国会議員白書トップ衆議院議員中崎敏>26期国会活動まとめ

中崎敏衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  1回発言   1390文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  0回発言      0文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  0回発言      0文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  1回発言   1390文字発言

本会議発言一覧

第16回国会 衆議院 本会議 第29号(1953/07/27、26期)

日本社会党を代表いたしまして、簡単に本法案に反対の意を表明せんとするものであります。本法案は、兵器産業の自由な活動を制限せんとするものでありまして、自由主義経済の大なる破綻だと言わなければなりません。われわれは、計画経済を主張し、一貫せる方針のもとに国の財政、産業、経済を規整し、国民経済の発展と国民………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 29回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 29) 13回発言  27583文字発言
 第17回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言    419文字発言
 第18回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  4回発言   9547文字発言
 第19回国会 54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 54) 33回発言 103139文字発言
 第20回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  1回発言    609文字発言
 第21回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言   8630文字発言

  26期通算  96回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 96) 54回発言 149927文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 通商産業委員会
            93回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 93) 52回発言 141297文字発言

 貿易振興に関する調査特別委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言   8630文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第2号(1953/05/27、26期)

ただいま議題となりました法律が成立して以来一年二箇月を経過しているのでありますが、この間におきまする、この法律運用の実情について御説明を願いたいと思います。まず第一に割当配給をやつております部分につ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第9号(1953/07/02、26期)

関連して、通商局長はどうして見えないのですか。見えない運由をひとつ聞かしていただきたい。本日はまず中小企業信用保険法の一部を改正する法律案及び輸出信用保険法の一部を改正する法律案を議題といたし、政府…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第10号(1953/07/03、26期)

議中進行について。大臣の答弁は非常に声が小さくて聞きかねるのです。もう少し元気を出して活発にやつてもらいたい。それから関連質問を一つしたいのですが、今の大臣の答弁によりますと、MSAの内容がまだどう…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第12号(1953/07/06、26期)

局長はしばしば自由貿易がいいということを言つております。目標としてはそうあつていいかもしれませんが、当面の目標としては、世界のどこにそういう自由な貿易がなされておる状況にあるか、ことにイギリス帝国のご…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第13号(1953/07/07、26期)

それでは時間の範囲内において一応やつて、その後のことはまた協議したいと思います。日本の産業経済はきわめて困難しております。ことに朝鮮事変以来特需を中心とする一挙手一投足によつて日本経済は大きくゆすぶ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第14号(1953/07/08、26期)

先ほど川上君からだつたと思いまするが、指定リストの提出を通産側に要求しておるはずでありますが、それはどういうふうになつておるか、一応御回答願いたい。では質疑を継続いたしますが、まず日本の貿易の振興は…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第16号(1953/07/14、26期)

最初議事進行について発言いたします。本法案は独禁法に重大な関係を持つております。独禁法の審議の状況、またこれがどういうふうに見通しがつくのか、それを委員長において至急お取調べ願つて、これと並行的に審議…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第18号(1953/07/16、26期)

谷林さんにお尋ねいたしますが、この改正案によりますと、輸出並びに輸入の両方面にわたつての改正になつておると思うのです。輸出の場合においては、以前も認められておるわけですが、今度は輸入の場合も新しく業者…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第22号(1953/07/22、26期)

ただいま、議題と相なりました中小企業等協同組合法の一部を改正する法律案の提案理由を御説明申し上げます。本改正案の眼目は、一言にして申し上げれば、信用協同組合の員外預金に関する点であります。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第24号(1953/07/24、26期)

ちよつとここにおりませんでしたので、あるいは以前質問がされていて、重複する面があるかもしれませんが、その点御了承願いたいと思います。私、参考人のお話を聞いておりますのに、今日の参考人の御意見の大部分…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第25号(1953/07/25、26期)

自由主義の基調の上に立つておる現内閣並びに岡野通産大臣の考え方から言いますと、明らかにこの法案は自由主義の考え方を大きく是正するものだというふうに考えておるのであります。ところで、一応それはそのまま受…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第27号(1953/07/28、26期)

私は各派を代表いたしまして、輸出取引法の一部を改正する法律案に対しまして、修正案を提出せんとするものであります。輸出取引法の一部を改正する法律案の一部を次のように修正する。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第29号(1953/07/30、26期)

ただいまの御意見について二、三お聞きしておきたいのでありますが、まず第一に、出資の面において不安定だというのでありますけれども、これはあらゆる組合がそうなのであります。そうすると事実組合というものは資…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 通商産業委員会 第3号(1953/11/06、26期)

ちよつと関連して参考までに申し上げておきたい。国民金融公庫か昨常に零細なものを扱つておるのは当然の話ですが、あれの運用においては昨常に新規の人の貸出しが多い。これはわくかぐんぐん広がるという点もあるで…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第1号(1953/12/02、26期)

動議を提出します。中小企業金融問題はきわめて重要でございまして、ことに年末を控えての問題でございますが、ただいま加籐君のお話によると、一万田さんは、中小企業者は少々倒れても問題でないということをまた言…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第2号(1953/12/03、26期)

