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 法務委員会 第68号(1954/09/11、26期)

私は主として小原法務大臣に質問いたしまして、それに関連いたして井本局長にもお尋ねしたいと考えます。小原大臣は法務行政上最も難点と思われます保全経済、日本殖産、造船並びに陸運等の汚職事件の捜査のまだ未解…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第1号(1954/12/02、26期)

理事は、その数を七名とし、先例によりまして委員長より指名せられんことを望みます。鍛冶 良作君  田嶋 好文君会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第2号(1954/12/03、26期)

政党の寄付は、政治資金規正法では自分の属する政党に対するとなつているのですが、これはどういう意見で一般にしたのか伺いたい。会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1954/12/04、26期)

これは私らもずいぶん私えてやつたのでおりますが、今の委員長の言われた例からいえば、つまり候補者の乗るものは一台だけとしないでも、これはやればやれるのです。別に乗つていかぬということはないのですし、自分…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第4号(1954/12/05、26期)

ただいま議題となりました公選挙法の一部を改正する法律案の提案理由について御説明いたします。本案はさきは本院を通過いたしました公職選挙法の一部を改正する法律案に漏れた事項中、次の二点だけはぜひとも改正…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 公職選挙法改正に関する調査特別委員会 第3号(1955/01/21、26期)

この地方選挙に関して、いわゆる統一しておく方がいいか悪いかということになりますと、相当議論がありますが、自治庁の方で統一することを希望しておられますから、われわれは統一することには反対ではございません…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 26期質問主意書 - 28期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 26期(1953/04/19-) - 28期(1958/05/22-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22