高津正道衆議院議員 26期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


衆議院本会議(26期)

23期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 29期本会議

本会議発言統計

  第16回国会(特別:1953/05/18-1953/08/10)  0回発言      0文字発言
  第17回国会(臨時:1953/10/29-1953/11/07)  0回発言      0文字発言
  第18回国会(臨時:1953/11/30-1953/12/08)  0回発言      0文字発言
  第19回国会(通常:1953/12/10-1954/06/15)  1回発言  10153文字発言
  第20回国会(臨時:1954/11/30-1954/12/09)  0回発言      0文字発言
  第21回国会(通常:1954/12/10-1955/01/24)  2回発言    766文字発言

       26期通算   (1953/04/19-1955/02/26)  3回発言  10919文字発言

本会議発言一覧

第19回国会 衆議院 本会議 第7号(1954/01/29、26期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、内閣総理大臣、小笠原大蔵大臣、石井運輸大臣、岡崎外務大臣、木村国務大臣、犬養法務大臣、大達文相、保利農相、これらの諸君に、緊急にして重要なる質問をいたそうと思うものでございます。(拍手)各大臣の御答弁は、改進党には懇切丁寧に、右派社会党にはやや親切らしく、左派に対………会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第4号(1954/12/15、26期)

不肖高津正道、今回はからずも各位の御推挙によりまして副議長の職を汚すことになりました。(拍手)この際一言ごあいさつを申し上げます。議員としての栄職に御推挙を受けましたことは光栄しごくに存じておることをまず告白いたしますが、その光栄しごくとともに、この機会に、私は、私なりに自己の良心の鏡の前にあらため………会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 本会議 第5号(1954/12/17、26期)

採決いたします。本案を可決するに御異議ありませんか。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(26期)

23期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 29期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第16回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19) 11回発言  30945文字発言
 第17回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  2回発言   3627文字発言
 第18回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   5728文字発言
 第19回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員 31) 12回発言  55676文字発言
 第21回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

  26期通算  59回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 52) 26回発言  95976文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 文部委員会
            55回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 48) 26回発言  95976文字発言

 議院運営委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 文部委員会理事(第17回国会)
 文部委員会理事(第18回国会)
 文部委員会理事(第19回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第16回国会 衆議院 文部委員会 第4号(1953/06/26、26期)

昨日文部大臣から、文教政策の基本方針を承つたのであります。文部大臣は教育内容の刷新充実、義務教育の充実、学術の振興、社会教育の拡充、この四つをあげられたのでありますが、そのうちでどれを最も重視されてお…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1953/06/30、26期)

私は、前回六月二十六口に開かれた衆議院文部委員会において、大達文部大臣が教育勅語に関する世耕弘一委員の質問に対して行われた答弁の内容は、実に重大な問題を含んでいると思うのであります。そこに現れた思想は…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第8号(1953/07/07、26期)

関連して。会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第10号(1953/07/11、26期)

議事進行について……。今の世耕君の質問は二つにわかれておりましたが、後の方は、インターンの問題、前の方は教員の中には労働者と見違えられるばかりか、自由労働者と見違えられる者がある、こういう言葉があり、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第11号(1953/07/14、26期)

先ほど野原委員が教育委員会法第一条を引用して、実情に即して行われなければならぬとあるのに、この法案はこれと矛盾するものではないか、こういう立場から、なぜ文部大臣は検定権を奪い返すのかという御質問に対し…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第13号(1953/07/18、26期)

大臣にお尋ねいたします。大臣の信念や理想は、文部委員各位の質問に答えられるたびごとにようやく全貌をうかがい知ることができたのであります。そしてその信念や思想は、いわゆる逆コースの風潮の最高峰を示すこと…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1953/07/22、26期)

国立大学の経理に関し及び国立大学教授の権限に関して、大達国務大臣、稲田大学学術局長、またはしかるべき政府委員に対し、緊急質問をいたします。質問の第一点、静岡県清水市は一億数千万円の予算をもつて、市庁…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第17号(1953/07/23、26期)

私の質疑は法案第一条並びに第三条に関してでありますが、第三条に、「青年学級は、勤労青年の自主性を尊重し、」ということが一番初めに書かれてありますが、その言葉の意味する内容を具体的に事例をあげてもう少し…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第18号(1953/07/24、26期)

地方における青年は、国家が三分の一の補助を与えて、そうして青年の自主的な、今までの研究サークルのような自由な勉強を、教育委員会とか、あるいは村議会とか、あるいは中央の文部省の手で拘束するというようなこ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第21号(1953/07/28、26期)

私はこの私学共済組合法案の質疑、討論、採決の行われます今日、原案第十二条の、私学共済組合を動かすところの重要なる機関であるところの運営審議会の設置について、この際大臣からただしておきたい点があるので、…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 文部委員会 第22号(1953/07/31、26期)