関連して。ただいまの岡野さんの説明によりますと、この近代的な尨大な資金が投ぜられてつくられておるビルディングですが、これは権利金を何年もとつてやるのもなるほどあると思います。しかし一番われわれに目立つ…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1953/12/05、26期)

議事進行について……。こういう金融問題を論議する際において大蔵省の責任者の出席を求めなければ十分に論議はできないと思うのです。そこで先般この問題にも一部の関連があるのですが、大蔵大臣並びに日銀総裁の出…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第5号(1953/12/07、26期)

私は金融、産業、経済全般に関する問題について、実は大蔵大臣、通産大臣並びに日銀総裁の出席を要求したのでありますが、遺憾ながらその一人もここへ出て来ておらない。こうした重要な根本問題は、ただ枝葉末節の事…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第2号(1953/12/15、26期)

実は本日議題となりました硫安輸出に関する問題でありますが、その前に、今日日本の経済というものが輸入をたくさんやらなければならぬ、しかも輸出は停頓しておる、このアンバランスの上に日本経済は非常な困難に当…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第3号(1953/12/16、26期)

ちよつと関連して。きのうの委員会では、通産省と農林省と外務省とでよく協議をしてもらつて、それから時期的にきわめて切迫した問題でもあり、国としては重大な問題でもあり、しかもこれは政治的な意味も含まれてい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1954/01/26、26期)

今度の予算の編成の経過を見ますと、非常に紆余曲折を経て、この非常事態というか、経済危機をどうするかということについて、慎重な検討をされたと思います。ところで私たちの目から見ますと、通産行政の面において…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第5号(1954/02/01、26期)

ただいま大臣から説明を聞いた程度で、十分まだ整理されておりませんが、きよう断片的に質問してみたいと思います。そしてさらに質疑は留保して、引続いてその次の機会に継続したいと思います。とりあえず断片的に質…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第6号(1954/02/02、26期)

きのうに引続いての御質問でございます。今年度における、並びに近い将来における目標として物価の引下げ、貨幣価値の安定、ことに国際価格にさや寄せした状態において安定させるということは、私たちは賛成でありま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第8号(1954/02/06、26期)

ちよつと関連して……。資料のことですが、石油に関する問題は非常にわれわれ重要視しております。そこで最近における石油の需給状況を説明するような資料を用意していただきたい。同時に、石油のトラスト、カルテル…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第10号(1954/02/12、26期)

まず私は通商産業政策に関する問題の一つを取上げてみたいと思うのであります。それにはこの石油問題とそれから映画の問題について質問してみたいと思うのであります。そこで石油の問題につきましてこの前ちよつと質…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第11号(1954/02/13、26期)

昨日の質疑の継続で、実は石油に関する問題でありますが、外務省の方に対しましては、外交政策に関する重要な問題でもありますし、大臣もしくは次官に出てもらうことを要望しておるわけであります。いずれ答弁の模様…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第12号(1954/02/17、26期)

時間の関係がありますので、早足で行きてたいと思いますが、私の質問したいのは、三点です。一つは、この間のイランの石油の輸入に関する問題、競輪の国庫納付金の問題について、それからもう一つは外国映画の輸入割…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第14号(1954/02/20、26期)

関連して。今の説明の中で、工業化試験補助金という項目と、工作機械等試作補助金とは、一体どういう関係にあるのですか。たとえば工作技術なんかも一の方の項目に入るのですか。その関係はどうなつているのですか。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第15号(1954/02/24、26期)

この点は非常に重要な問題だと思います。先ほど局長のお話がありましたが、昨年の五月にイギリスの方からイランからの石油を買わないでくれという申入れがあつた、それが今年の一月でとにかく一応の契約のものといい…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第16号(1954/02/26、26期)

議事進行について。お見かけの通り自由党のお歴々はほとんど見えない。野党はほとんど欠席者なしというわけです。これくらいわれわれは議事進行について熱情を持つておるというわけです。すみやかに委員長の方から呼…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第21号(1954/03/12、26期)

外貨予算に関する問題というものは、国の予算に関する問題とは車の両輪のごとくに考えております。一面においては、財政の面における国の予算を実施し、二面においては国並びに国民経済というものに影響するのが外貨…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第22号(1954/03/16、26期)

この石油の探鉱といいますか、試堀ですか、試堀に対する指定地域はどういうふうにされる考えであるか、承りたい。―――――――――――――会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第23号(1954/03/19、26期)

金融公庫において対人信用、対物信用というのがあるわけですが、対人信用に対してどの程度の貸付をしておるのか。それから次に、銀行に対する代理扱いの手数料は四分五厘が普通でありますが、これは国会における決…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第24号(1954/03/23、26期)

本法案の名前は国際的供給不足物資等の需給調整に関する臨時措置に関する法律案ですが、私の考え方といたしましては、国際的供給不足物質はもちろんでありまするが、国内的にも供給の不足する物資、ことに輸入に関連…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第31号(1954/04/06、26期)

私審議の中途でちよつと遅れたりしたので、どの程度の質疑応答がされておるかよくわかりませんので、あるいは重複になる点もあるかもわかりませんが、この点をお含みおき願います。まず石油に関する問題であります…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第34号(1954/04/13、26期)

