田中久雄衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言  10853文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言   4952文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  2回発言  15805文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第10号(1953/06/19、26期)

私は、改進党を代表いたしまして、主として文教問題を中心に、内政問題について、施政方針に対する質問をいたさんとするものであります。第十五国会劈頭におきまして、吉田内閣総理大臣は、占領政治の行き過ぎを是正するということを強調せられました。この点は、私の大いに期待するところであります。今回の施政方針演説に………会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 本会議 第12号(1954/02/24、26期)

私は、改進党を代表いたしまして、教育公務員特例法の一部を改正する法律案、義務教育諸学校における教育の政治的中立の確保に関する法律案の二案に関して、内閣総理大臣並びに文部大臣に対して、きわめて重要なる数点について質問をいたすものであります。本案に対しましては今や各方面より反対の声が上つておりますが、政………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員  9)  5回発言   5674文字発言
 第17回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  4)  2回発言   5413文字発言
 第18回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第19回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員 17)  6回発言  18072文字発言
 第20回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
 第21回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

  26期通算  72回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 42 委員 30) 13回発言  29159文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文部委員会
            52回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 42 委員 10) 13回発言  29159文字発言

 水害地緊急対策特別委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  0回発言      0文字発言

 人事委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言

 補助金等の臨時特例等に関する法律案特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 文部委員会理事(第16回国会)
 文部委員会理事(第17回国会)
 文部委員会理事(第18回国会)
 文部委員会理事(第19回国会)
 文部委員会理事(第20回国会)
 文部委員会理事(第21回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1953/06/30、26期)

たいへんよい機会ですので、副総裁に伺いたいと思いますが、学校の修学旅行の申込みをお受けになるに何か時期的にお考えになつておるかどうか。ただむぞうさに申込みを片つ端からうけておられるのか、そ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第10号(1953/07/11、26期)

これは本論からそれておりますが、医者という重大なものを養成するのにインターンをやめよ、あるいは国家試験をやめよというきわめて七民主的かどうか知らぬが、そういう暴論には私は反対であります。私は実に危険な…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1953/07/22、26期)

あるいはすでに質問をせられた方があるかもしれませんので、もし重複をしておればお許しを願いたいと思いますが、本法案のうちで非常に重大な点であり、ことに実際問題として、各施設者である市町村において、非常に…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第19号(1953/07/25、26期)

私は改進党を代表いたしまして、政府原案に賛成をするものであります。(拍手)…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第23号(1953/08/05、26期)

ただいま議題となりました学校給食法案につきまして、提案の理由を御説明いたします。学校給食は、児童及び生徒の心身の健全な発達に資するものであり、かつ、国民の食生活の改善に寄与するものでありまして、昭和…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 文部委員会 第1号(1953/11/02、26期)

東海、北陸地方班といたしまして、中嶋太郎委員と竹尾委員のかわりに私が参りました。それと大中臣調査員の二名が愛知、福井、石川の三県について現地の調査を行いました。九月一日から前後一週間にわたりましてこ…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1953/11/07、26期)

先般来相当問題になりました学生の選挙権の問題について、自治庁が通牒を出されたことから相当騒ぎが大きくなつて、その後にまたそれを緩和するような通牒を出されたということを聞いておりますが、これは非常な大問…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1954/02/13、26期)

ごく簡単に学校給食法の問題について大臣にお尋ねをいたします。すでに学校給食法に関しましては文部当局において十分な御準備ができておるやに聞いておりますし、今国会の冒頭におきましても大体そういう御答弁をい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1954/02/17、26期)

議事進行について……。この問題は委員会内部のことで直接政府には関係がない。だから、その点を別にして、もし政府に質問があるのなら、この問題はその後に残して質問を先にやるとか、あるいはきようこの問題をやる…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1954/03/12、26期)

私ども第二班は岐阜県と京都へ参つたのでありますが、全般から見まして、調査は静粛に行われました。かつ関係者の意見は非常に詳細にわたつて伺うことができました。われわれの私見を交えずに、参考人として触れまし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第29号(1954/04/30、26期)

ただいま議決せられましたへき地教育振興法案に対し、同僚諸君の同意を得まして附帯決議を付する動議を提出いたします。まずその案文を朗読いたします会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第33号(1954/05/22、26期)

ただいま議題となりました教育職員免許法の一部を改正する法律案につきまして、三、三の点について質問をいたしたいと思うのであります。第一点は、従来の免許法にはなかつたもので、高等学校の教諭の一級免許状を…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第34号(1954/05/26、26期)

学校給食の重要性につきましては、もはや申し上げる必要もないことでありまして、また各党委員目語群のすべてが学一校給食法の制定については非常な熱意を持つておられることも当然なことでありました。昨年 の十六…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書

質問主意書提出数

 26期(1953/04/19〜)  1本提出

質問主意書一覧

ローマ字に関する質問主意書
第19回国会 衆議院 質問主意書 第22号(1954/06/03提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22