各省やいろいろな方面から大分補助金をとつておりますが、今並べられた松岡氏以下の理事、監事、その他の諸君の俸給などはどういうようになつておりますか。本案を原案の通り可決するに賛成の諸君の起立を求めます…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 文部委員会 第1号(1953/11/02、26期)

私は八月の十六日から二十二日まで、本院から坂田道太委員と、文部専門室の石田幸男君と三人でもつて九州の教育関係を視察して参つたものでありますが、詳細については石田君の筆になる、そして三人の意見調整を経た…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1953/11/07、26期)

私は前田委員の教育を思われる一念からの質問を謹聴していたのでありますが、私も教育行政に関して大達文部大臣に質問をいたします。今日政治的、経済的に困難をきわめる内外情勢の中にあつて、いかにすれば敗戦の日…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1953/12/08、26期)

文部大臣にお尋ねします。私は昨年岡野文部大臣にかわられた大達文相になつてから、第十六、七、第十八と三つの国会で本会第十議でも委員会でも文相の意見なり答弁なりを聞いて、文相の真意を知りたいと思い続けて…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1954/02/17、26期)

関連して、私学振興の二十八年度の十五億というものは、申込みはどのくらいで、現在残つておる額はどのくらいであるか、それを聞きたいと思います。第二の問題は、いささか問題が古くなりますが、当支部委員会にお…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第8号(1954/02/24、26期)

私に日本学術会議に対する文部大臣並びに現内閣の態度に関して、二点だけ質問をいたします。その一つは、学術会議と政府とを結ぶために、科学技術行政協議会という重要機関があるのでありますが、その会長に内閣総…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第10号(1954/02/27、26期)

関連して。社会教育の重要であり、またその領域が、きわめて範囲の広いことを私はよく認識して曲るものでありますが、外国が日本にどのような宣伝を行つているか、ソ連もいろいろな文章を配布しておりますし、他の国…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第11号(1954/03/01、26期)

世耕弘一委員から一時間四十分にわたる日教組攻撃のお話を承つたのでありますが、その中には間違つたことがあまりにも多い。しかもこれに対して文部大臣は、それは達うということは言わないで、受けて自分の見解をず…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第12号(1954/03/03、26期)

私は今晩帰つて全部この国警提供の資料を読むのでありますが今原田委員の読まれた部分は共産党の文書を読まれた。もちろん共産党は非常に誇張の癖があるのであります。(「よく知つているな」と呼ぶ者あり〕)三十年…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第14号(1954/03/08、26期)

今山崎委員の質問に対する御答弁を聞いたのでありますが、この国立学校設置法の一部を改正する法律案に含まれておる内容をよく見ますと、従来法律できめられておつた定員等の問題を省令や政令にゆだねる、こういう内…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第16号(1954/03/12、26期)

それならお尋ねしますが、愛知県の渥美郡田原小学校においては「「原爆の子」を観賞させた後、一教員は「……真に平和を愛し、楽しい平和な生活のために斗つているのはソ連を中心に隣の中国です。朝鮮休戦を邪魔して…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第18号(1954/03/16、26期)

教育公務員特例法の一部を改正する法律案、義務教育誰学校における教育の政治的中立の確保に関する法律案について文部大臣に質問をいたします。こまかい問題から聞いて参ります。大臣、あなたは映画「原爆の子」を…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第23号(1954/03/25、26期)

短かい十分間の質問時間でありますが、質問の要旨を明らかにするために、私の立場を要約して述べ、そうしてそのあと、きわめて簡単な言葉で質問をいたします。この両法案に対する私たちの反対理田は、第一、この法案…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第28号(1954/04/28、26期)

私は広島県選出の議員でありますので、この際ひとつ強い希望意見を申し上げたいのであります。広島、長崎の原爆被害患者でまだ生存しておる者が全国に散在していることは各位御存じの通りであります。中には、元はか…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第29号(1954/04/30、26期)

僻地教育振興のための経費の支出要求が累年盛んであつたのに、昨年度においてもそれは僅少な額にとどまつておるのであります、この法案においても何ら積極的な予算措置の裏づけが現われていないのでありますが、その…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 文部委員会 第33号(1954/05/22、26期)

関連。今癩患者の問題ついての質問並びに応答を聞いておつたのでありまするが、私が常に感ずることは、今中小企業が金融引締めのために非常に困つておる。この問題に対して、大蔵省や日銀当局は、まだデフレ政策は序…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(26期)

23期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 29期質問主意書

質問主意書提出数

 26期(1953/04/19〜)  1本提出

質問主意書一覧

国立大学教授の権限に関する質問主意書
第16回国会 衆議院 質問主意書 第43号(1953/08/06提出、26期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 29期(1960/11/20-)
26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院統計 26期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22