大臣から釈明もありましたので、この問題にはあまり深く触れたくないと考えておつたのでありますが、ちよつと感ずるところがありまして一言申し上げます。先ほど大臣からの話によりますと、左右両社会党が外貨予算…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第36号(1954/04/16、26期)

今の合成繊維に関する上場の問題ですが、政府では五箇年計画まで立てて、画期的な拡大計画のもとに、この合成繊維に対する行政に当つているわけです。しかもそれを取引所に上場されている趣旨というものは、やはり健…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第38号(1954/04/22、26期)

議事進行。――こうした重要な発言であります。責任のある答弁を要求しておられる。われわれもこういう国民生活に最も深い関係のある砂糖が、少数の人間の投機的思惑によつて左右されるということは、大きな迷惑です…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第41号(1954/04/28、26期)

実は先日来のごたごたといいますかで、社会党の方では各委員会における審議については、不信任案が通過するまでの見通しとして、諸般の事情を慎重に検討しながらやつて行くという考え方でおつた。ところがちようどそ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第42号(1954/04/30、26期)

この法案は肥料安定に関する法案とうらはらをなすものだというふうに考えておりますが、主として硫安工業合理化の方面について質疑してみたいと思います。最近の事情を見ますと、硫安の輸出の価格というものは、相…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第43号(1954/05/06、26期)

今山手君から非公式に言いましたように、一応秘密会を開いて、そしてこの前協議した事項を説明してもらつて、それからあとで質疑を続行して、どういうふうにするかということをきめてもらいたい、そういうことにお運…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第44号(1954/05/07、26期)

簡単に質問したいと思いますが、この輸出会社を別に法律で書かないで、単なる商事会社として、これらの肥料業者が任意につくるということにしたらどうですか。言いかえますと、法律でいろいろの問題もあるようであり…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第45号(1954/05/11、26期)

議事進行に関して。先刻木材利用合理化小委員会を開きましたが、なるべくお早い機会に通産委員会と農林委員会との連合審査会を開くように、ひとつ委員長の方でお考えを願いたいということを申し入れておきます。な…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第48号(1954/05/14、26期)

議事進行について、局長にもう少し声を大きくしてもらわぬと十分に徹底しないから、御注意願いたい。それからなおそういうことになると、自然競争が許されぬという関係から、技術の進歩もかえつて劣りはせぬか。も…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第51号(1954/05/20、26期)

通産大臣に伺います。通産大臣はかつてこの委員会の席上において不況カルテルは認めないというふうな考え方を言われましたが、その考え方に今日もかわりはないかどうか、お尋ねいたしたい。ところで最近、業界全般…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第53号(1954/05/22、26期)

最近といいますか、近年国民の考え方というものは、特にすさんでおるというようなふうに感ずるのであります。それは政治のやり方に一つの大きな原因があるのではないかというふうに考えております。特に最近、きよう…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第54号(1954/05/24、26期)

議事進行について。この問題は相当検討を要する問題だと思うのです。そこでこれは今すぐ結論は出ぬと思う。政府の方でももう少し検討されて、次の早い機会に、あるいは委員の質問なり、あるいは政府の方でみずから進…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第55号(1954/05/25、26期)

昨日通産大臣は中途からあちらに行かれましたので多少質問を残しまして困つたのでありますが、時間の関係でごくしぼつてお伺いしたいと思います。まず航空燃料に関する問題であります。それから昨日も質問の継続中…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第58号(1954/05/29、26期)

木材利用に関する小委員会の第二回中間報告を申し上げます。木材利用に関する小委員会におきましては、前回の中間報告後昨二十七日まで前後二回会議を開催いたしまして、主として合理化推進の具体的方策に関しまし…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第65号(1954/09/09、26期)

たとえばアンペア制度にしましても、これは料金をたとえば五アンペア、十アンペア、どういうふうにきざむかというような問題もいろいろあると思いますが、そうしたような問題を含めて、そしてむしろもう一度そうした…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第66号(1954/09/10、26期)

現下の経済界の実情に即しまして、通産行政の面から相当検討を要する問題があるのでありますが、そのうちで二、三の問題に限つて通産大臣に質疑を試みたいと思うのです。まず第一に、デフレ政策を強行するにあたつ…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1954/12/06、26期)

木材利用の合理化に関する小委員会の第二回報告を簡単に申し上げます。本小委員会発足後第七回までの会議の模様をとりまとめ、張る四月十三日の本委員会において中間報告をいたしたのでありますが、その後政府にお…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 貿易振興に関する調査特別委員会 第3号(1954/12/16、26期)

通商の発展を期待するということは刻下非常な重要なことなんでありますが、非常に大きな声をして叫ばれてはおつても、事実上の結果は必ずしてこれに伴わないという現実は見のがすことができないと思うのです。そこで…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 貿易振興に関する調査特別委員会 第4号(1955/01/24、26期)

鳩山内閣ができまして以来というものは、非常に選挙宣伝といいますか、そうしたものを熱心にやられておるようでありますが、ことに国内経済打開の一つの方法として、貿易特に中共、ソ連圏との貿易等のことについても…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22